同期のサクラ|2話見逃し動画無料視聴はこちら【10/16配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓『同期のサクラ』の動画を見るなら↓

高畑充希さん主演の2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第2話( 2019年10月16日(水)22時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『同期のサクラ』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『同期のサクラ』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『同期のサクラ』第2話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『同期のサクラ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『同期のサクラ』放送終了から1週間以内はTverと日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『同期のサクラ』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年10月16日(水)放送終了後〜2019年10月23日(水)21時59分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

まず、始めにドラマ『同期のサクラ』の見逃し動画配信状況をご紹介します。

『同期のサクラ』が配信されるのは前クールのドラマ『偽装不倫』が配信された傾向から、上記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスでFODプレミアム以外で配信されると思います。

しかし、ほとんどのサイトでは見放題扱いになっていません(追加料金が必要になります)ので、全話見放題で配信されると思われるHuluが最もおすすめとなります!

Huluの詳細

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『同期のサクラ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじ

2019年10月16日(水)放送のドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじを紹介します。

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。

サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

2010年5月―。

サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。

その忖度できない性格は相変わらず。

修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。

そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。

その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。

「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。

面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。

それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。

しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。

なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。

慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。

サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。

問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。

偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。

しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。

1週間後。

人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。

苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。

心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

公式サイトより引用

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『同期のサクラ』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

momon
桜が上司に言いたいことを言ってしまうところが見どころだと感じました。

さらに、言いたいことを言ってしまった上司が菊夫の上司で、とても厳しい上司だったのでどうなるのかヒヤヒヤしてしまいそうだと思います。

しかし、桜は全く気にせずに言いたいことを言ってしまう性格なので、桜が上司を怒らせてしまうのか、すごく気になります。

桜のことをすごく心配している上司のすみれが、フォローしてくれるようなので、すみれもすごく大変だなと思います。

すみれが黒川と桜の間でストレスがたまりまくってしまうようなので、大丈夫なのかも気になりました。

ペンネーム:momon(20代・女性)

ここあ
人事部に配属されたサクラは、人事部の仕事を全うするべく、会社の内部事情を調べたり、問題を見つけて自分の思いをぶつけながら会社の悪いところと向き合っていくのかと思うと、サクラによって人事部がどのように変わっていくのか楽しみです。

同期たちも配属された部署で様々な悩みを抱えながら、同期達が一緒になってその悩みを共有して、自分達が越えなければいけない壁を皆で乗り越えていくところが見られるのが楽しみです。

10年後のサクラがどんな悩みを抱えていたのか、サクラが目覚めて何を語るのかサクラの気持ちが聞けるところが楽しみです。

ペンネーム:ここあ(30代・女性)

さきママ
次回は、清水が働かされすぎるというストーリーのようで、更には、予告で病院のベッドに横たわっているシーンがあったので、倒れてしまうのかと心配しています。

清水は応援部だったと言っていましたし、恐らく、上の人物の言うことは絶対的なものがあるのではないかと思います。

そんな清水の上司に、強く抗議をしているサクラの姿が、予告だけでもカッコ良く見えました。

信念を曲げず、妥協も出来ず、仲間を大切に思うサクラだからこそ、そのような言動が出来るのだろうと思えました。

そんなサクラに、清水を、始め、他の仲間がどのように関わっていくのか、楽しみなところです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ユキ
自分の希望する土木部でなく、人事部扱いになってしまったサクラが気になります。

第2話でも、色々な問題を起こしてくれそうで、ワクワクします。

上司の椎名桔平が意地悪そうで、何か仕掛けてきそうな気がします。

サクラのまっすぐな性格が周りの人に徐々に影響を与えていくのではないかなぁと思います。

自分の与えられた場所で一生懸命頑張っていくサクラの姿に勇気をもらえそうです。

ふるさとに橋を架けるとう夢に少しでも近付けるのか気になります。

病院で意識不明っぽいサクラに何が起こったのか、少しでも分かるのか、そこも気にならところです。

ペンネーム:ユキ(40代・女性)

サヨ
回を追うごとに1年ずつ進んでいくパターンのようです。

そのため、第2話では2年目のサクラや同期の様子が描かれているようです。

サクラは相変わらず人事部で働いているようですが、途中でクビにならなくて本当に良かったと思いました。

サクラは仕事に対してはかなり真面目に取り組んでいるので、その点が評価されているのではないかと思います。

しかし、サクラは自分が思ったことをズバリ言ってしまうので、人間関係でいざこざが起こっても仕方がないと思いました。

2話では経費削減のための残業減らしが行われるようですが、果たしてその結果がどうなるのか気になるところです。

ペンネーム:サヨ(50代・女性)

nonayan
次回は、ブラック部署に配属された同期のメンバーの上司にコンプライアンス違反等の意見をいったり、働きすぎで?入院してしまった同期を元気づけの見舞いにいったりと、さくらにしかできないことで上司に掛け合ったりと、まじめなさくらが同期のためにブラック部署の上司と戦うストーリーになっているのかなとおもわれる。

また、ストレートな物言いで、周りからひかれたり、上司からは疎まれたり、いいことはないのに同期のためにがんばるさくら。ほんとは、やさしく傷つきやすい女の子だとおもうが、じいちゃんからのFAXで「お前しかできないこと」を信念にかんばるさくらだとおもう。

ペンネーム:nonayan(50代・女性)

2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ユーリ

『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレ

人事部の仕事の一貫として、残業の改善を各部署に伝えにいくことになったサクラ。

その過程で、営業部が残業過多であること、そして、同期の菊夫がパワハラを受けているのを目撃してしまう。

サクラは菊夫の残業の多さに、再三の残業の改善を要求するが、営業部の桑原部長は怒鳴りながら断るばかりであった。

そんな最中、とうとう菊夫は倒れてしまう。

お見舞いに来たサクラは、菊夫の悩みや辛さを聞く。

そして、菊夫の夢は他の働いている人を応援しながら働くことであると聞く。

サクラは、今は自分を一番応援すること、おしりを叩いて動くことを促します。

無事に退院した菊夫は、桑原部長に自分の意見を伝えにいきます。 

『同期のサクラ』第2話の感想

桑原部長は、すごい罵詈雑言を吐いていました。

これがパワハラ。やばすぎでした。

あんなに堂々とやれる職場ってあるんですね。

桑原部長は圧倒的なエースで数字が一番いいとか言ってましたけど、何人の人の成果を横取りしたんだろうと勘ぐってしまいました。

あと、大人になることを促す人たちが一番、思考の停滞している子供みたいだなと思いました。

じいちゃんが一番大人でした。

当たり前ですが。

最後のたぶん、が一番ポイント高いです。

言い切らないところが更にいいです。

サクラがおじいちゃん子になるのもわかる気がします。

あのじいちゃんなら、なつきますよ。

ペンネーム:ユーリ(20代・女性)

はるはな

『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレ

さくらは人事部で仕事することになりました。

仕事改革での残業問題でほかの部署へ報告することになり同期のみんなと出会う。

そこで、同期の1人営業部のキクオくんが上司からパワハラをうけていてさくらはそれをどうにかしたくキクオくんや、上司へ物申すが環境が変わらず最悪な事態でついにキクオくんが倒れてしまった。

さくらは病室へいきキクオをこれからどうするか話し合った。

帰り際にさくらが放った言葉がキクオに刺さり翌日、上司へ自分の気持ちをぶつけに行くことに。

だが、やはり勇気なくオドオドしているとこをさくらや他の同期仲間が駆け寄る。

キクオくんがさくらへお尻を叩いてくれ!と言いさくらが思いっきり叩いた。

それからキクオは上司へ自分の思いを告げる事ができた。

最後はパワハラ上司はさくらが希望していた土木へ異動になった。

『同期のサクラ』第2話の感想

さくらの自分を貫く姿勢は変わらずの第2話です。

ただ、好き勝手やりたい放題というわけでなく、ちゃんと上司の命令や会社の方針には真面目に従う姿勢は1話のさくらより社会へ馴染んでいるように見えました。

ただ、同期の1人のキクオくんが病室で泣きながら今後の相談した時、さくらの何て言っていいのか分からないという感じが無言でも伝わる演技でした。

けど、あの無言で去っていく姿からの、なんと言っていいのか分からないと本人へはっきり言う姿は本当にキクオくんのことが大事なのだと感じました。

適当なことは言わず自分の気持ちだけを相手にぶつけるということだけでなく相手のことをちゃんと思い考えて話をしているんだとこの2話で感じました。

ペンネーム:はるはな(30代・女性)

mame37

『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレ

また今回も回想シーンから始まる感じのストーリ展開で、各回ごとに一年ごとに進む物語が集約されていて1話ごとに1年進んでいるという事がとても斬新な構成だと思いました。

現状、意識不明のサクラの状態は今後どのようになってこういう昏睡状態のような感じに至ったのかも非常に気になりますし、今回の2話目ではサクラの意識を取り戻す事が難しいと言っていたことも非常に気になりました。

今後なんとなく予測できるのは、一話ごとに同期の成長具合や今後の展開があるのだろうと思いますが忖度しないサクラの率直な発言や意見でで空気の読めないサクラが同期の事をしっかりと考えている純粋さや素直な意見がとても感動的で泣いてしまう場面がありました。

『同期のサクラ』第2話の感想

物語の1話1話が一年ごとの大きな今まで経験のない斬新な進み方なので、展開も早く飽きる事なくドラマの見る事ができています。

サクラも悩みながら、でも同期に煙たがられようとも同期を思いやる気持ちにとても純粋な独特な感性を持っているのはよく分かるのですが、現代社会に置いてどうしても浮いた存在になってしまっている事は確かで、でも同期を思いやる気持ちがとても伝わってきて非常に感動的でした。

現在社会でなかなか自分の思いを伝えられない事が多い中、サクラを見ていると切なくなったり考えさせられる事が多くあります。

私も空気が読めない発言をする事があったとしても、どうしても後先を考えて嫌われたくない気持ちの方が強いので羨ましく思うことも多いです。

ペンネーム:mame37(30代・女性)

ヨウコ

『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレ

サクラは人事部に配属になって2年目を迎えていました。

同期の営業部に菊夫は桑原部長に、無理難題を言われているようです。

社内で残業を減らすことになりましたが、桑原部長は聞く耳を持ちません。

それどころか、人事部の批判をする始末です。

菊夫の多すぎる残業時間が問題となりましたが、一向に改善の動きは見られませんでした。

そんな中、菊夫が倒れてしまい、病院へ搬送されました。

サクラが菊夫の様子を見に行くと、彼は弱気になっていました。

サクラは菊夫にアドバイスを求められましたが、言う言葉が見つかりません。

しかし、じいちゃんに言われた言葉をそのまま伝え、そこから自分の思ったことを菊夫に伝えました。

『同期のサクラ』第2話の感想

菊夫の性格だから仕方がないのかもしれませんが、彼は人情味の深い、熱い男だと思いました。

彼は最初、サクラが自分と似ていると思っていたようですが、私も共通点はあると思いました。

ただ、それが表面に出ているか、出ていないかの違いのような気がします。

サクラは写真に写る時も無表情です。

彼女の中には作り笑顔という言葉は存在しません。

もしかしたら菊夫は作り笑顔だらけで、その点ではサクラと真逆です。

菊夫は人を応援するために、この会社に入ったようですが、その姿勢はとても素晴らしいと思います。

その仕事は営業部でなくても、他の部署でも十分に通用すること思います。

特に労務管理などの方が意外と向いているのではないかと思いました。

ペンネーム:ヨウコ(50代・女性)

ターン

『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレ

営業部の菊夫が上司から酷く過酷な仕事量を押し付けられていた。

その事を知ったサクラは営業部の部長に産業を無くして欲しいと直談判する。

しかし部長は聞いてくれない。

そんなある日、菊夫が体を壊し入院してしまう。

そこでサクラは菊夫を励まし元気付ける。

すると菊夫が部長に自分の思いを打ち明ける決心をする。

菊夫が同期のサクラの話をして部長を説得しようとするが部長には何も響かない。

その時、菊夫の担当の取引先の水道管が壊れたと連絡が入り菊夫は直ぐに向かう。

そこで作業員たちに感謝される。

会社では営業部の部長が土木部に異動になる事が発表された。

『同期のサクラ』第2話の感想

営業部の部長にはとても腹が立ちました。

残業をやらせすぎて菊夫が体を壊し入院までしてしまいました。

とてもひどいと思いました。

会社の方針で残業時間を減らせとなっていたのに働かせすぎです。

菊夫は部長に背いてくれた時は何だか勇ましく見えてかっこよかったです。

ですが部長は菊夫を潰すとまで吐き捨ててきましたからかなりの極悪です。

でも結局部長は土木部に異動になってしまって菊夫はこれからのびのびと仕事ができると思うと嬉しかったです。

しかし部長が土木部に行ったということは今度はサクラが気まずい状況になってしまって複雑でした。

ペンネーム:ターン(30代・男性)

しゅうじ

『同期のサクラ』第2話のあらすじネタバレ

人事部で一年を過ごしたサクラ。

この部署で仕事ぶりは認められていましたが独特の性格で先輩のすみれさんを困らせていました。

人事部長の黒川さんは仕事を部下に押し付けるタイプですがいろいろ裏がありそうです。

今回は会社の残業時間を制限するよう通達が人事部に届き各部署に周知徹底させるというものでした。

各部署を回っている最中に同期の仲間と再会しそれぞれの近況を語ります。

最後の営業部は一番残業がきつい所。

同期の菊夫がいましたが彼は上司に無理難題を押し付けられ心身共に限界でした。

サクラは菊夫の仕事環境の改善を訴えますが無視されやがて彼は倒れてしまいます。

その一方を聞いたサクラは彼と話し合います。

特に何ともない会話でしたが菊夫の気持ちを変えるには十分だったようで、彼は上司に自分に意見を言います。

とりあえずその場は治まり人事異動で営業部の上司は異動。

今回の件は一件落着となりました。

『同期のサクラ』第2話の感想

1話との時間の変化はあまり感じませんでした。

前回の続きそのままでもおかしくない環境のようにも感じました。

作中の時間は確かに進んでいましたがまだ強く変化はしていません。

サクラも相変わらずでしたが住んでいるところの騒動も含めて時間の変化で変わっていくのが楽しみです。

残業是正はようやく焦点が当たり「働き方改革」としてしっかりと形になりつつありますがこの時代はまだそこまで行っていませんでした。

そういった意味では先進的な取り組みの会社ですね。

サクラと同期のメンバーの中の良さはうらやましい限りです。

時間だ経てば人間関係も変わっていきますが、絆がより強まっていく関係というのが今後のストーリーをより面白くしてくれるでしょう。

ペンネーム:しゅうじ(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『同期のサクラ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA