【パーフェクトワールド】6話ネタバレと感想。ヒロの優しいキスにつぐみも揺らぐ?

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年5月28日(火)にドラマ『パーフェクトワールド』第6話が放送されました。

ドラまる
お互いを想い合うからこそ別れを選んだ樹の涙には心震わされたね。
ラマちゃん
納得のできないつぐみも、現実を見て実家に帰ることになるのよね。

こちらの記事では、ドラマ『パーフェクトワールド』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』第6話あらすじネタバレと感想

鮎川樹(松坂桃李)から別れを告げられた川奈つぐみ(山本美月)は、家に帰ると実家の父・元久(松重豊)が倒れたという知らせを受けます。

次から次へと災難が舞い込んできます。

検査入院していた父は案外元気そうに見えましたが、狭心症を患っていることを初めて知りました。

その場で樹とは別れたというつぐみ。

父の看病をするために東京を離れる決意をしたと母・咲子(堀内敬子)に告げました。

樹もまだ心の中につぐみがいっぱいです。

つぐみが実家に帰ることになったと知った樹は、高速バス乗り場へと急いで向かいますが一歩間に合いませんでした。

その場にいた是枝洋貴(瀬戸康史)/ヒロはつぐみにプロポーズすると宣言。

「川奈を幸せにしてやってくれ」

そう言い残し帰っていく樹の背中を見送るヒロ。

ヘルパーの長沢葵(中村ゆり)は樹たちが別れたことを知り、自分の居場所を取り戻せたと安堵の涙を流します。

樹を忘れるために結婚したとかここで告白するのはずるいですねー。

長沢「これでまた元通りなんだよね。」

告白してしまったら樹の性格上元通りにはならないと思うんですが。

建築士になるために勉強に励む渡辺晴人(松村北斗‐SixTONES / ジャニーズJr.)は図書館でばったり川奈しおり(岡崎紗絵)と出会います。

お互いが話していた二人が、樹とつぐみのことだと知った晴人は「運命だ!」と喜びますが一瞬で撃沈していましたね。

つぐみは松本でインテリアコーディネーターとして働いていました。

父と囲碁を楽しむヒロは、再びつぐみをデートに誘います。

意を決したヒロは、自然に手をつなぎつぐみにプロポーズをしました。

「お前を幸せにする自信がある。結婚してください。」

差し出された手を取ることができないつぐみ。

「でも…。」

つぐみが樹との別れを消化できていないことにピリオドを打つためにキスをするヒロ。

無理やりと言いながら、本当に優しいキスでした。

「樹を忘れられないつぐみを全部ひっくるめて受け止める。」

その様子を見てしまった樹。

松本でつぐみは美姫(水沢エレナ)から妻が将来車椅子生活になるという高木夫婦を紹介されます。

妻の楓(紺野まひる)は進行性の病いをかかえており、夫の圭吾(山中崇)からバリアフリーの家を建てたいと相談されました。

しかし楓はいずれ寝たきりになってしまう自分が彼の人生をめちゃくちゃにしているのではと考えていました。

その高木夫婦がつぐみに相談する前に、無下に断られたという建築家が樹だったことを知って動揺するつぐみ。

樹はその圭吾が自分を犠牲にして楓に尽くしている姿が、つぐみと重なってしまったと長沢に話します。

「パートナーに負担をかけたくない」と言う介護される方の気持ちが痛いほど理解できる樹なりの優しさでした。

樹がつぐみを守るために別れを選んだことを知った長沢。

松本の病院に再入院することになった楓は「自分のせいで夫が不幸になるのは耐えられない。」と言います。

その言葉を聞いたつぐみは、初めて樹の本心を理解します。

圭吾「俺の幸せは何か。お前のそばにいること。お前を喜ばせることだ。俺の夢もお前の夢も両方叶えて見せる。」

樹の思い、自分の思いに気が付いたつぐみは樹の元へ向かうのでした。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
高木夫婦の葛藤は、そのままつぐみたちの関係に当てはまるものだったね。

間違いに気が付いたつぐみはどうするのかな。

ラマちゃん
ヒロは今を逃したらつぐみの元に飛び込むタイミングはもうないとわかっているのよね。

ドラまる
麻生祐未さん、素敵なママ!

つぐみの母の堀内敬子さんも可愛いし。

ラマちゃん
長沢も片思いが辛かったんだろうけど、樹はヘルパーがパートナーにならないことを示していたわね。

ドラまる
今日も北斗くんがいろいろな顔を見せてくれたね。

秒殺で撃沈したけど、しおりちゃんとうまくいってほしいな。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』第7話あらすじ

2019年6月4日(火) 21:00時から放送のドラマ『パーフェクトワールド』第7話のあらすじをご紹介します。

会うはずのない樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)、運命が二人を引き合わす!?

焦りを感じた洋貴(瀬戸康史)は、つぐみにプロポーズの返事を急かす。

つぐみが出した答えとは?

さらに、想いを打ち明けた葵に樹は…?

松本に戻って3カ月、つぐみ(山本美月)はインテリアコーディネーターとして働きながら、実家で穏やかに暮らし、父・元久(松重豊)も少しずつ元気を取り戻していた。

そんなある日、洋貴(瀬戸康史)はつぐみを東京でのデートに誘い、ついにプロポーズ!

つぐみも洋貴の想いを受け入れ、結婚を前向きに考えようとするが、そんな2人の会話を、偶然通りかかった樹(松坂桃李)が見ていた。

そんなある日、つぐみは、東京の樹の元へ。

久々に会った樹とつぐみの間には、気まずい空気が流れるが、つぐみは、松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために、なんとか樹の力を貸してほしいと、頼み込む。

実は圭吾は、完全バリアフリーの家を建てようと考えていて、樹に相談するものの、断られていたのだ。

一方、楓はマイホームを持つことが夢だったものの、病気で先にこの世を去る自分のために、夫が私財を投げうって家を建てようとしていることを、素直に喜べずにいた。

それどころか、自分では圭吾を幸せにできないと苦しんでいて、その姿につぐみは樹の言葉を思い出していたのだった。

つぐみから高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。

それを聞いてつぐみはホッとするものの、洋貴には「樹と会った」と言えず、心が痛む。

しかし実は、洋貴は樹からの連絡で、2人の再会を知っていた。

つぐみと樹の切っても切れない関係に焦りを感じた洋貴は、「結婚のこと、考えてくれた?」とつぐみにプロポーズの返事を急かしてしまう。

それに対し、つぐみは…?

後日、樹は高木夫妻に会いに行くものの、突然、楓が「会いたくない」と言い出す。

圭吾に頼んで何とか2人だけで話をする時間をもらった樹は、「なぜ主人の依頼を引き受けることにしたんですか?」と楓に聞かれて…?

一方、樹に想いを打ち明けた葵(中村ゆり)は、圭吾の件でつぐみと会ったと話す樹を見て、顔をこわばらせていくが、それを察知した樹は…?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『パーフェクトワールド』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

長沢と是枝がそれぞれの想いを隠すことなくぶつけてきましたね。

今まで長沢は姑のようにつぐみをいびってきたので、アンチも多いですが樹が長沢をパートナーとして見ていないことを暗に示してて、ちょっとかわいそうになってしまいました。

と思っていたら、予告では樹と付き合うことになったと衝撃発言。

これも、樹がつぐみのために言わせていると信じたいところですね。

意を決して自分のことも嫌な奴だと理解したうえで、つぐみのところへ飛び込んでいる是枝は、あざといけれどいいやつ。

複雑に絡み合った恋愛関係はどう決着をつけるのでしょうか。

ドラまる
しおりちゃんと晴人くんのシーンはホッとするね。
ラマちゃん
次週は長沢がまたもや掻きまわしてくれそうよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA