同期のサクラ|キャスト・出演者一覧【高畑充希主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年秋の日本テレビ系「水曜ドラマ」枠は、高畑充希さんを主演に迎え、ドラマ『同期のサクラ』が放送されることが決定しています!

本作は、『過保護のカホコ』制作チームが再集結ということで注目を集めています!!

主演には高畑充希さんの出演が発表されており、今から楽しみな気持ちでいっぱいです!

こちらの記事では、2019年秋ドラマ『同期のサクラ』のキャスト一覧・をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』キャスト紹介

北野サクラ/高畑充希

この投稿をInstagramで見る

25ans× #louisvuitton @25ansjp @louisvuitton #bblossom

高畑充希さん(@mitsuki_takahata)がシェアした投稿 –

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での高畑充希さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
自分の夢に一途で、忖度できない主人公・北野サクラという役よ!

過疎の離島で育ち、夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公。

高畑充希さんのコメント紹介!

今回は、私が演じるサクラという主人公の10年間を、1年で1話ずつ描いていくオリジナル脚本のドラマになります。

「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。

でもサクラは、どんなことがあっても忖度しません。

サクラという女性は、ひたすら変わりません。

変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます。

「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」、「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。

今回は、「過保護のカホコ」でご一緒した信頼できる方々と、またご一緒させて頂くことが出来て大変光栄です。

よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに「飛び込んでいく勇気」をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います。

私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。

公式サイトより引用

ドラまる
高畑さんは、一途な女性の役がとっても似合ってるよね!

良くも悪くも(笑)

ラマちゃん
そうね…

一途さがひたむきな女性も、その一途さがちょっと面倒くさそうな女性も、どちらも丁寧に演じてくれるイメージよね♪

今回は…同期だったらちょっと後者かしら?

それが、段々と変わっていく姿が楽しみね!

【主なドラマ出演作】
  • とと姉ちゃん(2016年4月4日 – 10月1日) – 主演・小橋常子 役
  • 東京センチメンタル(テレビ東京) – 須藤あかね 役
  • 過保護のカホコ(2017年7月12日 – 9月13日、日本テレビ) – 主演・根本加穂子 役
  • 忘却のサチコ(テレビ東京) – 主演・佐々木幸子 役
  • メゾン・ド・ポリス(2019年1月11日 – 3月15日、TBS) – 主演・牧野ひより 役
  • 参考元:Wikipedia/高畑充希

月村百合/橋本愛

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での橋本愛さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
サクラの同期でクールな月村百合という役よ!

ゼネコン「花村建設」に入社したサクラの同期。

サクラとは、入社後配属までの研修期間、サクラと同じグループになった5人のうちの1人。

自分の夢にひたむきで、決して忖度しないサクラとは対照的に、クールで、場の空気を読むが、常に「自分の居場所」を探しているイマドキの若者。

サクラの駆け抜けた10年間を1年1話ずつ丁寧に描いていく、このドラマにおいて、サクラの「生き様」を10年間、一番近いところで、目撃し続ける同期です。

花の「ユリ」のように、大きく艶やかに咲きほこり、濃厚な香りも漂わせ、すらりとした茎に咲く「華麗な花」。

大地にしっかりと根を張り、どんな風雨にも負けず花を咲かせる桜とは対照的だ。

常に変わらないサクラと共に10年を過ごし、成長していく。

橋本愛さんのコメント紹介!

沢山の勇気を持って生きる百合さんという女性を、勇気を持って演じたいと思います。

変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば。

沢山の人の想いや生き方を肯定できるように頑張ります。

そして一人でも、「こんな風に生きたい」と思ってもらえるように。

公式サイトより引用

ドラまる
ここで橋本愛さんがクールと評されるという事は、高畑充希さんは、中々の熱い女って感じかもしれないね!
ラマちゃん
熱い女とクールな女、これは最終的には大親友決定かしら?

他にも同期がいるってことは、2人の間で、良い温度にしようとする女の子がもう一人くらいいそうね♪

【主なドラマ出演作】
  • はつ恋(2012年5月22日 – 7月17日、NHK) – 豊崎緑(1984年代) 役
  • 連続テレビ小説 あまちゃん(2013年4月4日 – 9月28日、NHK) – 足立ユイ 役
  • 若者たち2014(2014年7月9日 – 9月24日、フジテレビ) – 永原香澄 役
  • 西郷どん 第7話・第8話 (2018年2月18日・25日) – 須賀 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年) – 小梅 役
  • 参考元:Wikipedia/橋本愛

木島葵/新田真剣佑

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での新田真剣佑さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
父と兄に強いコンプレックスを抱くサクラの同期・木島葵という役よ!

ゼネコン「花村建設」に入社したサクラの同期。

サクラとは、入社後配属までの研修期間、サクラと同じグループになった5人のうちの1人。

国交省の幹部で厳格な父と、東大卒でエリート官僚の道を進む兄に強いコンプレックスを持っている。

二人に続いて、東大進学を目指すが不合格となり、アメリカの大学に留学。

卒業後、日本に帰国して「花村建設」に入社。

新入社員ながらも「花村建設」の社長を目指すと明言する野心家である。

また社長になる野望のためなら、サクラとは対照的に、上司とも部下とも上手くやっていけるキャラクター。

「葵」の花言葉は、「大望」、「野心」などの意味を持つ。

「故郷に橋をかける」という明確な夢を持ち、どんな状況にも決して忖度しないサクラと共に10年を過ごすことで、人間として、男として成長していく。

新田真剣佑さんのコメント紹介!

木島葵役を演じさせて頂きます、新田真剣佑です。

今回高畑さんとも橋本さんとも初めてご一緒させて頂くので、どんな現場になるのか楽しみにしています。

葵の10年間の成長と変化を楽しみながら演じられたらと思っています。

3ヶ月間宜しくお願い致します。

公式サイトより引用

ドラまる
誰とでもうまくやれる野心家って…ちょっとトドメノ接吻を思い出すね!
ラマちゃん
個人的には、ドコモのCMみたいな天真爛漫な役の方が好きなんだけど…

今回も新田真剣佑さん、とってもきれいな顔だから、楽しみだわ♪

【主なドラマ出演作】
  • 明日もきっと君に恋をする。(2016年) – 夏樹翔太 役
  • 仰げば尊し (2016年7月17日 – 9月11日、TBS) – 木藤良蓮 役
  • 僕たちがやりました (2017年7月18日 – 9月19日、フジテレビ・関西テレビ) – 市橋哲人 役
  • トドメの接吻 (2018年1月7日 – 3月11日、日本テレビ) – 並樹尊氏 役
  • 二つの祖国(2019年3月23日・24日、テレビ東京) – 天羽勇 役
  • 参考元:Wikipedia/新田真剣佑

黒川森雄/椎名桔平

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での椎名桔平さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
「花村建設」人事部長・黒川森雄という役よ!

サクラたちが入社するゼネコン「花村建設」で、人事部長。

サクラたち新入社員は、入社式の翌日から、正式配属までの3週間、新人研修を行う。

黒川森雄は、人事部長として、新入社員全員を預かり、またそれぞれの配属先を決定する重要な役柄となる。

そして、サクラにとって、10年間、上司として深く関わる人物となる。

椎名桔平さんのコメント紹介!

この度は、黒川という人事部長の役をやらせて頂くことになりました。

もともと建築には興味があり、今でも都心のビルを見上げては「どうやってこんな高いものが作れるんだろう?」と子供のような気持ちになります。

黒川は、そんな素朴な気持ちを忘れず、しかし、会社のために大人としての役割を担っていこうとする人だと考えています。

遊川さんとは以前、スペシャルドラマでご一緒させて頂きました。

独自の視点を持ち、人や社会の本質を描き切ることの出来る方と思っています。

今回初めて、連続ドラマでご一緒出来る事をとても嬉しく思います。

会社勤めの経験が無い私には、「同期」という感覚がありません。

今回の若い方たちに対して、そんな無いものねだりの様な羨ましさを抱きながら、「同期」とは?或いは仲間、人、社会、人生とは、、、と思いを巡らせていきたいと考えてます。

公式サイトより引用

ドラまる
人事部長か~ある意味、サクラを見出す人とも言えるのかな?
ラマちゃん
そうね!

でも、敵か味方か…なんて書かれてるから…

穿った見方すると、味方よね(笑)

何となく(笑)

逆に絶対的に味方あと思ってた人の方が、怪しいじゃない(笑)

【主なドラマ出演作】
  • Over Time-オーバー・タイム(1999年、フジテレビ系) – 久我龍彦
  • アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2001年、フジテレビ系) – 橘圭一郎
  • 刑事のまなざし(2013年10月 – 12月、TBS) – 主演・夏目信人
  • 嫌われる勇気(2017年1月 – 3月、フジテレビ) – 大文字哲人 役
  • 3年A組-今から皆さんは、人質です-(2019年1月6日 – 3月10日、日本テレビ) ‐ 郡司真人 役
  • 参考元:Wikipedia/椎名桔平

清水菊夫/竜星涼

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での竜星涼さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
サクラの同期で熊本出身の熱い男・清水菊夫という役よ!

熊本出身のアツい男。

大学では応援部出身で、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている。

しかし、サクラのような「故郷に橋を作る」というような明確な夢や目標はなく、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じている。

竜星涼さんのコメント紹介!

自分の未来に対して明るい夢を持っている若者はどのくらいいるのだろうか?

明るい夢を忘れずに持ち続けてる大人はどこまでいるのだろう?

脚本を読んで、サクラのまぶしく、勇ましいセリフは胸を打つものがありました。

菊夫という心優しい男が、本当の大人になるまでの10年を丁寧にみなさんに届けていきます。

公式サイトより引用

ドラまる
熊本出身の熱い男か~!

応援団出身っていうのも、その熱さは中々のものになりそうだね(笑)

ラマちゃん
うんうん。

今回は、要領はよさそうだけど、サクラみたいなまっすぐさをうらやましくも思ってそうね!

【主なドラマ出演作】
  • 獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年2月17日 – 2014年 2月9日、テレビ朝日) – 主演・桐生ダイゴ / キョウリュウレッド(声)、岩泉猛志ノ介役
  • 連続テレビ小説 ひよっこ(2017年、NHK) – 綿引正義 役
  • アンナチュラル(2018年1月12日 – 3月16日、TBS) – 木林南雲 役
  • 昭和元禄落語心中(2018年10月12日 – 12月14日、NHK総合)- 有楽亭与太郎 役
  • メゾン・ド・ポリス(2019年1月11日 – 3月15日、TBS) – 瀬川草介 役
  • 参考元:Wikipedia/竜星涼

土井蓮太郎/岡山天音

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での岡山天音さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
サクラの同期で能力はあるけどネガティブな男・土井蓮太郎という役よ!

努力家で、能力はあるが、なんでも悪いほうに考えてしまうネガティブ男。

最初は、何にでも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的であるが、同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていく。

岡山天音さんのコメント紹介!

1話につき1年の時間が進み、全話を通して1人の人間の10年間を演じるという稀有な機会を頂けたこと、嬉しく思います。

蓮太郎の喜びや悩みを僕自身が一緒に味わって、桜、百合、葵、菊夫とたくさんの事を学び、共に成長していければと思います。

自分の役割を全うし、〝同期〟のみんなと反響し合いながら、力強い作品にしていきたいです。

公式サイトより引用

ドラまる
最近、色んなドラマでいい存在感を放ってるよね~♪

今回は、ネガティブな男ということで、竜星涼さん演じる菊夫の熱さに、最初は困ってそうだよね(笑)

ラマちゃん
確かに!

段々と前向きになっていくかもしれない蓮太郎というキャラが楽しみね!

【主なドラマ出演作】
  • 夜のせんせい(2014年1月17日 – 3月21日、TBS) – 若杉公則 役
  • 貴族探偵(2017年4月17日 – 6月26日、フジテレビ) – 常見慎吾 役
  • 連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK) – 新田啓輔 役 
  • ゼロ 一獲千金ゲーム(2018年7月15日 – 9月16日、日本テレビ) – 佐島ヒロシ 役
  • ゆうべはお楽しみでしたね(2019年1月7日 – 2月11日、MBS) – 主演・さつきたくみ 役(本田翼とW主演)
  • 参考元:Wikipedia/岡山天音

火野すみれ/相武紗季

ドラまる
ドラマ『同期のサクラ』での相武紗季さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
サクラ達の新人研修を担当する人事部の先輩・火野すみれという役よ!

サクラたちが入社するゼネコン「花村建設」で、人事部員、火野すみれ役を演じる。

すみれは、サクラたち新入社員の3週間の新人研修を担当する。

サクラとはちょうど10歳年が離れた先輩で、社会人としても、「働く母」としても奮闘中。

新入社員ながらも、まったく忖度せずに我が道を行くサクラの行動に振り回されるが、そのまっすぐな生き方に、かつての自分の姿を重ね合わせていく。

相武紗季さんのコメント紹介!

サクラ達を時には厳しく、時には温かく見守りながら、すみれ自身も成長していく10年になると思います。

姉御肌な役柄は初めてなので新しいキャラクターを演じることにワクワクしています。

遊川さんの脚本には愛が溢れています。

今回の作品もそれぞれの役柄がどう成長していくのか、とても楽しみです。

成長して、環境に慣れるほど、全力で何かに向き合う事が難しくなってしまう気がするので、新入社員が新しいことに挑戦している姿はきっと眩しく、羨ましいほどだと思います。

先輩の立場として失敗をフォローするのは大変ですが、失敗を恐れず新しい風を吹かせてほしいと思います!

公式サイトより引用

ドラまる
姉御肌のキャラ初めてだっけ?

そんな印象を受けたよ(笑)

ラマちゃん
サクラ達、5人を厳しくも温かく見守ってくれる役なのね~!

こっちは、安心して味方と思ってもいいのかしらね~!

【主なドラマ出演作】
  • ラスト・ドクター〜監察医アキタの検死報告〜(2014年7月11日 – 9月12日、テレビ東京) – 吉崎薫子 役
  • 医師たちの恋愛事情(2015年4月9日 – 6月18日、フジテレビ) – 河合奈々 役
  • エンジェル・ハート(2015年10月11日 – 12月6日、日本テレビ) – 槇村香 役
  • 僕のヤバイ妻(2016年4月 – 6月、関西テレビ・フジテレビ系) – 北里杏南 役
  • メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断(2016年10月11日 – 12月13日、関西テレビ) – 新田雪野 役
  • 参考元:Wikipedia/相武紗季

スポンサーリンク

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』情報解禁におけるネット上の反応や評価は?

ドラまる
ドラマが楽しみっていう声が聞かれる中、その次に多かったのは、やっぱり高畑充希さんの髪型かな??
ラマちゃん
そうね!

メゾンドポリスの時に、ずっと長かった髪をボブくらいまで切ったときも話題になってたけど、今回はそれよりも短くなってるものね!

何だか、ピーターパンの時を思い出しちゃうわね♪

スポンサーリンク

まとめ

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』のキャスト一覧をご紹介しました!

ドラまる
早く同期の面々や社長といった主要キャストの発表がされてほしいね!(2019/8/6現在)
ラマちゃん
続報がありしだい、またご紹介していきますね♪
黒猫葵

「同期のサクラ」は2019年7月の水曜22時スタート!

絶対見逃せないですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA