インハンド|5話見逃し動画無料視聴はこちら【5/10配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『インハンド』第5話(2019年5月10日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『インハンド』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『インハンド』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『インハンド』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『インハンド』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『インハンド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『インハンド』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『インハンド』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年5月10日(金)放送終了後〜2019年5月17日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『インハンド』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インハンド』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インハンド』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『インハンド』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年春ドラマ『インハンド』第5話のあらすじは?

2019年5月10日(金)放送のドラマ『インハンド』第5話のあらすじを紹介します。

紐倉(山下智久)は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)との辛い記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。

そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。

だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。

ある日、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。

そこには『危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?』『助手が謎の自殺!』など、気になる記述が……。

実は、牧野が務める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。

そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。

CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山和成(時任三郎)。

福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。

福山の口から語られた紐倉の過去とは…。

そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる!!

公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『インハンド』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『インハンド』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

なゆ
紐倉はあえて、入谷を自殺に追い込んだわけではないと思われますが、紐倉が彼を自殺に追い込む要因を作ったことは確かなんだろうなと思います。

そして、右手はそのときに失ったんだろうなと予想しています。

彼は右手を失ったことがショックだから未だに苦しんでいるというわけではなく、入谷を死なせてしまったことが右手の痛みに繋がっているのではないかと思います。

紐倉の義手の秘密が何かわかればいいなと思い、次回の放送が待ち遠しいです。

第五話は入谷役の松下優也さんや時任三郎さんなどゲストがとても豪華なので、見ごたえのある回になるのではないかと期待しています。

ペンネーム:なゆ(30代・女性)

BOOKS
楽しみなのは、少しずつ明らかになっている紐倉の過去についてです。

紐倉と入谷が笑顔で語り合う明るい映像と、紐倉が絶望的な表情を浮かべている暗い映像。

それがどのようにつながるのかが楽しみでもあり、少し怖さも感じるポイントです。

今回のラストシーンでは、紐倉が腕を失ったきっかけであるようなシーンも見られたので、その真相も早く知りたいです。

辛そうな現在の紐倉の体調も気になります。

展開予想としては、御子柴に期待しています。

サイエンス・メディカル対策室では人畜無害なイエスマンのような振る舞いをしながら、裏では紐倉についてしっかりと情報をつかんでくるあたり、今後必ずキーパーソンになるのではと思っています。

ペンネーム:BOOKS(30代・女性)

なぎ
5話では更に入谷の自殺の理由やCDCでの出来事が明かされるのだと思うので、とても楽しみにしています。

そしていよいよ、紐倉の義手の秘密も分かるのでしょうか。

村が消えたというくだりもあったので、病原体による感染が広がって、沢山の人が亡くなったのではないでしょうか。

その被害拡大を防ぐために、強行手段に出てしまったのかもしれませんね。

入谷はその犠牲になってしまったのかも?と考えていますが、本当のところはどうなのでしょう。

あまのじゃくな性格の紐倉のことなので、中々本心は見せてくれないかもしれませんが、語ってくれることを期待したいと思います。

ペンネーム:なぎ(40代・女性)

妄想研の女
ついに、義手の秘密が明かされるとなると見ないといけません。

新しい研究所の構想も気になります。

研究所を新しく作るとなると、だれが協力するのでしょうか?

天才科学者がこだわって建てる研究所って、手伝う人もなんか天才に近い科学者なのではないでしょうか?

幻肢痛なのかPTSDなのか紐倉が苦しむ症状に効く薬は自分では開発していないのでしょうか?(現実的で単細胞な大阪のおばちゃんとしては一番先に自分のために作らなあかん感じもしますけど。)

牧野は御子柴から紐倉の過去を知ったらその後どうするのでしょうか?

入谷という助手が命を落とした話を聞いた高家助手はわが身が心配にならないのでしょうか?

ペンネーム:妄想研の女(40代・女性)

カイ
第4話で少しわかった紐倉の謎の部分が次回も進んでいくのかというところにはとても興味があります。

第4話では人殺し呼ばわりをされていますし、義手のことで苦しんでいることがどうしてなのかもはっきりわかっていないのでこれからの展開は楽しみです。

第4話で東南アジアで危険な実験をしていたのが紐倉でそれが原因で亡くなったのが助手のイリヤの可能性があり、そこはどういった形で解明されるのかが気になります。

次回予告で義手のことがわかるようなことが書いてあったので謎の部分がかなり解明されるのかなと期待していますが、CDCの解雇などまだまだ謎が残ると思うので楽しみにしています。

ペンネーム:カイ(40代・男性)

P
第5話に関しては、第4話での沢山の疑問点の伏線回収が始まってくるのが楽しみです。

主人公は、昔からあんなタイプの人間だったのか?海外での仲間の死や義手になってしまった事などが引き金となり、あの様な性格になってしまったのではないか?等の理由が少しずつわかってくると思っています。

また、たまにある主人公のお茶目な部分(第4話で言うなら、落花生を全部食べるとか菜々緒に女の子は苦手か?と聞かれ、右手の義手が勝手に動いてしまう)も楽しみな部分です。

浜田さんとのやり取りも、楽しいのでそこも楽しみなポイントです。

ペンネーム:P(40代・男性)

2019年春ドラマ『インハンド』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『インハンド』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ちょい

『インハンド』第5話のあらすじネタバレ

第5話は、紐倉の黒い噂そして義手の理由の根源であるCDC時代についての話。

過去を知っていそうなCDC時代の元上司福山のもとに話を聞きに行こうと高家と牧野は出向く。

CDC時代、クローン病という疾患を患う助手、入谷は紐倉の親友であり兄弟のように仲が良かった。

共にCDCに所属しとある島に派遣され、寄生虫の研究に励む中突如としてエボラウィルスと思われる感染症を島の少女が発症し、感染者が増えていく。

そんな中、何故か米軍は治療をさせてくれず患者を隔離し感染源を特定しろと言うばかり。

入谷と紐倉は、最初に発症した少女がよく遊んでいたという場所へ向かったところ米軍ヘリの墜落跡と共にエボラウィルスの検体らしきものを発見し、全ての元凶は米軍が開発した殺傷能力の高められたエボラウィルスだと知る。

入谷は黙って検体を持ち帰り、対エボラの治療薬の研究を進める中、米軍に勘づかれ、かつ自身もエボラを発症してしまう。

紐倉はそんな彼を救うために、米軍が元凶であるという事を言わない代わりに入谷を許してもらうよう話そうと提案するが、米軍に追い詰められた入谷は紐倉を仲間だと思わせないために暴言を吐き自ら飛び降りようとした。

そのとき入谷を何とか引っ張り上げようとしていた紐倉が片手一本になった時、米軍により右腕を撃ち抜かれてしまい、紐倉の腕と共に入谷は落下してしまう。

これが紐倉の右腕が失われた真相。そして入谷の死の真相。

彼の手記をCDC時代の元上司から預かった高家は、紐倉に手渡し「彼は紐倉の事を恨んだりなんてしていなかったよ」と伝えた。

『インハンド』第5話の感想

やっと今回の第5話で、紐倉の過去と右腕の真相が解りとても切ない気持ちになりました。

感染症の元凶が米軍という大きな組織であったこと、そして新たな兵器として開発された病原体の被害を受けた少女や島の住人達、未来の人間を救うために治療薬を作るため戦った正義感のある入谷という紐倉の親友であり助手。

現在の助手である高家に性格がよく似ているなと思い、CDC時代の写真の端っこに高家の写真が卒業アルバムのお休みしていた生徒のように貼られていたシーンは、とても可愛らしくクスッと笑えました。

入谷の最後に残した言葉「新しい良い助手に出会えよ」という言葉は、紐倉はきちんと叶えられているなと感じる展開でした。

過去のシーンでは、「俺にはお前しかいない」と言っていた紐倉だったが最後には高家に「君は僕にとって大事な助手であり仲間だから。これからもよろしく」と伝える事が犬越しでしたが、できていました。

そんな不器用な紐倉に「そういうの俺わかんないから。ちゃんと俺に言ってー」と言う高家のキャラクター。

やはりとてもピッタリなコンビだなと思います。

ペンネーム:ちょい(20代・女性)

さきママ

『インハンド』第5話のあらすじネタバレ

紐倉が幻肢痛を持っていると知った高家は、カウンセリングを試みるが失敗。

その事で紐倉から出ていくように言われてしまう。

それでも紐倉に何があったか知りたい高家は、牧野と共に、かつての紐倉の上司である福山に会いに行く。

そこで福山から語られたのは、紐倉と入谷が医療者として派遣されていたアジアのとある島での二人の様子だった。

二人の仲は良好で、島民からの信頼も厚かったが、そんな中で起きたのはエボラ感染騒動であった。

そのエボラ感染の原因は米軍のエボラウイルスの空送ミスだった。

島からの撤退を命じられても納得出来なかった入谷は、無断でエボラウイルスを持ち帰り、米軍に狙われてしまった。

紐倉は入谷を救おうとしたが、入谷が身を引き死を選んでいたのだった。

それを知った高家は、福山から預かった入谷の遺留品を持って研究所に戻るのだった。

『インハンド』第5話の感想

ストーリー内の米軍の対応に、怒りを覚えるばかりでした。

自分達のしたことを隠蔽するために、1つの村を全滅させて、ウイルスを持ち帰った入谷を狙い、簡単に殺してしまい、更には、そのつもりは無かったとは思いますが、結果的に紐倉の腕を奪った。

そんな全ての出来事が、酷い行動過ぎて、頭に来ました。

最初の感染者であるマリアとのやり取りを見たこともあり、こんな細やかな幸せな光景が壊されたことが、見ていて辛すぎて仕方がなかったです。

それでも、今まで悪評があり、色々と疑われていた紐倉の誤解が解けたことは、良かったと感じています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

かかお

『インハンド』第5話のあらすじネタバレ

紐倉博士の右腕の幻肢痛は、過去の事件のPTSDの症状でした。

紐倉博士を心配した高家は治療するように勧めますが言い争いになり喧嘩別れしてしまいます。

紐倉博士をアドバイザーとして迎えたいSM対策室は、過去の事件について調査を始めます。

牧野と高家は紐倉博士のCDC時代の上司である福山に話を聞きに行きました。

かつて福山は紐倉博士と助手の入谷の3人はフィリピンの孤島で感染症の研究をしていました。

島の少女がエボラウイルスに感染し、感染源は米軍の生物兵器であることに気が付きます。

島民を助けたい入谷はエボラウイルスを持ち帰り研究を続けますが、自らも感染しさらにそれを知った米軍に追われ命を落としました。

紐倉博士は入谷を救うことができず、米軍に右腕を撃たれ負傷したのでした。

牧野と高家は入谷の研究ノートを持ち帰り紐倉博士に手渡します。

ノートにはエボラウイルスの研究データとともに紐倉博士への感謝の言葉が綴られていました。

『インハンド』第5話の感想

紐倉博士と入谷さんの熱い友情に心打たれ、涙が出ました。

マリアを救うことができず、島の人たちを見捨ててしまったことをずっと忘れられずにいて、紐倉博士の天才的な頭脳で世界を救ってほしいと願う入谷さんの気持ちが痛いほど伝わってきました。

自らもエボラウイルスに感染していたことには驚きましたがそれでも研究を続ける情熱がすばらしいです。

マリアは亡くなってしまったけど、入谷さんが島を救いたいという気持ちはきっと伝わっているんじゃないかと思います。

島の人々がどうなったのかはあまり詳しく語られませんでしたが、少しでも助かる人がいたらいいなと思いました。

ペンネーム:かかお(30代・女性)

BOOKSHELF

『インハンド』第5話のあらすじネタバレ

紐倉はないはずの腕が痛む幻肢痛に悩まされていた。

紐倉を心配する高家に、紐倉のものと思われるある記事を見せる牧野。

危険な研究をしていた日本人のせいである島が消えたというものだった。

高家は紐倉に治療を受けるようすすめるが、余計なお世話だと断られ、研究所を追い出されてしまう。

紐倉の過去を知るために、牧野と高家は紐倉の元上司であったフューチャージーンの福山を訪ねる。

最初の犠牲者は7歳の少女。

診察にあたった紐倉は、エボラウイルスだと福山に報告する。

福山がCDCに報告してすぐ、大勢の米軍が島を訪れるが、紐倉はその対応の速さに疑問を持ち、入谷と感染源の調査を始める。

森の奥で墜落した米軍機が見つかり、そこにはウイルスを輸送していたと思われる残骸があった。

入谷は病原体を持ち帰って治療薬を作ろうと紐倉に持ちかける。

「今の俺たちにその力はない」と止める紐倉の忠告を、入谷も素直に聞いたように見えた。

撤退命令が下り、CDCに戻った紐倉たちだったが、入谷が病原体を持ち帰り研究を続けていることに紐倉が気づく。

米軍に追いつめられた入谷は、「お前には関係ない。お前が憎い」と紐倉を罵り、飛び降り自殺を図る。

助けようとして伸ばした紐倉の腕が米軍によって打たれ、そのまま紐倉の右腕は失われたのだった。

高家は研究室に戻り、福山から託された入谷の遺留品を紐倉に渡す。

入谷のノートを見て入谷の思いを知る紐倉。

「紐倉哲の助手で良かった哲、ありがとう」ノートの最後に書かれた言葉、そして入谷が最後に言った言葉だった。

失われた記憶が蘇り、紐倉の目から涙が流れる。

ノートに挟まれた当時の写真に、欠席者のように貼りつけられた高家の写真が、2人を日常に戻していった。

一方、厳重に管理されたエボラの病原体。

それを見つめるのは、福山であった。

『インハンド』第5話の感想

今回は新しい事件は起きなかったので、明らかになる紐倉博士の過去に集中して見ることができました。

これまで気になっていた紐倉のフラッシュバックの映像の真相がわかり、ほっとすると同時に紐倉博士がますます好きになりました。

紐倉の身の潔白が証明されて笑顔が戻ったサイエンス・メディカル対策室のみんなと同じ気持ちです。

紐倉のこれまでのセリフと同じセリフが過去の回想にも登場し、彼の人格を形成している背景が見えたように思います。

牧野も言っていましたが、紐倉は入谷と高家を重ねていて、高家との日々はきっと入谷への罪滅ぼしのようなものなのだろうなと思いました。

ペンネーム:BOOKSHELF(30代・女性)

なつ

『インハンド』第5話のあらすじネタバレ

右腕の苦しみが取れないことを気にした高家と牧野は、紐倉博士の過去を探るべく昔の上司という人物を探す。

たどり着き話を聞くと、過去紐倉博士の助手と共に、海外での研究時の際、細菌ウイルスの事案が発生する。

撤退命令が出るなか、助手はタブーである細菌データを持ってかえり密かに抗体ウイルスを研究しているところ、紐倉が捨てるよう指示を出すがいうことを聞かない。

結果アメリカ軍から追い込まれ助手は殺されてしまう。

ずっと自分のせいで助手が死んだと思っていた博士は最後記憶が戻り、自分のせいで助手は死んだわけではないこと、使命を伝えられて託されたことを思い出した。

『インハンド』第5話の感想

紐倉博士の右腕の秘密が明らかになる回。

病原体自体も今なお取り上げられる「エボラウイルス」のため、かなり引き込まれた回だった。

毎回思うがドラマのようには思えないリアリティのため、本当に実際起こりそうなことだなと感じた。

助手の苦悩もわかるが今の医学では限界があるという紐倉博士の冷静な判断もさすがだと思う。

物語は進み、誤解が解け、記憶が戻り長い苦しみからやっと解放された紐倉博士の表情が最後緩んだのをみれて、よかったなと思った。

あの全滅になった島はどうなってしまったのかだけ、少しきになってしまった。

実際のところ抗体ウイルスはみつけれたのか、も気になった。

ペンネーム:なつ(30代・女性)

ふじお

『インハンド』第5話のあらすじネタバレ

5年前、紐倉の助手であった入谷がウイルスを持ち帰ってきてしまいました。

嗅ぎ付けた、軍人は紐倉と入谷を追い込み包囲し始めます。

屋上から自殺しようとした入谷を紐倉は手を差し伸べて右手一本で掴んでいます。

軍人は、射殺しようとしていますが、紐倉の右手を打ち抜き腕は取れてしまいました。

入谷はそのまま落下して死亡となりました。

入谷は、エボラに感染していたので命はわずかでしたが、もう少し生きたかったと思います。

やり残したことがたくさんあると、死ぬことなんて考えられません。

紐倉が隠してきた過去は、義手によって思い出されます。

『インハンド』第5話の感想

遂に紐倉の義手の謎が解けました。

壮絶な過去があったので、忘れられない日になったと思います。

5年前に助手の入谷を亡くして、自分の右手も無くなりました。

フラッシュバックすると痛みが走るのは、怨念ではなく、これまであった腕が記憶を取り戻したいからです。

神経が通っているので、痛みが伴うのだと思います。

無くしたものは、元には戻らないので限られた能力で生きるしかありません。

入谷の日記を見て誤解が取れて涙する場面は、これまでの事が帳消しになったと思います。

新しい助手がいる事で、紐倉は一人では生きられないことを知りました。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『インハンド』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA