【パーフェクトワールド】1話ネタバレと感想。松坂桃李&山本美月が美しすぎる!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年4月16日(火)にドラマ『パーフェクトワールド』第1話が放送されました。

ドラまる
岩田剛典さん、杉咲花さんで映画化もされた「パーフェクトワールド」が松坂桃李さん主演で帰ってきたね。
ラマちゃん
主題歌を歌うのが菅田将暉さんで、米津玄師さんプロデュースなのね。

こちらも気になるわ。

こちらの記事では、ドラマ『パーフェクトワールド』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』第1話あらすじネタバレと感想

川奈つぐみ(山本美月)が急ぎ足で向かうのは居酒屋。

勤め先のインテリアデザイン会社社長・東美千代(とよた真帆)の忘れ物を届けに来たつぐみは、そこに同席していた鮎川樹(松坂桃李)と運命の再会を果たします。

高校時代、バスケ部のキャプテンとして活躍していた鮎川に好意を抱いていたつぐみですが、思いを告げないまま卒業し12年の月日が経っていました。

偶然の再会に心躍り、つぐみは「バスケはもうやっていないの?」と問いかけます。

その場の空気が一瞬凍り、樹は先に帰ることに。

一級建築士の夢を叶えていた樹が帰るために用意されたのは車いす。

大学の時の事故が原因で歩けなくなっていたことを知らなかったとはいえ、出してしまった言葉を後悔するつぐみ。

先日の非礼を詫びに会社まで来たつぐみに、「驚かしてごめんな。」と反対に謝る樹。

少し付き合ってほしいとつぐみを連れて行ったのは、坂の上の公園。

「人に頼ることはあっても頼られることは少ないから、仕事を任せてもらえたのは嬉しい。」と、大きなコンペを任されていると嬉しそうに話すのでした。

そして、ひょんなことからつぐみが行こうとしていた美術展に樹も一緒に行くことになりました。

樹との待ち合わせに着ていく服を悩むつぐみ。デート気分ですね。

車で迎えに来た樹に驚きながらも出かけていく二人。

その頃、つぐみの家にやってきたのは是枝洋貴(瀬戸康史)。

つぐみの高校時代の同級生で今はアプリの会社を立ち上げていました。

その頃からつぐみに想いを寄せていた是枝は、近々プロポーズをするつもりでいたのです。

瀬戸さんに「つぐみがゴール!!!!」なんて言われたい女性続出ですね。

ギャラリーに到着したつぐみは車いすの樹が今まで経験してきた苦労の一部分を見ることになります。

結局、ギャラリーに入れず、ご飯を食べていると恋愛も結婚もあきらめているという樹に、つぐみは悲しそうな顔を浮かべることに。

高校の同窓会が開かれることになり、つぐみの予想に反し樹は参加すると言います。

事故が原因で別れることになった元カノ・雪村美姫(水沢エレナ)と会うためでした。

一緒に同窓会にも行くことになったつぐみに、樹は付き合っているふりをしてほしいとお願いをします。

これが結婚が決まった元カノへの配慮って。そりゃつぐみちゃん全然楽しくないですよね。

事故が原因で別れた雪村でしたが、「今もこれからもずっと好き」となぞの告白です。

声を荒げる樹の姿が辛かったです。

トイレで雪村と鉢合わせしたつぐみ。

雪村「樹はパーフェクトだった。でも、あんな体になってしまった以上、これまで通りにはいかない。」

つぐみ「全てにおいて完璧な人なんていない。」

雪村「好きなのね、樹のこと。」

女の勘はするどい?!もう恋が始まっていることを雪村は感じ取っていましたね。

先に帰ろうとする樹を追いかけたつぐみでしたが、樹が排尿の感覚がなく漏らしてしまうとひざに自分のコートをかけてあげました。

樹を自宅まで送ったつぐみは、樹がまだ雪村のことを引きずっていたことを感じ取っていました。

樹「(事故の後)死のうと思った。」

しかし樹が味わったのは”一人で死ぬこともできない絶望”。

そんな言葉に、つぐみは「(それでも夢を叶えた樹は)すごいな。尊敬する。」と言葉を返しました。

「やりたいことがあるならやるべきじゃないか。人間なんていつどうなるかわからない。」

その言葉に、諦めていた絵に関わる仕事=インテリアデザイナーになる夢をもつつぐみがいました。

お互いに励まし合いながら、前に進んでいく二人。

つぐみが会社に差し入れを持っていくと褥瘡で樹が運ばれたことを知らされます。

入院することになりますが、迷惑をかけたくないという樹は無理をして仕事に向かおうとします。

「障がい者だから仕方ないね。」

その言葉が一番辛いという。

「いつ死ぬかもわからない。俺には今しかない。」と、つぐみのサポートを受け病室で仕事を進める樹。

無理をする樹の姿に耐えかねて、あきらめようと言うつぐみに樹は着色を手伝ってほしいと頼みます。

樹は美術部だったつぐみの絵を見に行ったことがあったのです。

自身の持てないつぐみに樹は「台無しになんかなりっこない。お前の絵、大好きだよ。」と。

こんなこと言われたら、気持ちが止まることはないですよね。

さらにトドメの「まじで運命の出会いだったのかも。」ですよ。

二人の感情が盛り上がったところに割って入ってきたのはヘルパーの長沢葵(中村ゆり)でした。

スポンサーリンク

『パーフェクトワールド』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
これから待ち受ける困難を想像しながらも、樹の言葉に二人の未来が救われることを願うよ。

ラマちゃん
美男美女!

完璧(パーフェクト)なお二人ね。

ドラまる
シンケンジャーと仮面ライダーキバ!

二人の共演が見れるなんてね。

ラマちゃん
ジャニーズJr.のSixTONESの松村北斗さんの演技が光っていたわ。

可愛い後輩くん!

ドラまる
元カノを演じた水沢エレナさん、嫌な感じがうまかったね。

ラマちゃん
とってもいい主題歌だったね。

フルバージョンで聞きたくなっちゃた。

スポンサーリンク

ドラマ『パーフェクトワールド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『パーフェクトワールド』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『パーフェクトワールド』1話の動画見逃し無料配信はこちら

『パーフェクトワールド』第2話あらすじ

2019年4月23日(火) 21:00時から放送のドラマ『パーフェクトワールド』第2話のあらすじをご紹介します。

縮まる2人の距離に、つぐみ(山本美月)の期待は高まるが、“恋愛不要”を唱える樹(松坂桃李)の決意は変わらない!?

さらに強力なライバルの登場で、つぐみの恋に黄信号!?

大事なコンペを前に無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされた樹。

しかし、つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。

さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、そこへ樹の元担当看護士でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。

一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。

そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。

着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。

実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。

恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹は、最初こそ練習に参加することを拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。

やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。

つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、半面、樹が自分を恋愛対象として見てくれないことに、どこか歯がゆさを感じていた。

その頃、樹のマンションでは母親の文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。

樹とつぐみの仲むつまじい様子を見た文乃は、つぐみが樹の新しい恋人だと思って喜ぶが、樹は即座に否定。

「ただの友達だから」という樹の言葉は、つぐみの耳にも届いてしまいショックを受ける。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『パーフェクトワールド』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

樹とつぐみの物語が始まってしまいました。

近付きたいのに、近づくと離れていく樹。

ようやく二人の心が近付いたかと思ったら、突然現れたヘルパーの身体的な距離の近さ。

ヘルパーの長沢は樹に特別な想いを抱いていそうで、気が気ではないです。

次週は、両方の親の登場で、ますます厄介なことになる予感がしますね。

ドラまる
元カノの行動がいまいち理解不能だったんだけど、樹の気持ちが晴れたということで今後出てくることはないのかな。
ラマちゃん
ちりばめられたメッセージひとつひとつが考えさせられるものだったわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA