ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー|9話ネタバレと感想。南武の息子の正体が判明!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年12月8日(日)にドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第9話が放送されました。

ドラまる
今日はついに遊佐の本当の覚醒の日がやってくるんだ。
ラマちゃん
先週、異常なほどの強大な力を発揮した遊佐に施された実験はどんなものだったのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第9話あらすじネタバレと感想

喫茶店「bonnaro」のマスター・深水喜一(笹野高史)に向けられた疑惑。

碓氷薫(広末涼子)から預かったUSBに納められていた組織の名簿のコピーを持ってきた遊佐清春(賀来賢人)は喜一に「黒幕なのか?」と問いただしますが、喜一は真実を話そうとしません。

しかし、喜一は認めることはせず「今はまだその時ではない」とはぐらかされてしまいます。

喜一には科捜研定年後、10年間の空白の時間がありました。

隠れ家に戻ってきた遊佐は、喜一が組織に関わっていたという真実を深水咲良(夏帆)に告げます。

USBに残された真実。

碓氷のUSBにはあと一つ開けられていないファイルが存在していました。

そのファイルを開けることに成功した遊佐は、高砂明海(立花恵理)に連絡を入れUSBを預けました。

今日のパスワードはガルムフェニックスの決まり文句でしたね。

その中には、遊佐に施されたアルティメットプログラムの内容が書かれてありました。

人格矯正だけではなく、従順な軍隊を作り出すために行われていた肉体改造計画でした。

覚醒の日。12月15日。

喜一に促され喫茶店の隠し部屋へと招き入れられた遊佐は、アルティメットプログラムを開発した喜一に真実を話すよう迫ります。

星良の存在を人質に取られ、実験に没頭していたという喜一。

しかし、星良は組織の人道外れた研究を公表することを決意していました。

その後、星良は組織によって殺害され、研究結果を抹消した喜一は組織を抜けたつもりでしたが、星良が公表するために生前抜き取っていたデータを悪用され研究は続けられていました。

喜一は残された咲良を守るために組織と取引をし、ある新薬を完成させる研究をづつけていました。

アルティメットプログラムの効果を増大させるための新薬。

その最後の一つを碓氷は、隠し持っていたのです。

組織が執拗に遊佐を追っているのは、新薬のありかを伝える碓氷との記憶でした。

喜一が見せたマークを見て思い出した記憶。

碓氷が許せなかったのは遊佐自信。

碓氷克喜(田野井健)を妊娠したせいで人生が狂ったと言います。

一人で産んで苦しみながら育てて、再会した遊佐は自分のことを覚えていなかった。

怒りを覚えた碓氷は遊佐を犯人に仕立て上げ、正当防衛で遊佐を殺害するつもりでしたが、拳銃を取り上げようともみ合った際に銃弾が当たったのは碓氷自身だったというものでした。

自分が碓氷を殺害していたという事実に愕然とする遊佐。

そして再び見せられた組織のマーク。さっき見せられたマークとは向きが違いましたね。

南武の息子

その頃、碓氷の父・政明(大和田伸也)と密談をするベルムズの元リーダー陣内凪人(落合モトキ)。

陣内も組織の人格矯正実験を受けた一人でした。

そこへやってきたガスマスクの男。

組織に裏切られたことを責め、政明と陣内に向け銃を発砲しました。

殺された政明と陣内の件を隠そうとする公安の仁平と話をする南武修介(北村一輝)。

南武は5年前に行方不明になった息子が組織に関わっていることを知っていました。

そして陣内のDNA解析が解析され、陣内が行方不明になっていた南武の息子だったことが判明してしまいました。

ずっと探していた息子が陣内だったとわかり感情を抑えられない南武。

見ていて辛かったですね。

仕掛けられた罠。

全ての記憶を思い出したという遊佐は南武にある計画を持ち掛けます。

一人きりで待つ南部の前に現れた遊佐。

別室で二人の様子を確認している碓氷班のメンバーがいました。

自分が碓氷を殺害したこと、そして10億円強奪の共犯が南武であること。

10億円と新薬は共犯者に知らせてあるという碓氷の言葉。

しかし、そう言った碓氷の言葉を知らないという南武。

遊佐「10億がほしいんだよ。警視庁のガンだからな。」

そう言い残し、姿を消した遊佐。

そして、碓氷の事件のあった小屋へとやってきたガスマスクの男。

そこへ現れた遊佐は「危うく嘘の記憶を信じるところだった。思い出した本当の記憶。」と言いました。

碓氷が一人だけ新薬のありかを打ち明けたという共犯者しか知らない場所へとたどり着いたのはいったい誰なのか?

スポンサーリンク

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第9話ネットの反応や感想

ドラまる
息子の安否を一番に気にしていた南武へ突き付けられた悲しい現実。

辛い涙だったね。

ラマちゃん
ついにガスマスクがはがされるときがくるのね。

次週は絶対に見逃せないわ。

ドラまる
本当に誰がガスマスクをかぶってるのかな?

全然一人に絞れないや。

ラマちゃん
今日が一番親子だったねぇ。

遊佐の父にも会ってからのひと時だったわね。

ドラまる
今日の3Aはこの三人!

スポンサーリンク

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』(第9話)の動画を無料で見る方法はこちら

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第10話あらすじ

2019年12月15日(日) 22:30時から放送のドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第10話のあらすじをご紹介します。

ついにすべての記憶を取り戻した遊佐清春(賀来賢人)は再び事件の発端となった山小屋へ向かう。

そこで“ある人物”と対面した清春は、これまでの捜査の中で覚えた“違和感”をぶつける。

なぜ薫は殺害されたのか…

強盗団が強奪したニッポンノワールの資金・10億円の行方は…

清春が記憶を消されたワケは…

そしてガスマスクの男の正体は…

様々な疑問が一つにつながる瞬間、すべての謎が氷解する。

たった一人の反乱から始まった清春の孤独な旅。

運命に逆らい続け自分を貫いた、その先に待ち受けるものとは…

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-

いまここに終幕。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

組織の中心的な研究を推し進めていたのが喜一だったんですね。

娘二人の存在を組織に握られ、渋々というよりは進んで関わっていたという感じでした。

娘が犠牲になったことで目が覚めたというところですね。

その喜一が思い出させた本当の記憶。

捏造された記憶を呼び起こすマークと、本当の記憶を呼び起こすマークがあるんですね。

マークの向きが違っていました。

才門に見せられていたマークも過去に戻って確認する必要がありそうです。

ドラまる
遊佐に施された実験の概要は明らかになったね。
ラマちゃん
次週は最終回よ。

碓氷が新薬を隠したありかにたどり着いたガスマスクの男の正体が、とうとう明らかになるのね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA