【緊急取調室】6話ネタバレと感想。#保育士さんありがとう を思い出す。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年5月16日(木)にドラマ『緊急取調室』第6話が放送されました。

ドラまる
キントリの危機の中、真壁をはじめみんな事件解決のために思い切った捜査を続けているね。
ラマちゃん
今日の容疑者はウサギ!

少女誘拐と、殺人の容疑がかかるわ。

こちらの記事では、ドラマ『緊急取調室』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『緊急取調室』第6話あらすじネタバレと感想

自室で寝ている4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子)。

そこへウサギの着ぐるみが侵入してきました。

ウサギは亡くなっている凛の父親・康弘(向田翼)を素通りし凛を抱いたまま出て行きました。

母親・西崎明日香(土居志央梨)は風邪気味で保育園を早退した娘のために30分ほど買い物に出かけていたと証言します。

少女を抱いたまま歩いていたのは人気のキャラクター・ウサッチ。

とある場所でウサギの着ぐるみを燃やすのは凛の担任保育士・柴田七海(倉科カナ)でした。

凛が交番前で見つかり、ホッとしたのもつかの間、父親の死も他殺の可能性が出てきました。

実は2時間も買い物に出かけていたという母親以外に、柴田の指紋も現場から発見されたため、二人の取り調べを行うことになりました。

柴田は保育士の仕事に誇りを持ち、指紋が見つかったのも家庭訪問を個人的に行ったためだと言います。

柴田は不倫相手と会うために保育園に預けていた母親に強い嫌悪感を抱いていました。

母・明日香の取り調べは真壁有希子(天海祐希)が担当します。

事件の夜、風邪をひいている娘を置いて明日香が会っていたのは不倫相手。

しかし不倫相手は、柴田が直接会いに来て「子供のために明日香と会わないよう」と進言され怖くなって、事件当日別れ話をするために会ったと言います。

柴田の証言から母親のアリバイがわかり、凛は自宅に帰ることになります。

公園で遊ぶ凛に真壁がウサッチで話しかけると、母親も父親も好きだと返事をしました。

凛は事件の日、眠っていたので父親が亡くなったことを知りませんでした。

捜査のため、保育園で園児の相手をすることになった真壁と玉垣。

園での活動に取り入れられたそろばんも柴田の提案でした。

人一倍教育熱心だった柴田は保護者とのぶつかることもあり、園長とももめることもあったと言います。

とりわけ凛と七海の関係は他の園児よりも強いものだったと判明。

柴田の二回目の取り調べ。

柴田は着ぐるみを購入していたことを調べられていました。

「別の人間が父親を殺害したのをかばうために誘拐事件を起こしたのではないか。」そう言われた柴田は「あの日、父親を死なせたのは自分だ」と自供しますが、梶山と真壁は疑いの眼差しを向けます。

後日、凛の家でそろばんの欠片を見つける真壁。

床にはそろばんを引きずった跡もありました。

全てを察した真壁は柴田を再度取り調べることにしました。

事件当日、母親に置いていかれた凛の様子が心配で西崎家に行った柴田は、凛が保育園で流行っていたいたずらをしたことにより父親を事故死させてしまったことに気が付いていました。

凛に父親の死が自分のいたずらのせいだと気づかせないために誘拐事件を起こしたのです。

取り調べ中ずっと冷静だった柴田でしたが「凛にそろばんを置いたことを確認することだけはやめて!」と激しく動揺します。

誰も罪に問われなくても、凛は自分のせいだと考える。

それは以前、柴田が関わった乳児の死亡事故の時の自分と重なるのでした。

「自分のせいではないとわかっていても、毎日後悔する。」と。

自分が犠牲になってでも凛のことをかばいたい。

真壁「それはできません。一人の人間が亡くなっている。その原因は突き止めなければなりません。」

最後に保育園でお別れの時間を取ることを許された柴田。

笑顔の園児に囲まれた柴田の様子を見て、真壁は「いつかきっと凛を守ろうとした柴田の気持ちは伝わるはず。」と話すのでした。

―優しい嘘―

スポンサーリンク

『緊急取調室』第6話ネットの反応や感想

ラマちゃん
倉科カナさんは柔らかい役も、強い役も自在に演じちゃうね。

ドラまる
母親と言う存在は子供にとって唯一無二なこともわかるし、母も人間だと言うこともわかる。

保育の問題は難しいね。

ラマちゃん
玉ちゃんが、ポロポロと余計な一言を真壁に放つのが笑えたわ。

ドラまる
本当に毎日生命の危機を乗り越えるために神経をすり減らしてくれる幼稚園・保育園の先生。

感謝しかないよ。覚えていてくれる人も多くてなんだか嬉しくなっちゃった。

ラマちゃん
次週は放送が一回飛ぶのでご注意を。

スポンサーリンク

『緊急取調室』第7話あらすじ

2019年5月30日(木) 21:00時から放送のドラマ『緊急取調室』第7話のあらすじをご紹介します。

宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保佳代子)が、別れた夫・坂本彰夫(尾崎右宗)を殺したと自首してきた。

しかも、佐知恵は証拠として、遺体のインスタント写真まで持参。

さらに、取り調べを担当することになった真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に対し、神妙な面持ちで「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれないと思いました」と打ち明ける。

というのも、佐知恵は23歳も年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友)と再婚する予定なのだという。

しかも、若杉は殺人を犯したと知ってもなお、彼女のことを待つと誓ったというではないか!

 罪を償う覚悟を決めた佐知恵は、取り調べでも素直に供述。

事件の経緯についても、ことあるごとにお金を脅し取りに来る坂本と縁を切ろうとしたところ、もみ合いになって殺してしまったと説明する。

もちろん、物証もそろっており、佐知恵の容疑は固まったも同然。

“ある理由”から焦っていた有希子は、早々に所轄の警察署へ引き渡そうとする。

 ところが、キントリきっての頭脳派・小石川春夫(小日向文世)は、事件を洗い直すべきだと異を唱える。

年の差再婚も然ることながら、若杉が殺人にまで目をつぶる心理がどうも納得できないというのだ。

だが、若杉は佐知恵を愛していると断言。

そんな中、キントリ・メンバーと飲みに出かけた取調官・玉垣松夫(塚地武雅)は、こぼれた焼酎を見て、証拠写真に残された“ある矛盾”に気づく――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『緊急取調室』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。
先日の心痛む事故のこともあり、保育士さんの心情を思うと涙が止まりませんでした。

柴田の言う通り、子供たちのために身を削って戦ってくれる保育士さんですが、子供たちは忘れてしまうことの方が多いと思います。

しかし、放送後のツイッターでは「覚えているよ!」という意見も多く私まで嬉しく感じました。

誘拐事件を起こしたことで、家庭内の事故が大きくなってしまったこともありますが、すべて凛の中の記憶を曲げることが目的だったんですね。

今はわからなくてもいずれ自分のせいだと気が付く、自分を犠牲にして真実にたどり着けないようにしたかった柴田と、真実がわかったとき柴田が自分を犠牲にして守ってくれたと理解できるという希望を持った真壁。

私は真壁の希望に賭けたいと思いました。

ドラまる
今週のゲストの倉科カナさんもよかったね。

次回は大久保佳代子さんがゲストなんだって。

ラマちゃん
殺人を犯した敏腕社長役なのよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA