ニッポンノワール-刑事Yの反乱-|4話見逃し動画無料視聴はこちら【11/3配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話(2019年11月3日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話を無料で見る方法を分かりやすく解説していくわ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』放送終了から1週間以内はTverや日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月3日(日)放送終了後〜2019年11月10日(日)22時29分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじ

2019年11月3日(日)放送のドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじを紹介します。

「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」。

2つの事件をつなぐ黒幕を追う遊佐清春(賀来賢人)。

同じく黒幕を追う才門要(井浦新)は「南武(北村一輝)がホンボシだ」と清春に告げる。

さらに携帯電話の解析から薫は殺害された当日、南武に呼び出されていたことも判明。

捜査一課長でもあり捜査の指揮をとる南武がなぜ…深まる疑惑。

その一方で、南武には事件当日、江國光成(杉本哲太)と海外視察に行っているという鉄壁のアリバイもあった。

相手の弱みを握って利用するのが実に巧かったという南武。

このアリバイの裏には何かがある…そう判断した清春は南武と直接対峙を決意する。

しかし…その現場にはまさかの“裏切り者”が潜んでいた。

誰が真の敵なのか…清春に味方と呼べる存在は本当にいるのか…

人間関係と心理が複雑に渦巻く第4話開幕。

公式サイトより引用

2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みう
薫が殺された当日、南武から呼び出されていたというのが気になりました。

おそらく、10億円強奪事件に関する情報を聞き出していだんだろうなと思いましたが、なぜそのことを清春たちに隠していたんだろうかと思いました。

南武が黒幕ではないと思うけど、何か知られてはいけない秘密があるんだろうなと思います。

また、清春が南武と直接対決をするたまに呼び出した現場に、裏切り者が現れるということなので、それが誰なんだろうかと気になります。

まさかの人物だということなので、清春にずっと協力してきた人物なんだろうなとドキドキします。

ペンネーム:みう(20代・女性)

ここあ
南武課長が碓井班長を殺害したと遊佐は疑いの目をかけ、克喜は何者かに電話をしていて何かを知っているのかと思うし、克喜が自ら南武に会いに行って何を聞き出すのか気になります。

この十億円強盗の事件の裏に隠されている事や南武さんが犯人だったとして、なぜ碓井班長を殺害祖なければいけなかったのか、彼女が見つけた証拠が上層部が消さなければいけなかった問題に繋がっていくのか、克喜がなぜ南武に会わなければいけないのか、誰も信用できない展開がまだまだ続いていて誰が嘘をついて事件を混乱させているのか、その嘘が明らかになった時一つの真実が明らかになるのかと思うとその真実を知れるのが楽しみです。

ペンネーム:ここあ(30代・女性)

彼方
才門から「南武がホンボシだ。」と聞いた清春は、才門と会ったことは南武には伏せていた今回。

南武も敵なのかもしれないと考えて行動していくようですね!

南武の子供かもしれないと聞いた克喜のことが気になる清春は、「子供のことを一番に考えてください。」と言っていたDVDのなかの碓氷の声が連呼して、もしかしたらどうすれば克喜にとって最善なのかと、次回は考えさせられる場面が出てくるのではないかと予想しています。

星良が暴きたかった警察の極秘プロジェクトは一体どんなものだったのか?が分かってくるのを楽しみにしています。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

はるか
展開予想は、才門から南武が、怪しいと聞かされた清春は、南武に真実を聞くために呼び出します。

しかし、そこにいたのは、南武と江國だった。

薫が、殺害された日に海外視察に行っていたというアリバイは、すべて嘘で江國もグルだった。

薫が、殺害された日に南武達は、薫からお金のありかを聞き出そうとして殺害していたのだ。

その犯罪を清春に押しつけるためにワナを仕掛けて現場で眠らされていたのだ。

そして、真実を知った清春は、南武達に殺害されそうになるが、そこに才門が、助けにくる。

楽しみなポイントは、清春の味方は、誰なのかという事です。

敵だと思っていた人が違っていたり味方だと思っていた人が、敵だったりと展開が、忙しいですね。

ドラマの後にエンディング曲のサザンオールスターズさんの曲を聴くのも楽しみです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

あゆ
才門は、黒幕は南武だと考えておりそのことを遊佐に伝えます。

携帯電話を解析した結果も、薫が殺された日に南武に呼び出されていたことが判明します。

遊佐は捜査の指揮を執る南武が、犯人だと言われても信じることが出来ません。

南武には、事件当日に江國と海外視察に行っていたという崩せないアリバイがありますが、南部が相手の弱みを握ってアリバイを作ったのではないかという疑いが出て来ます。

遊佐は南武と直接対決をしようとしますが、さらに裏切り者がおり遊佐は危険に晒されるのではないかと気がします。

本当の味方はいるのかがとても気になります。

ペンネーム:あゆ(50代・女性)

精十郎
おそらく、次回は才門の思惑通りというか、それが本当に真実かどうかもわかりませんが捜査一課長の南武に容疑がかかっていくようです。

もはや、まだまま4話ですが、証拠の捏造やもみ消し、それから裏切りや事件の謎が多すぎて、なにから解決していいのかわかりません。

いちいちブチ切れている清春の気持ちもわかるような気もします。

ところで、最大の焦点は、南武は克喜の父親なのか、才門の言ったことが本当なら、次回気になるもうひとつは、南武と殺された碓氷薫との関係を明らかにする必要がでてきます。

このあたりを注意しながら、次回も楽しみに視聴したいと思います。

ペンネーム:精十郎(40代・男性)

2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ミノリ

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレ

南武の素性を調べていくと、彼がついてきた嘘の数々が明るみに出る。

南武には江國と海外視察に行っていたというアリバイがあったが、実は海外視察に行っていたのは南武ではありませんでした。

清春が江國に問い詰めると、江國は奥さんの病気という弱みを南武に握られていたことが分かります。

一方で克喜は南武のアリバイ崩しに繋がる証拠の写真を持っていて、南武に呼び出されて遊園地で待ち合わせをします。

そのことを知った清春は急いで向かいますが、そこには組織側に寝返った江國がいて高台から3人を狙撃しようとします。

無線で南武と清春に説得された江國は、3人の前に現れたガスマスクの男の腕を銃で打ちます。

逃げる男の後を清春が後を追いかけます。

ガスマスクの男を追い詰める清春が正体を明かそうとしますが、寸前でスマートフォンの画面で何か見せられ気を失ってしまいます。

遊園地から逃げようとする南武、江國、克喜の3人。

江國から組織のことを聞く南武、

そこへガスマスクの男が現れて江國の胸を銃で打ち立ち去ります。

救急車で運ばれる寸前、江國は組織がニッポンノワールと名乗っていたことを告げます。

意識を失っていた清春は才門の運転する車の中で目が覚めます。

男に何を見せられたんだと聞かれた清春が思い帰そうとすると碓氷薫に克彦はあなたの子よと告げられる光景が浮かんできて動揺するのでした。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の感想

十億円事件と碓氷薫殺害事件の関連を調べる清春でしたが、今回も謎はそんなに解明されることは無かったです。

怪しさ満点の南武でしたが組織側ではなく、克喜の父親でもなく実はそんなに真っ黒ではなさそうだなというのが分かって良かったです。

あまり進展は無かったものの、ガスマスクの男が清春達の前に現れたり、ハラハラとするシーンもあり盛り上がりました。

銃撃シーンはすぐ弾切れになり、結局は殴り合いになる所が少し拍子抜けというかアクションとしては見ごたえが足りない感じもしました。

合コンで自分より大切な人はと聞かれたらどう答えるか?というやり取りや、遊園地前にいたカップルのやり取りなど絶妙にコミカルなシーンもあり今回も独特な間合いが面白かったです。

ペンネーム:ミノリ(30代・女性)

ミニベア

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレ

碓氷のスマホのロックが開き、南武が碓氷の死ぬ前日に電話を入れていて会う約束をしていたことがわかった。

次の日碓氷は才門に「今から犯人と会ってくる」というメールを送っていた。

そして碓氷が死んだ当日に海外に行っていた南武と江國だが、南武は他者に自分の偽造パスポートを使わせ、本人は国内にいたことがわかり南武への疑いが強まる。

江國は南武に奥さんの病院の手配をしてもらっていたため、南武に利用されていた。

しかし、江國に「ニッポンノワール」という組織から電話があり、奥さんの臓器移植を手配する代わりに南武と遊佐を始末するよう言われる。

克喜は碓氷が死んだ当日に南武と病院に行った時の写真を南武に渡そうとし、2人は遊園地で会う。

そこに遊佐も駆けつける。

南武と遊佐を殺そうと射撃してくる江國に対して遊佐は江國の奥さんを誘拐して、江國に訴える。

そこにマスクをつけたヤツが現れ遊佐と格闘するが、スマホの画像を魅せられた遊佐は気を失う。

気がつくと才門の運転する車に乗っていた。

そこで才門に警察内部の地下組織「ニッポンノワール」の存在を聞かされる。

そして碓氷に「克喜の父親はあなたよ」と言われている記憶がよみがえる。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の感想

碓氷への電話だったり偽造パスポートだったりと、南武がめちゃめちゃ怪しくなってきていたのに、遊佐と一緒にマスクのヤツに襲われたりするからやっぱり味方なのかと悩んでしまう。

マスクのヤツも顔を出してないから才門じゃないかと思ったのに才門は「マスクのヤツはニッポンノワールのメンバーだ」というから、本当かわかんないけどまた新しく怪しいやつらがでてきたようだ。

まだまだ完璧に信じられる人がいない。

本当に警察ってなんなんだ?

警察のくせに信用できないやつらばっかりじゃないか!!わかんないこといっぱいでイライラしてくる。

克喜の父親が誰なのかも気になるところ。

流れ的に南武っていうのがしっくりくるけど、最後に遊佐の記憶で「克喜の父親はあなたよ」って碓氷に言われちゃってるし、わけわかんない。

遊佐自身に身に覚えがなかったのかよって思ってしまう。

ペンネーム:ミニベア(30代・女性)

ののこ

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレ

碓氷の携帯から、殺された前日に南武から「会えないか。」と留守電があったこと、当日には才門宛てに「真犯人に会いに行く」とメールしていた事がわかる。

南武が犯人じゃないかと疑う一同。

しかし、南武にはアリバイが。

そして克喜は「南武さんは犯人じゃない」と主張。

そんな中、清春は才門から「南武の事で話がある」と呼び出される、「南武の動きで違和感があったとこを洗え」と助言を受ける。

その後清春は、南武と喜志が繋がっていた事を突き止める。

偽造パスポートも作っていたことも判明。

これにより、南武のアリバイがなくなる。

更に江國も南武の手下であることも判明。

江國の妻の難病に関してサポートしているのだ。

その江國に謎の人物から電話が入る。

「頼みを聞いてほしい」と。

見返りは、妻の臓器移植ドナー待ちの順番を変えることであった。

一方、碓氷の生前に克喜と3人で訪れた事を回想する南武。

克喜の父親は誰だと聞いた南武に「教えたくない」と言った碓氷。

南武が父親ではなかったのだ。

そして清春は、江國の妻の事情を知る。

そこに克喜から「母が亡くなった日に克喜と南武が映っている写真を持っている。」と南武に電話が入る。

その写真の件で遊園地で待ち合わせをする二人。

盗聴器は才門の仕業だと疑った南武は罠を仕掛けたつもりだったが、現れた清春に、罠にはまっているのは南武だと告げられる。

江國はすでに謎の人物に買収されていたのだ。

ライフルで二人を打ってくる江國。

しかし清春は江國の妻を誘拐していた。

とまどう江國。

その頃、謎の人物が清春と南武を仕留めようと遊園地にきていた。

ガスマスク姿のその人物に応戦する清春。

正体を暴こうとしたその瞬間、スマホで山小屋で見たあのマークを見せられて気を失う。

そんな清春を救ったのは才門だった。

意識が戻った清春は一部の記憶を取り戻す。

それは、碓氷から「克喜は清春の子ども」だと告げられている事だった。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の感想

衝撃の事実が判明したこの第4話。

克喜の父親はなんと清春でした!

そうだったらおもしろいなと思っていたのですが、そのまさかで・・とにかく驚いてしまいました。(笑)

しかし謎はまだまだ残っています。

清春、南武、才門・・疑われているこれらの人達がまったくシロになったわけではなく、まだまだ隠していることがありそうな気もします。

そして、物語でも言われていましたが、「克喜がキーマン」であると。

その克喜が再検査とされた病名がはっきりされていません。

この病名も事件と何か関係があるのでしょうか?

そして、一部の記憶が戻った清春が見せたあの映像・・。二つのコーヒーに薬を入れて飲ませたのは、碓氷なのか清春なのか・・。

どちらにせよこの行動が、殺害事件や清春の記憶喪失に深くかかわっている予感がしました。

毎回退屈する暇なくあっという間に時間が過ぎていく展開に第4話も例外なく、でした!(笑)

ペンネーム:ののこ(40代・女性)

ななこ

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレ

南武は薫殺害事件前日に会う約束をして、次の日にアメリカに視察に行っていた。

南武は才門を中心に公安部が事件に関与していると思い、才門は南武が犯人だと思っている。

清春はハングレから、強盗事件の撮影動画と偽造サスポ-ト作りを南武の指示であることを知る。

一緒にアメリカに行った江國は、妻の重病で移植を望んでいることで江國の手下となっていた。

薫が亡くなった日に、克喜は南武と一緒に映っていた写真をネタに会う約束をして清春も現れるが、ライフルで江國に撃たれ、ガスマスクをした人物に命を狙われる。

清春はある映像を見て気を失う。

目を覚めた清春は才門から「ニホンノワール」の存在を知る。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の感想

南武の机の下に盗聴器を仕込まれていたが、それを聞いていたのは女性だったと思え、公安か警察か気になった。

克喜が一人で南部と会う約束をしている姿を見て、まるで名探偵コナンを感じてしまう。

まだ小さいけどかなりしっかりしている克喜、一緒に映っていた写真をネタに南武と会うのは危険に思えた。

しかし克喜も抜け間がなく、しっかり清春と呼んでいたことに頭のいい少年だと感じる。

薫の父は元警察官長官とわかり、薫は父の悪業に気づいたのではないか。

喫茶店のマスタ-深水は、元刑事であったこともあり、警察の地下組織ニホンノワ-ルに関係していると思ってしまった。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

マレット

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレ

薫の携帯のパスワードを解くことに成功した結果、南武からの留守電が残されていたことや、才門へのメール履歴が残っていることに遊佐や名越達は気付いた。

そこで遊佐は南武への疑心を抱くようになるが、薫が殺された日、南武と江國が海外出張をしたというアリバイがあると知った。

遊佐は南武のアリバイについて才門に話すが、アリバイの工作をしていると言われ、南武のアリバイを崩せるように行動を取った。

その結果、貴志が偽造パスポートを作成したことで南武は海外出張となっているが、実際南武は当日日本に居残ったという可能性が高いことになった。

その上、江國の奥さんの入院している大学病院が不正を引き起こしてしまったが、南武がその不正をもみ消したため、江國との関わりを持っていると判明した。

その頃、江國の元に何者かが電話をかけた。

次の日、江國は南武の弱みを教えてもらった場合、江國の奥さんのドナーを準備してあげるとの電話があったが、拒否した、と遊佐に報告した。

克喜は薫が殺された日、南武と一緒に撮った写真を持っている、と南武に話したため、南武は江國の協力を得て、克喜と会うことにした。

克喜から連絡がもらった遊佐もその場に向かった。

その結果、江國にライフルで撃たれたため、遊佐らは急いで避難した。

遊佐は江國への説得に成功するものの、今度はガスマスクを被った不審者に狙われる。

その際、遊佐は妙な画像を見せられ、意識を失った。

不審者から江國は南武を守ることに成功し、南武も克喜も無事で済んだ。

その後、才門が遊佐を助けた。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の感想

遊佐達は極秘で南武のことを調べているにも関わらず、なぜ南武は自分のことが疑われていると見抜くことができたのだろうか?と疑問を感じた。

南武の情報網が非常に広くて凄いと思う反面、南武のことを恐ろしく感じてしまう。

だがニッポンノワールの組織の人に狙われていることを見る限り、南武も江國も才門も真犯人であるようには見えなかった。

また、ガスマスクを被っている不審者がなぜ遊佐をその場で殺さなかったか?というのも気になってしまう。

結局、江國が最後まで裏切るようなことをしないで済んだというのが何より良かったと思った。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

kei

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじネタバレ

才門に、南武課長が怪しいと言われたので、とりあえず調べる事にした。

南武課長は碓氷刑事が殺害された日に、江国と一緒に海外に行っていた、渡航履歴もあり間違いないと思われていたが、偽造パスポートを使い別の物が海外に行っていた。

さらに、克喜の父親かもしれないという疑いが強まってきた。

そんな中、江国が南武課長に買収されている事も突き止めた、江国の妻は病弱で南武課長の紹介で大学病院に無償で入院させてもらっていた。

そんな江国の携帯に組織の人間から臓器移植を手助けしてあげる代わりに南武課長を裏切れと指示が入ります。

克喜は南武課長に会いたいと連絡して、組織をおびき出す囮に克喜を使う事にします。

現場で組織の人間を待っていると江圀が裏切り、遊佐と南武課長を撃ちぬきます。

遊佐の説得に応じた江国だったが、組織に人間が現れる遊佐が必至に戦うも、NNのマークを見せられて気を失う。

遊佐は才門に助けられ、南武課長は江国に助けられた、二人の口から組織の名前はニッポンノワールだと聞かされる。

それと共に、克喜の父親は遊佐自身である事を思い出して話は終わります。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話の感想

正に謎だらけというのが感想です。

ニッポンノワールというタイトルが組織の名前という事で、そういう事だったのかと妙に納得してしまいました。

謎のマークNが2つ重なったマークは組織の名前のイニシャルだったとわかりすっきりしました。

しかし謎だらけです、あのマスクの男は何故あんなに強いのか、鉄パイプで殴られても平然としている一体何者なのか気になります。

そしてなにより衝撃だったのか、克喜の父親が遊佐だったのは衝撃でした。

よく衝突しているという目撃も全てはフェイクだったのか正に衝撃の展開でこれからどうなるのか気になりました。

ペンネーム:kei(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA