時効警察はじめました|6話ネタバレと感想。現役プロレスラーが迫真の演技!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年11月22日(金)「時効警察はじめました」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
プロレスタイトルマッチで、レスラーが死亡した事件を追うようです。

彩雲は、今回こそ、カードを見ることができるのでしょうか。

ラマちゃん
現役プロレスラー、佐々木大輔さん、男色ディーノさん、HARASHIMAさんたちがどんな演技見せてくれるのでしょうか。

楽しみです。

プロレスのタイトルマッチで、レスラーがトロフィーを受ける時に死亡。試合前に負った3の奇妙な傷痕があり殺人として捜査された。霧山は、亡くなったレスラーのCEOの口癖に引っ掛かり.....。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』6話あらすじネタバレと感想

三日月が駐車違反の車を取り締まっていると、持ち主のチンピラから絡まれる。彩雲がプロレスの技をかけ逮捕する。彩雲は、最近プロレスにはまっており、道場にも通っていた。

熊本課長は、プロレスラーが亡くなり時効になった事件があったと思い出す。

25年前の気合プロレスのタイトルマッチで、丸山が、チャンピオン・土倉に挑み、ベルト奪取、その後は、丸山時代が続くと思われたが、その試合のトロフィーを渡す時に立ったまま亡くなる。

死因は、試合前に負った頭部座礁が原因で、それが試合中に回って死亡した。

疑われたのは、敬遠の仲だった土倉、気合プロレスCEOの葵、レフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気ら所属レスラーだった。凶器が見つからず、決め手に欠いて、迷宮入りした。

今でも、丸山の仁王立ちとプロレスファンの中で伝説になっていた。

彩雲は、そのプロレス団体の練習に参加していた。彩雲をつれて霧山と三日月は、気合プロレスを尋ね、CEOの葵に話を聞く。猿又は、お茶を入れると部屋から出てゆくように言われる。

霧山は、試合前に選手は1人でいるのかと尋ねると、葵は、セコンドがつくのだが、丸山は集中したいと1人でいたと。葵の飲むコップには、猿又・お嬢とハートで囲まれた絵がかかれていた。

猿又は、会話が気になり、部屋の外から耳を近づけて聞いていた。

霧山は、葵が、丸山のことを話すときの語尾が気になり、嘘をついているのではと考える。葵は、気合プロレスを立て直した救世主といわれていた。

彩雲の解説によると、気合プロレスは、試合だけでなく、場外でのいがみ合いも面白いという。霧山は、丸山の対戦相手だった土倉も恐ろしいと捜査資料を示す。

土倉にも話を聞きに行く。土倉は、保育園の先生をしていた。土倉は、試合前、丸山の控え室への襲撃を行ったが、丸山に一蹴されたと。襲撃計画したのは、葵だった。

土倉は、その襲撃のあとトイレに行ったため疑われたと。丸山は、高原以外の選手とは、普段から敵対関係にあったと説明する。

外から見ていては分からないという霧山に、彩雲は、練習生として入団することを薦める。霧山は、三日月といっしょに入会する。

彩雲と三日月が高原に技をかけてもらっている隙に、霧山は、丸山の全盛期のポスターやトロフィーに向かい物思いにふける葵に声をかける。

葵は、丸山は、他の選手と違いストイックで強かったと、そのうちに、気合プロレスの思考とズレていったと。今は、わだかまりがないと言う葵の嘘に気づく霧山。

リングでは、三日月と彩雲が、高原の指導を受けて戦っていた。事件当時は、レッドシューズ猿又、今は、シューレス猿又に、丸山と高原の関係を聞く霧山。

高原は、入門当時、相当のワルで、丸山に挑戦したが、当然負けてしまい。それから、高原は、丸山について行くようになったと。

彩雲は、高原に、ヒール役になるのはいやではないかと聞く、思わず、殺人犯とかといってしまい。高原の顔つきが変わるのに驚く。

時効管理課では、丸山と1人だけ仲が良かった高原が逆に怪しいと分析する。高原には、1人で映画を見ていたというアリバイがあった。

鑑識課の諸沢と康知に、丸山の仁王立ちになって亡くなった時の写真を見せると、死後硬直でこうなる場合があると説明する。

霧山は、丸山の頭部に残っていた、殴られた跡が、奇妙に見えることを話し、康知に、分析を依頼する霧山。

三日月と霧山は、気合プロレスに練習に行く、CEOの葵は杖を突きながら、熱心だと言う。霧山がよろけると、葵は、背後をとりバックドロップを決める。

葵は、来週から試合が始まると暗に来ないようにと何か隠している口調でしゃべる。霧山がよろけて、葵の杖を借りる。葵と猿又は、霧山の態度を見ながら焦ったようであった。

時効管理課で、彩雲から、事件当時、高原は、別のプロレス団体に行き技を教えにもらいに行ったと報告を受ける。霧山は、高原はシロかと。

三日月が、葵がやたらと何かを隠しているときの語尾を今日は良く使ったと。熊本課長は今日はノリがいいねという。その言葉に、霧山は何か気づいた様子だった。

彩雲が、霧山たちについて行こうとすると、十文字が入ってきて、彩雲を連れて行ってしまう。またもや、カードを渡すときが見れない彩雲だった。

霧山と三日月は、葵に、時効だから、どうすることもできないと前置きをしておきながら。

葵は、気合プロレスを、ショーにして人気をあげようとしており、丸山に協力を求めたが、実力を重視する考えから、断り続けられていた。

葵は、考えの違いだけで、人を殺すなんてありえないというと。霧山は、葵が、アメリカで、女子レスラーとして、ショープロレスを学んでいて、その青春の思い出を否定されたからだと。

そのころ、彩雲は、十文字に尾行の練習をさせられていた。彩雲は、霧山がカードを出すところを見たくて、大事な用事があると、霧山の元に向かって行く。

葵は、丸山は気合プロレスナンバー1の実力者なのにどう殺したと問う。

霧山は、丸山の殴打された時にできた3のような傷をプロジェクターで投影する。次に、気合プロレス認定のトロフィーを映し出し、KとWの文字で妙な空白があると語る。

タイトルマッチ前日の記者会見で撮られたトロフィーには、KとWとEがあるといい、気合・レスリング・エンターテインメントの略だと三日月は説明する。

このトロフィーが凶器に使われ、そのときにEが丸山の頭に傷を負わせ、その時Eはずれたと。そのEの証拠を隠すため、葵の杖につけてあると。

その時、猿又が、やめにしましょうお嬢と言いながら出てくる。協力者は、猿又で、丸山を殺して、赤いシューズが履けなくなったと語る。

霧山は、ここからは、犯人であるあなた方のご好意に甘えるしかない。

葵は、自分のプロレスを侮辱され丸山に詰め寄る。猿又が加勢に入り、猿又に襲い掛かる丸山の背後から、葵がトロフィーで殴る。丸山は倒れこんでしまう。

猿又は、葵を逃がしたあと、丸山は試合だから、止血して欲しいと頼まれる。猿又が、リングに上がれば死んでしまうと言うのを制す。止血した丸山は、リングに上がり、試合に勝つ。

猿又は、レスラーとして勝負に勝つことが丸山の幸せだったと。霧山は、丸山もプロレスを葵さん同様愛していたと。

リングに乗る葵と猿又、霧山も三日月も入る。霧山は、事件は時効だから、誰にもしゃべらないカードを渡すと言うと。

彩雲が、泥塗りの顔をして突然現れ、ちょっと待ったと言い、ダンボールに書いた誰にも言いませんよカードを取り出す。

三日月は、偽物だと、彩雲を万地固めをかけ、その隙に、霧山は、誰にも言いませんよカードを葵に渡す。

彩雲は、万地固めをかけられた姿勢のため、渡す様子が見えない。せめても見たいと言い、がんばるが、三日月の技は外れることは無く、結局見ることができなかった。

三日月は、すっかり、プロレスが気に入り、彩雲と勝負する。

ここまでがネタバレですが、第6話は、タイトルマッチで勝ったレスラーが仁王立ちで亡くなる。霧山は、CEOの語尾から何か隠していると気づき.....。

看板レスラー丸山が仁王立ちで亡くなる。さすが、佐々木大輔さんですね。迫力がありました。

三日月と彩雲のプロレス対決も面白かった。彩雲に技をかける三日月となかなか様になってましたね。

ドラまる
霧山は、CEO葵の語尾の変化を聞き取り、何か隠しているのではと気づきましたね。
ラマちゃん
霧山は、葵の言葉から、亡くなった丸山との間に、考え方の違いがあったことを見逃しませんでした。

霧山はわざとよろけて、葵が自然と技をかけてくるだろうと予測していたのですね。それで、葵が元女子プロレスラーだと気づいたのですね。

さらに、葵の杖についていたEのエンブレムの存在に気づき、それが、丸山についていた傷と酷似していることを見つけ、凶器がトロフィーだと確定したのですね。

ドラまる
彩雲が、真面目だと、誰にも言いませんよカードが見れないと考え、泥を顔に塗り、悪役になって、カードを渡しました。

でも、それが段ボールというところがシュールでした。

ラマちゃん
今回も、彩雲は、三日月に卍固めをかけられ、近くにいたのに、カードを渡す瞬間を見ることがきませんでした。

だんだん近づいているから、次こそはですね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』6話ネット上の反応

ドラまる
現役プロレスラーの演技に好感の声があがってますよ。

ラマちゃん
彩雲役の吉岡里帆のここまでやらせるかの演技が評判ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』第6話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『時効警察はじめました』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『時効警察はじめました』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『時効警察はじめました』7話のあらすじ

2019年11月29日(金)放送のドラマ『時効警察はじめました』第7話のあらすじをご紹介します。

最近ツイてない三日月しずか(麻生久美子)は、うっかり霧山修一朗(オダギリジョー)のメガネまで壊してしまって大焦り。

そんなとき、新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)らが大流行中だという「開運メガネ」をかけ、「効果絶大らしい」と勧めてきた。

ビビッときた三日月は霧山に「買いに行こう」と誘いかけるが、霧山は微妙な反応…。

ところが、この開運メガネを売り出した「桃瀬メガネ」のカリスマ社長・桃瀬多恵子(檀れい)が“ある時効事件”と関係がある人物だと聞くや俄然、興味を示しだす。

その時効事件とは…桃瀬の夫で、メガネがトレードマークの一発屋歌手・蝙蝠ユキオ(前野健太)が、ワンマンライブの開始直前に殺された事件。

現場には「犯人はメガネ」という血文字のダイイングメッセージが、そして蝙蝠の胸にはつなぐと平行四辺形になる“奇妙な4つの穴”が残されていた。

だが、凶器が特定できないばかりか、疑わしき関係者は全員メガネをかけており、捜査は難航。

当時はメガネをかけていなかった多恵子には疑いがかかることもなく、事件は時効を迎えてしまっていた…。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山は、三日月と共に多恵子のもとへ。

多恵子は自分のことを「本当はツイてない女」と言い、実際に目の前でツイてない出来事が多恵子に次々と降りかかる。

だが、霧山はどうにも懐疑的で…。

そんな中、蝙蝠が売れてから調子に乗り、健気に支え続けてきた多恵子という妻がいるにもかかわらず、愛人を12人も作る“13股ライフ”を満喫していたとの証言が浮上!

さらに多恵子とは別に、被疑者となりうる人物も新たに浮かび上がってくる。

そんな中、鑑識課の又来康知(磯村勇斗)が“ある場所”に“意外な人がいる”と、霧山に電話を寄越し…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『時効警察はじめました』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

タイトルマッチに勝利した直後にレスラーが亡くなる。霧山は、プロレス団体のCEOが、トロフィーで殴ったと結論。レスラーは意識を回復し、勝負のためリングに上がり、勝ち絶命した。

ドラまる
犯人はメガネと血文字のダイイングメッセージの事件を追う。

疑わしき関係者全員がメガネの中で、真犯人にたどりつけるのかな。

ラマちゃん
殺された人物の妻が、ツイてない女と言うようですが。霧山は疑うようです。

どんな展開になるのでしょうか。

今話は、プロレスの事件ということで、現役のレスラーさんたちを使いましたね。皆さん迫力があってリアル感が良かったです。

またもや、彩雲が、誰にも言いませんよカードを見ることができませんでした。もう少しだったのにね。最後には見れるのだろうか。

次話、どんな時効が待っているか。楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA