きのう何食べた?|4話ネタバレと感想。シロさんと賢二の思い出話も尊い♪

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』4話が2019年4月26日(金)に放送されましたね。

ドラまる
先週は、ゲイ仲間の大策さんと出会ったよ!

今週は、ついに本物のジルベール登場かな?

ラマちゃん
そっちは楽しみだけど、シロさんパパが手術を受けるみたい…。

そっちは心配だわ。

一体、どうなっちゃうのかしら?

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2019年春ドラマ『きのう何食べた?』4話のネタバレ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』4話のネタバレあらすじと感想は?

4話

【シロさんのお父さんの手術】

12月になりました。

夜中に、台所でカシュカシュという妙な音が聞こえてきて、賢二(内野聖陽)は、様子を見に来ました。

そこには、鍋の焦げ付きが気になると、一生懸命洗っている史朗(西島秀俊)の姿がありました。

「今、やらなくても…。明日、お父さんの手術で、朝早いんでしょ?」

そう、明日は、がんが見つかった史朗の父・悟朗(志賀廣太郎)の手術なのです。

「明日の晩飯、今日と同じで悪いな。」

「何言ってんの、作り置き用意してくれるだけでもありがたいよ。俺のことは気にしなくていいから、早く寝なよ。」

賢二は、何かしていないと落ち着かないらしい史朗に優しく言いました。

「あ!待って、今、渡しちゃおう。」

そういうと、賢二はそそっと、取り出し袋を渡しました。

「お母さんに、ミニタオル。病院って、しょっちゅう手、洗うし、シロさんこういうの嫌がるかなって思ったんだけど、可愛いの見つけたから。」

賢二は、史朗よりも、もっともっと不安でオロオロしているであろう久栄(梶芽衣子)のためにと準備してくれたのでした。

「ありがとう。渡すよ。」

そして、手術の日。

笑顔で手術室に入る悟朗を、心配そうに見送る史朗と久栄です。

手術が始まってしまえば、二人にすることはありません。

「お父さんに個室って言われた時、贅沢かなって思ったんだけど、10時間もの手術を待つなら、良かったのかもね。」

そんなことを言いながら、話は手術についてです。

悟朗のがんは、食道にあります。

通常は、胃を引っ張って食道の代わりにするのですが、悟朗は以前に胃潰瘍をやっており、胃を切除しているため、それができません。

そのため、腸の一部を切り取って、食道の代わりにつなぐと医者からは説明されていました。

「思ったより、大変な手術なのかも。」

久栄は、不安でたまらないという表情を浮かべます。

「大丈夫だよ。一般的な方法だって言ってただろ?」

史朗はそう言って励まします。

しかし、普段あまり話をしない2人は、すぐに話題が尽きてしまい、沈黙が走ります。

すると、突然久栄が立ち上がって叫びました。

「お父さん!お父さん、死んじゃったら、どうしよう…。史朗さんも祈りなさいよ!そんな会社の書類なんか読んでないで!そんな裁判負けたっていいから、お父さんを助けてくださいって、祈りなさいよ!」

混乱から、とんでもないことを口走る久栄を、何とか落ち着かせる史朗。

悟朗が個室を希望したのは、そんな久栄のためだったのかもしれません。

『まるで間欠泉だ。個室で正解だよ。お父さん。』

涙をこぼす久栄にティッシュを差し出す史朗は、ふと賢二からのプレゼントを思い出しました。

その袋を渡す史朗でしたが、「お母さんにって…知り合いが…くれた。ミニタオル。」と、思わず賢二からもらったことを濁してしまいました。

「わぁ…素敵。その方に、お礼を言ってね。」

喜んでくれた久栄を見て、何となく罪悪感を抱いた史朗は、久栄に言いました。

「お母さんってさ…。結構、お父さんのこと好きだったんだね。」

そんな史朗の言葉に、驚いた久栄は返します。

「当たり前でしょ。大好きよ。好きに決まってるじゃない。」

さて、10時間が経ったものの、手術の終わる気配がない中、医者の話を聞く史朗と久栄。

「新鮮な腸?」

病巣の切除はできたのですが、腸を食道の代わりにつなぐには、『新鮮な腸』が必要だというのです。

しかし、それに適したちょうどいい腸が見つからないのです。

それでも、何とか使えそうなところを見つけ、やっと移植に入ったようで…。

「あと4時間くらいで終わりますよ。」

「そうですか、よろしくお願いします。」

長時間の手術で疲れながらも、説明を終えた医者が手術へと戻っていくと、久栄は怒りだします。

「なにあの態度!お父さん危ないの!?あんなに意気消沈して!」

史朗は、懸命に思いがけない長時間の手術につかれているだけだと宥めます。

「それに、あのお医者さんの感じなら、俺はお父さん助かると思う。」

そして、その通り、長時間の手術を無事に終え、実家へと戻ってきた史朗と久栄。

久栄は、昨晩のことを史朗に話します。

いつも悟朗が座っている縁側の椅子を見つめ、『いないんだ…。もしかしたらずっといなくなっちゃうかもしれない。』と、そんなことを考えて不安になっていた心境を吐露します。

翌日、麻酔から目を覚ました悟朗の姿を見て、一安心した久栄と史朗。

「あ~やっと味がする。」

買ってきたコンビニのサンドイッチを頬張って久栄が言いました。

「もう帰るんでしょ?間あけずに、お父さんの顔、見に来なさいよ。また天ぷら揚げるから。」

すっかり、いつもの調子に戻った久栄を見て、胸をなでおろす史朗。

史朗は、何となく久栄の天ぷらのコツを尋ねました。

「おもいきりよ。」

思いがけない久栄の言葉に、史朗は驚くのでした。

1日ぶりに、自宅へと戻った史朗を出迎えたのは、仕事が休みだった賢二です。

思ったよりも一人で生活できていた賢二に声をかけます。

「うん。ほら、色々大変な時って、帰ってきて家が散らかってると、余計気持ちがすさむじゃない。」

それは、賢二の精いっぱいの思いやりでした。

そんな賢二の思いやりを受け止め、微笑んだ史朗は言います。

「飯、作るか!鍋なんてどうだ!」

嬉しそうに台所へとやってきた賢二は、悟朗の様子を尋ねます。

「ん?よく寝たぁってさ。」

「そっか!」

そんな冗談が言えるならと、賢二も胸をなでおろすのでした。

【賢二との出会い】

さぁ、クリスマスです。

同僚の修(チャンカワイ)は、「子持ちになるとクリスマスなんて、楽しいイベントじゃない。」と、憎まれ口をたたいています。

そんな憎まれ口も、適当にいなす志乃(中村ゆりか)です。

「あら、私はサンタの代わりに手紙の返事を書いたりして、楽しかったわよ!」

そういって笑うのは、修の母で、この事務所の所長・美江(高泉淳子)です。

「男で、クリスマスが楽しいのなんて、独身くらいだよ。ね!筧先生!」

「今日は、いつもよりしゅっとしてますよ♪」

「この後、どこか行くんでしょ?」

みんな謎の多い史朗の本日のスケジュールに興味津々です。

「いや、特別楽しくもないですけど。行くには…行きますが。」

そう言葉を濁す史朗でした。

仕事を終えた史朗は、いつもの激安スーパー中村屋へと向かいます。

トマト缶が1缶88円のところ、2缶買うと100円と、この間のキャベツに続き、思い切った値段設定です。

多分、年末に向けて、在庫を減らしたいのかもと考えた史朗でしたが、いつもお世話になっている分、今日は思い切って2缶を籠に入れました。

サンタさんに戯れる子ども達が目に入った史朗は、先日久栄から言われた天ぷらのコツ「おもいきり」を思い出していました。

そして、そこから、賢二との出会いや、一緒に暮らすまでの経緯も同時に思い出します。

それは、3年前の夏です。

初めて2丁目にやってきた史朗。

珍しがられる史朗でしたが、決まったパートナーのいる史朗にとって、ナンパされる必要もないのに来る意味はないと思っていました。

しかし、思いがけずその時の彼氏から、ショックな一言を言われてしまいます。

「大丈夫だよ、お前は。お前、ここいらじゃ、全然モテるタイプじゃないからね!全然気づいてないと思うけど!」

瞬く間に彼氏を連れて行かれてしまった史朗。

その時、史朗はようやく理解しました。

ゲイにもモテファッションというものが存在するのでした。

史朗の出で立ちは、例えてみれば、女性がすっぴんで合コンに来るような状態で、実際、全然モテませんでした。

「帰りたい。」

そう思っていた時、彼氏が仲間を連れて戻ってきました。

「へ~今、この人と付き合ってるんだぁ!初めまして!」

“意外と普通。”

それが、賢二との出会いでした。

賢二は、場違いな史朗を、とても褒めてくれました。

それから、特に交流はなく、すっかり忘れそうになっていたある日のことです。

史朗が美容院に行ったことで、再会したのです。

世間話をしつつ、ゲイなトークになると声を潜める史朗。

そして、あの時の彼とは、わりとその後すぐに別れていました。

そんなことをきっかけに、家が近いという事もあって、たまに食事をしたり、飲みにいったりするようになっていました。

よく会ってるけど、付き合ってるわけじゃない…そんな友達以上、恋人未満のような関係が続いていたある日のことです。

閉店後のお店で特別にカットしてもらうような間柄になった頃です。

賢二の住んでいるアパートの上の部屋で、水漏れがあり、賢二は家具も家電も全滅という事件が起きていました。

今は、店長の家に寝泊まりさせてもらっていましたが、家族のいる店長なので、申し訳ないと嘆いています。

しかも、賢二には、引っ越そうにも貯金がないと言います。

そんな話を聞いた史朗は、思い切って言ってみたのです。

「あ!あの!あの…。あの…。うち…来る?」

驚く賢二…。

結婚という選択肢のないゲイが一緒に住むということは、つまりそう言う事です。

『あの時、俺は、相当思い切った。』

そんなことを思いだすのでした。

【クリスマス】

さぁ、買い物を終えて帰ってきた史朗は、早速、料理を作り始めました。

まずは、ラザニアからです。

  • ニンニク、セロリ、玉ねぎ、にんじんをみじん切りにし、良く炒めたら、豚ひき肉をいれて更に炒めます
  • トマトの水煮缶を1缶入れて、トマトをに崩す
  • トマト缶の3分の2くらいの水を入れれば、缶を洗う手間が省けます
  • コンソメとハーブを入れて、塩コショウで味を調え、煮こみます
  • ホワイトソースはバターを溶かして、小麦粉を中弱火で炒めます
  • 粉っぽさがなくなったら、少しずつ牛乳を入れてとろみを出す
  • 塩コショウで味を調える
  • ラザニア6枚は、サラダ油少々と塩を入れた熱湯でゆでます
  • ラザニアはくっつきやすいので要注意です
  • 耐熱皿にトマトソースを縫ったらラザニア2枚、ホワイトソースとほうれん草、ピザチーズ、トマトソース、パルメザンチーズ
  • これを3回繰り返してオーブンで焼く

これで完成です!

次は、鶏肉の香草パン粉焼き

  • パン粉、パルメザンチーズ、にんにくのみじん切り、塩コショウ、塩は多めが美味い、オレガノとバジル少々にオリーブオイルを混ぜ合わせる
  • 鶏もも肉かけて焼くだけ!

あとは、サワークリームに明太子をほぐしたディップを作り、バケットに塗ったものは、賢二の大好物です。

味は抜群ですが、カロリーも抜群に多い代物です。

でも、クリスマスくらいは、特別ですよね♪

そこへ、ケーキを買って帰ってきた賢二がニコニコと台所に入ってきます。

「じゃ~ん!」

嬉しそうに取り出したのは、小さなクリスマスツリーでした。

史朗も、そんな賢二を見て、ニコニコと笑います。

食卓につき、嬉しそうに史朗の作った料理を頬張る賢二です。

「そういえば、去年もこのメニューをリクエストしたよな。他に食べたいものとかないのか?」

史朗は、そんな疑問を賢二に投げかけます。

「うん!おせち料理みたいにさ、決まってる方が特別って感じするじゃない♪」

そう言って笑う賢二をみて、「ふ~ん。」と納得した様子の史朗。

賢二は呟きます。

「このメニューは特別だよ。」

それは、一緒に暮らし始めた最初のクリスマスのメニューでした。

まだ少しぎこちない史朗と賢二の最初のごちそうです。

こうして、なんとなく一緒に住み始めて3年が経ったのでした。

その夜、史朗は久栄に悟朗の様子を尋ねるため、連絡を入れました。

まだ、流動食ではありましたが、食事もきちんととれているという悟朗。

ほっと、胸をなでおろしていると、久栄から、また爆弾発言が投下されました。

「年末年始はどうするの?」

「え?いや…え~っと。」

史朗は、突然、思い立ったように、ミニタオルの話を始めました。

「あれくれたの…賢二って言うんだ…その…。」

「…一緒に住んでる彼氏さん?」

久栄は、言いにくそうにしている史朗に代わって言いました。

「良くきがつく方なのね。柄も好みだったわぁ。ありがとうって、お伝えしてね。」

「また、電話するよ。お父さんによろしく。」

なんとなく話をごまかしたまま電話を切った史朗。

「シ~ロさん!ケーキ食べよ!」

いそいそとコーヒーも準備していた賢二を見て、史朗はチベットスナギツネのような顔で思いました。

『全然、好みのタイプではない。』

「え?何?」

「いや、ケーキ何買ってきた?」

「イチゴのショートケーキと~モンブラン♪」

『ただ、毎日一緒に暮らす相手として…』

「正解だな。」

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』4話の感想は?

黒猫葵
まずは、シロさんのお父さんの手術が、無事に済んでよかったです~!

でも、1話ひと月くらいということで、すごい勢いで季節が(笑)

つい2話前くらいは、スイカかじってたんですけどね~(笑)

そんな中、今週はジルベール登場かと期待していたのですが、残念ながらまだでした。

早くダブルデートみたいですぅ♪

でも、来週はお正月みたいですし、もう少しお預けかもしれませんね。

今日は、賢二との出会いが描かれたわけですが、何というかあの、友達以上恋人未満みたいな時も、何かほほえましかったです♪

でも、やっぱり、3年一緒に暮らして、打ち解けてのクリスマス。

クリスマスツリーでキャッキャウフフしてる2人が尊過ぎます♪

私的、今期一番ドラマです♪

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』4話のネット上の反応や評価は?

尊い史朗と賢二のカップル

ドラまる
いや~、原作をすごく大切にお話を作ってくれてるのがわかって嬉しいよ…。
ラマちゃん
本当よね♪

テレビ東京が制作で本当によかったわ♪

スナギツネ

ドラまる
そっくりだよね!

チベットスナギツネ!

ラマちゃん
この何とも言えない、表情、お馴染みになってほしいわね♪

スポンサーリンク

ドラマ『きのう何食べた?』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『きのう何食べた?』は放送終了から1週間以内はTverやネットもテレ東などを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『きのう何食べた?』第5話のあらすじは?

2019年5月3日(金)24:12〜放送のドラマ『きのう何食べた?』第5話のあらすじをご紹介します。

筧悟朗(志賀廣太郎)の術後の経過が順調で安心する史朗(西島秀俊)。

だが久栄(梶芽衣子)は「“老いじたく”を考えているのか」と史朗の行く末を案じる。

矢吹賢二(内野聖陽)と添い遂げるつもりなのか、今後の話を一度ちゃんとしたいと、年末年始の帰省を説得され、賢二に思わず「帰りたくない」と心情を吐露する。

そんな史朗に賢二は珍しく真顔で「贅沢だ」と怒り気味。

また史朗は賢二の家族の話を知らないことにふと気づく。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2019年春ドラマ『きのう何食べた?』4話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
ラザニア食べたい…。

誰か作って~!

ラマちゃん
ほら、ドラマを見て、自分で作ってみなさい(笑)

でも、本当に美味しそうだったわ~。

目で見て楽しくて、お腹が減る。

楽しいけど、目に毒なドラマね~♪

黒猫葵
いやはや、何というか、心穏やかに見られるドラマで、ありがたいです。

でも、本当お腹がすいて、ダイエット中には辛いかもしれません(笑)

来週も物語を見守っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA