時効警察はじめました|7話ネタバレと感想。歌手マエケンが熱唱!凶器はメガネ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年11月29日(金)「時効警察はじめました」の7話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
メガネがトレードマークの一発屋歌手が、ワンマンライブ開始直前に殺される。

犯人はメガネという血文字のダイイングメッセージが。どんな展開でしょうか。

ラマちゃん
霧山は、メガネをかけてなかった妻に疑いの目を向けるようです。

誰が犯人なのでしょうか。

開運メガネで成功したカリスマ女社長。夫は、メガネが特徴的な一発屋歌手で、犯人はメガネとダイイングメッセージを残し殺害される。疑わしい人物は、全員メガネをかけ、妻の女社長は.....。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』7話あらすじネタバレと感想

三日月は、誤って霧山のメガネを壊してしまう。熊本課長たちが、開運メガネだと言いつけてくる。カリスマ社長・桃瀬多恵子が売り出したものだった。

多恵子の夫は、一発屋の歌手・蝙蝠ユキオで、胸に謎の平行四辺形の傷をつけ亡くなっていた。犯人は特定できず時効となっていた。

蝙蝠ユキオは、メガネがトレードマークで、当時、メガネが売れに売れた。紅白にも出場。

その日はワンマンライブで、ユキオが舞台に来なかったため、楽屋に見に行ったら、亡くなっており、傍には、「犯人は、メガネ」と書かれたダイイングメッセージがあった。

まず疑われたのは、蝙蝠をプロデュースした吉田。金銭で蝙蝠とトラブルがありメガネもかけていたが、アリバイがあった。

他の容疑者もメガネをつけていて捜査は難航した。凶器も見つからず、逮捕にはならなかった。奥さんの多恵子はメガネをかけておらず容疑者にならなかった。

三日月と霧山は、多恵子の店を訪れ、遺留品を返す。多恵子は、夫・蝙蝠が寝る時にもメガネをかけていたと話す。

霧山が、時効になった事件を趣味で捜査していると言い、蝙蝠の事件を解決したいと言う。多恵子は、自分はツイてないから、解決は無理だろうという。目薬をさすが片方分しかなかった。

霧山は、三日月に壊されたメガネの修理をお願いするが、その状態は無理と言い、開運メガネをプレゼントし、「開運ぱかーん」というCMに使っているジェスチャーをする。

三日月は、多恵子は本当にツイていないというが、霧山は、本当にそうなのだろうかと疑う。

鑑識課の康知に、蝙蝠の胸の平行四辺形の正確な刺し傷が何によるものか尋ねるが、鋭利なもので刺したとしか分からない。

霧山は、最初に疑われた吉田に話を聞きに行く。吉田は、歌が売れてから蝙蝠は変わった。愛人を12人も作り、多恵子をないがしろにしたと怒る。お金をくれとも言ったので疑われたと。

吉田は、バーを経営しており、アイスピックさばきがすごかった。霧山が、アリバイを聞くとなぜか怒り出し、閉店だと追い出される。

三日月は、蝙蝠の胸にあった傷は、アイスピックではと吉田を疑い、だれにも言いませんよカードを持って行こうと言う。霧山は、さすがに早すぎると。

康友から、多恵子がダーツバーにいると。多恵子の腕前はすごかったが、霧山が声をかけると、わざと的を外したようだった。

霧山は、蝙蝠とのなれそめを聞く、売れない頃地方をどさまわりしていた蝙蝠のメガネが壊れ、多恵子の父の店にやってきた。

店番していた高校生の多恵子がメガネを進め、それがきっかけで、蝙蝠は通うようになり、二人は恋に落ち、メガネを重ねたという。

多恵子がダーツを投げると真ん中に的中する。霧山は、本当は、ダーツが得意ではと言う。多恵子が偶然となぜか否定する。

霧山は、メガネを昔はかけていたのですねと言うと、多恵子は、ごまかすようにもう帰ると言い、わざと財布を置いて行く。霧山が声をかけると、多恵子は、ツイていないと去って行く。

時効管理課では、吉田は、多恵子が好きな様子だったし、スティックさばきが凄かった。蝙蝠の胸にあった平行四辺形の傷に良く似ていると彩雲が言う。

十文字は、遊んでいる彩雲を叱り、霧山が蝙蝠の事件を調べていると分かると、担当刑事だった衣を紹介してしてやるが、その代り開運メガネと引き換えだという。

霧山、三日月、彩雲は、十文字に連れられ、今は、トンカツ屋を営んでいる衣に会いに行く。十文字は、店先で、開運メガネを試したいと帰って行く。

霧山は、捜査資料にはなかったが吉田のアリバイは何だったと聞く。吉田は、小顔マッサージにいっており、恥ずかしくて言えなかったと。

衣は、蝙蝠を忍ぶ会が今でも、ライブハウスでやっていると言い、霧山たちをつれて行く。

ライブハウスの田端は、多恵子と蝙蝠の仲は売れるまで良かったと語る。13股が週刊誌のスクープになり多恵子は相当ショックだったと。

昔の週刊誌で、全員がメガネをかけていた。多恵子も、わずかな期間だったが、メガネアイドルだったと。ステージでは、蝙蝠の曲が流れファンが歌う。その中に、13股の不倫相手がいた。

13股の不倫相手は、霧山が刑事と聞くと、話したいことがあると言い出す。

霧山は、多恵子に会いに行き、今日は、蝙蝠の命日だとライブハウスに行かなくても良いのかと聞く。多恵子の部屋にあったケースに入ったメガネをかけようとすると、多恵子はそれはだめと。

多恵子は、今日は、遅くまで飲みたいと霧山を誘う。翌日、霧山は、眠たそうな雰囲気で出勤する。

康友が、週刊誌のスクープ写真の分析結果を持ってくる。霧山は、そう言うことと。熊本課長は、犯人が分かったのかと問うと、もう一押しと答える。

霧山は、三日月が壊したメガネをテープで固定していたが、他の方法はないのかと言う。サネイエが、ホッチキスの針を飛ばしてくる。その様子みていた霧山は最後のピースがはまったと。

彩雲は、周りを見渡して、十文字がいないことを確認すると、これで、カードを渡す場面に立ち会えると喜ぶ。壁の隙間から何かが飛んできて、十文字が現れ、彩雲を連れて行く。

蝙蝠が亡くなったライブハウスに行く、霧山と三日月。多恵子が待っていた。霧山は、蝙蝠を殺したのは多恵子だと言う。

多恵子は、蝙蝠のライブが行われると、グッツを売り献身的に支えていた。その多恵子がメガネアイドルとしてスカウトされた。

霧山は、アイドルオタクから入手した記事をみせて、多恵子が、メガネを外したと騒ぎになった記事を見せる。

霧山は、メガネを外したのは、蝙蝠の指示だったのではと。丁度、アイドルとして売れ始めた時に、蝙蝠は、メガネが無い方が良いと言い、メガネアイドルだった多恵子の人気は下がったと。

それと、同時期に、蝙蝠の歌が売れ始め、人気がでて、やがて、13股をかけるようになったと。多恵子は、それだけでは、蝙蝠を殺した証明にはならない。

霧山は、「犯人はメガネ」という血文字のダイイングメッセージと、平行四辺形の胸の傷の謎を解かなくてはならないと宣言する。

平行四辺形の傷は、多恵子の部屋にあった2つのメガネで、先端を鋭利に加工してあると見せる。2つのメガネを使いダーツのように投げ胸を刺したと。

ダイイングメッセージの「犯人はメガネ」は、メガネをつけた人物が犯人という意味ではなく、メガネで殺されたという意味だと語る。

霧山は、ここからは、犯人であるあなたのお力を借りるしかないと。

多恵子は、13股をかけられたことよりも、愛人全員が、メガネをつけていたことだ。私には外させたのにと悔しがる。

結婚の時に交換したメガネに細工をして、ただ、脅かそうと思っていただけだと。

蝙蝠から別れを告げられ、その時、電話がかかってきて、今、別居の話しているとか、相手の女の方が良いと言っているのを聞いて、メガネ2つをダーツのように投げ、蝙蝠の胸に刺したと。

多恵子は、蝙蝠を好きだったが、蝙蝠の方から離れていったと言うと、霧山は、それは勘違いだと思うと言い出す。

蝙蝠は、別居を切りだしたのは、再起をかけ、一人で作曲するためだったと。三日月が、ステージに白いカーテンをかけ、蝙蝠が前で歌い、バックで女性のコーラス隊が歌う映像を見せる。

霧山は、この映像を、蝙蝠を忍ぶ会にきていた、不倫相手からもらったと語る。蝙蝠は、多恵子を喜ばせるために、再起をかけ新曲を作った。コーラス隊の顔をよく見て欲しいと。

多恵子は、そのコーラス隊が、蝙蝠の13股の愛人報道された面々だと気づく。

多恵子の前に、蝙蝠が歌っている姿が現れ、思い出に浸る。霧山は、この曲を、多恵子にサプライズで聞かせたかったので、内緒にしていたと。

霧山は、ここまで言ってくれた犯人を不安にさせてはいけないので、蝙蝠の曲が入った、誰にも言いませんよカードミュージックに判を押して多恵子に渡す。

多恵子は、床にバナナの皮を落とし、滑って転ぼうとする。霧山はそれを拾い、もう、ついていないふりをする必要はないと。

ダイイングメッセージの「犯人はメガネ」を、メガネで殺されたと説明したが、もしかして、メガネをかけてない多恵子に捜査がおよばないように、蝙蝠がしたのかもしれないと語る。

時効管理課では、開運メガネはあまり意味がなかったと皆が口ぐちに言う。三日月は、霧山に、新しいメガネをプレゼントし、喜ばれる。

十文字は、開運メガネをまだかけていた。度が入っていないはずなのに、人間違いをしたりするが気に入っていた。霧山が、その開運メガネを差し上げるというと喜ぶ。

ここまでがネタバレですが、第7話は、一発屋の歌手が殺され、犯人はメガネと書かれていた。霧山は、メガネをしてない妻の、ついていないを疑い.....。

三日月が、霧山のメガネを壊してしまい。霧山がテープで修理をしても使う姿に、こだわりを感じましたね。

犯人はメガネと書かれたダイイングメッセージから、メガネをかけていない妻・多恵子は疑われませんでしたが、霧山が捜査すると、元々多恵子はメガネをかけていたことが分かりますね。

ドラまる
霧山、自分のことをついていないという多恵子が、わざとしていると、よく観察していましたね。
ラマちゃん
吉山のアイスピックさばきをみて、彩雲は早々と、犯人だと言い始めました。

しかし、小顔エステをしていたアリバイがあったというくだりが面白かったね。

霧山は、多恵子がメガネを元々していた。メガネアイドルだったこともあるという証言を聞き洩らしませんでしたね。さすがです。

康友が調べてくれた多恵子のメガネアイドルの情報も役にたちましたね。多恵子がメガネをしなくなった理由も予想しましたね。

ドラまる
サネイエのホチキス飛ばしの遊びから、平行四辺形の傷の謎に迫るとは。

メガネをダーツのように投げていたとは、少し無理があるかなと笑ってしまいました。

ラマちゃん
結局、多恵子は、蝙蝠が愛人を作っていると勘違いして殺してしまったという悲しい事件でしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』7話ネット上の反応

ドラまる
檀れいさんにつっこみ、制服姿に、時効警察ならではという声が。

ラマちゃん
次週で最終話なのと、残念だとネットで上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『時効警察はじめました』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『時効警察はじめました』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『時効警察はじめました』8話(最終話)のあらすじ

2019年12月6日(金)放送のドラマ『時効警察はじめました』第8話(最終話)のあらすじをご紹介します。

総武署の時効管理課に、いきなり外国人が現れた。その正体はFBIの人間。

なんと、霧山修一朗(オダギリジョー)の力を借りたい事件が発生したため、アメリカへ連れ戻しに来たというのだ!

一方、霧山は24年前の時効事件を“趣味”で捜査し始める。

それは高校の屋上から、高飛び込み部のコーチ・祷巫女彦(少路勇介)が飛び降りて死亡した事件。

屋上にはほかに誰もおらず、自殺と考えるのが妥当だが、本件にはどうにも不可解な点があった。

というのも、ある生徒が同級生・味澤宙夫(染谷将太)に、祷の飛び降りを予言していたのだ。

その生徒とは高飛び込み部の元エース・雨夜翔太(山﨑賢人)――現在、的中率抜群な予言者・スピリチュアル雨夜として活躍する人物だった!

事件の1年前、高飛び込みの練習中に事故で心肺停止状態に陥るも、奇跡的に蘇生して以来、未来が見えるようになったという雨夜。

だが、祷に自殺の動機がまったくない点と、そんな祷の飛び降りを雨夜が予言していた点が引っかかった霧山は、雨夜本人から話を聞くことに。

だが話の途中、霧山は同行した助手・三日月しずか(麻生久美子)の様子が何やらおかしなことに気づき…!?

その後、事件発生時の担当刑事を訪ねた霧山と三日月、刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は不審な話を耳にする。

祷の財布には、飛び降りた日に受け取る予定だったバースデーケーキの予約票が入っていたというのだ。

しかも、ケーキプレートの文字から、誕生日の主役は高飛び込み部の部員・朝霞鈴音(二階堂ふみ)だと判明したという。

さらに刑事は、蘇生後にPTSDを患っていた雨夜と、彼の担当医だった心理学者・只野教授(松重豊)との間に何かあったのでは…とも疑っていた!

ますます深まる謎――。

その矢先、鈴音が霧山を訪ね、“あるもの”に真実が封印されていると告げ…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『時効警察はじめました』7話のあらすじネタバレ、感想、8話(最終話)のあらすじを紹介しました。

犯人はメガネと歌手が殺害される。霧山は、妻がメガネを元はつけていたと、それを凶器に殺害と推測。夫の歌手が13股かけていたのではなく、再起をかけ組んだ女性コーラス隊だった。

ドラまる
高飛び込みのコーチが、学校の屋上から飛び降り死亡する事件を追う。

それを予言していた男子生徒がいて、今は予言者と活躍。霧山は、事件を解決できるのか。

ラマちゃん
霧山をFBIが連れ戻しにくる。

三日月はどうするのだろうか、結ばれることはできるのか。

今話、一発屋歌手が亡くなる事件、現役歌手のマエケンさんが歌声を披露してくれて、檀れいさんのわざとらしい演技もシュールで良かったですね。

メガネが凶器というオチ、それに気づいたのがホチキス飛ばしという内容も、楽しめました。

次話は、最終話、どんな時効が待っているか。楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA