新米姉妹のふたりごはん|第10話ネタバレと感想。決意の『フォアグラソテー』

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第10話が2019年12月12日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「新米姉妹のふたりごはん」第10話!

天ぷら、美味しそうだったね~♪

ラマちゃん
今週は、またサチパパからの高級食材が届くみたい…

一体、何を作るのかしら…。

さ~一緒に物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第10話のネタバレ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第10話のネタバレあらすじと感想は?

第10話

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)あやり(大友花恋)

ある日、サチは、絵梨(田中芽衣)からカメラのフィルムをもらいました。

父から譲り受けたカメラにフィルムを装填したサチは、撮り直しがきかないカメラということもあり、なかなかシャッターを切れずにいました。

「24枚しか撮れないんだもんね。」

「あの!ずっとカメラを向けられているのは…。」

「気になるよね…。スマホだったら、気軽に撮れるんだけどさ…。」

「ミントティ飲みますか?」

「飲みます!」

あやりは、しみじみとサチの持っているカメラを見つめます。

「こんなに重いものだったなんて…。」

「24枚しか撮れないと思ったら、中々シャッターきれなくてさ…。私達が生まれたころは、もうデジタルが主流だったもんね…。」

「料理と似ていますね。作り直せると思うかもしれませんが、もしかしたら、その食材を無駄にしてしまうかもしれないので…。すごく慎重に考えて料理するんです。失敗しないように。この食材がどうやったら美味しく料理できるか、いつでも真剣勝負なんです。」

そこへ、海外にいる父から「フォアグラ」が届きました。

「な~に?これ。」

「こ!これは…。フォアグラです!」

「えぇ!?あの…フランス料理とかに出てくる、あの高級な??」

「はい!キャビア・トリュフと並んで、世界三大珍味と呼ばれている、あのフォアグラです!」

「こんな大きな塊食べちゃって…罰当たらないかな…。」

「せっかくお父さんが、送ってきてくれたんですし…。早速、今夜はこれを美味しくいただきましょう!」

「そうだよね!」

滅多に調理できない高価な食材に驚くふたりは、緊張しながらも一緒に料理をはじめます。

「わ…私も緊張します。」

「あやりでも、緊張するんだ。」

「滅多に調理できない食材ですし…。この食材に失礼にならないように調理できるか…。」

大慌てで、冷蔵庫をのぞいたあやりは言います。

「買出しに行ってきます!」

「私も行く!」

2人でスーパーへと向かう道中。

「今日のメニューを思案します。」

どうやら、前菜にタイのカルパッチョ、スープは色合いを考えてカボチャのポタージュにするようです。

「ポタージュって、家で作れるの??」

「はい!ミキサーやブレンダーがあれば、本当に簡単にできるんですよ。」

「へ~!カルパッチョにフォアグラに、ポタージュ…。何かオトナのディナーって、感じだね!」

「その頃には、テーブルマナーも覚えて、素敵なレストランで、フルコースをいただきたいです!」

「三ツ星のレストランとか予約してさ、お互いの誕生日におしゃれしておでかけしようよ♪」

その時、サチは何げなくシャッターを切りました。

「ふいに撮るのはやめてください!」

「照れてるあやりは可愛いね♪」

さて、買い物を終えて帰ってくると、調理開始です。

「これがフォアグラかぁ!というか、フォアグラってなんなんでしょう?」

「フォアグラとは、カモやガチョウの肝臓です!世界で生産されるフォアグラの約8割がフランス産です!そのほとんどをフランス国内で消費されてしまうそうです。」

「確かに、フォアグラって聞くと、フランスってイメージですね♪シェフ、今夜はこれをどんなメニューでいただくんですか?」

「テリーヌ。パテ、クレームブリュレ。色んな調理法があるのですが…。今日は、あえてシンプルにソテーにしようと思います。」

「レッツクッキング!…って、ソテーって焼くだけ?」

「せっかくお家で食べるんですし、フォアグラ本来の味を楽しむには、それが一番だと思うんです!」

「そうだよね!究極に贅沢な食べ方だよね!」

「シンプルな料理だから、作り手の腕が試されるんです。頑張りましょう!」

「頑張って!」

「姉さんにも手伝っていただくので。」

「はい。」

まずは、カボチャポタージュを作ります。

ポタージュをきれいなオレンジ色にするため、皮を切っていきます。

「結構力がいるんだね。」

「色の濃い野菜は栄養があります。カボチャもベータカロチンや食物繊維やビタミン類が豊富です。美肌効果もあるんですよ♪」

切ったカボチャをレンジにかけ、温めます。

その間に、カルパッチョづくりです。

鯛に塩、コショウで味を調え、その隙にオリーブオイルと醤油、塩コショウと砂糖少々にレモン汁でドレッシングを作ります。

冷蔵庫で休ませる最中、温まったカボチャとバターを溶かしたフライパンで炒めていきます。

そこへ、牛乳とコンソメをいれます。

最後に塩で味を調え、ミキサーにかければポタージュの完成です!

それでは、大本陣のフォアグラのソテーです!

〇フォアグラのソテー

【材料(2人前)】

〇ソテー

・フォアグラ (2切れ):140g
・塩:小さじ1/4
・白こしょう:ふたつまみ
・薄力粉:小さじ1
・無塩バター:10g
・玉ねぎ (輪切り):100g
・オリーブオイル:小さじ1

〇ソース

・ホワイトバルサミコ酢:大さじ2
・オレンジマーマレード:大さじ1
・塩こしょう:ふたつまみ

〇付け合わせ

・お好みの野菜:適量
・エディブルフラワー (ペンタス):2個
・チャービル:適量

〇作り方

0.玉ねぎは1cm幅の輪切りにしておきます。フォアグラは冷蔵庫で冷やしておきます。

1.フォアグラは塩、白こしょうをして薄力粉をまぶします。焼く直前まで冷蔵庫で冷やします。

2.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかけます。玉ねぎを両面こんがりと焼き色がつくまで焼き、火からおろします。

3.同じフライパンを中火にかけ無塩バターを溶かし、1を焼きます。下面に焼き色がついたら裏返し中に火が入るまで2分ほど焼きます。キッチンペーパーをひいたバットに取り出します。

4.同じフライパンにホワイトバルサミコ酢を入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせます。オレンジマーマレードを入れとろみがつくまで加熱をしたら、塩こしょうで味を調え、火からおろします。

5.お皿に付け合わせのお好みの野菜、2、3を盛り付けます。エディブルフラワー、チャービルを添えて、4をかけたら完成です。

〇料理のコツ・ポイント

塩加減は、お好みで調整してください。

フォアグラは常温に出しておくと柔らかくなり、形が崩れてしまうので、使用する直前まで冷蔵庫で冷やしてください。

フォアグラは表面が焼き固まる前に動かすと、形が崩れてしまうので、あまり動かさないようにしてください。

参考URL:クラシル/再現ドラマ飯

「料理に真剣なあやりを撮るね!」

フォアグラの焼き上がりに真剣なあやりの表情を撮影し、サチも確かな手ごたえを感じていました。

こうして出来上がったディナーをいただきます。

「溶けたぁ♡」

「脂も甘いです…。こんな贅沢もたまにはいいですね!」

美味しくいただいてると、サチは言いました。

「写真と料理が似てるって、実感した!料理してる時のあやり、すっごくいい顔してたよ!」

「姉さんも。写真を撮ってる時、すごくいい表情をしていました。

「そうかな?」

後日、現像にだしてみると、絵梨は大興奮です。

しかし、サチはどこか浮かぬ顔です。

「どした?」

「どれも、思ってたようには撮れなかったんだよね。」

「そうなの?」

「この瞬間…あやり、すっごくいい表情してたんだよね…。その瞬間、撮れたって思ったのに。良さが、写真には何にも写ってないし。悔しいなぁ…。」

「まぁ、限界もあるんじゃない?」

「あやりの魅力。私なら撮れるはずなのに…。」

「そのセリフ…すごい破壊力だわ…。」

「料理してる時のあやりって、普段見せないような顔してるんだよね!この時も、すっごいよかったの!何で、ちゃんと写ってないんだろう…。」

サチは、家に帰っても、色々考えていました。

「ねぇさん!そろそろお昼にしましょう!」

降りていくと、今日もあやりは真剣な表情で台所に立ちます。

そんなあやりを見つめていると、あやりは言いました。

「お昼は、フォアグラを挟んでフォカッチャサンドにしましょう!」

「そんな贅沢なサンドイッチあるの!?」

「フォアグラと何がいいか考えていて…。これを焼いて挟もうかな…」

そう言ったあやりが手に持っているのはマンゴーです。

「マンゴー焼いちゃうの!?」

「はい!焼くと甘みが増すんです!」

「そのアイデアはあやりが考えたの?」

「はい。美味しくできるかわからないのですが…。」

「料理の時は、慎重になったり、大胆だったり、ほんとイキイキしてるよね♪」

「好きなものに関しては、誰でもそうだと思いますが。」

「そういうものだよね…。美味しそう!」

「熱いうちにいただきましょう!」

その時、サチはひらめきました。

「あやり!すぐ準備するから!」

そう言って、庭に飛び出すと、テーブルにテーブルクロスをひろげ、青空レストランです。

今日も、あやりの料理は、大変美味しゅうございました。

「ランチは、こうしてテラスで食べるのもいいですね。次のお休みもここで食べましょうか…。」

すると、突然サチが言いました。

「あのね…私、ちょっとフランスに行ってこようと思ってて…。写真がうまく撮れなくて、お父さんに聞いときたいなって思って…やっぱプロに聞くのが一番いいじゃない?でも悔しくてね…。突然、行ったらびっくりさせちゃうかもだけど…。これでも悩んだんだ!フィルムのカメラとスマホのカメラで撮るの、全然違うの!何か下手すぎてびっくりしちゃってさ。」

「そうなんですか…。」

「思うように撮れないのも悔しくてね。だから、ちょっとの間、留守番お願いしてもいい?」

あやりは、不安そうな顔を浮かべるのでした。

2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第10話の感想は?

黒猫葵
美味しそう♪

本当に美味しいフォアグラって…きっとこってりしたレバー何でしょうね…。

レバー好きで、こってりも好きなので…。

たまらんです…

でも、世界三大珍味「トリュフ・フォアグラ・キャビア」は、フランス人の考えるっていう枕詞を忘れちゃいかんですね…

皆さんの三大珍味は何ですか?

私は…。

塩から、いかさし松前、鮭の親子漬けかなぁ…。

って、完全に珍味でしたね(笑)

さて、急にフランスへ行くと言い出したサチ。

これは、原作にはない展開だったと思います。

来週は、1人でお留守番のあやりを心配して、絵梨となおがやってきて、ピザを作るんですかね♪

ピザ…食べた~い♪

しかし…たまの贅沢もいいって言ってるけど…

だいぶいつも贅沢ですよね(笑)

エンゲル係数が気になります(笑)

2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第10話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
あやりが一人、家にほしいけど…。

エンゲル係数やばそうだよね…。

ラマちゃん
それは、確かに(笑)

いやはやこの姉妹の雰囲気にほっこりさせられてる人が大発生!

原作は続いてるし、2期は期待したいわ♪

スポンサーリンク

ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

『新米姉妹のふたりごはん』は放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら

スポンサーリンク

2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第11話のあらすじは?

2019年12月19日(木)25時〜放送のドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第11話のあらすじをご紹介します。

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。

カメラを習いに父のいる海外に行ってしまったサチ。

サチが旅立って数日が経ったある日、あやりはなお(芋生悠)の実家の甘味屋を訪れる。

サチがいなくてひとりだと話すと、なおが家に遊びに来てくれることに。

ランチの準備にとりかかるふたりは、チーズを使った料理「ピザ」を作りはじめる!

すると、家の近くを通りかかった絵梨(田中芽衣)が遊びに来る。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』第10話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
来週は、サチがいないのかぁ…

でも、絵梨となおが初めて出会うってことで、それは楽しみかもしれないね♪

ラマちゃん
うんうん!

しかも、ピザが美味しそうだし。

また、何やら面白道具が出てくるみたいよ!

黒猫葵
あやりは料理専門のドラえもんみたいですね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA