ニッポンノワール-刑事Yの反乱-|6話見逃し動画無料視聴はこちら【11/17配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話(2019年11月17日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話を無料で見る方法を分かりやすく解説していくわ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』放送終了から1週間以内はTverや日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月17日(日)放送終了後〜2019年11月24日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじ

2019年11月17日(日)放送のドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじを紹介します。

警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。

混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)の手引きで逃走。

追う警察は清春を全国指名手配にかける。

清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末涼子)の告白が脳裏にフラッシュバックする。

「十億円強奪事件の真犯人は…私よ」

これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点

それがまさかの碓氷薫自身がその真犯人だったという真相に繋がる。

これにより謎は一層深まる。

ではなぜ碓氷薫は殺害されたのか……。

そして手を下した人間は誰なのか……。

ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。

また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て才門と共に潜入を試みる。

こうした中、克喜(田野井健)が服用している薬は未認可の劇薬と判明。

徐々に鮮明になる清春の記憶。

そして、徐々に組織の輪郭が見え始めたニッポンノワール。

全ての謎と伏線がこの瞬間から明らかに。

第2部「※※編」、ここに開幕!

公式サイトより引用

2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

KOちゃん
今回、清春は薫が「十億円強奪事件の真犯人は、私よ」と言っている記憶が蘇りました。

もしも本当に薫が真犯人だとしたら、その目的は一体何なのか。

次から清春がどのようにその真相を探って行くのか、克喜とのやりとりも楽しみです。

克喜は珍しい病気を患っており、その病気を治すには莫大なお金がかかる。

薫はどうしても克喜の病気を治したかったため、十億円強奪事件を起こした。

なんてゆう真実もあったりするのでしょうか?

色んな可能性を考え推理する今の段階がとても楽しいです。

ガスマスク男、一体誰なのでしょうか。

毎回動きの良さに驚かされてます。

ペンネーム:KOちゃん(30代・女性)

堕天使キラ
元警視総監が孫の克喜を取り戻そうとしたり、ベルムズの陣内が「あのガキがどうなっても知らねえぞ」と言ったりしていることから、碓氷克喜を元に事件の解明に向かっていくのではないかと思われます。

それには、清春が次々と記憶を取り戻していくのが重要になってきます。

清春が何かのキッカケで、ポイントとなる記憶を思い出し、それが克喜と関わっていて、ニッポンノワールの正体が判明するということになるのではないでしょうか。

元警視総監が黒幕か、それに近い人物であることが予想されます。

克喜が清春の子ども、10億円強奪事件の真犯人が碓氷班長といった衝撃の記憶が蘇っているので、次も事件解決に繋がるメガトン級の記憶が蘇って来るのではないでしょうか。

ペンネーム:堕天使キラ(30代・女性)

あーさん
最後に清春が記憶を取り戻した碓氷班長に言われた、10億円強奪事件の犯人が碓氷班長であることや、克喜も関わりがあるというところに衝撃を覚え次回が楽しみです。

才門は前回もですが清春の絶体絶命のピンチの時に必ずベストタイミングで現れるので、味方なのかそれとも利用するためなのかも今後の楽しみに一つです。

またベルムズのメンバーが警察病院から失踪しているという事実にも疑問とともになぜ反グレ集団のメンバーが警察病院にきたのかなど疑問は深まるばかりです。

少しずつニッポンノワールの組織の全容もわかりつつあるのかなぁと期待もしています。

ペンネーム:あーさん(30代・女性)

彼方
またもやニッポンノワールのマークで甦った記憶には、碓井が十億円強奪事件の真犯人であること、そして息子の克喜がその事件の根幹に絡んでいることが思い出され、次回は更なる謎を追いかけることになりそうですね!

喜志殺害の疑いをかけられた清春が連行されていくところで才門がやって来て、清春を救いだして行きましたが、何かにつけて才門も怪しくて仕方ないんですよね。

こそこそと連絡を取り合っているのは誰なのか、気になりますね。

本当に誰を信じたら良いのか分からない展開で、次回も楽しませてくれそうです!

特に気になっているのは、克喜が飲んでいる薬です。

薬が底をつき、狂ったように暴れ出した克喜。

次回は克喜が飲んでいる薬のことも明らかになってくるのを期待しています!

ペンネーム:彼方(40代・女性)

ののこ
とうとう喜志殺人の容疑者として警察に追われることになる清春ですが、それはきっとニッポンノワールが清春獲得という思惑ゆえの様な気がします。

そうなるとそう仕向けたガスマスク男はニッポンノワールに関わっている人物なわけですよね。

次話で正体は少しは明らかになるのでしょうか。

そして暴れて手が付けられなかった克喜くん。

薬が切れたからみたいでしたが・・手に入れに病院に行くのでしょうか?きっと警察病院ですよね。

そこに行ったらそのまま捕えられてしまいそうな気がします。

そうなったら、清春が父として取り戻しに行きそうですよね。

危険をおかしても。

早く清春が父だと知った時の克喜くんの反応が見てみたいです!

ペンネーム:ののこ(40代・女性)

ななこ
またしても清春が犯人にされそうであったが才門が助け、警察組織との逃亡劇が始まりそうだ。

10億円強奪事件の犯人は碓井薫が、自分自身であると清春に明かしていたことを思い出す清春、克喜も自分の子供と判明して、二つのショックで記憶を失くしたのではなく、謎の映像が記憶を失くすカギになっていることは間違いない。

ラストのエンディングテーマ曲に踊るガスマスクの人物。身の軽さなどを見ると訓練しているようだ。

犯人がエンディングで踊るのは不可解で、今の時点では名越刑事しか思いつかない。

次回はもっと注意深く名越刑事の動きを見て見たい。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレ

喜志殺害の犯人として追われることとなった清春。

取り戻した記憶の断片から、今回の事件に克喜が関わっていると知った清春は、逃走しながらも、暴れて倒れた克喜を、闇医者へ預けた。

そして捜査を続けていたが、何故か都度情報が漏れてしまう。

克喜のいる病院にも公安がやって来たため、清春は克喜を連れて才門と共に明海の家にかくまってもらう。

調べる中で、克喜がかかっている警察病院が怪しいと睨んだ清春は、聞き込みで出会った甲斐らの協力のもと、ついにニッポンノワールの基地らしき場所に辿り着く。

ガスマスクの男も現れ格闘する中で、清春は再び動画を見せられ気絶。

目を覚ました清春の目の前には、血まみれの才門が立っているのだった。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の感想

様々な息詰まるシーンがありましたが、そんな中で、甲斐の登場シーンが印象に残りました。

個人的に3年A組を見ていたので、単純に懐かしさがあったのもそうですが、克喜を見る甲斐の目線がとても優しく感じました。

何だかんだ克喜も、警察から追われて精神的に辛かったと思います。

そんな中での甲斐の優しいフォローは、克喜にとっても清春にとっても、かなりの救いになったと思います。

甲斐が幼い兄弟を持った子だったということも思い出せました。

甲斐にダンスを教わる克喜も、不器用ながらも頑張っていて、その姿がとても可愛かったです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

マレット

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレ

遊佐は才門に助けられ、警察の元から逃げた後、才門と別れて克喜を連れて逃げ始める。

まず遊佐は克喜を闇医師の元に渡してから警察に見つかられないように捜査を進めていた。

数日後、遊佐は直接で陣内に話を聞こうとするが、そこで警察に囲まれるため、才門に助けてもらった。

これからは才門と一緒に行動を取ることになった。

その時、克喜が普段飲んでいる薬は劇薬だ、と闇医師が遊佐に説明したことで、克喜の薬について調べた結果、警察病院とベルムズの間に何らかの繋がりはあるのだ、と考えたことで遊佐と才門は警察病院とベルムズの間の繋がりを調べることにした。

その結果、警察病院とベルムズの間に繋がりはあった。

それで遊佐と才門は警察病院に潜入しようとするが、警察らが警察病院の見張りをしている状況にある。

それで田中らの協力を経て潜入した。

まず警察病院の地下室に向かった結果、ガスマスクの男性と遭遇したことで格闘が始まった結果、遊佐はマークを見たことで何らかの記憶を思い出して意識を失う間、才門は結構やられてしまっていた。

才門に託されたUSBの中身を試みる遊佐の元には追っ手と南武達が現れた。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の感想

最後に南武らが現れたのは遊佐を逮捕するためではなく、遊佐を助けるためだと信じたい。

そして警察病院の地下室にいる追っ手の存在が非常に怖かった。

拳銃で構えている遊佐や才門に対し、自分らは素手であるにも関わらず何もためらいがなく、襲い掛かるのはすごいと感じる。

その人達は洗脳された、元ベルムズの人だろうか、と気になる。

克喜が初回、遊佐に拳銃を構えた時はやけに落ち着いており、薫の死に衝撃を受けていない、不思議な子だと思っていたものの、それは人体実験をされた影響だからだとわかった時はショックを受けた。

一刻も早く、克喜をまともな人にして、と願いたくなった。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

そらた

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレ

前回のラスト、碓氷の自分が真犯人という告白を思い出した清春は岸殺害の容疑で公安に逮捕されそうになる。

逃亡しながら西門と共に謎を探っていく。

病院の検査により克喜が飲んでいた薬が未認可の劇薬だということが判明した。 

病院にも公安が襲撃してきたが、清春を殺し被疑者死亡扱いにするつもりだ。

なんとか逃げだす清春達。

甲斐からベルムズ情報を聞きだす清春。

警察病院でベルムズのメンバーが次々と行方不明になっているらしい。

潜入した清春と西門の前にはダメージを受けない複数の男達が立ちはだかる。

なんとか切り抜けた先にはガスマスクの男がいる。

清春はあのマークにより気絶させられてしまう。

目が覚めると西門は瀕死の状態でガスマスクの男は消えていた。

清春は再び碓氷との記憶を思い出す。

克喜は人体実験を受けたと……。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の感想

前回衝撃のラストだったので楽しみにしていました。

非常にテンポがよく逃亡生活が描かれるのには驚き、キルラキルの総集編を思い出し感心しました。

克喜の飲んでいる薬が劇薬ということやすごい力だというのが今後重要な伏線かと思ったら、終盤に人体実験を受けたと明かされたのは改めてテンポの良さを感じました。

一番の衝撃はやはり西門の死です。

飄々としたキャラで頼りになる西門が死んだのはとても残念です。

今回もアクションが全体的に素晴らしかったのは勿論、謎がどんどん深まっていく感じも次回の視聴意欲をかきたてさせられます。

ペンネーム:そらた(20代・男性)

電気イルカ

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレ

ベルムズのメンバーらが中央警察病院に集められ、その後行方不明になっていると分かった清春と才門は、怪しいと睨み、そこに潜入をしようとします。

中央警察病院の地下には秘密の場所が隠されており、そこを見つけた清春と才門は中に進んでいきますが、そこで例のガスマスクの人物に遭遇するのです。

そのガスマスクの人物と対峙している間に、清春は再びあの映像を見せられ、再度意識を失ってしまい、目を覚ますと才門が瀕死の重傷を負ってしまっていました。

ただ、清春は再び自分の記憶の一部が蘇り、碓氷薫が生前にニッポンノワールが克喜を人体実験の利用していると言っていたことを思い出すのです。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の感想

6話では、清春の記憶が再び一部蘇り、克喜がニッポンノワールの人体実験の被験者になっていることが判明しました。

人体実験というのは非常に漠然とした表現で、何を目的とした実験なのか?なぜ克喜なのか?という点が非常に気になりました。

よからぬことを考えていそうだということはなんとなく察していましたが、ニッポンノワールがやっていたことの1つが人体実験と判明し、やはりその目的が早く知りたいです。

碓氷薫によると、克喜の性格が変わったらしいので、そういったところに関係している人体実験なのか?と思いますが、やっぱり真実が気になってしまいます。

ペンネーム:電気イルカ(30代・男性)

kei

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレ

才門に助けられて、逃亡生活を送るシーンからもの物語は始まります。

才門と別れて、克喜を闇医者に預けて調べていくが、手がかりがつかめない状況でした。

克喜が飲んでいた薬は市販されていない劇薬である事がわかり、さらにベルムズの行方不明のメンバーが警察病院にいる事を突き止めた。

一方で公安部は遊佐を被疑者死亡で殺害する為に暗殺部隊を組んで追いかけていた。

高砂の協力もあり、警察病院に潜入する作戦を立てて、無事に才門と遊佐は警察病院の秘密の地下室にたどり着いた。

そこで、あきからに身体能力を強化されたメンバーに襲われるが、次の部屋にたどり着くがそこにはガスマスクの男がいました。

NNのマークを見せられ気を失い目を覚ますと、才門がガスマスクの男を退治していたが瀕死の状態になっていました。

碓氷のUSBメモリを受け取り、PCに挿したところで、敵に囲まれるそこに南武達が現れて話は終わりました。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の感想

ついに真相に迫ってきたと感じました。

ニッポンノワールは警察病院の地下で人体実験を繰り返し、改造人間を作っていたとは驚きました。

ガスマスクの男が異常に強かったのも納得でしたが、才門が死んでしまったのが意外な展開でした。

しかし、克喜が人体実験をされていたのはわかりましたが、遊佐もあきらかに人体実験を受けていると思います。

なぜ、受ける結果になったのか気になります。

そもそも、ニッポンノワールの本当の狙いは一体なんなのか、まだまだ裏に隠れている大物がいる事が気になります。

南武が助けに入りましたが、南武は本当に味方なのか気になりました。

ペンネーム:kei(30代・男性)

だいたん

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじネタバレ

薫は銀行強盗団は警察を知るガスマスクを被った人間が殺したと清春に語ったようだ。

清春は才門に会うが、まだ知らない事がある。

捜査会議で強奪事件と薫殺害事件は地下組織を隠す為に本城に責任をかぶせたニッポンノワールの仕業で強奪された金は組織の資金源だと南武が言う。

公安部はフェイク画像を作り、鑑識もデータを捏造したと言う。

自分と清春が喜志に命を狙われたが、警察の応援が来なかった。

喜志も公安部が殺したのだろう、清春に罪をかぶせるのは許せないと南武がいうが、公安部は違うと言う。

克喜が飲んでいたピルケースに認可のない精神安定剤の一種があり、どこで手に入れたと医師が清春に問う。

入院中の克喜に清春が会い、誰に薬を貰ったかと問うが判らないという。

すると警察が来るが才門と清春は逃げる。

清春と才門と克喜は隠れる。

才門はニッポンノワールを暴けばいいと言う。

清春は警察病院でベルムズのメンバーが姿を消していると言い、才門は調べる価値があると言う。

清春が克喜の知り合いに仁科の居場所を尋ねると3ケ月前に仁科からベルムズの仕事を紹介され警察病院関係の仕事だったとわかる。

才門は警察病院に侵入すると言う。

しかし高砂は才門らが警察病院に侵入すると捜査会議でバラす。

南武は高砂に何で自分に言わないという。

病院で警察が待っていると子供向けの劇が始まる。

刑事が劇のキャラを清春だと思い込み捕まえ仮面を剥がすが清春ではなかった。

その間に才門と清春は病院に潜入するとガスマスクの男が登場し格闘になるが正体が判らない。

才門も負傷しUSBを清春に渡し、全てがわかるという。

薫は克喜はニッポンノワールの犠牲になり克喜が人体実験を受けたと言っていた。

清春が実験室に入ると研究員が迫るが、南武らが、踏み込む。清春の覚醒まで34日だ。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話の感想

薫がガスマスクの男が、警察につながりがあり、銀行強盗団を殺したと言ったのは、びっくりでしたが、更に驚きなのは、南武が捜査会議で喜志殺しを清春に被せて、清春も始末したいのが公安部の思惑だと非難したことです。

こうなると清春を守りたい南武以下と、公安部の内部対立は決定的です。

しかし、何故、高砂が才門と清春、南武を裏切って、清春らが警察病院に潜入すると公安部にばらしたのかは、よく判りません。

薫への嫉妬なのでしょうか。

しかし、それ以上の驚きは、てっきり克喜の難病治療の為にベルムズのメンバーが犠牲になったと思っていたのですが、薫が清春に、克喜自身がニッポンノワールの犠牲になったと告白していたのは、衝撃です。

克喜の性格が変わってしまったのは、恐ろしい実験の結果だったとしたら、まさに危険な、警察を含む国家組織の陰謀の匂いがします。

ペンネーム:だいたん(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA