同期のサクラ|8話ネタバレと感想。葵と百合の間に子供が!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年秋ドラマ『同期のサクラ』8話が2019年12月4日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
最愛のじいいちゃんと夢を失ったサクラ。

どう立ち直っていくのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『同期のサクラ』8話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』8話のあらすじネタバレと感想

2019年12月―。

サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿がありました。

意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。

そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げます。

2016年11月。

自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていました。

もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラでしたが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまいます。

そして2018年1月。

百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していました。

これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。

葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考えます。

翌日、百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げました。

「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話します。

菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。

そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく…。

蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。

さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまいます。

駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。

誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。

さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい…。

心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。

サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼みます。

今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて…。

数日後。サクラの元に書留が届きます。

それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。

そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていました。

それを読んだサクラは、黒川に退職届を出します。

その後、菊夫も退職しボランティア活動を。

そして百合は妊娠。

父親は葵でした。

ですが、結婚はしないという2人。

こうして同期たちがどんどん変わっていく中、未だに立ち直れないサクラ。

百合は最後に試したいことがあると言います。

それは、FAX作戦。

サクラの部屋にメッセージを書いた半紙を届けます。

半紙で書かれたメッセージを読んだサクラはようやく前を向きだします。

そして、同期たちに会いに行こうとするサクラ。

しかし、その途中で道路に飛び出した隣人夫婦の息子を助けようとし事故に遭ってしまい…!

以上が「同期のサクラ」8話のネタバレ。

ついにサクラがずっと眠り続けていた理由が判明しましたね。

誰かを助けるために…というのはサクラらしいですが、自分の子供を助けてくれたサクラを放置した隣人夫婦って。。

救急車ぐらい呼ぶべきだったのでは?

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』8話のネットの反応や評価は?

ドラまる
サクラにプロポーズした直後に百合にキスした葵。
ラマちゃん
サクラに一途な印象があっただけに、今回の葵の行動はがっかりかも?

ドラまる
事故に遭ったサクラに救急車を呼ばずにスルーした隣人夫婦も問題かも。。
ラマちゃん
ましてや自分の子供を助けるために事故に遭ったのに。。

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『同期のサクラ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『同期のサクラ』(第8話)の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『同期のサクラ』9話のあらすじは?

2019年12月11日(水)放送のドラマ『同期のサクラ』9話のあらすじをご紹介します。

 2019年12月―。サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。

 翌日。知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。

そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る。かける言葉を見つけられない4人だが、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラ。その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。

 数週間後。百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へ。

サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。

 一方、リハビリの様子を見に来た葵(新田真剣佑)と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知る。いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。

 職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ。

仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知る。助けになりたいサクラだが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまう。

蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話し……。

営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、設計を続けるために転職をしようか悩んでいた。妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼む。

 自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラ。

その夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってくる。蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、嘘がつけないサクラの就活がうまくいくか心配するが……。

 そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラはだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。

当日、一人準備をするサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え、ふるさとの島に帰ることを決意する・・・。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『同期のサクラ』8話のあらすじネタバレと感想と9話のあらすじをご紹介しました。

ついにサクラが眠り続けていた理由が判明しましたが、その理由はちょっともやっとしましたね。

サクラにプロポーズした直後に百合に乗り換えた葵にももやっとしました。

今回は、若干突っ込みどころの多かった回だったかもしれません。

ドラまる
ついに目を覚ましたサクラ!
ラマちゃん
いよいよクライマックス。

目を覚ましたサクラはどうなっていくのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA