リカ|1話ネタバレと感想。純愛モンスター高岡早紀の狂気が炸裂!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年10月5日(土)オトナの土ドラ「リカ」の1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
純愛を貫くがゆえに、狂気と化してしまう純愛モンスターのリカ。

どんな恐ろしいことが起こるのでしょうか。

ラマちゃん
純愛モンスターを高岡早紀さんが演じます。

最初のターゲットの医師・大矢の小池徹平さんとの共演が楽しみですね。

優秀な医師大矢の病院に、看護師面接にくるリカ。推薦状を持つリカは、採用されるが、違和感を持つ看護師小山内は反対だった。リカは大矢の時には完璧に、他の医師ではやる気がなく.....。

スポンサーリンク

ドラマ『リカ』1話あらすじネタバレと感想

美しいハーバリウムが飾られる部屋で、リカは、入念に化粧をし、左腕の痣を消して行く。眼鏡やボタンや靴ひもなど怪しげなハーバリウムの中から、バラの花のハーバリウムを愛おしく見る。

花山病院の副院長・大矢の元に、差出人不明で、バラの花の入ったハーバリウムが届けられた。リカの部屋にあったものと同じで、リカは、やっと会えると言うのであった。

看護師長・小山内は、午後、看護師面接があると大矢に告げる。

面接が進められ、最後に、遅れて入ってきたのはリカであった。リカは、大矢の方を向いて、「雨宮リカ28才」と堂々という。

看護師としての経歴は問題がなく日本医師協会前会長の推薦状を差し出すリカに、大矢は、あなたほどの優秀な人がなぜと聞いてしまう。リカは、運命だと答える。

大矢を始め男性医師2名は、日本医師協会前会長の推薦状があり断るわけに行かないというが、小山内は、手に痣があり冷え冷えとした雰囲気に反対をする。

大矢は、仮採用期間もあることだし、院長の意見も聞こうと、小山内と特別室に入院する院長の花山に聞く。

花山は、その程度のことは決めるようにと、次期院長と見込んでいるおいの大矢を叱責し、推薦状を無視するわけにはいかないと、リカの採用を決定する。

大矢の携帯に、恋人真由美から、今夜オペが入り、食事に行けないと連絡が入る。大矢は無理しなくてと答える。

その夜、仮採用の連絡を受けたリカは、喜び大矢によろしくお伝えくださいと。バラのハーバリウムを愛おしそうに見つめる。

翌日、ナースステーションで、リカといっしょに入った倉田は元気よく挨拶したのに対し、リカは「初めまして、雨宮リカ28才です」とだけ挨拶する。同僚の看護師たちは、不思議がる。

さっそく、病室に行き看護をするリカと倉田。ちょうど、大矢が入ってきて、リカは微笑み、診察の手伝いをする。大矢のポケットからないしょでボールペンを盗むリカ。

大矢が出て行くと、とたんに、やる気をやくすリカであった。

昼になり、倉田は、小山内が看護師長で、藤鐘が副看護師長。大矢の右腕が医師の柏手と人間関係をリカに話してくる。医師の刈谷は、大矢と同じ大学で、次期院長を狙っていると。

次期院長は、順当にゆけば、おいの大矢だが、院長が気難しい人だからまだ決まってないと話す。

リカが、ゴミを捨てに行くと、偶然、看護師の森田がタバコを吸っているのを見かける。森田は、院長のお世話でストレスが溜まっていたのです。リカは、たまに、代わってあげようかと提案し、喜ぶ森田であった。

学生が手を怪我をして急患で運ばれてくる。小山内が大矢を呼びに行き、処置室に入ると、そこには、リカがいて、ガラス片を取り除いて止血しましたと適切な処置をしていた。

手際の良さに驚く大矢は、すぐに縫合しようと、リカは処置を手伝い、大矢の顔が近づくと嬉しそうな顔をする。小山内は、リカの左手の十字の痣が不気味でしかたがなかった。

大矢は、処置が的確だったと褒め、手術用ゴム手袋を捨てて出て行く。リカは、ゴミ箱から、そのゴム手袋を取り出し、戦利品を獲たような嬉しそうな顔をする。

リカは、森田に代わり院長の花山のお世話をする。黄色いユリが飾ってあるのを見つけ花言葉が憎悪と悪いからと捨てる。花山は、それだけ気が利くということは、推薦の新人だねと気に入る。

リカは、花山病院が進めてきた地域医療を褒め、その意志を、大矢ならきっと継いでくれると、大矢たてる。

その夜、リカは、病院から持ち帰ってきた、大矢のボールペンとゴム手袋を見つめる。ゴム手袋をハーバリウムにして、思わずキレイと声を上げる。

1ヶ月前、レストランで、リカが1人食事をとっていると、赤いバラの花束を持った大矢を見つけ運命を感じる。

目の前で男性が倒れ、すぐに観る大矢、リカも手伝う。大矢は、救急隊員に、花山病院の副院長だと名乗り、花山病院に搬送するように伝える。

リカは、その名前を覚え、テーブルに落ちた2本のバラの花を愛おしそうに持ち帰る。バラをハーバリウムにして、1つは、大矢に贈り、1つは、自分の部屋に飾って運命を感じていた。

大矢は、恋人の医師・真由美とレストランで食事する。大矢は、リカのこと優秀で美人と褒めるが、28才の歳から考えると落ち着いていて変わったひとだと語る。

小山内は、倉谷に大矢につくようにと言い、リカに刈谷につくように伝える。リカは、チェと舌打ちをする。小山内は、その態度に嫌悪感を持つ。

リカが病室に行くため階段を昇って行くと、事務員の丘留が、業者に手すりが緩んでいるからと修理を頼み、1週間後に交換すると言っているのが耳に入る。

大矢が特別室の院長の花山を尋ねると、中から笑い声が聞こえてくる。大矢が部屋に入ると、リカと仲良くオセロをしていた。

リカが打ち、最後、花山で逆転で勝利する。花山は、年寄りだから油断したなと笑いながら言い、結婚するならこういうかわいらしい人が良いと大矢に勧める。リカは喜ぶ。

花山は、独り身の入院患者・熊沢の最後を看取るため今日も泊まりかと大矢に言うのをリカは聞き洩らさなかった。

リカは大矢の部屋を訪ね、盗んだボールペンを拾ったと言って返す。大矢は、探していたと感謝し、出て行かないリカに戸惑いながら、花山の笑い声を久しぶりに聞いたと感謝する。

リカは、「先生のおじさんなら、私の家族だからと」言い、大矢を驚かせる。「結婚をしませんか」と言う。

大矢は、リカとのこととは思わず、結婚はまだだなと答える。リカは、「私、28才までに結婚すると決めていたのに」と言い、大矢は何の事かと理解できない。

大矢は、28才で結婚してしまうとすぐに看護師をやめてしまうから困るなと切り返す。リカは、大矢が望むなら、子供が生まれるまでがんばると。

大矢の席の後ろに飾ってあったバラのハーバリウムを手に取り、バラの花言葉は、1本なら一目ぼれ、2本ならこの世界にはあなたと私だけと、大矢は思わず引いてしまう。

小山内が入ってきて、リカは去って行く。小内山が、熊沢の容体が安定してきたと言うのを聞き逃さなかった。

リカは、熊沢のベットの横に立ち、「このままだと大矢先生が倒れてしまう」と言う。小内山が入ってきて何をしていると聞く。リカは、部屋を間違えたとごまかす。

リカは、森田を休憩に行こうと、ゴミ箱の近くでタバコに誘う。森田はイライラして看護師長たちの文句を言う。リカは、若い看護師を羨ましく思っているだけだと宥める。

森田は、コールで呼び出され、タバコをおいて去って行く。リカは、タバコをじっと見つめる。

リカは、お疲れさまと帰って行く、その時、ナースステーションには、ゴミ箱付近で火災が発生したと警報がなる。看護師たちは、全員かけつけ消火する。

その間に、リカは熊沢の病室に向かっていた。看護師たちがナースステーションに戻ると、熊沢の部屋からナースコールが鳴り響いていた。

熊沢は息を引き取り、大矢が死亡を確認する。小山内は、呼吸器が外れるとは不自然だと言うが、大矢は、最後の神経作動だろうと。

小山内は、熊沢の病室に、リカがいたことを思い出し、リカを疑うようになる。

翌日、小山内は、リカを、個室に呼び出し、熊沢が亡くなった時、ナースステーションはからだったが、その時に、どこにいたのかと迫る。

リカは、身寄りのない熊沢が、なぜ生かされ続けたのかと、亡くなっても、だれも悲しむ人はいないのにと。

小内山は、屁理屈を言うなと言い、試用期間が終わったら、病院を辞めてもらうとリカを怒る。

それを聞いた、リカは、なぜ辞めなくてはならない。「死ねばよい」と小声で叫ぶ。

小内山は、ナースコールが鳴り、病室に階段を使って向かう。何かの陰に押され階段から転落する。

大矢が駆けつけると、刈谷もいて、小内山が、階段下に倒れ、頭から血を流して意識不明だった。

リカは、病院の屋上で、手を上げ背を伸ばし、邪魔者がいなくなったことを喜ぶ。そして、大矢が自分を選んでくれたことに感謝する。

ここまでがネタバレですが、第1話は、リカは、医師大矢に目をつけ、看護師として働きだす。大矢の前だけやる気を出し、大矢の伯父の院長にも近づき.....。

眼鏡やら、靴ひもやらが入ったハーバリウムに囲まれ、化粧をするリカからドラマが始まりました。不気味な登場感でしたね。

バラの花のハーバリウムをうっとり愛おしく見つめるリカ。それが大矢と出会った時に、大矢が落としていったものとは。狂気が最初から炸裂でしたね。

ドラまる
看護師長の小内山だけが、リカの左腕の十字の痣を見て、不気味なものを感じ、採用を反対しましたね。

その感覚は正しかったですね。

ラマちゃん
面接の時も、いきなり、大矢だけを見つめ、明らかに28才ではないでしょうと思いました。

不気味でしたね。

大矢が、気難しい院長に困っていそうだと聞くと、さっそく、入院中の院長にすり寄って行き、気に入られ大矢を立てましてね。オセロもわざと負けたのでしょうね。

大矢がはめていた手術用のゴム手袋を持ち帰り、ハーバリウムにして、愛おしく見つめる姿が凄かった。他のメガネも、前にかってに好きになった男のものなのでしょうね。

ドラまる
大矢が、植物人間状態の熊沢の観るため大変だと知ると、ボヤ騒ぎを起こし、看護師の目をそらせ、殺してしまいましたね。

純愛モンスター恐るべしですね。

ラマちゃん
看護師長の小内山が、リカが熊沢を殺したと気づきました。邪魔になった小内山を、こんどは、事故に見せかけ、意識不明にしてしまいました。

怖いですリカ。

スポンサーリンク

ドラマ『リカ』1話ネット上の反応

ドラまる
リカ、狂気だが、美しい、面白いと評価が高いですね。

ラマちゃん
高岡早紀さんの演技に怖い、サイコ―との声が上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『リカ』1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リカ』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『リカ』2話のあらすじ

2019年10月12日(土)放送のドラマ『リカ』第2話のあらすじをご紹介します。

花山病院では、ナースコールで呼ばれた看護師長の小山内(池谷のぶえ)が非常階段から転落し、植物状態になってしまったことに、皆ショックを受けていた。

大矢(小池徹平)は、警察に通報して調べた方が良いと、院長で大矢の叔父・大次郎(西岡德馬)に相談するが、病院の落ち度を世間に晒すことはないと大次郎は箝口令を敷く。

大谷は渋々従い、全職員に指示を出す。

一方、リカ(高岡早紀)は、大矢に近づくための更なる手段として、翌日の虫垂炎の手術で大矢の補佐に入っている看護師の倉田(藤本沙紀)から、担当を奪うための計画を企てて……。

結局リカは大矢のオペの補佐をすることになる。

虫垂炎の手術は無事に終わるが、術後一息ついていた大矢のもとに、リカが駆け込んでくる。

リカが告げたのは、大矢にはとうてい信じ難い事態だった……。

リカに翻弄され続け、大矢の運命が暗転していく……!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『リカ』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

リカは、大矢に純愛を向け、看護師として同じ病院に入る。大矢のものを盗み愛おしく飾る。大矢の負担だった病人を密かに殺す。気づいた看護師長を突き落とし意識不明の重体にさせる。

ドラまる
リカに突き落とされた看護師長は植物人間になる。院長は、病院の面子を保つため、隠ぺいするようです。

疑う人がいなくなったリカの行動は増長するのかな。

ラマちゃん
リカは、大矢に近づくため、同僚の倉田から手術の担当を奪うようです。手術が終わったあと、大矢が信じがたい何かか起こるようです。

何なのかな。

高岡早紀さん演じるリカの大矢を狙う目が怖すぎます。大矢の物を手に入れ、愛おしく見つめる目も狂気に満ちています。純愛モンスターの誕生ですね。

リカが、自称28才というのは、28才までに結婚すると決意したからですね。ハーバリウムの昔の男の物の数を見ると、本当の年齢はいくつなのでしょうか。

大矢を一方的に好きになったリカは、大矢を精神的に追い詰めて行くのでしょうね。さいごはどうなるのでしょうか不気味です。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA