ミラー・ツインズ -Season1-|最終回(8話)見逃し動画無料視聴はこちら【5/25配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話 2019年5月25日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ミラー・ツインズ -Season1-』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年5月25日(土)放送終了〜2019年6月1日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ミラー・ツインズ -Season1-』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ミラー・ツインズ -Season1-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ミラー・ツインズ -Season1-』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『ミラー・ツインズ -Season1-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ミラー・ツインズ -Season1-』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年春ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじ

2019年5月25日(土)23時40分放送のドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじをご紹介します。

勇吾(藤ヶ谷太輔)の追及によって現・捜査一課長の久能(石黒賢)が逮捕される。

だが、久能は赤城(渡辺大)に「裏切り者はもう一人いる」と伝える。

一方、圭吾(藤ヶ谷/2役)もまた勇吾の協力者が誰なのか疑念を深めていた。

そんな中、母・春江(中村久美)が遺した手紙で衝撃的な事実を知る圭吾。

圭吾と勇吾の遺伝子上の父親は――皆川(高橋克典)だった!

皆川は、復讐を遂げた勇吾と里美(倉科カナ)を逃がすための算段を始めていた。

警察や圭吾がどこまで追ってこようが、勇吾を逃がし切る。

それが皆川の最後の目的だった。

一方、思わぬ形ではあったが誘拐犯たちへの復讐を遂げた勇吾。

圭吾が里美に託した“母の想い”も知り、勇吾の中で何かが変わろうとしていた。

だが――

これからの事はゆっくり考えよう、と言う里美に、寂しげに微笑む勇吾。

里美はその表情に一抹の不安を覚えて――

「勇吾と何があったのか、全て教えてください」

勇吾の協力者が皆川であることを確信した圭吾は、皆川と対峙する。

証拠がないとはぐらかそうとする皆川を、圭吾は「家族の僕には知る権利がある」と見据える。

その目の強さに、皆川は静かに語り出す。

全ての真相を…そして勇吾の最後の願いを――

「あいつの最期の望みは……英里ちゃん(里美)の幸せだ」

その頃、勇吾は里美と共にある海辺に来ていた。

「どこに逃げるの?」と聞く里美に、「もう二度と戻れない場所だ」と告げる勇吾。

そして覚悟を決め振り返る。

「お前とはここまでだ。……お前は連れていかない」

20年前の誘拐事件がもたらした数奇な運命に翻弄された宿命の双子。

勇吾の哀しき復讐の結末は!?

果たして圭吾は勇吾の心を救うことが出来るのか!!?

愛と裏切りのクライムサスペンス。

慟哭のシーズン1、ついに完結!!

ドラマ公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

みな
ミラーツインズもそろそろ後半戦!

なんと、葛城圭吾や勇吾のお父さんは皆川刑事だったという衝撃的な展開におどろいてしまいました。

この作品、何回びっくりさせるんだ!って感じですよね。

皆川刑事にとっては、勇吾も圭吾もかわいい息子であり、どちらも大切な存在だったんですね。

皆川刑事もずっと辛い立場だったのかなと思いました。

そして、次週は、なんと勇吾が死を選ぼうとしているような感じがして、嫌な予感がします。

復讐を終えたのに、彼の心が晴れることはないんですね。

自分の死に向かって復讐をしていたなんて、勇吾の人生を思うと悲しすぎます。

椅子にくくりつけられていた里美もどういう状況なのでしょう?

ミラーツインズ、ハラハラがとまりませんね。

ペンネーム:みな(30代・女性)

英里ちゃん、縛られていたけど一体どうしたんでしょうか。

勇吾は復讐を終えて、死ぬつもりなのかな。

でも勇吾が一番復讐したかったのは圭吾だったはず。

そもそも圭吾に復讐したいと思うのもピントがずれていたような気がします。

皆川さんはどこで勇吾と英里ちゃんの存在に気づいたんだろう。

教会に皆川さんが現れたのも不思議でならない。

普通だったらそこで通報して、勇吾も英里ちゃんも保護して終わりですよね。

誘拐されたままにしておきたい理由がわかりません。

名乗り出られないから、少しでも父親らしいことをしたかったとか?

でも圭吾と勇吾はお金持ちの家の子なんだし、隠れて生きる必要ないし。

まだもうひと波乱ありそうで、緊張します。

ペンネーム:こ(30代・女性)

ななし
母が残した手紙の、本当の父親は皆川、、急展開。

これが解決したと思われた誘拐事件と何か関わっているのか、いないのか。

7話の最後、取調室の久能の赤城に言った言葉「裏切り者はもう一人いる」この流れからすると明らかに皆川がそうだとしか考えらませんが、まだどんな裏が残ってるのか。

まだ伏線として残ってた、圭吾と勇吾の父親が事故車として処理された件、これもまた、もしかして皆川が何か関与してるのか、それとも誘拐事件の何かに気付いた父親が久能に殺されたのか。

勇吾と里美の二人の行く末も気になります。

やはり、最後は二人で死を選ぶのか気になります。

ペンネーム:ななし(40代・女性)

ロケット城
母の手紙により本当の父親は皆川だと知った圭吾が、どのようにそれを皆川に追及するのか。

また、逮捕された久能から「裏切者はもう一人いる」と言われた赤城は久能の言葉を信じてもう一人の裏切者(勇吾と内通しているもの)を探し当てられるのか。

復讐が久能に罪を認めさせれることで終わった勇吾だが、復讐を終えた勇吾がこれからどうするのか。

圭吾と勇吾が再び、20年ぶりに再会することはあるのか。

勇吾の復讐計画を助けていた皆川は、恐らく彼は自分が勇吾と圭吾の父親であることを知っていたと思うが、彼は今後の勇吾の人生にどのように関わるのか、など、復讐という一つが終わってのこれからがどうなるのかが楽しみです。

ペンネーム:ロケット城(40代・女性)

ななこ
母親から手紙に本当の父親は皆川と知り、圭吾は皆川に直接話を聞いて父親ということを認めさせる。

皆川の裏切りのような行為は、本当の父親だったことで二人の子供の手助けをしていたのだろう。

誘拐事件の黒幕が久野とわかり捕まえることが出来、勇吾の復讐も終わったが警察から追われている。

皆川は勇吾を最後まで助けようと必死であり、久能が言ったもう一人の裏切り者とは皆川だろう。

勇吾はこれ以上里美を巻き込むことを辞め、里見に幸せになってもらうことを願い姿を消した。

死に場所を探しているように思え、勇吾の行方が気になります。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

すみれ
圭吾は皆川刑事が自分たちの本当の父親だと知って、誘拐事件から20年間ずっと側で寄り添ってくれた、目標でもあり刑事になったのも皆川刑事のようになりたかったからで、この事実をどう受け止めるのだろうか、勇吾と会って話す機会は訪れるのだろうか、なぜ皆川刑事が父親なのかも知りたいです。

そして、勇吾は英里を巻き込まないようにするため、あえて一人で行動しそうな気がします。

でも、英里は里美との狭間で揺れ動くけど20年の歳月にはやはり勝てないのではないかな。

二人の今までの過酷な人生を思うと二人の絆はとても強いし、二人だったからお互い生きてこられたから。

悲しい終わり方は嫌だな。

ペンネーム:すみれ(50代・女性)

2019年春ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

えりー

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

7話のラストで皆川が圭吾と勇吾の実の父親だという真実が暴露されました。

実の父親といっても、皆川が精子バンクに登録しており、圭吾たちの母親がそれを利用した、というものでしたが、皆川にとってはやはり実の子供。

皆川が勇吾の味方として復讐の手助けをしていたのはそのためでした。

圭吾は勇吾に罪を償わせるべきだと皆川に訴えますが、勇吾は逃げることを決意しています。

勇吾は英里とともに家を出て、港へと向かいます。

しかし、勇吾は最初から英里と行く気はなく、一人死ぬつもりだったのです。

英里を置き、船を出す勇吾。

圭吾はそれを追いかけ、精一杯自分の思いを伝え謝罪をします。

しかし、そんな圭吾の思いは届くことなく、船もろとも爆発してしまうのです。

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の感想

勇吾の生存を願っていた圭吾でしたが、勇吾の生存知った途端に二人は敵同士となり、その関係八話まで変わりませんでした。

本当は生存を喜び、空白の時間を埋めたいと圭吾は願っていたでしょう。

それは叶いませんでした。

最終回でやっと、圭吾は自分の思いを勇吾に伝えることができます。

勇吾の乗る船を追いかけながら「ごめんね」と叫ぶのです。

勇吾にその思いは届いたのか、届かなかったのか…。

結局二人は和解できないまま、勇吾はいなくなってしまいます。

そのときの圭吾の悲しみは計り知れないでしょう。

しかし勇吾もずっと悲しい思いをしてきたのです。

幼少期の回想シーン、圭吾は「ただいま!」と両親に抱きついていきますが、勇吾はそれができません。

「おかえり」と笑顔を向けられているのに、疎外感を感じてしまっています。

勇吾は誘拐される前からずっと孤独だったのです。

ペンネーム:えりー(20代・女性)

はる

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

皆川警部に真実を聞きに行ったけんご。

真実を言わずにごまかそうとする皆川警部だったが、けんごのゆうごに協力をした動機は家族として知りたいと強気で言い返した。

皆川警部は、真実を語り始めた。

妻に出会う前に色々な事情で子供を産めない家庭へのドナー提供をしたことことがあり、本当に偶然だった。

葛城家の事情を知っていく中で、自分が父親だったということに。

調べを進めていくうちに、皆川警部はゆうごとえりに会い、助かりたい気持ちで手を血に染めたゆうごに協力をしたとのことだった。

ゆうごとえりは、逃げようと海へ行った。

ゆうごが荷物がないことを不信に思っていたえりだった。

着いた途端ゆうごはえりに、ここで最後だと強気で手放す。

ゆうごはえりを紐にくくりつけ、船へ乗り込んだ。

けんごと皆川警部はそこへたどり着き、一生懸命けんごは船を止めようとし、赤城たちも止めようとする。

でも、ゆうごは船を走らせて爆発し、死んでしまった。

えりも皆川警部も一切事件については語らず、ゆうごの復讐は勝ったのだった。

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の感想

最後に残した母親の手紙に書いてあった本当の父親が皆川警部ということで、けんごが真実を強い口調で聞出す姿が迫力的だったが、それにも増して皆川警部が自分の子どもと出会ったのも運命のいたずらで助けたいという気持ちになって当然と反対に言い返すシーンがあるグッときた。

最後の復讐劇を終えて、ゆうごがえりの未来を壊さない為にも船で自殺を図った。

どんな思いで20年間過ごしてきたのか、えりを縄で縛りつけて船に乗るシーンは切なくて悲しくて見ていられないほど感情が高まった。

えりは、どんなに悲しかったんだろうと連れ添った人が目の前で死んじゃうことに対して考えさせられた。

ペンネーム:はる(20代・女性)

ゆりあ

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

本当の父親が皆川であることを知った圭吾は、勇吾が誘拐された公園へ皆川を呼び出し、真相を聞き出した。

二人の両親は子どもができなかったこと、皆川がかつてドナーになったことがあること、誘拐事件の捜査をきっかけに自分がドナーになった子どもが勇吾と圭吾であることを知ったのだった。

勇吾は最後の復讐だと話して逃げようとするも、実際は英里を置いて一人で船に乗った。

その船が出発したあと皆川と圭吾が現場へ到着する。

船はまもなく爆発した。

英里は警察で話を聞かれるも不起訴処分となった。

圭吾は自分と英里が生きている限り、勇吾が消えることはないと英里に話した。

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の感想

刑事と犯人という正反対の人生を歩んだ二人だが、元は一緒にキャッチボールをするような仲の良い兄弟だということがよくわかった。

勇吾が死のうとしていることを誰よりも早く察知して駆けつけ、船に乗っている勇吾へ何度も呼びかけたり、最後まで助けようとした姿から兄のことが大好きな家族としての絆を感じた。

勇吾もまた英里を大切に思い、縛ってでも巻き込まないようにしたのが切なく感じた。

ずっと自分と生きてきた彼女に恩返ししたのではないかと感じた。

圭吾が遺伝子としての親、皆川ではなく育ててくれた葛城が自分の本当の父親だと話したところが印象に残っている。

勇吾は天国で両親に会い、20年間会えなかった分たくさん甘えて楽しんでると信じたい。

ペンネーム:ゆりあ(30代・女性)

はるか

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

皆川は、子供の産まれなかった葛城家にドナー提供していた。

そして、誘拐事件が、おきて葛城家と偶然の出会いをする。

葛城夫婦に自分が、ドナー提供者で二人の父親であると伝える。

勇吾にも父親であることを伝えた皆川に勇吾は、復讐を手伝えと言いだした。

皆川は、勇吾の気持ちを理解して復讐の手伝いをする。

復讐を終えた勇吾は、里美を置いて一人でクルーズに乗り込む。

そこに圭吾と皆川も駆け付ける。

皆川は、勇吾は、里美のために一人で消えるのだと言う。

圭吾は、勇吾のクルーズを追っかけるが、途中で爆発する。

ニュースでは、久能の逮捕と勇吾のニュースが、流れていた。

里美は、事情聴取され釈放された。

しかし、勇吾の犯罪に協力した皆川は、証拠もなく逮捕されずに過ごしていた。

そんな皆川に圭吾は、憎しみをぶつけるのだった。

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の感想

勇吾の乗ったクルーズが、爆発したのが、驚きました。

どこに到着するのだろうと思っていましたが、爆発するとは、以外でした。

久能が、逮捕されましたが、娘のためという事情も考えると感慨深いですね。

圭吾の味方と思われていた皆川のが、久能よりもふてぶてしいのではないかと印象になりました。

圭吾が、勇吾を追いかけながら謝罪するシーンは、感動しました。

圭吾の気持ちが、勇吾に伝わっていればいいなと思います。

久能の娘は、警察官であることに誇りを持っていたので辞職するのは、悔しかったと思います。

圭吾の皆川をみる表情が、冷徹な感じで怖かったです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ななし

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

全てが終わり、皆川は勇吾と英里(里美)に逃げろと言い、勇吾はこの世の果てまで逃げようと英理に言う。

圭吾は、皆川を呼び出し20年前の真実を聞く。

誘拐事件で偶然にも自分が二人の父親である事を知った皆川は、復讐だけが生きる目的だった勇吾に協力して来た。

勇吾と英理は漁港に向かうが、勇吾は英理を置いて一人、船に乗る。

一足遅く駆けつけた圭吾と皆川の前で船は爆発。

後日、圭吾は皆川に罪を償う様に言うが、警察を続ける事が贖罪と言われる。

英理は不起訴処分になり、船が爆発した漁港に向かうと圭吾が現れる。

勇吾が全てだったと泣く英理に対し、「俺達二人が生きてる限り、俺達が忘れない限り、勇吾は消える事は無い」と言う、、。

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の感想

とても、もやもやが残った終わり方でした。勇吾の死は予想出来てましたが(本当に亡くなったかは、不明ですが)、皆川は何故あれほど優しかったのに、圭吾に対して態度が豹変したのかが疑問です。

勇吾が誘拐された時から今まで、復讐に生きて来た勇吾を父親として見守って来たのはわかりますが、圭吾の近くにも居て圭吾を見て来たのに最後は、圭吾を憎んでいるかの様でした。

皆川が圭吾に発した言葉や態度は本心なのか、何か意図があったのか、もう少し皆川の心情が読み取れたら良かったのですが。

勇吾は死と言う選択しか無かったのですが、父親である皆川がどうにかできなかったのか悔やまれます。

ペンネーム:ななし(40代・女性)

ポンタ

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじネタバレ

圭吾は勇吾の協力者が誰なのか知ろうとすると、圭吾の母が残した手紙に圭吾と勇吾のDNA上の父親が皆川だとわかります。

圭吾は皆川に会い、母が最後に残した手紙を見せ勇吾に情報を流したのが、皆川だと言いますが、皆川は証拠がないと言います。

しかし勇吾の事を家族として知りたいと詰め寄り、皆川は大学の頃、妻に会う前にドナーになったと言います。

皆川は偶然、葛城家の複雑な事情を調べたら、自分が圭吾と勇吾の父親だと判ったと言います。

皆川は勇吾と吉崎英里に会い、勇吾に皆川は父だと言い、勇吾に吉崎殺しは正当防衛を主張すれば家に帰れると皆川は言いますが、勇吾は復讐すると言ったのです。

皆川は黒幕の存在がわかり、圭吾を裏切ったことはないと言います。

20年前、勇吾が吉崎を殺していなければ救われる筈だったと圭吾は言いますが、勇吾の復讐はやむを得なかったという皆川に、父親としての人生を手放したくなかっただけだと圭吾は皆川を咎めます。

圭吾は勇吾と話をしたいというと、皆川が勇吾に取りつぎ、圭吾は勇吾に罪を償えと言いますが、勇吾は圭吾が自分を捕まえらるのかと言います。

京浜島にいると皆川が言います。

勇吾は里美に、今日が最後だと言い、里美を縛り、ボートに乗って去ります。

圭吾は悪かったと謝りながら岸壁を走って追いかけます。

しかし、勇吾のボートが爆発します。

海に飛び込もうとする圭吾を制した皆川は勇吾が救われたと言います。

復讐に全てを掛けた悲惨な人生でした。

里美は赤城から事情聴取を受け、警察情報を流した人間がいた筈だと言います。

圭吾は皆川に罪を償う気はないのかと咎める目で見つめますが、蜷川は否定します。

里美は釈放され勇吾が亡くなった海岸で圭吾に貰った指輪を返します。

里美は勇吾は自分の全てだと言います。

圭吾は里美にお互い知らない勇吾を知っている、2人がいる限り勇吾は消えないと言います。

しかし圭吾と里美の溝は埋まらないようです。

『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)の感想

勇吾は里美に、二度と戻れない場所に行くと言い、里美の人生を自分が壊した、里美を連れていかない、ここまでだと言います。

この20年の全てを忘れろと里見に言い、一緒に行くという里美は泣きますが、里美を縛り、ボートに乗って去る場面は、里美が圭吾に心を奪われるのではないかと、疑心暗鬼になりながらも、自分についてきてくれた感謝と思いやりから、里美を突き放したのだと、勇吾が、船もろとも焼死して理解できました。

圭吾は勇吾に泣いて詫びますが、皆川は勇吾が救われたと言います。

勇吾は執念のみで生きていたと皆川は言いますが、圭吾は皆川が、結果的に勇吾を犯罪者に仕立て、逃亡を許したことの罪を問いたい気持ちがわかるのですが、皆川が父親でありながら、その自覚がないのは、冷酷だと思いました。

うがった見方をすれば、勇吾は皆川の久能という黒幕をあぶり出したいという欲望の為の道具として、利用されたのかも判りません。

しかし皆川にとり、運が良かったのは、里美が赤城から事情聴取を受け、警察情報を流した人間がいた筈だと言われても、皆川の存在を明かさなかったことです。

又、里美が勇吾が亡くなった海に向かって花を捧げ手を合わせ、そこに圭吾が現れると圭吾に貰った指輪を里美は返します。

里美は勇吾は自分の全てで、勇吾のいない人生は考えられないと言います。

圭吾も又、里美の心が、もう自分に帰ってこないと思い込まされた虚しさは、永遠に埋まらないのだと思います。

人は鏡に自分の姿を見ることが出来る、でも、その姿は左右が反転した姿であり、真実の自分ではない、自分にとって、それは勇吾だと言った圭吾の人生は、一歩間違えたら、立場が逆転していたかも知れない運命の皮肉を物語っている気がします。

それ故に、圭吾は勇吾の罪を背負って生きて行くと里美に誓ったのでしょう。

藤ケ谷太輔の「人間の陰と陽、善と悪」の使い分けの演技が印象に残りました。

ペンネーム:ポンタ(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『ミラー・ツインズ -Season1-』最終回(第8話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年6月1日からはドラマ『仮面同窓会』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくので、引き続きよろしくね☆

『ミラー・ツインズ -Season1-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『ミラー・ツインズ -Season1-』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA