同期のサクラ|3話見逃し動画無料視聴はこちら【10/23配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓『同期のサクラ』の動画を見るなら↓

高畑充希さん主演の2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第3話( 2019年10月23日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『同期のサクラ』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『同期のサクラ』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『同期のサクラ』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『同期のサクラ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『同期のサクラ』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『同期のサクラ』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年10月23日(水)放送終了後〜2019年10月30日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『同期のサクラ』の見逃し動画配信状況をご紹介します。

『同期のサクラ』が配信されるのは前クールのドラマ『偽装不倫』が配信された傾向から、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスでFODプレミアム以外で配信されると思います。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信されると思われるHuluが最もおすすめとなります!

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『同期のサクラ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじ

2019年10月23日(水)放送のドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじを紹介します。

2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。

夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

東日本大震災の前日、2011年3月10日。

サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。

“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。

都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。

やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。

サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。

取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。

百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。

しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。

サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。

会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。

イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。

さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。

会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。

翌日、3月11日。

人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。

同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。

黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!

その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。

女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

公式サイトより引用

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『同期のサクラ』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ユーリ
次回は、結婚が絡む話みたいですね。

同期の女の子は、怒ると怖い子なので、またサクラ強く言われそうですね。

サクラは、結婚して退社するとか考えたこともなさそうですし。

予告ではすでに言われていましたが。

同期の子は、会社から押し付けられた好きでもない人と、無理やり結婚させられるんじゃないかとちょっと思いました。

なんか、あの会社はそう言うところありそうだし、あの子は、これが大人になることだ、とか思い込んで受けちゃいそうですよね。

でも、我慢強い子じゃないから途中でブチキレそうです(笑)続きはどうなるんでしょうね。

女性ならではのシビアそうな話になりそうです。

パワハラの次はセクハラだったりして(笑)

ペンネーム:ユーリ(20代・女性)

はるはな
第3話は同期の1人女性、百合ちゃんの話です。

百合ちゃんは見た目通り結構きつい性格でさくらとは全くの性格が正反対。

素直で正直で夢や希望を抱くさくらのことが心底嫌いで入社当初さくらへ爆発し口論になったままからの2人のやりとり。

見ているこっちもなぜかヒヤヒヤします。

そんな百合ちゃんは結婚退職するということでまたもさくらはそこでお節介癖が出てしまい百合ちゃんへかまう。

そんなさくらのお節介な態度がまたさらに百合ちゃんをイライラさせてしまうけど、結局さくらの素直な気持ちや行動が夢も希望もないゆりちゃんは救われそうな気がします。

ペンネーム:はるはな(30代・女性)

mame37
次回は同期の別の主人公にスポットを当てての話の展開になるのだと思いますし、予告編でまた怒鳴られているシーンもあったので、きっとまたサクラなりに悩んで、でも同期を応援したいという気持ちや同期の事を大切にしたいという考えが続いていくドラマなんだろうと感じました。

同期の考え方の変化も含めて、上司やその他の気持ちも動かして行けるような展開になりそうな予感がしました。

ここまで堅物で曲がっていないサクラが羨ましいと思うと共に、なかな今の日本では真似はできませんし特殊な性格の持ち主ですが見ていてなんだか人との繋がりを改めて感じさせるドラマだと思いました。

ペンネーム:mame37(30代・女性)

ヨウコ
百合とサクラは根本的に考え方が違っているので、理解しあえることは難しいと思います。

どちらが正しくて、どちらが間違っているということもないでしょう。

しかし、現在の百合はサクラのことを理解できているので、百合はそれを感じるための経験をしたのかもしれません。

百合はセクハラの被害を受け、さらに寿退社をしようとしています。

寿退社がセクハラの逃げ道なのかもしれません。

サクラは百合の行動に異を唱えているようですが、百合には面白くないことでしょう。

結婚と仕事は比較するものではないかもしれませんが、女性ならそれを考えてしまうと思います。 

ペンネーム:ヨウコ(50代・女性)

ターン
次回は百合とのバトルが見れそうです。

百合が結婚することになり同期のみんなは祝福しますがサクラだけはなぜ結婚するのか聞いて来そうです。

そして自分の結婚に対する考えを百合にぶつけてしまい百合が自分と全く違う考えに戸惑ってしまいサクラのことを怒ってしまうのでしょう。

そして喧嘩してしまった二人を同期の連中が何とか仲直りさせようと動くと思います。

同期のはからいで仲直りしたサクラと百合は結婚に対する考えを一致させて今まで以上に仲良くなるような気がします。

サクラと百合は口論も多いですがこれからも付き合いは長く続きそうです。

ペンネーム:ターン(30代・男性)

しゅうじ
初回から同期の仲でも一番問題の合った百合とサクラがどうなっていくのかが注目でしょう。

百合の家族も様々な問題を抱えているようで仕事と家族に振り回される百合と、自分の目標にまっすぐなサクラとの衝突がどうなっていくのでしょうか。

自暴自棄になる百合に対してサクラは何をするのか。

また3話は2011年3月10日の出来事から始まります。

そして翌日の震災。

これによりサクラの内面もそして会社としてのあり方も問われる展開になるかと思います。

これをきっかけに震災に強い建物作りへと舵を切ることになると思いますが同期のメンバーも含めてどのような関係の変化起きるのか気になりますね。

ペンネーム:しゅうじ(40代・男性)

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

sui

『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレ

今回は桜と百合が同期のみんなに、インタビューをしていきます。

3年経ってそれぞれの場所で、みんな頑張っているのです。

そんな中2011年3月11日に震災が起きて、人事部の桜は安否確認や物資を運んだりします。

そして桜と百合はなかなかお互いのことを理解できずにいます。

百合は空気を読まない桜が理解できず、桜は結婚して辞めようとする百合を理解できずにいるのです。

二人は言い合いになり、思いを言って本気でぶつかり合うのです。

桜はおじいちゃんに喧嘩のことを伝えると、彼女と別れるなと返信が来ます。

その言葉から桜は、最後の最後まで百合に気持ちを伝えるのです。

『同期のサクラ』第3話の感想

今回は桜や同期のみんなが、3年経って頑張っているところが良かったです。

インタビューをしている時、みんな堂々としていたように思えました。

そして震災が起きた時も、桜は変わらず冷静なところがかっこよかったです。

いつもの喫茶店に行って大盛を頼んでいたのは、思わず笑いました。

また桜と百合の喧嘩は迫力があって印象的でした。

お互いのことを理解できず、本気でぶつかり合っていたのがリアルだなと思いました。

桜はおじいちゃんに喧嘩のことをファックスで送り、彼女と別れるなと返信が来たのが心に響きました。

最後は二人が名前を呼び捨てで呼べる仲になったのが、感動しました。

ペンネーム:sui(20代・女性)

まめ

『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレ

第三話目はまた今までと同じように同期の一人にスポットを当てたストーリーで今回は橋下愛さんが中心となった内容でした。

今まで何かと橋下愛さんに衝突され大声で怒鳴られたり、ズバっと本音をぶつけられて戸惑う高畑充希さんでしたが、今回もまた橋下愛さんに大声で怒鳴られる場面がありました。

大きな会社の中での女性の立場など、一昔前の社会の考え方がよく反映されているなと感じました。

寿退社の件であったり、セクハラであったりパワハラであったり今現在では大きく問題とされているようなハラスメントに付いての描写も多くあったのが印象に残りました。

『同期のサクラ』第3話の感想

今回も高畑充希さんと橋本愛さんが一緒に仕事をする中で、橋本愛さんがうっとおしそうに高畑充希さんをあしらいながらなんとか上手く仕事をしていこうとしますが、真っ直ぐで自分の意見を曲げられない高畑充希さんがまた色々とトラブルを招いてしまう訳ですが、最終的に同期を思いやる気持ちや相手の事を本当に友達と思って接する気持ちに橋本愛さんが心を許して、本当の同期、本当の友達になれる内容が感動的でした。

高畑充希さんの真っ直ぐな正確に難はあれど、それを受け入れ友情が芽生えた内容だったと思います。

今回二人がまたぶつかり合い、最後に橋本愛さんが会社の退職を思いとどまるシーンで私は感動して泣いてしまいました。

ペンネーム:まめ(30代・女性)

トントン

『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレ

ゆり(橋本愛)さんは自身の子どもの夢ちゃんを抱いて病室に現れる。

サクラ(高畑充希)さんは相変わらず病院のベッドにて植物人間状態。

2011年3月にタイムスリップ。

サクラ花村建設に入社して3年目。

サクラはまだ人事部にいる。

サクラは今年はじめて花粉症になる。

3年目の取材をゆりと、サクラで引き受ける。

ユリのセクハラでざわつくところに、大きな地震がくる。

電車が止まり愛が自宅に帰れないためサクラの家に泊まることになる。

親にも本音をぶつけられないユリ。

なんか苦しそう。

ユリが結婚で退職を選ぶと言う。

仕事にも疲れたとも言う。

『同期のサクラ』第3話の感想

第3話でも、サクラは同期のために奮闘します。

同期と良い仕事がしたいのです。

故郷に素敵な丈夫な橋を作る夢を叶える為に。

一見、冷たく何を考えてるかわからず、サクラは誤解されやすいけど、誰よりも優しく情が深く真面目なサクラです。

不器用なだけに誤解されやすいのがなんかほっとけないです。

サクラはゆりに「ブスブス言う。」おもしろい。

ユリに無理して笑うな。

毒をはきたければ、全部私に吐き出せとサクラは伝えるが、中々ゆりには伝わらない。

ユリの住む世界が違うのことばは、イラッとした。

「お前は何様だー。」って叫びたくなった。

ペンネーム:トントン(40代・女性)

ヤスコ

『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレ

入社3年目になろうとしている頃、広報部の百合は社内でも才色兼備と言われるような存在となっていました。

しかし、本当の百合は毎日営業のための作り笑顔と、空気を読んで行動する毎日に嫌気が差していました。

百合は自分の本音を家族に言うこともできませんでしたが、同期のサクラには打ち明けることが出来ました。

東日本大震災をきっかけに百合は寿退社をすることになりました。

サクラは百合が結婚に逃げているだけだと、退職を反対しました。

ですが、サクラの言葉に百合は激怒し、二人は激しいバトルになってしまいました。

百合が退職する日、彼女が会社を去ろうとしましたが、会社を出ることができませんでした。

ようやく百合は本当の自分に正直に行動することができるようになりました。

『同期のサクラ』第3話の感想

百合が生まれ変われて本当に良かったです。

百合のように自分の居場所を見つけながら、さまよっている人は結構いると思います。

サクラが百合の心の中の堅い殻を破ることができたのかもしれません。

百合は外見が恵まれていることもあり、表面的な部分だけで寄ってくる男性も多かったのだと思います。

なので、なおさら誰かのための自分のイメージが出来上がってしまい、それを打ち破ることが出来なかったのかもしれません。

百合が本当の自分になれたことで、ようやく彼女らしさが生まれたと思います。

百合は自分の物を処分していましたが、彼女も一人暮らしを始めるのかもしれません。

ペンネーム:ヤスコ(50代・女性)

あやめ

『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレ

3年目を迎えるサクラ、新規採用のためのパンフレット作りの取材を、サクラと百合と一緒に行うように黒川から指示される。

取材を始める二人、色々な人からコメントを集め写真を撮り、百合も取材を受けるべきだとインタビューを行う。

クライアントから接待を受ける百合はサクラも一緒に連れて行くが、空気の読めなサクラの姿があった。

会社に出社したサクラは、すぐに黒川から呼び出され注意を受ける。

その時、大きな地震が起こり、百合はサクラ家に泊まり二人の本音がぶつかる。

百合が結婚した会社を辞めることになり、サクラはもっと一緒に働きたいと思いを告げるが予想外の展開となる。

『同期のサクラ』第3話の感想

三ツ星レストランでおいしそうに食事をするサクラ、都会に出て3年目だけど、まだ慣れていなかったことが嬉しかった。

取引先を返したサクラ、しかしこのままだと百合は嫌な思いをするのは間違いないことだった。

大きな地震が起こり、家に帰るように黒川に指示され、ヘルメット姿で現れたサクラ、もっと仕事がしたかったと感じた。

百合は両親や会社から逃げたいと感じ、サクラのまっすぐな気持ちが今でも変わらない姿は、きっと家族や温かい人々の愛され方の違いがあったと感じる。

サクラの夢は今でも変わらず強い意志を持っているのに対して、百合が現実主義だ。

方言でしゃべり出したサクラのシーンが印象に残り、百合が退社するシ-ンは感動した。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

Takuya

『同期のサクラ』第3話のあらすじネタバレ

橋本愛さんは広報課の職員として超美人で有名になっておるそうです。

広報課と人事部が協力して働いて、作成することになった。

そして三年目の社員にインタビューをすることになった。

そして同期のメンバーの中でも都市開発部で活躍しているメンバーは特に光っていた。

れんたろうは資格の勉強をしている途中だったので大変そうでした。

きくおは先日の話で上司が別の部署に行ったので、清々しく仕事に取り組めていた。

そしてミス広報部もインタビューを受けました。

そしてなんやかんやで橋本愛の先方との食事に付き合うことになった。

その専務はなかなかの曲者だなと感じました。

そしてさくらが動いた。

上司のお誘いを断った。

それが橋本愛の運命を変えた。

その後橋本愛演じるゆりは会社を退職することになった。

『同期のサクラ』第3話の感想

橋本愛が演じている役は大人として社会でやっていくためには、できている人間なんだなと感じました。

そして逆に主人公は、社会人としてぶち壊すようなものだと思いました。

さくらのキャラクター性を私は嫌いであるとは言いませんがこの社会人として生きている私にとっては絶対にさくらは間違っているなということを改めて感じました。

さくらと橋下愛さんは仲が悪い関係のまま物語が進んで行くのではないのかとずっと思っていたんですが、今回の話を視聴することによって、価値観や考え方が違うと言うことに変わりはありませんが動機としての友情か何かがあるのではないかと感じました。

橋本愛さんのことをあまりちゃんと見たことはなかったのですが、私が思っていた何倍も可愛いし、大人っぽいことなんだなと感じました。

これからの物語で同期とどんどん仲良くなっていく映像がめにみえてわかるようでした。

ペンネーム:Takuya(20代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『同期のサクラ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA