ドラマ【ラジエーションハウス】1話ネタバレと感想。甘春杏(本田翼)の演技に賛否両論

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年4月8日(月)にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話が放送されました。

ドラまる
平成最後の月9に実力派の窪田正孝さんが月9初主演だよ。

天才放射線技師にピッタリだね。

ラマちゃん
ヒロインの本田翼さんとは「JR SKI SKI」のCM以来の共演なんだって。

こちらの記事では、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話あらすじネタバレと感想

幼いころの五十嵐唯織少年が手にしていたのは使い捨てカメラ。

いじめっ子にからかわれているところを助けてくれた少女は甘春杏(あまかすあん)。

時は流れ、杏の写真を大切にしている五十嵐唯織(窪田正孝)の前に現れたのは写真家の菊島亨(イッセー尾形)。

菊島は自身が撮る星空の写真を見て、普通の人の目には見えない五等星の星の存在に気が付く唯織に驚きを隠せません。

父の跡を継いで医師なるという幼いころの杏の夢を手伝うために、放射線技師となった唯織はついに杏の勤める甘春病院に勤務することが決まっていました。

そんな話をしている唯織は、頭痛を訴える菊島に対し病院を受診するように薦めその場を後にします。

甘春病院に勤務することになった初日。

通勤途中に乗車したバスの運転手・天野(春海四方)の様子がおかしいことに気が付いた唯織は乗り合わせていた同じく新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)に救急車を呼ぶように指示します。

天野は脳梗塞の疑いで広瀬と共に甘春病院に搬送されますが、運転手の元気な様子に担当になった辻村駿太郎(鈴木伸之)は怪訝な顔をしました。

初出勤の広瀬に対し、結構厳しめの先輩放射線技師たちは一筋縄ではいかなさそうでしたね。

そして、あふれる出るHERO感(笑)

天才的な技術で放射線技師となり甘春杏(本田翼)と22年ぶりの再会を果たした唯織でしたが、杏は唯織のことを完全に忘れていました。

想いをうまく伝えられず完全に拒絶されてしまった唯織でしたが、現病院長の大森渚(和久井映見)は唯織の実力を買ってくれている人物でした。

そんな中、再び頭痛を訴えて運ばれてきた菊島。

MRI撮影の担当を申し出た広瀬でしたが、画像に映し出されたのは脳の半分が黒く塗りつぶされた写真でした。

原因は金属アーチファクト。

銀歯と過去に行った脳動脈瘤の治療のため使用した金属クリップにより画像に影響を及ぼしていました。

これでは診断ができないと困惑しているところに、さらに菊島が実は世界的に有名な写真家で病院としてはVIP患者だということがわかり、ざわついているときに唯織は突然「昔太っていました」のカミングアウトです。

いや、確かに唯織少年は太っちょだったので杏がわからないのも頷けますが、今ではないですよ~。

唯織くん、コミュニケーション能力皆無ですね。

菊島の病室に向かった唯織は、菊島が星空の写真集を完成させようとしていたことを知ります。

そして彼の娘は、母親が亡くなったときに父が星空を追いかけていたことをたいそう恨んでいました。

結婚を間近に控えウエディングドレスを試着していたその娘の元に、父の急変を知らせる連絡が入りました。

病巣が判断できない病院の医師たちは、手術に踏み込むことができません。

急を要する菊島を転院させようとしますが、杏はこの病院で頭痛の原因を突き止めると宣言します。

そして行われることになった血管造影剤。

しかし菊島は造影剤にアレルギーがあるため簡単なことではありませんでした。

そんな中、唯織は許可を得ず菊島のMRIを行っていました。

そしてMRIの撮影の際、普段はごみとして捨てられる位相画像を利用して、元画像の欠けた部分を再生して見せたのです。

その結果判明した菊島の頭痛の原因は、脳動脈瘤の再破裂ではなくウェステルマン肺吸虫=寄生虫によるものでした。

間一髪で造影剤の注入を止めることができ治療を受けた菊島は無事退院し、結婚する娘を亡くなった妻と同じようにウユニ塩湖の星空の中に納めることができました。

最後に忘れていましたが、バスの運転手さんも唯織の判断のおかげで命が救われていましたね。

そのことに気が付き、唯織に対する見る目を少し変える広瀬。

そして唯織の能力を目の当たりにし、唯織への態度を軟化させた杏。

挨拶をしてもらっただけで嬉しそうな唯織がいました。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
天才なのに天然(笑)

唐突な「僕は昔太っていました。」は面白かったね。

ラマちゃん
本田翼さんは本当に今日もきれいで可愛くて完璧な女医さんだったけど、演技は賛否に別れたわね。

ドラまる
原作も人気なんだよね。

読みたくなっちゃったよ。

ラマちゃん
今となっては伝説となったCMだわ。

ドラまる
カメラワークとか完全に『HERO』だったね。

ラマちゃん
鈴木さんの出演シーンが少ししかなかったけど、これからたくさん見れるかな?

ドラまる
『面白南極料理人』の大将と主任がもう共演してたね!

スポンサーリンク

2019春・月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話あらすじ

2019年4月15日(月) 21:00時から放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじをご紹介します。

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。

しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。

放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。

その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした。

ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。

膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。

辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。

一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。

閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。

そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。

杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。

富恵は、威能(丸山智己)の機転によって無事にMRI検査を終える。

ところが、その間に表につないであった富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生。

唯織は、後を追って無事捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、部長の鏑木(浅野和之)から叱責される。

実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。

健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。

そこで健太郎は、母子家庭で、仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。

杏は、そんな健太郎に「お母さんはどんなに忙しくても、健太郎くんのことを一番大事に思っているはず」と話す。

検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。

ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

皆さん、冒頭から感じ取った既視感は『HERO』の監督・鈴木雅之さんの手掛けたものだとすぐに気が付いていましたね。

キムタクの絶対的なHERO像とはまた違った、そして髪型は『コウノドリ』の綾野さんを彷彿とさせながらも、こちらともまた違うテイストでちょっと助けてあげたくなる唯織くんに心温まりました。

とにかく演じる窪田さんの笑顔の癒しがそうさせてくれるのでしょうか。

ヒロインは本田翼さん演じる杏だけれど、広瀬アリスさん演じる広瀬の存在も気になりますね。

ドラまる
コメディ部分と、シリアス部分の配分がうまかったと思ったよ。
ラマちゃん
唯織の杏への想いはいつか伝わるかしら?

挨拶してもらっただけで、天にも昇るような笑顔だったわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA