きのう何食べた?|11話ネタバレと感想。賢二を実家へ…史朗が決めた理由に涙!

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』11話が2019年6月21日(金)に放送されましたね。

ドラまる
今週は、クリスマスパーティをやるみたい!

一体、どんなメニューがでてくるのかな?

ラマちゃん
シロさんのママは、正月に賢二を連れてくるように言いだすみたいだし…

一体、どうなっちゃうのかしら?

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2019年春ドラマ『きのう何食べた?』11話のネタバレ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』11話のネタバレあらすじと感想は?

11話

【ジューシーとんかつ】

12月の事です。

史朗(西島秀俊)は、実家で母・久栄(梶芽衣子)ととんかつ作りをしていました。

「あれ?これ、肉に塩コショウしないの?」

「したことないわよ。昔から。でも、味変じゃなかったでしょ?うちは昔から、お肉に衣をつけて揚げるだけ。あ!でも、卵には少しお水を入れるといいわよ!お肉900グラムくらいを卵1個で衣つけられるから。」

そんな久栄を見て、自分の合理主義は母譲りだと妙に納得する史朗です。

しかし、今日は妙に穏やかな久栄を見て、何となくほっとしたような不気味なような、不思議な気分でした。

「あ!その切り干し大根見て!」

史朗は、またもや気が付きました。

「あれ?これ、砂糖とかみりんとか入れないの?」

「うちは、切り干し大根の甘みだけ。煮汁を完全に飛ばすと、不思議とほんのり甘くなるのよ。」

「へ~覚えておくよ。」

にっこりと微笑みあう息子と母。

「さ~とんかつを揚げるのは最後にして、あとはスパゲッティサラダでも作っておしまいにしましょう!」

「え!まだ作るの?」

しかもただのサラダではありません。

スパゲッティサラダという、更なる炭水化物です。

高校生の息子が帰省してきたようなメニューに、史朗は辟易としますが、それも、久栄の中で、自分が家を出ていった時のまま、年を重ねていないのかもとも思いました。

「この辺片付けておくよ。揚げ物の時、余計なものが周りにない方がいいでしょ?」

そんな史朗の言葉に、久栄はしみじみと言います。

「あなたが女の子だったら、『私が言ったこと覚えててくれたのね♪』って言い話になるとこなんだけどね。」

久栄の言葉に、史朗はむっとした顔を浮かべますが…。

「でも、全然嬉しくないかといったら、そうでもないんだけど。こうして二人で台所にいるっていうのもね♪」

『俺の料理のルーツはここにあったんだな。』

さて、夕飯時です。

父・悟朗(田山涼成)もダイニングにやってきました。

お皿にモリモリにとんかつに食らいつく史朗は、絶賛します。

「久しぶりに食べるとうまいな!」

「ほんと、揚げ物なんて久しぶり!」

悟朗もあまり食欲がなくなり、すっかり揚げ物はご無沙汰だという久栄。

史朗が来ると揚げ物がメニューにのぼるのはそういう理由かと、妙に納得するのでした。

しかし、さすがに1キロちかくあったとんかつをお年寄り2人と中年1人では、食べきれないと笑う史朗。

久栄は、持って帰るように促します。

いそいそととんかつをタッパーにつめる久栄と悟朗は、何か目配せしあって、何か言いたげです。

そんな二人に、一抹の不安を抱いた史朗。

そんな不安は、見事的中。

久栄と悟朗は、こんなことを言い出したのです。

「史朗さん。今度のお正月。彼氏さん…いえ、矢吹賢二さんをうちに連れてらっしゃい!お正月はお仕事お休みなんでしょ!」

史朗は、料理を作っている間の穏やかな久栄は、嵐の前の静けさだったと、油断していたことを悔いる史朗です。

「だだだだって、あなたたちは、結婚してるも同然なんでしょ!だったら、連れ合いを家族に引き合わせるのは当然でしょ!そうでしょ!」

史朗は、さすがに男女のそれとは違うと窘めますが、悟朗もおもわず声を挙げます。

「史朗!お前は、そんな生半可な気持ちで同性愛をやっているのか!真剣に生きていないのか!お前は!」

「真面目な子だと思ってたのに!」

「情けないぞ!」

史朗は、突然の両親の剣幕に、ただただ、うろたえてしまうのでした。

【もうすぐクリスマス】

とある日、家計簿をつける史朗に、賢二(内野聖陽)がウキウキ声でリビングへと駆け込んできました。

クローゼットから、クリスマスツリーを見つけたというのです!

「飾ってもいい?」

「ああ。」

そして、史朗は思い出したように尋ねました。

「あ!小日向さんが、クリスマスディナーに誘ってくれたんだよ!あ!もちろん、ジルベールと4人でな!それで、いつもと同じメニューだけど、うちに来てもらおうかと思ってんだ。嫌なら断るけど。」

「ううん!いいよ!でも、いいの?ほら…この前、ヨシくんたち呼んだとき、シロさんあんまり乗り気じゃなかったから…。」

「いや…あれは、身構えすぎてたって言うか…」

そう、ヨシくん(正名僕蔵)鉄さん(菅原大吉)が来たときは、グルメな2人に出すのに、自分のアマチュアな料理を出すのに、気が引けていただけなのでした。

「年末に無駄な金を使いたくないんだよ。小日向さんが選ぶ店じゃ、2人で行ったら、2万はくだらないだろう。」

「そっちか…。」

【久しぶりの佳代子さん】

さて、史朗はとある日、佳代子(田中美佐子)のもとを訪れました。

玉ねぎを分けてもらえるときいて、勇んでやってきたのです。

チャイムを鳴らそうとすると、突然、娘のミチル(真凛)と出くわします。

「あ!母いますよ!あと…父も(怒)」

何だか穏やかではありません。

家に入るとため息をつく富永(矢柴俊博)がいます。

「何かあったんですか?」

史朗が尋ねると…。

「お父さんがいけないんのよ!あんなこと言うから!」

「だって…聞いてくださいよ。筧さん。ミチルね。学生時代から、付き合ってる彼氏がいて、近所のマンションに二人で住んでるんですよ!8年も。なのに、結婚する気配もないから…つい。」

富永は、ミチルに結婚して、孫の顔をでも見せてほしいなぁと言ってみたのですが、ミチルは、今更結婚する理由はないといい、子どもを作る気もないと言います。

正直、その考えには佳代子も驚いていました。

「もし、あの子が働きながら子育てするなら、今が一番いいと思ってたのよね。私たちもまだ元気だしさ。」

「孫の世話するの…楽しみにしてたんだけどな…。」

史朗には、何ともいってあげにくい案件ではありましたが、史朗は思っていました。

『親の悩みって言うのは、ゲイもノンケも変わんないじゃないか…。』

「あ!ごめん!こんな話。親って、変な生き物でしょ…。」

佳代子の言葉が、何となく刺さる史朗でした。

【クリスマス当日】

部屋を飾り付ける賢二と、料理を作る史朗の姿がありました。

出迎える支度を済ませた賢二は、いそいそと部屋に戻ります。

そして、うきうきと以前、史朗と2人でかった指輪をはめます。

するとグッドタイミングで、小日向(山本耕史)ジルベール(磯村勇斗)がやってきました。

小日向は、料理と場所のお礼にとキルフェボンのケーキと冷え冷えのシャンパンを差し入れしてくれました。

嬉しそうに受け取りつつ左手の薬指をちらつかせる賢二。

小日向は、スルー。

しかし、ジルベールはというと、いじわるな顔で、部屋のインテリアをディスると、「逆に居心地良さそう」と笑います。

そんなジルベールを椅子に通すとき、ジルベールは気が付きました。

賢二の指輪に。

賢二は、恍惚の表情で、無言の自慢を繰り出すのでした。

さて、パーティの開始!

賢二は史朗の自慢を、ジルベールは小日向の自慢を繰り広げます。

「すみません。お腹が減って、不機嫌なんです。」

そんな小日向の言葉で、食事とりわけ始めます。

小日向と賢二が絶賛する中、パクパクと無言でモーレツな勢いで食べるジルベールに、小日向は感想を促します。

そこは、素直じゃないジルベールです。

「筧さん!なにこのデブ製造機みたいなメニュー!それに、この明太子のディップなんか、これ以上食べたら病気になっちゃう!」

「あ~なら、食べないでいいよ。」

そういって、取り上げようとする史朗から、ディップの入った小鉢を奪うジルベール。

「止まんないの!」

それは、素直じゃないジルベールの最上級の「美味しい」だったのかもしれません。

「あ~…結局全部食べちゃった…。」

「さすが、この中では、一番の若者。」

「結構食べてたよね。」

史朗と賢二も、すっかりジルベールの素直じゃない言葉のあしらい方に慣れたようです。

「来るんじゃなかった…。」

「じゃ~もう帰る?」

「まさか!キルフェボンのケーキを食べるまでは、帰れない!」

史朗は、まだお腹が一杯だからと、口直しのシャーベットを出しました。

「時間は、まだまだたっぷりあるから、ケーキとコーヒーはもう少しお腹が落ち着いてから、その前に口直しに。」

「何か…茶色が地味でブサイク…。」

史朗の茶色いばかりで、映えない料理に文句を言いつつも、先に食べた小日向に促され、食べてみるジルベール。

それは、アールグレイのミルクティーのシャーベットでした。

「おいしい。」

ジルベールから、遂に素直な美味しいをいただきました。

それを見た小日向は、史朗に詳しい作り方を尋ねるのでした。

「大ちゃん!これ、丼一杯食べたい♡」

小日向は、作ってあげることを約束しました。

「そういえば、お正月は筧さんとケンちゃんは、どうするの?何だったら、大みそかから、年越しパーティとかしちゃう?♡」

史朗は、ぎくりとします。

まだ、久栄と悟朗から言われた、帰省の話を賢二にしていなかったのです。

「特に予定ないし…シロさんがいいなら、俺はいいけ…。」

「いや、正月は…。」

史朗は、決心して切り出しました。

「…賢二、連れて、俺の実家に帰ろうと思ってるんで。」

「え!?」

「あ…いや、賢二が良ければの話だけど。」

そんな史朗の言葉に、皆驚いていました。

ここは、何でもずけずけというジルベールの出番です。

「筧さん。親に恋人まで紹介しちゃうのはどうかと思うよ?ただでさえ、息子がゲイだってことでショックなのに。そのうえ…。髭の生えた恋人なんてリアルに見ちゃったら、ダブルショックじゃん!」

「それは、まぁその通りだよ。正直、俺も悩んでた。でも、俺、ずっと考えてたんだよね。両親は。俺がゲイだってわかった時。最初にどう思ったんだろうって。で、こう思った。きっと両親は、俺がゲイだってわかった時、俺のこと…可哀想な子だって思ったって。次に、俺がこんな風になってしまったのは。私たちの育て方が悪かったんじゃないかって、自分を責めたかもしれない。だから…だからさ。ゲイのなんたるかってことをしってほしいってことじゃなくて、少なくとも、今俺が、両親が思ってるほど、不幸じゃないんだってことをわかってほしくて。」

史朗の涙ながらの言葉に、賢二も小日向もジルベールも涙をこぼしました。

「賢二を、うちに連れて帰ろうって思ったんだ。」

「シロさん…。俺…行くから!絶対に行く!行くから。」

【わがまま王子ジルベール】

その日の帰り道、ジルベールはご機嫌斜めです。

「何あれ…」

「ん?」

慌てる小日向にジルベールは言います。

「完全に見せつけられちゃったよ。」

「そうだね。」

「っていうか、大ちゃん…泣いてたでしょ!もう悔しい!」

小日向は、必死にジルベールの機嫌を取ります。

「い…今からでも明日の予約取ってみようか!麻布のレストラン。」

「行く。それと、指輪買って!」

「ゆ…指輪?」

小日向は、賢二の指輪には全く気が付いていなかったのでした。

「もう気づかなかったの!大ちゃん!そういうとこだよ!もう、今日は泣いてるだけじゃん!」

小日向は、その後、ジルベールの機嫌をとれたのでしょうか…

その頃、賢二は愛おしそうに指輪を拭いてしまいました。

そして、史朗は久栄に賢二を正月に連れて帰るという連絡を入れるのでした。

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』11話の感想は?

黒猫葵
ジルベールのあしらい方を覚えた、ケンシロカップルが面白過ぎました(笑)

シロさん、ラザニア盛り過ぎだし、でも、全部食べれちゃってるし(笑)

ちなみに、病気療養のため、降板されたシロさんパパ役の志賀廣太郎さんに代わって、今週から田山涼成さんになりました。

その後、続報はありませんが、お元気になって、また他の作品でもお仕事に復帰してくれたら嬉しいです。

今日の悟朗さんは、田山さんぴったりでした!

そして、シロさんパパとママから、正月に賢二を連れてこいとのお達しに、シロさんが決断した理由は…あの場にいた3人でなくともテレビの前の私も涙ですよ。

何か…ジーンとしてしまいました。

本当に来週最終回なんでしょうか…終わるのが嫌すぎます。

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』11話のネット上の反応や評価は?

乙女(賢二)VS小悪魔(ジルベール)

ドラまる
いいね~…

このマウンティング対決(笑)

ラマちゃん
悔しそうなジルベールがまた可愛いのよ(笑)

小日向さん…すっごい高い指輪買わされてそう…

なんだこの尊いカップルは…

ドラまる
本当…こういうおどろおどろしくないドラマ…もっとたくさんやってほしいなぁ…。

心が癒されるドラマだよね。

ラマちゃん
原作では、淡々と語ってるのよ。

だから、ここでシロさんが涙をこぼしたのは…西島さんが、この言葉を言った時に自然に流れて…みんなもらい泣きしたんじゃないかって思うわ…。

ジルベール小日向カップルもいい!

ドラまる
この二人も、いいバランスなんだろうね!

何だか、いいなぁ…ってそればかり言ってるよ(笑)

ラマちゃん
そうね…。

ねぇ…本当に来週で終わっちゃうの??

スポンサーリンク

ドラマ『きのう何食べた?』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『きのう何食べた?』は放送終了から1週間以内はTverやネットもテレ東などを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』最終回・第12話のあらすじは?

2019年6月28日(金)24:12〜放送のドラマ『きのう何食べた?』最終回・第12話のあらすじをご紹介します。

年が明けお正月。

矢吹賢二(内野聖陽)が筧史朗(西島秀俊)の実家へ行く日を迎え、賢二はとにかく落ち着かない。

史朗も実家に着くとさすがに顔がこわばり、出迎えた久栄(梶芽衣子)と悟朗(田山涼成)も緊張の面持ちだ。

しかも賢二と悟朗はひょんなことで2人きりに…。

気まずい空気の中、悟朗は「史朗のアルバムをみよう」と賢二に声をかける。

可愛らしい高校時代の史朗を見た賢二は、平静を装いつつ心の中ではしゃぎまくる。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2019年春ドラマ『きのう何食べた?』11話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
本当に最終回なんだね…

最後にこの話をもってくるとは…憎いね…。

ラマちゃん
でも、このあとも良い話がたくさんあるのよ!

これは、2期を期待したいわ!

黒猫葵
まだまだ、原作は続いていますからね。

でも、ひとまずは来週で最終回!

最後まで一緒に見届けましょうね!

最後までお読みありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA