ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー|5話ネタバレと感想。10億円強奪の真犯人が判明!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年11月10日(日)にドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話が放送されました。

ドラまる
ニッポンノワールが警察の極秘プロジェクトの名前だってことがわかったんだよね。
ラマちゃん
その組織は何のために作られたのかしら?

そして10億円の行方は?

こちらの記事では、ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話あらすじネタバレと感想

碓氷薫(広末涼子)からDNA鑑定を見せられ、「克喜(田野井健)はあなたの子供よ。」と告げられていた記憶を取り戻した遊佐清春(賀来賢人)。

10年間、遊佐に対し特別な想いを抱えてきたと告白していたのでした。

克喜に起こされた遊佐は動揺を隠せません。

起床後、喫茶店「bonnaro」に向かうと才門要(井浦新)が待っていました。

「ニッポンノワール」という単語に反応したのはマスター・深水喜一(笹野高史)です。

それは警察の外の警察組織。

碓氷が追っていた10億円は組織の資金だったことを知っていた才門。

薫は組織に所属していたと思われる才門の婚約者・星良助けるために組織のことを探っていたというのです。

そんな話をしていると、またしてもガスマスクの男に襲撃され犯人を追いますが、逃げられてしまいました。

南武修介(北村一輝)は組織の存在を隠して捜査を続けようとします。

そして、碓氷の事件のあった日、なぜアリバイ偽装をしたのか聞く遊佐に、克喜のために事件を追っていた碓氷に、日本から出るように頼まれていたからだと答えました。

しかし、克喜の再検査に付き合うために偽装して日本に残ることにしたのです。

克喜が再検査をしていたのは警察病院。何かを隠しているのか?

そして、南武は碓氷薫の父(大和田伸也)に事件の進捗状況を報告しますが、克喜を帰してもらうよう言われてしまいます。

父は警察庁長官でしたね。

喫茶店に帰ってきた克喜は、遊佐に三者面談のお知らせを渡します。

親代わりとして参加してくれることになった遊佐は、先生の「お父さん」という単語に異常に反応してしまいます。

そして遊佐は先生に、克喜には「後悔してほしい。」と言います。

それを糧に強くなってほしいと克喜に伝えました。

捜査に呼び出された遊佐は、ガスマスクの男は半グレ集団ベルムズの現リーダー・陣内凪人だと判明したと知らされます。

警察とベルムズにつながりがあるのか?

元リーダーの喜志に、克喜の写真を見せますが、そこにはベルムズのメンバーも映り込んでいました。

最近ベルムズのメンバーが次々に行方不明になっていることを足掛かりに捜査を進めることになります。

仲間を助けるために陣内のもとに向かった喜志は、背後に組織があることを聞きだしますが警察の組織だとは白状しません。

そこへ入ってきたのは遊佐です。

陣内を連行しますが、質問に答えない陣内に昭和の刑事のような尋問を行います。

陣内「克喜がどうなっても知らないぞ。俺はあいつのすべてを知っている。」

克喜にどんな秘密があるのでしょうか?

その頃、南武は碓氷の父に陣内を釈放するように指示されていました。

そして同じ頃、警察の外には100人余りのマスク姿の男たちの姿がありました。

警察内では遊佐が同期の宮城遼一(細田善彦)に克喜の父親であることを告白します。

そこへ、陣内を助けに来たベルムズのメンバーたちが乱入してきました。

喜志も陣内を助けるために乗り込んできますが、喜志は誰かに脅迫されているようでした。

遊佐は陣内を人質にした喜志に呼び出され、今回の暴動の責任をすべて取りこれまでの罪を反省したいと告げられますが、ガスマスクの男に銃撃され絶命します。

ガスマスクの男から差し出されたヒント。

再び映し出されたニッポンノワールの紋章を見た遊佐は意識を失ってしまいます。

翌朝、克喜はいつも飲んでいる薬が無くなったと言って暴れ出していました。

そして、遊佐は喜志殺害の容疑で連行されますが、再び才門に助け出されます。

今回思い出したのは、あの山小屋で碓氷から報告された10億円強奪事件の真相でした。

この事件の根幹に克喜が関わっていること、そして、前科のある未成年に強奪事件を起こさせた犯人が自分であること。

スポンサーリンク

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
3Aの中心人物・唯月ちゃんまで登場したね。

ブッキーの言葉が生きててよかった。

ラマちゃん
南武のアリバイを崩したあの写真にまだ秘密があったなんて。

ドラまる
碓氷薫のお父さんは大和田伸也さんだったね。

裏の顔がありそうでワクワクするね。

ラマちゃん
今日はエンドロールでガスマスク男のシャドーボクシング(笑)

才門かな?名越かな?かなり身のこなしがよかったわ。

ドラまる
碓氷の告白。衝撃は大きかったね。

スポンサーリンク

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』(第5話)の動画を無料で見る方法はこちら

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第6話あらすじ

2019年11月17日(日) 22:30時から放送のドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第6話のあらすじをご紹介します。

警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。

混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)の手引きで逃走。

追う警察は清春を全国指名手配にかける。

清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末涼子)の告白が脳裏にフラッシュバックする。

「十億円強奪事件の真犯人は…私よ」

これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点
それがまさかの碓氷薫自身がその真犯人だったという真相に繋がる。

これにより謎は一層深まる。

ではなぜ碓氷薫は殺害されたのか……。

そして手を下した人間は誰なのか……。

ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。

また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て才門と共に潜入を試みる。

こうした中、克喜(田野井健)が服用している薬は未認可の劇薬と判明。

徐々に鮮明になる清春の記憶。

そして、徐々に組織の輪郭が見え始めたニッポンノワール。

全ての謎と伏線がこの瞬間から明らかに。第2部「※※編」、ここに開幕!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

碓氷が10億円のありかをどうやって突き止めたのか謎のままだなと思っていたら、まさかの10億円強盗の真犯人が彼女だったとは。

それなら、10億円のありかを知っていても合点がいきますね。

そして、記憶が書き換えられているのかと思いましたが、克喜は本当に遊佐との子供でした。

その克喜がいつも飲んでいた薬。

これが次回からのキーポイントになるようです。

ドラまる
ニッポンノワールを壊滅させるために碓氷は10億円を奪ったのかな?
ラマちゃん
ニッポンノワール側に碓氷の父がいそうだわ。

何にせよ、謎は深まるばかりね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA