モトカレマニア|7話ドラマネタバレと感想。山下(浜野謙太)とむぎ(田中みな実)が切ない!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年秋ドラマ『モトカレマニア』7話が2019年11月28日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
マコチに告白され、改めて交際することになったユリカ。

今度こそ、2人はうまくいくのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『モトカレマニア』7話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『モトカレマニア』7話のあらすじネタバレと感想

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことになりました。

朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。

マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受けます。

一方、さくら(山口紗弥加)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる『ハッピーウーマン2019』に選ばれます。

ですが、その賞を主催しているのが自身の小説『がんそば』を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境でした。

ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってきます。

前夫と住んでいた家を売りたいのだという。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって、桃香の担当を引き受けることに。

そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることになりました。

海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかけるユリカ。

ると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い…!

修羅場の予感からスタートしたパーティは案の定ピリピリしながらスタート。

やがて、むぎが北海道に帰るか否かの話からむぎと山下は口論になってしまいました。

「僕はむぎちゃんが好きだ」

そう言う山下でしたが、むぎの夢を邪魔できないと思った山下は別れを切り出すことに。

結局、2人は別れることとなりました。

一方、マコチは「2人の新しい部屋は2人で考えよう」とユリカに話します。

こうして2人は順調に再スタートをはじめ。。

以上が「モトカレマニア」7話のネタバレ。

7話は、山下とむぎの回でしたね。

むぎを想って別れを切り出した山下。

お互い好きだからこその決断が切ないです。

スポンサーリンク

ドラマ『モトカレマニア』7話のネットの反応や評価は?

ドラまる
むぎを想って別れを切り出す山下が切ない。。
ラマちゃん
山下には切実に幸せになってほしいわね。。

ドラまる
最後まで余計な存在だった千鶴。
ラマちゃん
さすがにここから千鶴へはいかないわよね。。

スポンサーリンク

ドラマ『モトカレマニア』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『モトカレマニア』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『モトカレマニア』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『モトカレマニア』8話のあらすじは?

2019年12月5日(木)放送のドラマ『モトカレマニア』8話のあらすじをご紹介します。

ふたりのこれからのことを真剣に考えよう――マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)にそう言ったものの、自分に自信がないこともあって不安を隠せないでいた。一方、ユリカは、いきなり将来を意識して尽くし始めるのは重いのではないかと感じながらも、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけようとする。ユリカは、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるが……。

一方、さくら(山口紗弥加)は、パーティーで泥酔し、そのまま眠ってしまった白井(関口メンディー)のために朝食を準備する。そんなさくらに心をひかれた白井は、いきなり彼女にデートを申し込む。

そのころマコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・桃香(矢田亜希子)を担当していた。大沢(森田甘路)は、もともと桃香がユリカを指名していた経緯もあることから、公私混同を避ける意味で、マコチと交際していることは伏せておくようユリカたちに指示する。

そんな折、ユリカは、さくらのマンションで山下(浜野謙太)と別れたばかりのむぎ(田中みな実)に会う。間もなく北海道に帰るというむぎは、山下のことが好きだから自分の生き方で彼の人生を縛りたくない、と笑顔を見せると、さくらと和真(淵上泰史)の話を持ち出す。ふたりの関係は恋ではなく上手くいかなかった過去への執着に見える、とさくらに告げるむぎ。その言葉を聞いたユリカは何故か不安を覚え……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『モトカレマニア』7話のあらすじネタバレと感想と8話のあらすじをご紹介しました。

今回はmむぎと山下回。

お互い想っての決断だけに切なかったですね。

ですが、リアルに感じました。

ドラまる
ユリカとマコチはうまくいってほしい!
ラマちゃん
桃香の存在で不穏な予感が…!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA