リカ|5話見逃し動画無料視聴はこちら【11/9配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『リカ』第5話(2019年11月9日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『リカ』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『リカ』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『リカ』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『リカ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『リカ』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『リカ』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月9日(土)放送終了〜2019年11月16日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『リカ』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リカ』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リカ』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『リカ』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『リカ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『リカ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『リカ』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年秋ドラマ『リカ』第5話のあらすじ

2019年11月9日(土)23時40分放送のドラマ『リカ』第5話のあらすじをご紹介します。

数々の事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年。

いまだに亡くなった大矢(小池徹平)の事が忘れられず、ペアン鉗子のハーバリウムを手に涙ぐむリカ(高岡早紀)。

そんな折、顔見知りの宅配業者からマッチングアプリの存在を知ったリカは、今度こそ“運命の人”に出会えることを信じ、登録する。

映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は、「作家の恋」という原作の気乗りしない仕事を任されていた。

その映画のリサーチをするために、アシスタントプロデューサーの坂井政司(内田健司)から、マッチングアプリに入ることを薦められた本間は、坂井に言われるまま、“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする。

その夜、自宅で、溺愛する娘の亜矢(稲垣来泉)と一緒に人形で遊んでいる楽しげな本間。

そこに身支度を整えた妻・葉子(徳永えり)がやってきて「亜矢。そろそろ行こっか」と声をかける。

本間は嫌がる亜矢の様子を見て「今日は泊まって行けよ」と声をかけるも、「まだ許してくれてないでしょ」と言われ、何も言えなくなる…。

半年前に葉子の浮気が発覚し、夫婦は別居生活を送っているのだ。

冬物を取りに来た2人は、葉子の実家へ帰って行った。

急に静かになった部屋で侘しくウィスキーを飲んでいる本間。

と、テーブルの携帯が鳴る。

見るとアプリに着信マークがある。

プロフィールを開くと、『リカ/年齢:28/職業:元看護師/3年前に彼と別れてから、看護師をやめて今は家事手伝いをしています。』の文字が…。

思案するも、返信を打ち始める本間―――。

それは地獄への入り口だった…。

予測不能の恐怖の物語、第2章開幕!!

ドラマ公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『リカ』第5話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『リカ』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

きい
次回から第二章が始まります。

第二章は花山病院での事件から3年後のお話です。

第一章では、リカが大矢を手に入れる為に邪魔な人間は次々と排除していき最終的に全員が死んでしまう結末でした。

第二章でも、愛する人を手に入れる為リカがどのような行動に出るのか、とても楽しみです。

そして3年後も変わらずの自称28歳、今度はどのような相手と出会い、どのような運命をたどるのか、期待は深まるばかりです。

第一章でも大次郎や看護師の森田さんと信頼関係を築いたように、リカの人を信じ込ませてしまう魅力や、必要な人をうまく脅して利用する姿が今後も見れると思うと楽しみで仕方ありません。

ペンネーム:きい(20代・女性)

はるか
展開予想は、リカは、次のターゲットとして本間を選び出す。

本間は、マッチングアプリに嘘のプロフィールをのせていたが、その経歴にリカが、魅力を感じていた。

リカと会う事になった本間は、自称28歳のリカに怪しさを感じる。

しかし、映画のリサーチのためにリカに連絡先を渡してしまう。

楽しみなポイントは、大矢との事を自分の都合の良いラブストーリーにしていると予想されるので本間にその事をどう伝えるのかです。

大矢の場合は、すべてリカにより壊されてしまいましたが、本間も同じようにリカに翻弄されてくのかが、注目です。

リカが、本間の何に惹かれたのかも知りたいです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

彼方
次回は、宅配業者から教えてもらった「マッチングアプリ」で運命の人をリカは探しだすようですね!

その「運命の人」になるのは映画会社に勤めるプロデューサー・本間。

マッチングアプリには、嘘のプロフィールを登録してしまっていたようですね。

既婚者で子供もいるのに、マッチングアプリをした罰なのか、彼が次回のリカの餌食になるようでとても楽しみです!

子供も妻もいるので、かなりの修羅場を迎えそうな予感がしますね!

果たして本間はリカの餌食となり、大矢のように全てを失い、自らの命まで落としてしまうのか?とても楽しみです!

ペンネーム:彼方(40代・女性)

あやめ
昌史や他の人物を火災事故に見せかけたリカ、警察からは何も疑われることなく生きている。

運命の人だった昌史を忘れずにいたリカだが、新たな相手を運命の人と出会ったリカ、更なる事件を引き起こすことになりそうだ。

タ-ゲットはマッチングアプリ知り合うことになり、リカがどんな条件を持っているのか気になります。

今度の人物と出会うことになり、リカの魅力にはまっていく可能性がある。

しかしこの男性は妻子もいるが、別居中ということもあり一気に離婚の話になっていくと思う。

リカはこの男性を運命の人と感じ、二人の間に邪魔な存在を消していきそうで怖い。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

ふじお
今度のターゲットは大人の匂いがする男性ですが、子持ちなのにどうして選ぶのか?不思議でなりません。

前回から3年が経過しても、自称28歳の設定は変わらずに男をダメにしてしまう展開です。

人の物が欲しがる性格は、いつまでたっても治らずに進化しています。

ターゲットにされる男性は、人生を狂わされてしまい地獄に落ちそうな気がします。

好きな人のためなら手段を選ばない、雨宮リカは何人もの人を巻き込んでしまいそうです。

癖がある性格は、敵を多くしてしまいますが、それでも自分を貫く姿勢があります。

狙った物は自分のものと思ってしまうリカは凶器です。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

おさむ
花山病院の火事から3年、リカは出会い系サイトで理想の彼氏を探すようです。

それは映画会社のプロデューサーの本間でした。

本間はアシスタントプロデューサーの坂井の勧めで出会い系サイトに作家、神宮寺という偽名で登録するようです。

本間は妻の浮気が原因で別居状態だったようです。

そして、本間がリカに会うと、リカに、きっといい奥さんになると誉めると、リカは本間が運命の人だと言い出し、結婚を迫るのでしょう。

更に、本間の家を聞き出し、娘と妻がいたと判っても、妻に自分が本間と結婚するから別れろと迫り、娘に近づき、自分が母親にふさわしいと納得させようとして、本間の家庭を崩壊させるのではないかと予想します。

ペンネーム:おさむ(60代・男性)

2019年秋ドラマ『リカ』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『リカ』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

堕天使キラ

『リカ』第5話のあらすじネタバレ

映画会社「宝映」では、ラノベ「作家の恋」の映画化の企画会議が行われていたが、プロデューサーの本間隆雄はいまひとつ乗り気にならなかった。

しかし、乗り気でないのもやるのが仕事と割り切ってリサーチを開始することとする。

アシスタントプロデューサーの坂井は、本間にマッチングアプリで登録している女性の心理を分析する方法を提案。

本間は神宮寺たかおと名乗って登録するが、ちょうどその頃、雨宮リカも宅配便の女性から勧められてマッチングアプリに登録していた。

そこで、出会う2人だったが、あまりに前のめりなリカに圧倒され気味な本間。

映画のプロットが上手くいかないことから、実際にリカ会って取材しようと考える。

お互いに知っていたレストランで実際に会うと、リカは運命の人に出会ったと確信する。

一方の神宮寺たかおに扮した本間は、あくまで取材のつもりであり、途中で部長から「作家が降りる」と言ってきたとの連絡を受け、2人は1杯のワインを飲み交わしただけで別れる。

その後、本間はリカとのやり取りを止めようとするが、リカから留守電録音上限に達する電話履歴に恐怖の念を抱く。

本間の映画会社を突きとめたリカは、神宮寺の苗字が嘘であったこと、本名は本間であることもわかり、会社の受付に現れた。

『リカ』第5話の感想

いくら仕事のリサーチとはいえ、嘘をついて取材目的でリカに会った本間に落ち度がある。

アシスタントプロデューサーの坂井も上司に危険なアドバイスをし過ぎで、本間もそのアドバイスにホイホイと乗って、気軽にダウンロードしたりするところが、信じられない。

リカのように真剣に登録している女性もいるから、失礼にあたる行為である。

しかし、リカも28歳と嘘をついているから、お互い様といえばお互い様だが、今回は本間と坂井のやった行為は、仕事のリサーチ方法としては不適切であったという他ない。

これは痛いしっぺ返しを覚悟するしかないだろう。

ペンネーム:堕天使キラ(30代・女性)

ななこ

『リカ』第5話のあらすじネタバレ

病院の火災から3年経っていたが、リカは大矢のことを忘れられなかった。

映画会社に勤務する本間隆雄は、映画のリサ-チのために偽りのプロフィールを載せて登録する。

マッチングアプリでリカと出会う本間、多くのメ-ルのやり取りと電話をして二人は出会う。

映画のリサ-チのための本間は色々リカに聞き、リカは運命の人と結婚したい、家族が出来たら愛情をして注ぐと夢を語る。

会ったリカのことをアシスタントに報告して、もう連絡を取り合わないように決めたが、リカの多くの電話録音で着信拒否をする。

リカは彼を待ち伏せして、本名が本間だと知り会社に乗り込む。

『リカ』第5話の感想

部屋の中には瓶に詰められた品がハーナリウムにつけられて気持ちが悪いリカが健在だった。

3年間ずっとこの部屋で大矢のことを忘れないでいたのだろう。

何度もメ-ルのやり取りをするリカ、かなりの異常ぶりだと感じる。

今度の運命の相手と思い込んでしまったリカ、本間がガーベラの黄色い花を貰ったことで、ますます運命の相手だと勘違いしたようだ。

本間夫婦は些細なことで別居生活をしているが、もしリカが本間が結婚して子供がいると分かったら、きっと危害を加えるだろうと思うと恐ろしくなる。

無視をされるリカ、彼女の怒りはもう誰も止めることが出来ないだろう。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

mint

『リカ』第5話のあらすじネタバレ

大矢を失って3年。

花山病院で起きた数々の事件は解明もされないまま、そしてリカも大矢を忘れられずに過ごしていた。

唯一交流があるのは宅配業者の女性配達員。

彼女からマッチングアプリの存在と、それを利用して結婚にいたった成功例を聞いたリカは、運命の人との出会いを期待しつつ登録することに。

一方、映画製作会社では新しい作品を制作するにあたって、そのヒントを得るためにマッチングアプリに登録している女性の本音を聞き出すことに。

試しにプロデューサーの本間が‘神宮寺‘という偽名で、さらには新作映画の主人公を真似て‘作家‘という偽の肩書で登録してみることにする。

あくまでも情報収集のための登録で、そこには出会いに期待するものは一切ない。

なぜなら、本間には別居中の妻と子がいるからだ。

そして、そのマッチングアプリがリカと本間を引き合わせる。

何気ない挨拶から始まり会話を進めるうちに、一度会ってみようということに。

リカがかつて大矢と出会った店『アール』を神宮寺(本間)から待ち合わせの場所に提案され、運命を感じるリカ。

しかし取材目的の本間は、カバンの中にICレコーダーをしのばせる。

始めて対面した二人。

一目見た時からリカに違和感を覚える本間に対して、リカの気持ちは高まるばかり。

本間を運命の人だと思い込み、会社から呼び戻されて途中で店を出た神宮寺(本間)の後をつける。

しかし、‘作家‘であったはずの神宮寺は映画会社の中へ、そして社内では「本間さん」と呼ばれていることを知る。

その日から本間に執拗に連絡を送り続けるリカ。

気味悪さを覚え無視し続ける本間。

とうとうリカは本間の勤め先に出向き、受付で本間を呼び出すことに…。

『リカ』第5話の感想

今回の舞台は映画製作会社、リカに付け狙われるのは普通のサラリーマン。

前回の病院設定よりも身近でイメージしやすいなと思いました。

本間の考えるとおり、相手の見えないマッチングアプリでは偽名登録や複数登録などは十分あり得ること。

しかし、中にはリカのように本気の出会いを求める人もいて、その気持ちをもて遊ぶようなことがあれば後日それが自分に返ってくるのだと思わせるような内容でした。

別居中の娘から「パパの電話がつながらない」と知らされ、着信や留守録の履歴がリカからのもので溢れていることを知った本間。

実際にそういう経験をしたことはありませんが、分刻みの履歴を目にした時の恐怖を想像するのは難しくありません。

そしてついに、会社まで。

受付からの呼び出しでリカの名前を聞いた時の本間の恐怖は、確実にこちらにも伝わってきました。

ペンネーム:mint(50代・女性)

ひとし

『リカ』第5話のあらすじネタバレ

リカは三年前に愛していた大矢が死ぬという大事件がありました。

そして、大矢が死んだことで働いていた病院までも火災を起こして建物を消すという恐怖も行動にできました。

大矢が死んだことにより、落ち込んでいたリカでしたが、ある日宅配業者の知人からマッチングアプリの存在を聞かされました。

リカは、疑心暗鬼のもと登録をしました。

使い方もイマイチでしたがある男性を見つけてメッセージを送りました。

そのお相手が、作家プロデューサーでした。

ある日、携帯にリカからメッセージが来ました。

リカの本性を知らないままやりとりとすることになり新たなターゲットになりました。

『リカ』第5話の感想

マッチングアプリを使って恋人を探すという展開は、自分の生活においても身近な問題でもありこういう人も中にはいるのかなど考え深い内容でした。

自分も利用しているマッチングアプリの使い方を間違えないように気をつけないといけないなとある意味勉強になった内容でした。

リカの本性は知っている側として、なんでメッセージを返すんだと少し怒りを覚えることになりました。

また、もし自分がリカを知らずメッセージを受け取っていたならば必ず返事を返しているなと考えながら見ているのでさらに恐怖を感じながらドラマを見ながら思っていました。

ペンネーム:ひとし(20代・男性)

ふじお

『リカ』第5話のあらすじネタバレ

3年前に大矢を死に追いやった雨宮リカでしたが、懲りずに次のターゲットを見つけ出しました。

既婚者の本間隆雄ですが一人暮らしと聞いて独身だと思い込んでしまいます。

メールでやり取りが始まり、電話で話すようになりましたが、非通知で掛けてきます。

会うことになり本間は神宮寺と名乗り、事情聴取をすることになりましたが、雨宮リカは次回を期待しています。

雨宮リカのしつこいメールにうんざりしている本間は無視することにして諦めを待つことにしました。

留守電メッセージに30件が入っていて、もはやストーカー気質に変貌しています。

『リカ』第5話の感想

自称28歳という設定は3年前から変わっていないので、こだわりをもった雨宮リカです。

ターゲットを見つけると、その人のことで頭がいっぱいになってしまう恐ろしい女です。

他にできることがあると思うのですが、趣味の一環としてしてるようにも見えます。

なぜ一人の男にこだわってしまうのかは、その人が欲しいから必要以上に努力してしまいます。

出会いが運命を狂わせてしまうことがありますが、雨宮リカに狙われて本当に不幸だと思います。

既婚者でも容赦なく行動する雨宮リカは、いつか天罰が下ることになると思います。

ストーカー気質の人は、周りが見えない傾向があります。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

りお

『リカ』第5話のあらすじネタバレ

病院火災の3年後、リカは大矢副院長以上の相手は現れないと言い、家に引きこもるが、宅配配達員の勧めでラブレターという出会い系アプリに登録する。

一方、映画会社の宝映に勤務するプロデューサーの本間は出版社の社長から依頼された作家の恋という気乗りしない仕事を依頼される。

アシスタントの坂井から勧められ、やはりラブレターというアプリに登録する。

年齢を40才を偽り38才の作家で、それらしい名前で神宮寺たかおと言う嘘のプロフィールを掲載する。

本間は妻の葉子とは半年前から別居だった。

本間のスマホにリカから通知が来る。

本間は連絡を取り、一人暮らしのノンフィクション作家だと言う。

本間は坂井にリカとのやり取りを見せて本間は、これも仕事だと言う。

すると、仕事中もリカから頻繁にメールが来る。

坂井は会って見たらヒントが見つかるかもと言う。

本間はリカを食事に誘う。

本間はアールというかつて大矢副院長が通っていたレストランを指定してきた。

本間はガーベラの花束を持ってリカに会う。

本間はリカが28才だと言うが、やや怪訝そうな顔をする。

本間は神宮寺が本名だと言う。

そう言いながら録音を取る。

リカは運命の相手を感じ取り結婚したいと言い、28才で結婚したい、家族に対するあこがれが強いと言う。

佐々木部長から本間に電話が入り呼び出されたと言って、本間はリカと別れる。

本間はリカが28才には思えないが、本気で結婚相手を探しているようだと坂井に言う。

本間はリサーチは終わりだと言う。坂井は返事しないで放置すればよいと言う。

しかし本間の娘の亜矢は本間と電話が通じないと言うと、リカの留守電が30件溜まっていた。

どうしても本間と話をしたいと言う。

そしてリカが本間の会社にくると名前が神宮寺ではないとわかる。

リカは受け付けに神宮寺を訪ねるがいないと言われ、本間はいるかと言う。

本間に受付からリカが来たと連絡が入り、本間は焦る。

『リカ』第5話の感想

本間は、自分の知見を広める為に、仕事だという名目でリカとコンタクトを取り、興味半分でレストランで会ったのは、危険だと思いました。

案の上、リカは密かに録音を取っていて、神宮寺が本名だと言う本間の嘘も記録され、リカが本間が嘘をついていないでしょうねと念を押したのも、後で、自分を裏切ったとか、騙したとか、付け込まれる弱みを本間が握られたと思いました。

しかも、リカが28才で結婚したい、家族に恵まれなかったからと言うと、よせばよいのに、本間も両親を亡くしたので、リカの気持ちがわかる等と、軽率に同情したので、いよいよリカは本間を運命の人だと思わせたのではないかと思います。

早速、リカから留守電が30件も入り、会社にまでリカが押しかけて来て、神宮寺が偽名だと見破られ、本間という本名もバレて、いよいよ本間は逃げ場がなくなってしまったのです。

まさに、自業自得ともいえる本間の自爆行為だと思います。

こうなると、リカは毎日、本間の会社や別居中の妻の家にまで、押しかけて本間の仕事も家庭の、めちゃめちゃになる、おぞましい結末が待っている予感がします。

ペンネーム:りお(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『リカ』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『リカ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の31日間無料キャンペーンに登録
  2. 『リカ』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA