時効警察はじめました|熊本役は岩松了(いわまつりょう)キャストを紹介!

  • この記事を書いた人:しょこら
ドラまる
来る2019年10月期の夜11時15分~。金曜ナイトドラマ枠でスタート。「テレ朝系列」で、『時効警察はじめました』が放送されるよ!
ラマちゃん
わ~!新シリーズね!「時効警察」「帰ってきた時効警察」からつづいてシリーズ3作目になるのよね~、実に12年ね!
ドラまる
干支一回りしちゃったんだね~、なんか、そんなに経ってるとは思わなかったなぁ。新シリーズ放送の前にスペシャル版もあるみたいだよ!
ラマちゃん
時効警察・復活スペシャルのことね!予習するにはもってこいかも~!!

2019年、10月金曜夜11時15分スタートのテレ朝系金曜ナイトドラマ枠は、オダギリジョーさん主演の『時効警察はじめました』が放送されます!

大人気のゆるい推理がさえわたる!

伝説のコメディミステリー『時効警察』が12年ぶりに復活です!

時効成立され、未解決で迷宮入りしてしまった事件は、この世に数多くあります。

そして、その事件の数だけ『逃げ切った犯人』もいるわけで…

『時効警察はじめました』は、そんな“逃げ切った犯人 VS 時効事件を趣味で捜査する男・霧山修一朗”のドラマなのです。

殺人事件の時効が廃止された今だからこそ、霧山が“単なる趣味”として未解決事件に挑んでいきます!

そんな話題作に前作から引き続き熊本(くまもと)役で出演する岩松了さん。

こちらの記事では、ドラマ『時効警察はじめました』で熊本(くまもと)役を演じる岩松了さんを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

『時効警察はじめました』で熊本(くまもと)役を演じる俳優・岩松了さんのプロフィールをご紹介!

岩松了プロフィール
  • <生年月日>1952年3月26日(67歳)
  • <出身地>長崎県
  • <サイズ>身長168センチ
  • <血液型>A型
  • <所属事務所>鈍牛倶楽部

2019年10月スタートの秋ドラマ『時効警察はじめました』で熊本(くまもと)役を演じる岩松了さんは、1980年代から活躍する、俳優・劇作家・演出家と幅広く演技の世界で活躍されています。

ドラまる
オンシアター・自由劇団・劇団東京乾電池と経て、鈍牛倶楽部に所属しているそうだよ!
ラマちゃん
鈍牛倶楽部は、光石研さんと同じ事務所なんですね。

数多くの作品に俳優として出演されている岩松さんは、劇作家としてもかなり高評価を得ています。

1989年、『蒲団と達磨』で岸田国士戯曲賞受賞されました。

ドラまる
戯曲って何なんだろう?
ラマちゃん
演劇や舞台で言う台本や脚本のことよ~。戯曲を書く方のことを劇作家というんですって。
シナリオとかも細かい分別があるっぽいけど…詳しく知りたい方はどうぞウィキって見て下さいね!!

90年代に入り、1993年、紀伊國屋演劇賞を、1998年、『テレビ・デイズ』で読売文学賞受賞されています。

1990年以降は、テレビドラマや映画の脚本家・監督としても活躍されているようです。

脇役としての出演も多く、出演作の脇をしっかり支える名優の一人です。

ドラまる
特に三木聡監督作品は常連だそうだよ!
ラマちゃん
では、又来役のふせえりさんともよく共演されているのね!
時効警察シリーズも三木聡監督作品ですものね。

竹中直人さんとともに、1990年から本多劇場にて舞台“竹中直人の会”を上演。

『月光のつゝしみ』、『水の戯れ』など全9回に渡り脚本・演出を手掛けられています。

そんな岩松了さんの代表的な活躍作品はこちら

出演映画(代表的な作品)

  • 図鑑に載ってない虫(2007年)
  • 転々(2007年)
  • 東京喰種トーキョーグール(2017年) – 嘉納明博 役
  • 22年目の告白 -私が殺人犯です-(2017年) – 山縣明寛 役
  • 猫は抱くもの(2018年) – 老猫 役
  • 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年) – 無料レコード社長など他多数

監督・脚本映画(代表的な作品)

  • バカヤロー!2 幸せになりたい。 第三話「新しさについていけない」(1989年)
  • お墓と離婚(1993年)
  • たみおのしあわせ(2008年)
  • 異常の人々〜伝説の虹の三兄弟〜 (1992年、原作)
  • 東京日和(1998年、脚本)※日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞など他多数

2007年『転々』

2018年『猫は抱くもの』


ねこすて橋の老猫役です。

2018年『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』


阿部サダヲさんと吉岡里帆さんが主演です。三木聡監督作品で、岩松さんは無料レコード社長役で出演されています。

テレビドラマ(代表的な作品)

  • 時効警察(2006年、テレビ朝日、監督・脚本・出演) – 時効管理課長・熊本 役
  • 帰ってきた時効警察(2007年、出演) – 時効管理課長・熊本 役
  • のだめカンタービレ(2006年、フジテレビ、出演) – 野田辰男(のだめの父) 役
  • 天地人(2009年、NHK、出演) – 真田昌幸 役
  • 刑事ゆがみ(2017年、フジテレビ) – うきよ署 署長 役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年) ‐ 岸清一 役など他多数

参考元:Wikipedia/岩松了

数多くの舞台の脚本や監督を務めている岩松さんの動画を紹介します。

中村獅童&前田敦子が兄妹に!舞台『青い瞳』製作発表

M&Oplaysプロデュース『不道徳教室』

ドラまる
かなり抜粋して紹介させてもらったけど、岩松さんは40年近くの演劇キャリアでかなり多い出演作品がありました。
ラマちゃん
主演作品はありませんが出演作も多く、演出や劇作家としての活躍もすごいので、その世界ではかなり有名な方のようね。

岩松さんの出演CMも紹介します。

岩松了さん NTT DoCoMo CM

ブリヂストン TAIYA CAFE 長瀬智也 石原さとみ REVO GZ


派手な衣装のスケーターが印象深いCMです。

そんな中で出演が決まった『時効警察はじめました』

岩松了さんがどんな演技を見せてくれるのか、要注目です!!

スポンサーリンク

2019年10月期ドラマ『時効警察はじめました』で岩松了さん演じる熊本(くまもと)はどんな役?

ドラマ『時効警察はじめました』で岩松了さんが演じている熊本(くまもと)は、総武署・時効管理課の課長。とのことです。

前シリーズから引き続き、同じ役職についていますね。

主な仕事も変わらず、時効事件のファイルに「時効」の判子を押すことのようです。

妻と子供2人のいる家長でもあり、公私ともに責任のある立場にいらっしゃいます。

ですが、性格は無責任で無秩序。

思いつきによる行動や意味不明な発言が目立つが、いたって温和な人なんだそう。

流行に流されやすく、コレクション癖のあるマニア体質のため、霧山の捜査に貢献することもしばしばあるそうです。

前シリーズでものまね教室に通っていましたが…12年たった今作ではその腕前が披露される時が来るのか!?

第3シリーズにあたる今回、吉岡里帆さん演じる『ガンバリマス』が口癖の新人刑事・彩雲 真空(あやくも・まそら)や、お馴染みふせえりさん演じる又来さんの息子、又来 康知(またらい・やすとも)(磯村勇斗さん)も新キャストとして加わります。

新キャストさんとのからみも気になるところ。

、岩松了さんの熊本(くまもと)役、第3シリーズでもどんな活躍をするのか楽しみですね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』の熊本(くまもと)役の岩松了さんの演技評価は?

SNS上の声をまとめてみました。

まとめ

2019年10月期の金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』に熊本(くまもと)役で出演する岩松了さんを紹介しました。

ドラまる
人気シリーズの新作で、期待大の方も多いよね!
ラマちゃん
そうね!10月が待ちきれない方は2019年9月29日(日)夜9時放送の『時効警察・復活スペシャル』を絶対視聴だね!

演出・劇作家としても活躍中の名バイプレイヤー・岩松了さんが出演する『時効警察はじめました』は、10月金曜の23時15分スタートです!

12年ぶりの復活に注目の集まる10月期ドラマ!

話題に乗り遅れないようにチェック必須です!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA