【緊急取調室2019】1話ネタバレと感想。善さん(大杉連)への愛も健在!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年4月11日(木)にドラマ『緊急取調室 3rd SEASON(2019)』第1話が放送されました。

ドラまる
あのキントリが帰ってきたね。

3シーズン目に突入だよ。

ラマちゃん
初回は『ストロベリーナイトサーガ』と開始時刻が重なっちゃったのよ。

どちらを見るか悩むところね。

こちらの記事では、ドラマ『緊急取調室』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『緊急取調室 3rd SEASON(2019)』第1話あらすじネタバレと感想

裁判員裁判の制度のため取調室で行われる取り調べはすべて録音録画が義務付けされ、取り調べの手本を見せていた真壁有希子(天海祐希)。

「ホシ(容疑者)はお客様」と、あくまでも取り調べは穏やかに進めるように指示をされていましたが、反省の色の見られない容疑者に我慢しきれなくなった真壁はついに声を荒げてしまいました。

その様子を見て真壁がわざと声を荒げたのではという女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)に対し、真壁は「ホシはお客様」ではなく時には厳しい取り調べも必要だと反論します。

しかし菊池は、今後取り調べから真壁を外すべきだと言い残し席を外しました。

その頃、4年前の殺人事件で逮捕された野本雄太(淵上泰史)が護送されている際に逃走を図り、主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質に立てこもっていると通報が入りました。

そして、交渉役に菊池を指名したというのです。

現場には捜査一課の渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)のモツナベコンビも健在でしたね。

到着した菊池は自分が人質になると言い、制止を振り切り一人で民家に入って行ってしまいました。

その後、聞こえた銃声は続けて二発。

野本は射殺され、出てきた菊池は発砲の是非をめぐり取り調べを受けることになりました。

一回目の担当は菱本進(でんでん)と小石川春夫(小日向文世)。

菊池は包丁を持っていた野本を説得しようとしたが、逃げようとした主婦を襲おうとしたため発砲したと言います。

4年前、変死体が発見され、自首してきた野本を逮捕したのは菊池でした。

「野本に恨まれていたのでは?」と聞きますが、菊池は「野本のことはよく覚えていない。」と答えます。

正当防衛が認められる流れに、引っかかりを覚える真壁。

なぜ菊池を指名したのか。

菊池が発砲するまでの時間が短すぎる事。

なぜ二発?

なぜ威嚇射撃をしなかった?

疑問はふつふつと湧いてきます。

そこへ、野本が再捜査を依頼していた事実が判明しました。

そして、菊池が密かに野本の接見を行っていたこともわかり、再聴取を行うことになります。

小石川と新人の玉垣松夫(塚地武雅)で再び取り調べが行われますが、以前の供述を翻し、接見したことを認める菊池。

再捜査はできない旨を伝えに行ったと話しました。

そして、肝心の発砲について衝撃の言葉を口にします。

銃に不慣れだったため、暴発したと。

人質を守るために発砲したのではないと公になれば、警察への信頼が揺らぐことになります。

そこへ入ってきた磐城和久(大倉孝二)は聴取を中止するよう要請しました。

警察による隠蔽?

しかしここは物わかりの悪い真壁。

菊池のもとに一個人として乗り込み、隠さなければならない事実があるのではと問い詰めますが、詰めが甘いと追い返されてしまいます。

真壁をつけていた管理官の梶山勝利(田中哲司)は、上層部がキントリの組織編成をちらつかせ菊池の件について手を引くように圧力をかけてきたことを告げました。

警視正の相馬一成(篠井英介)が発した「メリットを生むもののみを真実というのだ」 という言葉は恐ろしいですね。

心に火の付いた真壁は、梶山を連れて菊池の接見の証拠を探しに出かけます。

そしてその接見で立ち合いをしていた刑務官を突き止め、立てこもりの現場にいたモツナベにある手紙を渡します。

その手紙には4年前の殺人事件の真犯人はかおりで野本が身代わりに自首したことが書かれていました。

そのことを聞かされた磐城は、真壁に菊池の取り調べをするように指示を出します。

ついに真壁と菊池の直接対決です。

現場を再現した取調室に招き入れられた菊池は発砲位置に立ちます。

事件の再現を行うと、やはり二発目の射撃が早すぎることが浮き彫りになりました。

暴発した場合、二発目は背中に当たらないはずなのに、二発ともきれいに背中に当たっていた。ということは、菊池が狙いを定めてトドメを刺すために撃ったということを示していました。

菊池が野本の再捜査の依頼を拒否したのは、上層部の相馬に恩を売るために握りつぶしていたのでした。

野本の最後の言葉「俺が逃げたのは…。」

その続きは、「さおりを自首させたかったからだ。」

4年前、キャバクラ嬢時代の借金が原因で誤って内川という男性を殺害してしまったさおり。

詐欺の結果、老人を山に埋めたという野本は、詐欺から足を洗う手段として身代わりになったということでした。

その話を聞いていた元警務官の柿本は口止めをされていましたが、野本が冤罪を晴らせず亡くなったことを悔いてマンションから飛び降りていました。

モツナベに渡した手紙は柿本の遺書でした。

完璧な人生を送るために警視庁を中から変えたかったという菊池。

しかしその思いはあまりにねじれてしまっていました。

菊池「殺意を持って野本に会いに行きました。秘密を暴露されたくなかったからです。私を逮捕しなさい。罪状は殺人です。」

スポンサーリンク

『緊急取調室 3rd SEASON(2019)』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
帰ってきたキントリ!

新メンバーの塚地さんもはまってたね。

ラマちゃん
『メゾン・ド・ポリス』の小日向さんも好きだったけど、ハルさんも好き。

ドラまる
『ストロベリーナイトサーガ』も拡大放送で開始時刻が一緒だったのよね。

ラマちゃん
本当に最後まで引きこまれたわ~。

ドラまる
退職扱いだったけど、善さん出てきたね!

「ずっとキントリの一員です」に泣けちゃった。

ラマちゃん
さすがの演技力だったわね、浅野温子さん。

沙粧妙子再び!

スポンサーリンク

『緊急取調室 3rd SEASON(2019)』第2話あらすじ

2019年4月18日(木) 21:00時から放送のドラマ『緊急取調室』第2話のあらすじをご紹介します。

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。

対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。

日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。

そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。

ところが対局中、とんでもない事件が起こる。

解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。

その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 

不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。

そんな中、死因は中毒死だと判明。

大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。

しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!
 

真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。

日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。

というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。

しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 

だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。
 

これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。

やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『緊急取調室 3rd SEASON(2019)』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

最初から最後までテンポよく、物語に吸い込まれてしまいましたが、それもこれも一話のゲスト浅野温子さんの迫力の賜物だと感じました。

久々に真壁を演じる天海祐希さんとの演技合戦は甲乙つけがたく、個人的に引き分けです。

皆さんは、どうでしたか?

そして、前シリーズまで出演なさっていた大杉連さんも、キントリのメンバーとして名前が何回も出てきて涙が出そうでした。

シーズン1も2もまた見返したくなりますね。

ドラまる
真壁VS菊池の取調室は緊張感がすごかったね。
ラマちゃん
あっという間の一時間超だったわ。

早く来週にならないかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA