【緊急取調室】4話ネタバレと感想。見どころは松本まりかさんの怪演だけじゃなかった!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年5月2日(木)にドラマ『緊急取調室』第4話が放送されました。

ドラまる
令和を迎えたキントリのメンバーたち。

今日は松本まりかさんと対峙するね。

ラマちゃん
可愛いお顔・声から想像もつかない熱演の松本さん。

今日も弟のために叫ぶことになりそうね。

こちらの記事では、ドラマ『緊急取調室』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『緊急取調室』第4話あらすじネタバレと感想

緊急車両が向かうのは西多摩郡の民家。

23歳の無職の男・樫村荘介(今井悠貴)が2件の女子高生連続殺人事件の重要参考人として連行されました。

取り調べに黙秘を続ける荘介。

そんな中、荘介の車から、行方不明の女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯が発見されました。

防犯カメラに荘介が真希を尾行している姿が映り、荘介によって監禁されていることは明白でした。

しかし、完全黙秘する荘介に真壁有希子(天海祐希)たちは苛立ちを隠せません。

以前の事件と同様の犯行であれば、被害者は放置され衰弱死する可能性がありました。

生存可能な時間は推定30時間。

完全黙秘の中、真壁の「姉と祖母が悲しむ。」という言葉に反応する荘介。

そこで捜査一課の渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)は寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子)と暮らす樫村の姉・茜(松本まりか)に話を聞きに行きます。

火事で両親を亡くし祖母の介護をしている茜は母の形見のバイオリンを大事にしまっていました。

一方、キントリでは何も話さない樫村にしびれを切らした菱本進(でんでん)が激昂してしまいますが、「何も言わない、何も言わない」と繰り返し独り言をつぶやく樫村に何もできません。

菱本は、被害者の父と面識があり、元やくざだった真希の父の足を洗うために手伝ってやった過去がありました。

菱本「あいつは普通のやり方じゃ落ちねえよ。」

いつもにもまして必死の形相の菱さんですね。

玉垣松夫(塚地武雅)と小石川春夫(小日向文世)は過去の被害者の共通点に注目します。

それはバイオリンを演奏すること。

荘介の母親もバイオリンが得意だったことがわかっていました。

このことから、真壁は茜に話を聞きに自宅へと出向きます。

ひきこもりだった荘介とのコミュニケーション方法はホワイトボード。

そして、父親の話になると茜の表情は曇りました。

父は荘介に虐待をしていた可能性が浮上します。

17年前、茜たちの両親が亡くなった火事の様子を撮影した映像を確認する真壁たち。

悲しみよりも怒りや後悔が感じられると言う玉垣は、画像解析のプロっぽかったですね。

ここで真壁は荘介に茜を会わせようとします。

果たして吉と出るか凶と出るか。

「お姉ちゃんのいうことだけ聞いてれば大丈夫だから。」と荘介の手を取る茜。

手を強く握るこの行動だけで、何かを伝えたんですね。

荘介に対する取り調べは休止し、弟の犯行を知っていた茜の参考人聴取に切り替わりました。

荘介が取り調べで「何も言わない、ガマン。」と繰り返す映像を見せ、茜に家のホワイトボードにも同じ言葉が書かれていたことがわかったと伝えます。

そして、17年前の火事は父親を殺害するために弟に火をつけさせたということ、母親は誤って巻き添えになってしまったのでは?と茜に問います。

そのことが原因で姉の指示に逆らえない弟という構図が出来上がったのですね。

次に姉の聴取の様子を荘介に見せます。

茜の「私にあの子(荘介)は必要ありません。」という言葉に動揺し、荘介は女子高生の監禁場所を供述しました。

生存可能なタイムリミットまであと一時間のところ、事件は解決するかと思われましたが指示された場所に女子高生はいませんでした。

タイムリミットが過ぎ、次の手を打てず困り果てる空気の中、玉垣の一言で被害者の父親に取り調べをしてもらうことになりました。

まさかの展開です。

再び呼び出された茜。

そこで弟が証拠不十分で釈放されたと聞かされます。

荘介が戻った自宅にはバイオリンを弾く菱本の姿がありました。

”取調室の外では、被疑者の人権を守る義務は発生しない。”

被害者の元やくざの父親が樫村の家で暴れても仕方がないことということでした。

モツナベコンビ、菱本が付いていましたが、本当に取り調べをさせるつもりではなかったんですかね?

「弟に何かあった場合、事後処理しますので。」そう冷静に話す真壁はさらに「被害者の監禁場所を教えたならば、弟を保護します。」と告げました。

弟の身を案じた茜は「お母さんの代わりを連れてこないとご飯を食べさせてもらえない。私たちは邪魔だって言われてるから。」と幼い子供のように話し始めます。

突然の赤ちゃん返りに背筋が凍りました。

そして、祖母の布団の下の畳に被害者は隠されていました。

娘(茜たちの母)の代わりを連れてこいと指示していたのは寝たきりと思われていた祖母・澄江でした。

溺愛していた娘を孫たちに殺害され、二人を精神的に追い詰めていたのです。

祖母のために荘介は母親の代わりになる女性を連れて来て放置し、亡くなった後、遺棄していたのは茜でした。

そうまでしても彼らは気づきたくなかったのです。

祖母に愛されていないことに。

祖母が逮捕されてもなお、祖母のことを気に掛ける孫の姿を見た澄江。

「私がやらせた。私が殺した。」

と告白したのでした。

―家族愛―

スポンサーリンク

『緊急取調室』第4話ネットの反応や感想

ラマちゃん
キントリファンの間でも絶賛の回だったわね。

ドラまる
松本まりかさん、今井悠貴さんの演技に見入っていたら、最後の鷲尾真知子さんに全部持って行かれた感じだね。

3人ともすごかったー。

ラマちゃん
視聴する前から、当然覚悟はしていたけどさらに上を行く熱演だったわ。

最後の子供のようになってしまった茜には同情しちゃったわ。

ドラまる
こういう何気ないやり取りが楽しいね。

スポンサーリンク

『緊急取調室』第5話あらすじ

2019年5月9日(木) 21:00時から放送のドラマ『緊急取調室』第5話のあらすじをご紹介します。

平凡な専業主婦である姑・山下昌子(真野響子)に頼まれ、夕食のスープに使うカボチャを買いに出かけた嫁・彩矢(国分佐智子)が行方をくらました。

日付をまたいでも連絡が取れなかったため、彩矢の夫で弁護士の翔太(山崎樹範)は警察に行方不明者届を提出。

彩矢もまた大手法律事務所の弁護士ということもあって、単純な失踪事件ではないと推察した警視庁は、真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に出動を要請する。

 さっそく有希子は山下家のあるマンションへ向かい、涙ながらに嫁の安否を案じる昌子から話を聞くことに…。

そんな中、大型スーツケースを運ぶコート姿の不審者が映った防犯カメラ映像を見た昌子から、重要な手がかりとなる証言が飛び出す。

なんと約1カ月前、この不審者を息子夫婦の家の前でも見たというのだ!
 
やがて昌子の証言により、彩矢が不倫中だったことが発覚。

さらに、コート姿の男がレンタカーにスーツケースを乗せるのを目撃した人がいたため、調査を進めると驚愕の事実が判明する。

あろうことか、車の借り主は昌子だったのだ! 

しかし、車の足取りは途中で途絶え、スーツケースの在り処までは突き止められず…。

 その矢先、翔太が妻を殺したと自首してきた! 

だが有希子は、昌子こそが真犯人だと確信し、重要参考人として出頭するよう依頼するが、昌子はこれを拒否する。

しかも何を思ったか、昌子は自宅で有希子と2人きりなら事情聴取に応じると言い出し…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『緊急取調室』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。
こんなにも切ない終わりは想像していませんでした。

一時間のドラマとは思えない緊張感が張りつめていましたね。

犯してしまった罪にさいなまれながら、それでも祖母に認めてもらいたい一心で犯行を重ねてしまった姉弟。

松本まりかさん今井悠貴さん鷲尾真知子さん、お三方とも最高の演技を見せてくださったと思います。

そして、今回のいつも以上にルールを無視した取り調べのせいで、キントリの危機に拍車がかかることになりそうです。

ドラまる
本当に素晴らしい演技と展開だったね。

息をするのも忘れる程だったよ。

ラマちゃん
次週は、真野響子さんがゲストね。

自宅で聴取をすることになるのよ。何が起こるかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA