凪のお暇|7話ネタバレと感想。恒例!慎二の号泣、今日の涙は気持ちが溢れて…

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話が2019年8月30日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「凪のお暇」第7話!

先週は、ゴンゴンが恋心を自覚したり、慎二の号泣が凪にばれたり…

ラマちゃん
何か、男性陣を見守るドラマになりつつあるけど、凪ちゃんも1歩ずつ進んでるわよ!

さ~一緒に物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじもご紹介いたします。

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話のネタバレあらすじと感想は?

第7話

凪 (黒木華) から、ゴン (中村倫也) と別れたことを聞いた 慎二 (高橋一生) は、オフィスラブを満喫中の 円 (唐田えりか) とランチ中にも関わらず、凪が気になり上の空です。

その時、突然凪の元友達もどきたちがやってきて、慎二と円は鉢合わせてしまいます。

秘めた関係がバレているのではないかと、よくない空気が漂います。

一方で、凪への恋心に気が付いてしまったゴンは、何だかその気持ちをうまく処理できないでいました。

「凪ちゃん…また遊んでくれる?ただのお隣さんとして…。」

「はい!もちろん!」

凪自身も、そう答えたものの…ワンコのようなゴンの瞳に見つめられると、またまた用法用量を間違えてしまいそうです。

ふと、携帯をみると、着信を告げるランプが光っていました。

開くと、何と着信が36件…それは、全て母・優(片平なぎさ)からの電話なのでした。

しかし、その内容は、たいしたことではないのですが、1つだけ、凪を困惑させることがありました。

「お墓参りで、おばあちゃんに報告しておいたからね。おばあちゃんのぬか床は凪が継いでますって…。来月、東京に行ったとき、楽しみだわ~!」

凪は、必死に思い出しました。

そう、あの引っ越しの時、急にすべてを処分してもらってしまったあの引っ越しの荷物。

あの中に、いれたままだったのです。

凪は、困り果てて、悶えるのでした。

さて、オフィスラブがばれかけて、困惑していた慎二の方はというと…。

先日の龍子(市川実日子)が引っかかった詐欺まがいの会社を調べるために、一時的にメールマガジンを登録していました。

その届いたメールを見て、慎二は驚きます。

今度のイベントに出演する人物の名前を見てしまったからです。

『我聞慎一』という、その名前を。

ある日、いつものコインランドリーで洗濯をしていた 龍子と凪です。

凪は、捨ててしまったぬか床をどうしようかと悩みあぐねていました。

しかも、夕はぬか床を触るのが苦手で、全て凪に押し付けていたので、実家にも残っていません。

全て、凪が東京に持ってきていたのです。

そんな愚痴を盛大にこぼしてしまった凪は、龍子に聞いてもらっていることをお詫びします。

もちろん、龍子はそんなこときにしていません。

「時間はたっぷりありますから。無職ですし。」

「そうですね。」

それを聞いていた店主は、店主から冗談半分で、「このコインランドリーを継いで欲しい」 と言い出しました。

「なんてな。」

そう寂しげに呟くと、入り口に貼り紙を貼ったのです。

「9月末日を以て閉店いたします。」

その日の夜、アパートの共有スペースで凪、龍子、ゴン、緑 (三田佳子)みすず (吉田羊)うらら (白鳥玉季) に、「継いで欲しい」 と言われた話をしていると 「そんな夢もありかも」という展開になってしまいます。

そこで、凪は引っ越してきた時に書き出したウィッシュリストを再び思い出し、みんなで書くことにしました。

思い思いに自分がやりたいことを書く中、やはり、凪はなかなか書けずにいました。

さてさて、慎二はというと、見つけてしまった『我聞慎一』の動画を見ています。

そう、我聞慎一(シソンヌ長谷川)は、行方知れずの慎二の兄でした。

思い切り、顔と本名を晒している、その姿にため息がこぼれます。

SNSを見つけ、そこにDMを送りますが、全く返事がありません。

それなのに、楽し気にクラブで踊り狂う動画をUPし、更に慎二の神経を逆なでます

「あれ?」

しかし、その時、きがつきました。

そんな兄の後ろでDJをしていたのは、ゴンだったのです!

慎二は、ゴンを訪ね、ゴンとその仲間たちに、慎一を見つけたら教えてほしいとお願いしました。

慎二が、なぜこんなに焦っているのか。

それは、慎一が親戚の間ではアメリカの投資会社でバリバリ働いていることになっているからです。

「何それ!聞かせて!」

「面白がってんだろ。」

「う~ん。少し(笑)」

いつの間にやら、ゴンと慎二の間には、複雑ではあるものの友情めいたものが、芽生えてきているようです。

同僚や上司の前では見せないような表情で笑い、そして、ゴンに聞かせました。

慎一が、小学生くらいまでは、勉強ができて両親の自慢だったこと。

しかし、中学受験に失敗して、母親がヒステリーになったこと。

その結果、慎一はおかしくなったこと。

そして、好き勝手やったかと思ったら、ふと姿を消したことを。

慎二は、誰かにばれる前になんとかしようと思っていました。

例え、どんなであったとしても、父の立場があり、母の立場があると考えていたからです。

「優しいね。我聞くん。」

「…はぁ、そんだけ。とにかく見かけたら、教えて。」

「うん。わかった。」

それだけ伝え、帰ろうとする慎二を引き留め、ゴンは尋ねました。

「ねぇ。我聞くんはさ、ウィッシュってある?」

「ウィッシュ?」

「俺…今までなかった気がする。目の前にいる女の子の望みが、俺の望みだった。してほしいことわかるから。それをしてあげたい。でも、今は…何も望まれてなくても、してあげたい。凪ちゃんが喜ぶこと。初めてなんだよね。こんな気持ち。」

「ふ~ん。あ…じゃぁ、兄貴の件、よろしくね。」

この瞬間、友情が芽生えかけた男たち二人は、恋のライバルになったのでした。

さて、閉店が決まったコインランドリーでは、凪と店主(不破万作)がはなしをしていました。

「私、ここで洗濯が終わるの待ってるの好きなんですよね…。働いてる時は気づかなかったんですけど、世の中って色んな人がいるんだな~って。」

「結婚して、2人で初めて、もう40年になるかな。去年、ばあさんがぽっくり死んでねぇ。店だけでも残してやりたかったんだがなぁ…。」

そんな寂しげな店主を見て、思わず凪は立ち上がりました。

「あの!もし、…もしこの店を継ぐ人がいたら…。」

店主は、軽く笑っていいます。

「この間のあれは、冗談。息子がここを更地にして貸す算段してるんだ。」

そう、店主の息子はコインランドリーの跡地を、ドラッグストアの会社に売るつもりでした。

うららは、心底がっかりしています。

凪も力になれなかったことを、がっかりしています。

「あの凪さん、明日時間ありますか?」

突然、みすずがそんなことを言いだしたのです。

翌日、みすずの運転する車で、うららと凪の3人は、どこかへ向かいました。

着いた先には、少し広めの駐車場。

みすずは、突然、こんなことを言いだしたのです。

「さぁ!バトンタッチです!この車、運転してみましょう!凪さん!」

「え?無理です!免許取ったのも、何年も前だし…。」

「大丈夫、私が助手席に座りますから!」

「でも…。」

みすずは、凪に言いました。

「凪さん、『でも』って口癖になってません?今日は、『でも』は、なしで行きましょう!」

こうして、何だか言いくるめられた凪は、ひさっびさの車の運転をしました。

まるで、教官のように声をかけてくれるみすずの言葉に合わせて、がちがちながら運転をする凪。

“風…気持ちいい…ど…どうしよう…すっごく楽しい♪”

久々の運転を終え、芝生にシートを敷いてお昼を食べます。

みすずは、凪の運転を褒め、レンタカーでドライブだっていけると言います。

しかし、凪は、とてもそんなことは考えられませんでした。

「凪さん。徒歩でしか行けないところがあるように、自転車でしか行けないところもあるし、車でしか行けないところもあります。見られない景色があります!想像してみてください。選択肢が増えると胸が沸きませんか?ぶわって!」

凪は裸足で芝生に立つと、胸に手をあて、風を感じました。

そして、いつものコインランドリーの前に立ちました。

そこへ、龍子もやってきます。

凪は、真剣にコインランドリーを継ぐことを考えてみないかといいます。

すると、にやりと笑った龍子は、凪の描くスケッチブックよりも、詳細に考え抜かれた『コインランドリー事業計画』を取り出しました。

2人は同じことを考えていたと、笑いあうのでした。

その夜のことです、慎二はバブルにやってきました。

ママ(武田真治)杏(中田クルミ)は、ニヤニヤしています。

「凪ボーイなら来てないわよ♪」

「な…何それ…俺は、たまたま近くに…。」

うろたえる慎二に、ママは直球で尋ねます。

「ガモちゃんが、忘れられない、大好きな元カノって、あの子でしょ♪」

すると、そこへ、出勤してくる凪の声が!

突然、ママによって、お姫様抱っこで抱えられ店のすみに追いやられた慎二。

凪の視界から、ふっと慎二を消すと、閑古鳥が鳴いてるからと、凪に1杯付き合うように言いました。

ママと杏は、慎二と凪が復縁できるようにと、策を練ったのです。

ママは、巧みに凪の本心を引き出すべく、少しのお酒の力も借りながら、話を進めます。

そして、考え方の変わった今の凪なら、慎二の見方も変わるのではと、話を振ります。

実際、龍子を助け出す際も協力してくれたことや、自分が会話のボールを投げない中、様々な話題を振ってくれていたことには気が付いていました。

「もういいの?」

「もういいです!」

しかし、凪は、全く未練がないかの如く、即答でそう答えました。

あんぐりと口を開けたママは、何とかいい話を引き出したいと考えますが…

「大体、慎二と一緒にいたころ、いい思い出なんて…ひとつも…あ!」

「ほら!あった!聞かせて!」

凪は去年の今頃、海に行きたいと慎二にせがみました。

しかし、とんでもない渋滞に巻き込まれ、しかも慎二は運転中にイラつくタイプでした。

『もう、ホテルよって帰ろうぜ!』

『…ごめんね。お茶、飲む?』

『お茶なら、いらない。』

慎二は、今聞けば、とんでもなく恥ずかしい、自分の姿を聞かされ、顔を手で覆ってしまいます。

凪はいいことを思い出したのではなく、今日のみすずとうららとのドライブを思い出し、自分が助手席に乗るのが当たり前で、運転を変わってあげようとも思わなかったことを悔いていたのです。

「私、慎二と一緒にいたころの自分には、二度と戻りたくないんです。」

「いや、違うのよ…私が言いたいのは、新しいあんたと素顔のガモちゃんなら、また新しい向き合い方が…」

「ないです!慎二とよりを戻すなんて、300%ありません。」

それを聞いて、いつもの天邪鬼・慎二が飛び出してしまいました。

「無いけど。俺の方がないんだけど!お前と復縁!?は!800%無いんだけど!助手席が何だって?俺の助手席、もう埋まっちゃってるから!」

「ガモちゃん、いったん落ち着いて。」

ママは止めに入りますが、こうなった慎二は、もう止まりません。

「俺、彼女できちゃいました!!!!!!!!!!!!!!!!」

「そうなんだ。よかったね。」

何の感情もない顔で、凪に言われた慎二の表情は、みるみる傷ついていました。

それでも、笑顔だけは崩さず、これから彼女と約束があるからと店をあとにしました。

「小学生かよ…」

「ガモちゃん!ごめんね!」

杏は呆れ、ママは慎二の背中に謝罪の言葉を投げますが、振り返ることはありませんでした。

ママはきまずそうに、凪のことも見ますが、凪は笑って言いました。

「大丈夫ですよ。ああいう人なんで。」

翌日、慎二の態度に不安を抱いていた円を、あの友達もどき達がランチに誘います。

その狙いは、慎二と円の間を揺るがすことでした。

わざと慎二の元カノである凪を話題に出し、写真を見せたのです。

円は、写真を見てすぐに気が付きました。

先日あった、スナックのボーイをしていた女…、そう自分を『彼女』ではなく『同僚』として紹介した相手だったことに。

その時、慎二の方では、仕事上のトラブルが発生していました。

イベントで使うはずだった空気清浄機が、なぜか中国に戻ってしまったのです。

急いで戻したとしても、イベントにはとても間に合いません。

何とかかき集めようと、方々に頭を下げる慎二でしたが、出てくる言葉は…。

「無理だって。我聞さんなら、どうにかなるでしょ?」

悪いことは重なるもので、そんな時、遂に兄・慎一のことが母親にばれてしまったのです。

それでも、誰も見ないからとたしなめる慎二でしたが、母は止まりません。

「俺が何とかするから…。」

慎二は、ここでも全てをしょい込むことになってしまうのでした。

一方、凪はコインランドリーの事業計画的なものをスケッチブックに書き起こしながら、共有スペースで眠ってしまっていました。

そこに偶然ゴンが、通りがかります。

ゴンは、凪の寝顔を見つめながら、何かできないかと考えるのでした。

さて、翌朝の凪は、自分が考えた事業計画のスケッチブックを相棒の扇風機に見せていました。

もちろん、扇風機は、答えてくれませんが、その時ブザーが鳴りました。

そこにいたのは、ゴンです。

ゴンは、凪のスケッチブックを見て、何となくの見取り図を描いてくれたのです!

「ねぇ、凪ちゃん、俺ね…。」

何かを言いかけたゴンを邪魔したのは、龍子です。

龍子は、また凪が闇落ちすることを心配して割って入ったのです。

そのうえ、引っ張ってどこかへ連れて行ってしまいました。

それは、あのコインランドリーです。

本格的に、コインランドリーを継ごうと、店主とその息子と話をすることにしたのです。

息子は、無職の若い女のノリや思い付きで言われても困るというような顔で、相手にしてないといった風です。

「今、無職で暇だからでしょ?こんな縁もゆかりもないような店継ごうなんて、ノリとしか思えないよ…」

「縁もゆかりもない人たちです。私が、布団1つでこの街に来てから、力になってくれた人たちは…アパートの人たちや、スナックの人たちや、坂本さん…縁もゆかりもなかった人たちです。だから今…、このご縁を大事にできたらって。」

「うん。でも。」

「『でも』って言って、やらない理由を並べて新しいことをしない方が楽だけど、ずっとそうしてきたけど、それじゃ、見られない景色があると思うから。」

そう言って、凪はゴンがくれた店の想像図を見せました。

ただのコインランドリーではなく、街の人がほっと一息つけるような場所を作りたい。

そんな夢を話しました。

「私、や…や…や…やってみたいんです!コインランドリー!」

店主は、そんな凪を優しいまなざしで見つめますが、息子は、やはり現実を見ています。

「父さん!断ってあげたほうが、この子たちのためだとおもうよ!」

しかし、そこへ割って入ってきたのは、緑です。

「ねぇ、ご主人!私たちが、若い世代に残せることって何かしら?自分の人生歩むために、身一つで飛び出してきた若い娘さんに、夢の一つも見せてあげられないなんてね~。」

それでも、息子はたじろぎません。

「俺は、ドラッグストアに1票。」

しかし、龍子の事業計画書を開いて驚きます。

「え?」

そこには、龍子の履歴書がはいっていました。

「あんた東大なの??」

「…はい。」

その帰り道、龍子は苦笑いを浮かべて言いました。

「学歴が初めて役に立ちました。」

「現実になっちゃいましたね。」

「ですね。」

龍子の学歴をしった息子は、ころっと手のひらを返したのです。

「今更ながら、怖くなってきました。」

「私も…」

2人は、そういうと抱きしめあって笑いました。

そして、慎二の方も…。

「本当ですか!ありがとうございます!」

関西方面の営業所から、何とか100台の商品をかき集めたのです。

そして、その裏で円が休日返上で動いてくれたことを、聞かされました。

慎二は、円に深々と頭を下げてお礼を言いました。

そんな慎二に、円は言います。

「同僚じゃないですか!」

その言葉の意味に、敏い慎二は、すぐに気が付いてしまいました。

それでも、仕事は待ってくれません。

イベントの準備で、バタバタとしている中、慎二の携帯電話が鳴りました。

相手は、エリィ(水谷果穂)です。

「釣れたよ~♪」

エリィは、慎一とメッセージをやり取りし、バーで会う約束をしたのです。

バーでいそいそとエリィを待つ慎一に、満面の笑みで慎二は声をかけました。

「エリィちゃん!」

「じゃなくて、ごめんね~!」

慎二は、まくしたてるように話しかけ、一方的に重要な要件を一つだけ伝えました。

「本名で活動すんのやめて。それだけ辞めてくれたら、どんな胡散臭いことしようとほっとくから。」

「相変わらずだな。相変わらず仮面被って生きてんだ。反吐出るわ。家族の前でも、職場でも、女の前でも。何をそんなに守ってんの?俺は、好きな名前で、好きな時に、好きなことをやる。お前もさ、1人でもいいから、本当の顔、晒せる相手がいたら、もう少し楽に生きられるんじゃね?ここ払っといてな~。」

そう言って、慎一は、さっさと帰ってしまいました。

慎二の顔からは、みるみる表情がなくなっていきました。

それでも、やっぱり、仕事は待ってくれません。

いつもの笑顔で仕事をこなす慎二でしたが、突然…空気が見えなくなりました。

そうして、慎二は、舞台上で突然倒れてしまうのでした。

そんなこととは露知らず、『バブル』では、凪と龍子のコインランドリー経営のことで盛り上がっていました。

ママの特製照り焼き丼を常連が美味しそうに食べていると、そのたれは、ママの昔の恋人が焼き鳥屋でそれを小分けにしてもらったものだと言います。

「小分け…?」

凪は、その言葉に、突然、思い出し叫びました。

その頃、イベント中に倒れた慎二は、部屋で休んでいました。

そして、何となくぎくしゃくした円と話をするべく、部屋で会う約束をしていました。

電話を切った瞬間、響くチャイムに、近くにいたのかと、扉を開けます。

しかし、そこにいたのは、凪でした。

「ごめん!こんな時間に!すぐ帰るから、ちょっとだけいい?」

慎二の返事も聞かず、凪は部屋に入っていきました。

凪が向かったのは、冷蔵庫。

そこには、昔、慎二に小分けにしていた凪のおばあちゃんのぬか床でした。

凪は、そのぬか床を思い出したのです。

「ありがとう、慎二!捨てないでくれて!」

それを見て、慎二は思わず涙をこぼしました。

そして…。

「ごめんな。あの時は…ごめん。お前が…倒れたの…。俺のせいだ。」

「え?」

「わかってやれてなかった。追い詰めた。大…好きだった。幸せにしてやりたかった。できなかった。」

泣きじゃくり気持ちがあふれ出す慎二の言葉に、凪は言葉出てきません。

見上げた視線の先には、凪が育てていた豆苗が生い茂っていました。

2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話の感想は?

黒猫葵
慎二が…ついに、気持ち溢れすぎ~♪

お馴染みの号泣シーンであふれ出した慎二の気持ちが…

助けてくれない同僚たちや、自分勝手な家族たちに、空気が見えなくなった慎二です。

倒れたことで、あの時の凪の気持ちが分かったんでしょうね…

でも、タイミングが悪すぎです。

完全に円がやってきて、修羅場フラグですよね(汗)

で、そんな号泣シーンもよかったのですが…。

本日の見どころは…どうあっても、ママにお姫様抱っこされる慎二ではないでしょうか(笑)

すごい軽々と高橋一生さんをお姫様抱っこする武田真治さんが、かっこよすぎでした(笑)

2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話のネット上の反応や評価は?

◇本日の慎二名シーン

ドラまる
やっと素直になれたね~慎二…。
ラマちゃん
こんなにきれいに泣くことができるなんて~(照)

目が離せなかったわ!

◇本日のゴンさんの名シーン

ドラまる
ゴンさんも応援したいんだけど…

分が悪いなぁ(汗)

ラマちゃん
中村倫也くん、そろそろ報われる役もやってほしいかも(汗)

◇本日のママ名シーン

ドラまる
きゃ~!ママ素敵!
ラマちゃん
ドラまるがメス化してる(笑)

でも、あの軽々お姫様抱っこ、最高だったわ!

◇まさかのバルス(笑)

ドラまる
思わず笑ったよね(笑)
ラマちゃん
うんうん。

え~裏番組!って思ったわよ(笑)

スポンサーリンク

ドラマ『凪のお暇』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『凪のお暇』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

凪のお暇|7話見逃し動画無料視聴はこちら【8/30配信】

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ『凪のお暇』第8話のあらすじは?

2019年9月6日(金)22時〜放送のドラマ『凪のお暇』第8話のあらすじをご紹介します。

凪 (黒木華) に素直な気持ちを話した慎二 (高橋一生)。

一夜明けても、円 (唐田えりか) からの連絡はなかった。

すると、出勤しようとする慎二のもとに、円ではなく、ゴン (中村倫也) から朝ご飯のお誘いがはいる。

迷った慎二だったが、生まれて初めて会社をサボることに。

一方、凪はスナック 「バブル」 のママ (武田真治)、杏 (中田クルミ)、緑 (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季)、エリィ (水谷果穂) と一緒に凪の家で 「バブル」 の餃子パーティの仕込みをしていた。

慎二との間に起こった出来事を皆に聞いてもらう凪だが、想定していない答えの連続で困惑する。

風にあたろうとベランダに出ると隣の部屋にはなぜか慎二が !?

龍子 (市川実日子) と進めているコインランドリー計画は順調に進み、あとは入金を残すのみとなっていた。

そんな時、凪の母・夕 (片平なぎさ) から、住んでいる北海道に台風が直撃し、家に被害が出たと電話がかかってくる。

急遽、北海道に強制送還されることになった凪だが…。

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2019年夏ドラマ『凪のお暇』第7話のネタバレ有りの感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
ついに素直になった慎二に凪はどう反応するのかな?

ゴンさんも、猛アピールを始めそうだし…。

ラマちゃん
でも、ラスボスもやってきそうだし、一体どうなっちゃうのかしら…。
黒猫葵
来週も楽しみに、一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA