モトカレマニア|5話見逃し動画無料視聴はこちら【11/14配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『モトカレマニア』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『モトカレマニア』第5話(2019年11月14日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『モトカレマニア』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『モトカレマニア』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『モトカレマニア』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『モトカレマニア』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『モトカレマニア』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『モトカレマニア』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月14日(木)放送終了後〜2019年11月21日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『モトカレマニア』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『モトカレマニア』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『モトカレマニア』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『モトカレマニア』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『モトカレマニア』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『モトカレマニア』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『モトカレマニア』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2019年秋ドラマ『モトカレマニア』第5話のあらすじは?

2019年11月14日(木)22時00分より放送のドラマ『モトカレマニア』第5話のあらすじをご紹介します。

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)のもとへ謝りに行ったものの、追い返されてしまう。

失意のマコチ(高良健吾)を救ったのは山下(浜野謙太)だった。

さくら(山口紗弥加)との同居を解消したばかりだったマコチは、山下のマンションに身を寄せた。

一方、ユリカは、失恋の傷を癒すために温泉旅行に出かける。

スケジュールの都合がつかなかったひろ美(よしこ)の代わりにユリカが誘ったのは、さくらだった。

ユリカたちが訪れたのは、草木染めや陶芸などレクリエーションが豊富で、傷ついた女性が現世を忘れるのにぴったりの“自分探しの宿”だ。

そこでユリカは、むぎ(田中みな実)と偶然再会する。

だが、ユリカが山下の知り合いだと知ったむぎは、話すことすら拒否する。

大浴場で再びむぎと一緒になったユリカは、山下とは脱MKM同盟の同志だと自己紹介し、彼がいまでもむぎに思いを寄せていることを伝えようとした。

するとむぎは、自身がパーソナリティーを務めるラジオの公開収録の現場にやってきた山下が、見せつけるように千鶴(趣里)とキスしていたことを話す。

「せっかく忘れようとしていたのに……」。

その言葉を聞いたユリカは、むぎもモトカレマニアだと指摘する。

同じころ、自分を責めて落ち込むマコチを見かねた山下は、いまからユリカのいる温泉に行こうと言い出すが……。

公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『モトカレマニア』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『モトカレマニア』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

sss
ユリカを求めた真は、ユリカに断られてしまい追いかけていくのだろうか。

追いかけられたユリカは想いに答えるのかだろうか考えましたが、追われるのは求めているものとは違い、すれ違う日々が続くような気がしました。

山下とむぎの恋愛も気になりますが加賀の恋愛をするにあたっての傷つかないやり方はどこまで通用するのかも見どころだと思っています。

想い合う人がいるとしても、相手からの確信した想いを自信を持って伝える人はいないと思うので、マニアのまま過ごしていく気がしました。

仕事がうまく行き出し、温泉旅行当選したユリカは自分磨きをし始め、真のことを少しずつ忘れていきそうな気がしました。

ペンネーム:sss(20代・女性)

はる
まこちはユリカに謝りに行ったものの、ごめんというばかり。不器用で言い方が悪かったのか、追い返されてしまう。

そんなまこちを救ったのは、山下さんで、さくらさんとの変な関係でいたことをやめるために、同棲を解消したばかりのまこいは行くところがなく、山下さんのところに身を寄せる。

ひろみと気分転換に温泉旅行に行くはずが、スケジュールが合わずに結局さくらさんと行くことになり、傷ついた心を癒すための旅行に、山下さんの元カノであるむぎちゃんもいて、3人で話すことになると思う。

むぎちゃんは山下さんのキスを見たことを告げる。

ペンネーム:はる(20代・女性)

essence1です。
次回のモトカレマニアでは、過去にピリオドを打ったさくら先生が最新号で復活をとげ、愛読者であるユリカもまた一歩踏み出すのではと予想しています。

ただ個人的にメンディーのキャラが私は好きで、だらしないマコチに対してボソッと一言を放つメンディーがとても楽しみです。

また、今まで振り回していたマコチが今回は振り回される側でしたので、今までの自分を振り返った後天然キャラのマコチがとる行動が楽しみです。

どうしようもないキャラですが、現実にもよくいるキャラだと思うので、男性の心理が気になります。

男性の心理といえば、堅実な山下さんも修羅場になりそうなので楽しみです。

ペンネーム:essence1です。(30代・女性)

サキ
さくらは「がんそば」を書き続けることによって、元カレへの思いを昇華させることが出来たのだと思います。

その思いがようやく終わりを告げてきているようです。

売り上げ予測が下がってきているのも、終わりが近づいてきている証拠のような気がします。

マコチに元カレへの思いをダブらせていましたが、それもようやく卒業できたのだと思いました。

さくらもユリカも、そしてむぎも男性に振り回されない強い女性になって行ってほしいです。

そしてさくらには「がんそば」に続く、ヒット小説を生み出していってほしいと思います。

ユリカはマコチと一緒に働くことが何とも思わなくなるようになっていってほしいです。

ペンネーム:サキ(50代・女性)

スルメ
落ち込んだ真を山下が慰めるような気がします。

そこで真の本当の気持ちを山下にだけは話して欲しいです。

山下はユリカに対する気持ちを聞いたらきっと報告してくれると思います。

ユリカとサクラとむぎちゃんが予告で卓球をしていたので温泉でばったり会ってしまうのかと思います。

そこでむぎちゃんが山下の事をユリカに話すと思います。

その情報を山下に伝えて山下はもうむぎちゃんのことは忘れると話しそうです。

ユリカは真と、うまくいかなくなって山下と親密な関係になりそうな気がします。

山下はグルメマニアですから始めの頃みたいに食べ歩いてデートしてほしいです。

ペンネーム:スルメ(30代・男性)

たつ
見ている大半の人は、マコチとユリカが早くくっついてくれることを願っていると思います。

この作品に限っては、最後の最後に2人に幸せになってもらいたいです。

最近のドラマは、最後まで食ってかないことがありますが、2人が幸せになって終わるほうが見ていてすっきりする時もあります。

その方が、見ている側も幸せになります。

マコチとユリカがどんな展開を経て幸せになるか、期待したいと思います。

あと、家族で見ているので。

チューなど子供には過激で親としては困ってしまいます。

一瞬無言になってしまい、どうしていいのかわからなくなってしまうので、検討してもらいたいところです。

ペンネーム:たつ(40代・男性)

2019年秋ドラマ『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

いのり

『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレ

今回はユリカとさくらが一緒に温泉旅行へ行きます。

そこで山下の元カノであるむぎと遭遇するのです。

ユリカは山下のことを知っているからこそ、むぎに連絡をした方がいいと伝えます。

だけどむぎはその気持ちを理解できずにいるのです。

そんな中マコチは山下に弱音を吐きます。

山下はユリカのことをわかりやすいと言うけど、マコチにはわからないみたいです。

また山下は同僚の加賀からプレゼントを貰います。

気持ちを整理すると、山下はむぎのことが忘れられず加賀にハッキリ断りプレゼントを返すのです。

さらにユリカはむぎと卓球をして、お互い想いを言い合うのです。

『モトカレマニア』第5話の感想

今回はユリカとさくらが温泉に行って、ユリカはもう恋なんてしないと言っていたのが印象的でした。

そんな時山下の元カノのむぎと遭遇して、何度も山下の気持ちを伝えていたユリカが良かったです。

そしてマコチは山下に弱音を吐いていたのが、なんだか可愛らしかったです。

本当はこうすればよかったと後悔していたのが、リアルだし共感できました。

また山下はむぎのことが忘れられずにいて、加賀にハッキリとあなたに恋をしていないと言ったところはかっこよかったです。

さらにユリカとむぎが卓球をしている時、むぎが山下に対しての想いをすごく言っていたのが面白かったです。

二人とも真剣なところが熱いなと思いました。

ペンネーム:いのり(20代・女性)

はる

『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレ

ユリカちゃんはまこちとのことを吹っ切れて自分を見つけるために、温泉に行くことにしたが親友とは予定が合わなくて、さくらさんと行くことにした。

そこに行くと、山下さんの元カノであるむぎちゃんがいて、山下さんとのことを伝えるが、否定ばかりされてしまう。

そんな中で山下さんとまこちも元カノたちのことで悩まされていた。

どうしていいのか分からない同士慰め合っていた。

山下さんは同僚にプレゼントをもらうが、むぎちゃんへの気持ちがあるからこそ付き合えないと伝え、むぎちゃんに連絡をした。

それを知ったユリカちゃんは連絡を取るように伝えたが、むぎちゃんは否定してどうにかならないかと卓球対決をすることに。

ぼろ負けだったが、頑張るユリカちゃん。

『モトカレマニア』第5話の感想

元彼のことを忘れるために、温泉旅行に出かけたユリカちゃん。

そこで山下さんの元カノであるむぎちゃんに出会い、自分の気持ちを押さえつけているむぎちゃんに対して、ユリカちゃんが必死になって卓球対決を負けてでも伝えようとしている姿が一途でいいなと思った。

山下さんとむぎちゃんが会えて安心した。

ちゃっかりもらったマフラーをつけているあたりが、可愛らしくてでも狙っている感じもした。

まこちのおどおどしている姿が見ていられなかったし、やっぱり強いのは男より女な気がする。

その分考えるのは女が奥深くて怖いなと強く思う。

ペンネーム:はる(20代・女性)

さきママ

『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレ

真との関係に悩んだユリカは、気分転換に、懸賞で当たった温泉旅行に出掛ける。

当初はひろ美と行くつもりだったユリカだが、ひろ美が行けなくなったことで、さくらと行くこととなった。

旅館に着くと、なんとそこでむぎと遭遇。

ユリカは、自らが山下の知り合いで、話がしたいと伝えるが、むぎは拒絶。

自分の気持ちを考えずにいた山下のことを許すつもりは無いと憤慨するむぎに、このままではモトカレマニアになってしまうと説得するユリカ。

そんな中で、勇気を出した山下が、むぎに連絡をする。

その連絡に返信するかしないかで、むぎとユリカは卓球対決をすることになった。

卓球自体はむぎが勝ったが、対決しながら山下との想い出を思い出したむぎは、負けを認めるのだった。

『モトカレマニア』第5話の感想

旅館に現れたおばさま軍団が気になって仕方がありませんでした。

ユリカとさくらに声をかけてきて、二人の事情に首を突っ込んで来たかと思いきや、むぎとの会話にも入り込んできて、自らの体験談を入れ込みながらアドバイスをしてきたり、揉め事を起こしているむぎとユリカに何故か卓球対決を提案してきたり、一体何者なのかと不思議でした。

でも、その卓球対決は、意外とファインプレーだったと感じました。

卓球をしながら、色々と山下との事を話したり、勝てないと分かっている卓球を諦めないユリカの姿に、むぎも折れたので、おばさま軍団恐るべしといった感じでした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

伊藤 馨

『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレ

さくらと同居生活を解消したマコチは、山下のマンションに一緒に住まわせて貰うことになりました。

温泉には、予定の合わないひろ美の代わりに、さくらと一緒に行きます。

温泉では、偶然むぎと再開します。

ユリカは、山下のむぎに対する思いを代弁します。

むぎは自分の仕事に都合を考えずに、東京に行こうと言った山下を未だ許せないと話します。

そんなむぎに、ユリカはモトカレマニアだと指摘するのです。

山下からメールが届き、返信の有無を卓球勝負で決めようと提案します。

一方、ユリカを忘れられないマコチは、後悔でいたたまれません。

ようやくユリカと再度話をする決意をし、アパートの前で待っていると、知らない男性と一緒のユリカが現れました。

『モトカレマニア』第5話の感想

やはり、マコチがどこまで行っても優柔不断でハッキリしないということです。

黒縁眼鏡で出社して、反省している態度を表明しましたね。

仕事場では、何とかセーフです。先輩達も納得してくれたようですしね。

しかし、まだまだユリカへの未練はタラタラで、二人の関係は終わったと認めないといけない。

もうユリカに許して貰えないと分かっているようですが、それでもまだユリカと話し合う機会を模索するマコチ。

そしてユリカが何を思っているか知りたいと感じていますが、もう遅いですよ。

全くタイミングが合わない二人に、未来が感じられません。

ペンネーム:伊藤 馨(40代・女性)

アヤノ

『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレ

ユリカとさくらは傷心のために温泉旅行に出かけました。

そこで、偶然バッタリ、むぎと出会ってしまいます。

むぎは山下を忘れるために来ているようでしたが、本心を知られたくないと言った雰囲気でした。

ユリカは山下のことを知っているだけに、むぎのことを放ってはおけませんでした。

ユリカはむぎに山下ときちんと向き合うように、卓球を通じてエールを送り続けました。

むぎもようやく自分の気持ちに気が付き、山下と会うことにしました。

ユリカの前には新たなモトカレが登場し、マコチはそれに驚きを隠せません。

さらにさくらは元カレと終わりにしようと思っていた矢先、彼から「離婚するかもしれない」という連絡をもらいました。

『モトカレマニア』第5話の感想

山下は千鶴にハッキリと自分の気持ちを伝え、貰ったネクタイも返しました。

その後、千鶴は山下から返されたネクタイをゴミ箱へ捨てていました。

千鶴は山下のことを条件でしか見ていないような気がしました。

なので、「あんな男もいるのか」というようなセリフが出たのだと思います。

このドラマの中で、千鶴が一番寂しそうな感じがしました。

本気で誰かのことを好きになったのかどうかは分かりませんが、ずっと彼女の心は満たされないままのような気がします。

山下はむぎと一緒に食事に行くことになりましたが、そのお店が北海道のジンギスカンというのも良かったです。

ペンネーム:アヤノ(50代・女性)

ななこ

『モトカレマニア』第5話のあらすじネタバレ

ユリカはさくらと温泉旅行に行くとそこは傷心旅行で有名な宿であった。

偶然山下の元カノむぎと出会い無視されるが、温泉で再び会い自分は元カレマニアと紹介して、むぎもモトカレマニアだろ知る。

マコチはさくらと同居を解消され、ユリカからも振られ傷つき、山下の所に身を寄せることになりお互いに恋の相談する関係となっていく。

温泉で女性草木染の先生と出会い、失敗した時は何度でもやり直すとアドバイスを受けるユリカ。

山下は同僚の千鶴に、はっきり恋をしていないことを告げる。

山下はむぎに連絡をして、マコチもユリカに会って話をする気持ちになる。

『モトカレマニア』第5話の感想

温泉でむぎも山下のことが忘れていないことが分かり、ユリカとさくらと同じモトカレマニアで意気投合して不思議な関係が気になっていく。

さくらとユリカとむぎ、山下とマコチの微妙な行き違いの恋が歯がゆい。

山下のことを思いむぎとの関係が気になってしまうユリカ、むぎの性格は頑なで全く心を開けない寂しい女性と感じる。

お互いに自分な好きな相手には、思ったことが言えず悩む人たち、恋愛小説家さくらはもっともらしいことを言える立場だけど・・・・。

温泉でおばさんたちや卓球のシーンはコメディとなるが、やっとむぎの心が開いたと感じた。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『モトカレマニア』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA