【緊急取調室】5話ネタバレと感想。梶山のセリフに話題沸騰。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年5月9日(木)にドラマ『緊急取調室』第5話が放送されました。

ドラまる
先週の松本まりかさんの演技に注目が集まったキントリ。

今週はベテラン女優の真野響子さんがゲストなんだよ。

ラマちゃん
真野さんは専業主婦役なのね。

こちらも天海祐希さんとの演技対決が楽しみだわ。

こちらの記事では、ドラマ『緊急取調室』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『緊急取調室』第5話あらすじネタバレと感想

「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」では真壁有希子(天海祐希)たちが梶山勝利(田中哲司)に詰め寄っている姿がありました。

梶山はキントリを大組織にするという話を伝えることになります。

上層部は総取り換えではなく、女性の真壁と画像解析の玉垣松夫(塚地武雅)だけは残そうとしていると梶山は伝えました。

できる限りのことをして、自分たちが必要だとわからせるしかないと菱本進(でんでん)と小石川春夫(小日向文世)は言います。

そんな中取り調べの依頼が届きました。

弁護士の山下彩矢(国分佐智子)が失踪したため山下家に真壁たちは向かいました。

平凡な専業主婦である姑・山下昌子(真野響子)は嫁の彩矢が昨夕かぼちゃを買いに出かけたきり、帰ってこなかったといいます。

マンションの防犯カメラには大きなスーツケースを押す不審者が映っていました。

彩矢はこの男に連れ去られたのではと泣き崩れる昌子。

この事件を華麗に解決してチームを解体しようとする刑事部長の磐城和久(大倉孝二)にチームプレーを見せつける絶好のチャンスです。

作戦名はゴースト。

山下家では昌子が息子の翔太(山崎樹範)に用意したのはかぼちゃスープ。

翔太「これからどうなるんだろう。」昌子「心配しないで。」

最初からべったりの母子関係が垣間見れて怖かったですね。

キントリはまず翔太に最初の取り調べを行います。

行方不明の届けを出した時間が、遅くはないか?と。

菱やんとハルさんの揺さぶりが行われる中、玉垣は歩く姿から翔太と防犯カメラのコートの人物が完全ではないが同一人物の可能性もあるとつかんで帰ってきました。

その頃、真壁と渡辺鉄次(速水もこみち)は昌子に会いに出かけます。

過去形で嫁のことを話す昌子は、彩矢の不倫疑惑を真壁に伝えました。

その話を聞いた真壁は、不倫妻を殺した息子の罪を母親がかばおうとしている?と考えます。

いつもの居酒屋では梶山の離婚話が話題に上がります。

梶山さん、不倫なんかできませんよって(汗)いろいろ勘ぐってしまう流れでしたね。

そこへ、渡辺からコートの男がスーツケースを運び込んだレンタカーの借主が昌子だったことがわかったとの情報が入ります。

カメラに映っていたのは不審人物は昌子本人でした。

母と子で歩き方が一緒って。

昌子の「不審人物は男性だ」と言う言葉に玉垣が引っ張られちゃったんですね。

さらに不倫していたのは彩矢ではなく、翔太の方だったことがわかってきました。

ちょうどそこへ、翔太が彩矢を殺したと出頭したと連絡が入ります。

翔太「母は悪くありません。悪いのは彩矢の方です。」

彩矢が帰ってこなかった日、母から彩矢が不倫相手と会っているのではと言われた翔太は届けを出すことをためらっていました。

レンタカーの明細書を見つけた翔太は、母が彩矢を殺して連れ去ったのではと考えていました。

出頭したのは母に真実を話させるためでした。

翔太が出頭したことを告げ真壁は昌子を重要参考人として取り調べを行いたいと言いますが、昌子は「私はただの専業主婦です!」と同行を拒否し「スーツケースの場所を教える。」と言い出します。

見つかったケースの中に入っていたのは大量の古着でした。

出頭を拒否している昌子のために、真壁は自宅での取り調べを行うことになりました。

一対一は事情聴取とは認められないという監物大二郎(鈴木浩介)に、犯人を追い込むだけの自信がある真壁はこの戦いにあえて挑みます。

他愛のない話を進める中、真壁は事件当日に彩矢がかぼちゃを買って昌子の家にやってきたことを話します。

玉垣が序盤で見つけたのはスーパーの袋に入ったかぼちゃを持つ彩矢の映像だったんですね。

彩矢との会話に常々劣等感を感じていた昌子は、彩矢が持ってきたかぼちゃで頭を殴り殺害。

凶器のかぼちゃはスープにし、彩矢は海外赴任中の隣人宅に隠したと言います。

取調室から開放された翔太を梶山は警察病院に連れていきました。

病室には生きている彩矢の姿がありました。

幽霊の力を借りた捜査”ゴースト”でした。

殴られた後、気を失っただけの彩矢は密かに保護してほしいと警察病院に飛び込んでいました。

不倫をしていた翔太は離婚を考えていましたが、ママの優秀な息子でいたいがために、彩矢を悪者に仕立て上げたため事件が発生してしまったのです。

連行される昌子の放った「証拠を隠すためにかぼちゃを作ったのではない、有機栽培のかぼちゃだったからもったいない。」という言葉に最大の凶器を感じました。

―スープを煮る女―

スポンサーリンク

『緊急取調室』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
注意:かぼちゃは悪くありません。

ラマちゃん
真野さん、目力がすごかったわ。

全然普通の専業主婦じゃなかった。

ドラまる
磐城刑事部長の意味ありげな退場。

上層部との今後の戦いが気になるね。

ラマちゃん
カッコいいだけじゃなく、田中さんの歩く姿は美しいのよね。

でも今回は下の反応の方が多かったかも。

ドラまる
あらあら実生活の噂がちらほら見えちゃったね。

スポンサーリンク

『緊急取調室』第6話あらすじ

2019年5月16日(木) 21:00時から放送のドラマ『緊急取調室』第6話のあらすじをご紹介します。

 ある夜、4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子)が自宅から誘拐された! 

母親・西崎明日香(土居志央梨)が30分の外出から帰ると、娘の姿がなかったばかりか、階段から転落したと思われる夫・康弘(向田翼)の死体を発見したという。

しかも、捜査協力を命じられた真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は、近所の人から提供されたスマホ映像を見て愕然とする。

そこには、ウサギの着ぐるみをまとった不審者が、凛を抱きかかえて歩く姿が映っていたのだ! 

さらに捜査の結果、明日香が本当は2時間外出していたことも判明する。

 まもなく、交番前にひとりでいる凛を警察官が発見し、身柄を保護。

まだ幼い凛からは決定打となるような証言が得られない中、疑惑の目は嘘の証言をした明日香に注がれる。

ところがそこへ、もうひとり怪しい人物が浮かび上がる! 

事件現場から、凛の担任保育士・柴田七海(倉科カナ)の指紋が検出されたのだ。

キントリ・チームは2人を重要参考人として呼び出し、事情聴取することに…。

すると七海は、明日香が不倫相手に会うため凛を保育園に預けていたと証言。

母親失格だと厳しく非難し…!

 そんな中、キントリ・チームはさまざまな情報をもとに、七海に対する嫌疑を深めていくことに…。

やがて、ついに七海が自供! 

しかし、有希子は七海が嘘をつき、頑なに何かを隠そうとしているような気がしてならず…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『緊急取調室』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。
毎週、ゲストの演技に目を見張るキントリですが、真野響子さんの狂気の専業主婦ぶりも冴えわたっていました。

国分佐智子さんの人を無意識に人を馬鹿にしている嫁もなかなかのものでしたが、真野さんの怖さには勝てませんでしたね。

そして、もう一つ話題になったのは、田中さんに離婚や不倫のセリフを言わせたことでしょうか。

奥様は仲間由紀恵さんですね~。

いろいろ勘ぐれる立場にしたのはわざと何でしょうかね。

いろんな意味で面白い回でした。

ドラまる
次週のゲストは倉科カナさんだよ。

保育士が事件に関わっているみたいだね。

ラマちゃん
キントリ総取り換えの危機も去ってはいないし、これからも油断はできないわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA