インハンド|6話見逃し動画無料視聴はこちら【5/17配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『インハンド』第6話(2019年5月17日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『インハンド』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『インハンド』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『インハンド』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『インハンド』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『インハンド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『インハンド』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『インハンド』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年5月17日(金)放送終了後〜2019年5月24日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『インハンド』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インハンド』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インハンド』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『インハンド』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年春ドラマ『インハンド』第6話のあらすじは?

2019年5月17日(金)放送のドラマ『インハンド』第6話のあらすじを紹介します。

正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーとなった紐倉(山下智久)は、助手の高家(濱田岳)を連れて内閣府にあるSM対策室を訪れる。

牧野(菜々緒)は対策室のメンバーに、紐倉と高家を紹介。網野(光石研)は早速、紐倉に相談を持ちかける。

国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐(清原翔)のドーピング疑惑について調べてほしいというのだ。

最初は拒否した紐倉だったが、高家の必死過ぎる頼みによって渋々受けることに。

紐倉と高家、そして牧野は、ドーピング疑惑の真相を探るため、練習中の野桐に会いに行く。

陸上界の異端児と言われるだけあって、レース前後に野獣のような雄叫びをあげたり、謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動が多い野桐。

変人な上に傲慢な性格で、紐倉にも執拗に突っかかる。

そんな中、紐倉は野桐の”ルーティン”に目を付ける。

そこからあることに気付いた紐倉は、さらに詳しく調べるため、野桐の高地トレーニングを観察するために高家を連れ出すが…。

公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『インハンド』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『インハンド』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ちょい
次回第6話は、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の正式なアドバイザーとなった紐倉と高家がドーピング疑惑の真相を突き止めるという内容のようです。

ドーピングというと、あまり紐倉の得意分野である寄生虫や感染症やウィルスといった分野ではないと思うのですが、どんな理由でドーピングが疑われる症状が出るのか、はたまた何かトレーニング場所で感染しているのか、どんな展開になるのか楽しみです。

そして紐倉と高家の関係性は、第5話で少しは近づいたように思えたので、どんなコンビネーションを見せていくのか気になります。

また、牧野も紐倉の変人さは知っていたものの真相はきっと悪い物じゃなく、紐倉が悪い人物ではなかったという事を証明するために紐倉のCDC時代の元上司を訪ねようと高家に提案していたので、きっと牧野を含めた3人でのコンビネーションも良くなっていくと期待しています。

ペンネーム:ちょい(20代・女性)

さきママ
最後に映った福山の様子が気になりました。

福山が持っていたのは、入谷が持ち帰ったウイルスではないかと思いました。

福山は、いつか紐倉がやる気を見せた時に、そのウイルスを託すために冷凍保存をしていたのではないかと予想しています。

次回は、また別のストーリーがあるようですが、それとは別に、入谷がやり残した研究を紐倉が引き継ぐという展開も同時に進行するのではないかと考えています。

次回のストーリー本編としては、紐倉が陸上選手のような人と仲良くしている様子も映っていたので、今回の事で、少し人との付き合いが生まれ出すのかなと思っています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

かかお
変人VS変人ということで、紐倉博士の変人ぶりがたくさん見たいです。

相手の陸上選手もかなりの変人だということで、紐倉博士がどう対応するのか気になります。

牧野さんと高家さんは変人ふたりに囲まれて大丈夫なんでしょうか。

うまく紐倉博士を操縦できるのかな。

紐倉博士がSM対策室のアドバイザーになるようですが、網野さんがどういう反応をするのか楽しみです。

紐倉博士とまともな会話ができないんじゃないかと心配でもあります。

第5話は過去の回想シーンばかりだったので、あっと驚くような感染症やどんでん返しのストーリーを見たいと思います。

ペンネーム:かかお(30代・女性)

BOOKSHELF
今回から登場した紐倉の元上司、福山がラストシーンで急展開を見せていてとても驚きました。

紐倉の過去を牧野と高家に伝えるという、完全にクリーンな役どころと思わせておいて、あのラストシーン。

何か重大な秘密を握っているのだと予想します。

入谷の意思を継ぐものなのか、もしくは改造エボラウイルスの開発に関わる人物なのか。

紐倉博士の敵なのか、味方なのか。すごく気になります。

次回はまた新たな事件が起こるようなので、それが今回明らかになった紐倉の過去とどのようにかかわっていくのかも楽しみです。

また、毎回ちょこっと出てくる紐倉博士のおやつや夜食も気になっています。

ペンネーム:BOOKSHELF(30代・女性)

なつ
本来ならば紐倉博士の右腕の秘密が最後の山場に持ってきそうなところを早い段階から明かされたので、今後最後に向かってどのような大きな展開が待っているのか楽しみ。

ドーピングが6話はテーマということで、来年開催されるオリンピックに何か繋がるような話だと面白いなと思う。

運動選手には切っても切れない話題である「ドーピング」がどのように描かれるのかが楽しみ。

個人的にサモンくんが可愛いので見せ場がたくさんあれば癒されるなと思う。

紐倉博士がいよいよSM対策室に関わる感じなので最終回に向けてもう一波乱起こるのではないかと思う。

ペンネーム:なつ(30代・女性)

ふじお
陸上選手がドーピングしてるか?の謎を紐倉たちが本性を暴きます。

現在のスポーツ選手は、科学技術を使い取り組んでいるので、こうしたら良いタイムになることを知っています。

上を目指したい気持ちがあれば、薬に頼らなくても良い記録はでます。

それでも不安と成績を伸ばしたいことで、ドーピングをしてしまいます。

自分の記録ではない気がして嫌ですが、それでも手を出してしまう人間の弱さがあります。

紐倉は解明すると思いますが、残念な結果になりそうです。

何も、していなければ堂々としていられるので、これが真のスポーツマンです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

2019年春ドラマ『インハンド』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『インハンド』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ruri

『インハンド』第6話のあらすじネタバレ

紐倉と高家は、正式にSMの一員になった。

二人に持ち掛けられた話は、野桐のドーピングについて調べて欲しいとのことだった。

調べるが、全く疑う余地がなかったため、SMに報告すると安心したが、紐倉は野桐が遺伝子ドーピングをしていると言い出した。

紐倉は野桐を調べ上げると、野桐が遺伝子ドーピングをして、リンパ腫になっていることが分かったのだ。

野桐はランナーとして最後の試合に臨むが、野桐が走り切ることはなかった。

次の日、悪性リンパ腫だということがマスコミにばれ、世間は注目していた。

高家はあのとき止めていればと言ったが、紐倉は野桐は何を言っても走っていたと伝えるのだった。

『インハンド』第6話の感想

野桐がドーピングをしているのか、すごく気になりながら見てしまいました。

野桐が遺伝子ドーピングというものをしていたことを知り、すごく驚きました。

遺伝子ドーピングは血液検査などでは分かりにいことを知っていた紐倉が、野桐について追求していた姿がおもしろかったです。

野桐は紐倉のことを最初は嫌がっていたのですが、少しずつ紐倉のことを野桐が認めて行った姿は素敵でした。

二人共なんか似ている部分があったので、二人共気が合ったのではないかと思いました。

高家が蚊帳の外だったのがすごくおもしろくて笑ってしまいました。

ペンネーム:ruri(20代・女性)

K

『インハンド』第6話のあらすじネタバレ

正式にサイエンスメディカルの顧問に採用となった紐倉博士。

その最初の依頼は、国民栄誉賞の授与が検討されている野桐選手のドーピングの有無を調査することでした。

会いに行ってすぐに野桐選手がルーティンを行なっていることに気付く紐倉博士でしたが、様子が少しおかしいことに気がつきます。

血液検査などのドーピング検査をしても陰性であることからドーピングはない、とサイエンスメディカルでは判断されます。

しかし紐倉博士はドーピングの疑いがあると言い、やめるように言われたのにもかかわらず調査を続けます。

ひたすら野桐選手の行動を観察し、遺伝ドーピングであることに気付きました。

それだけではなく、野桐選手が異様に水分を取ること、喉や脇を触ることなどから、悪性のリンパ癌であることを突き止めます。

最後の大会になるであろう大会前に会いに行き、紐倉博士は野桐選手を見送ります。

結果として、野桐選手は最後まで走ることができず、途中で倒れてしまい意識不明の重体で入院することになります。

「走るのを止めればよかった」という高家先生の後悔をきいて、紐倉博士は「彼は覚悟を持って走った」とばっさり切り捨てました。

『インハンド』第6話の感想

最初は嫌なやつだなぁと思った野桐選手も、自分の限界に挑戦し、たまたまそれがドーピングだっただけ、最後まで選手であろうとしたところに感動すら覚えました。

遺伝子レベルでドーピングが行えることを初めて聞いたので、驚きました。

それぞれの覚悟や思いは異なるのだから、推し量ることは不可能なのだろうなぁと思います。

止めておけばよかった、という高家先生の気持ちもわかるし、紐倉博士の彼の覚悟があった、という気持ちもわかります。

また最後まで選手として、限界を越えた先の景色を見たい、と思って走った野桐選手の考え方もよくわかりました。

ドーピングが一概にいけないものなのか、少し考えさせられました。

ペンネーム:K(30代・女性)

にゆ

『インハンド』第6話のあらすじネタバレ

紐倉博士たちは、人気アスリートの野桐がドーピングをしていないかどうかを調べることになりました。

野桐は、性格が粗暴で変わり者でした。

紐倉博士たちが、彼を調べていく中で、わかったことがありました。

彼は、遺伝子レベルでドーピングをしていたのです。

ルーティンや曲の好みが変わったのはそのせいであるようです。

しかし、彼は遺伝子ドーピングをした際に悪性リンパ腫になってしまっていました。

彼は最後の陸上の大会にのぞみますが、レースの途中で倒れてしまいます。

そのまま意識不明の重体になってしまいました。

しかし、紐倉たちは彼を走らせたことを後悔はしていないようです。

『インハンド』第6話の感想

ドーピングという言葉は、よくアスリートのお話を聞くときに耳にする言葉ですが、その意味について考えたことはありませんでした。

食品や遺伝子などでもドーピングになってしまうなんてびっくりです。

今週は清原翔さんがゲストということで、とても楽しみにしていました。

スタイルが良くてカッコよくて本当にトップアスリートって感じでしたね。

ラストは、すごく衝撃で悲しかったですが、野桐選手は自分の思いをまっとうできたわけですからそれで良かったのかなと思いました。

紐倉博士と野桐選手、どちらも変わり者同士なので、通ずるものがあったようでしたね。

ペンネーム:にゆ(30代・女性)

aqua-B

『インハンド』第6話のあらすじネタバレ

今回は国民栄誉賞授与のかかった陸上選手がドーピングをしているかいないかを紐倉博士と高家助手がサイエンスメディカル対策室の依頼を受けて調査します。

血液や尿検査では異常がなく、ドーピングはしていないようにみえていましたが紐倉博士が選手の変化に気づき、いつものようにしつこくつきまといます。

そして選手に強迫神経症の傾向がある不のにルーチンが変化していること、かかりつけの医師とコーチとの不透明な金銭の授与から遺伝子ドーピングという、検査にはひっかからないドーピングをしていたこと、そして体の中で重大な変化が起きていて選手生命にかかわることを突き止めます。

『インハンド』第6話の感想

いつも変人呼ばわりされる紐倉博士ですが今回は似たような変人と遭遇し、興味がわいたようでした。

自分を変人ではなく天才と言い切るあたりはかっこいいです。

ドーピングがテーマでしたが血液や尿検査でわからない種類のドーピングがあることを初めて知りました。

紐倉博士がドーピングについても観察と検証を重ねていく姿はがさすが研究者だな、と思いました。

はっきりものをいうし普通の人の感覚とは違い空気の読めないところがあるし、上から目線でいやな奴と言われていますがふと見せる人間らしさがいいです。

博士の後ろでぺたんと寝転んでいる犬がとてもかわいかったです。

ペンネーム:aqua-B(40代・女性)

YABAI

『インハンド』第6話のあらすじネタバレ

今回の話は有名アスリートが近日中に国民栄誉賞に受賞の予定なのだが変な疑惑が立たないようドーピングの調査を依頼されました。

その選手は実力は勿論あるが規則正しいルーティンがある事でも有名。

紐倉は以前のルーティンから変化した事に気付きある病気ではないかと疑い密着する事に。

また一連の規則正しいルーティンをするアスリートの人間性にも興味を持ち意外に気が合っているところもあり仲良くなっていく。

ただ遺伝子ドーピングをしてしまった事によりオフターゲット効果によりリンパ腫になってしまいレース中走れなくなってしまう。

純粋に速さを求めたアスリートと紐倉の興味がによりどんどん暴かれていく真相がもどかしい思いにさせてくれるストーリーでした。

『インハンド』第6話の感想

変わり者の紐倉が変わった性格のアスリートに興味を持ち調べていくと自分と似た共通点もありどんどん興味を持ちまたお互いに気が合っている事に気が付いていく模様が見ていて面白かった。

毎回様々な研究対象が出てくるが今回は遺伝子ドーピングと聞いた事もない言葉だったのでとても興味を持ちました。

ドラマを見ていて知識を得られるのはとても良い事です。

純粋にアスリートとして0、1秒でも速さを求めていく反面ダメな事ではあるがドーピングをしてしまうそのことによりオフターゲット効果により悪性種が発症してしまうというもどかしい様が描かれていて感動しました。

ペンネーム:YABAI(30代・男性)

しょうた

『インハンド』第6話のあらすじネタバレ

網野は国民栄誉賞候補の陸上の1万メートルの日本記録をもつスター選手の野桐のドーピング疑惑を調べて欲しいと紐倉に頼みます。

断る紐倉に高家は土下座して頼みます。

紐倉らが野桐に会いにいくと、野桐は練習中に奇声を上げたり、謎のダンスをしたりします。

コーチの東野には、健康促進の雑誌の特集の取材で来たと牧野が嘘を言います。

紐倉が野桐に近づくとタオルを投げつけられ、紐倉はドーピングしているのかと、いきなり問うと疑うなら自宅でもなんでも見せてやると野桐は言います。

野桐は練習のとき、バラ色の人生という曲を聞いていました。

血液、尿から薬物は検出されませんが6年前と練習内容が違う、ドーピングしていると紐倉が言います。

紐倉は野桐がルーチンをやらないといけない強迫性障害だと言います。

そして、2年前に主治医が変わっていました。

紐倉は野桐が聴いていたバラ色の人生と言う曲の奏者が変わったのは、深谷クリニックで貧血の治療を始めた時で、何故、変わったのだと問いますが野桐は答えません。

網野らは調査は終わりにしますが紐倉は、野桐は遺伝子ドーピングだと言います。

特殊なDNAを組み込んで筋肉を増強したと疑います。

野桐がクリスパーCASナインという言葉に反応し異常な程、水分を取るのは赤血球が増えすぎるからと言います。

深谷クリニックで紐倉が医師のパソコンを覗きますが患者情報からは、貧血としかわかりません。

野桐の実家を紐倉たちが訪れます。

野桐は4年前に転倒事故を起こしていました。

ところが、紐倉は偶然、国立がん総合センターから父親に手紙が届いていたのを発見します。

オフターゲット効果だと紐倉が言います。

紐倉は遺伝子ドーピングで、リンパ球に異常が起こった悪性リンパ腫だと言います。

父親がHLA適合検査をしたが、野桐とは一致しなかったといい、最後のレースだと野桐は言います。

しかし、レース途中で倒れてしまいまい、入院してしまいます。

『インハンド』第6話の感想

オフターゲット効果という聞きなれない遺伝子ドーピングの副作用で、狙いではない遺伝子に傷がついてリンパ球に染色体異常が起きて悪性リンパ腫になるとは、何とも皮肉な運命です。

神の領域ともいえる遺伝子に人間が手を染めた罰なのかもしれないと思います。

やはり、クローン人間など作らない方が良いと思ってしまいました。

しかも、父親がHLA適合検査をしたのに、適合せず、こうなると化学療法で入院して治療するしかありません。

「彼にとってスピードは力だった。スピードは歓びだった。そして、それは純粋な美ですら、あった」という野尻の愛読書の一節を引用した紐倉は、野尻にとってドーピングは走りを探求する為のひとつの手段でしかなかった。

正しいも悪いもない。という紐倉の言葉は、真理をついた言葉でした。

野桐の好きな演奏家の八田はアルコール依存症だと言いますが、演奏は素晴らしいことに変わりはないと紐倉は言います。

確かに、禁断の遺伝子ドーピングに手を出してしまったのは、自業自得でしたが、その走りは芸術的で、確たる証拠もなければ遺伝子ドーピングを誰も責めることは出来ないかも判りません。

今回もアカデミックな内容で勉強になりました。

ペンネーム:しょうた(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『インハンド』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA