時効警察はじめました|5話ネタバレと感想。キングオブコント芸人の空気階段出演!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年11月15日(金)「時効警察はじめました」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
生放送の密室で、お笑い芸人が殺される。相方が疑われるようですが。

どのようにして、殺されたのでしょうか。

ラマちゃん
今回は、彩雲がSNSで知り合った友達からの依頼。

彩雲はついに、時効事件犯人逮捕の瞬間に立ち会えるのかな。

彩雲は友達から、父親のお笑い芸人が、ラジオ生放送中にアレルギーショックで亡くなった踏査を依頼される。霧山は、相方の面白くないギャグを放送中に言ったことに疑問を持ち....。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』5話あらすじネタバレと感想

彩雲は、SNSで知り合いになった夏歩に、時効管理課のメンバーが入った画像をアップすると、夏歩の父親が伝説のコントコンビ・マリリンのメンバーで、死亡した村瀬の捜査の依頼が入る。

亡くなった村瀬の相方・栗原くりごはんは、今は、レギュラー番組を持つほど人気があった。

94年当時、一部のマニアの中で人気が出ていた。ラジオ番組の放送中、栗原はコントをすると言い、そのあと、村瀬がそばのアナフィラキシーショックで死亡したのであった。

当時、コンビ仲は最悪で、栗原が疑われたが、楽屋も別でアレルギー食材を混入させる機会はなかった。

霧山はどうやってアレルギー食材を混入させられたのだろう、その機会が無かったにというと、三日月は、自分で食べたのではという。

そのころ、彩雲は、夏歩に初めて会った。ガムを渡すと、噛まずに飲み込んでしまった。夏歩は、父を殺したのは、栗原だと指をさす。

栗原に話を聞こうと、霧山と三日月が楽屋行くと、すでに、夏歩と彩雲がきていた。夏歩は、村瀬ベルギーワッフルの娘だと名乗り、父を殺しただろうと叫ぶ。警備を呼ぶと追い出される。

帰りのバスで、夏歩は、父親が死んだときにはお腹の中にいて、父親を知らないが、テープとかみてすごいと思った。栗原のコントで笑ったことがなく、大きくなるにつれて憎悪が膨らんだ。

コントに詳しい、サネイエも話題に入ってきて、事件当時、番組で前フリもなく、ギャグを言うのはおかしいと言い出す。村瀬がネタを書いていたが、それとも違ったと違和感があったと。

霧山は、事件当日の音源を聞き、栗原の独り芝居、無言、ゲッツという声が聞こえる。その出待ちの中に、ダンディ板野がいて、後のゲッツというギャグを生み出したと言われる。

無言のあと、アナウンサーの語りが突然入り、出待ちの前に、救急車が現れ、村瀬が運ばれていった。

翌週から、ラジオは再開され、自分が犯人だと名乗る葉書が殺到し、捜査がかく乱された。密室の殺人がどう行われたかも話題になり、栗原は人気がでてきた。

歌を出せば売れ、人気番組のマラソンランナーにも選ばれ、ギャラの一部を夏歩に送っているという美談もあり、人気を確立していった。

霧山は、栗原自体は、ギャグは面白くない。夏歩によれば、村瀬のネタ帳は、母親の手元に戻っていないと。

夏歩は、父・村瀬が、ゲッツなんていう面白くないギャグを言うはずないと言う。皆が、帰る時、夏歩は謝ってゴム草履に足をかけ、カユイカユイと言う。

鑑識課の康知によれば、村瀬は極度のアレルギーで、アレルギー物質に触れるとすぐに反応が出る体質であった。霧山は、そうなると、放送直前に、アレルギー物質を摂取したのではと。

村瀬には、本番前に、ラムネを食べて、水を飲むルーティーンがあったとされる。アレルギーが混入したとすると、そのどちらかからと推察する。

救急車の中で、村瀬のポケットには、ラムネケースが入っていたが空だった。仮にラムネに入っていたとすると、2分以上たってからの発症で、ラムネからの混入ではないと。

当時、密室だった、スタジオの床が濡れていたが、鑑識が調べたが何も出なかった。霧山は、密室内で唯一いた栗原に話を聞きたいと言う。

栗原を尋ねる、霧山と三日月。霧山は、村瀬が亡くなった時のギャクは誰が書いた物だと聞く。栗原は自分で書いたと語る。

霧山と三日月は、マリリンのマネージャーをしていた中村を尋ねると、夏歩もいっしょにお笑いを聞いていた。

中村は、マリリンのネタは村瀬が書き、小道具を栗原が用意していたと。村瀬が亡くなり、栗原だけでは残れないと思っていたと。

村瀬は変人だった。ネタに命をかけていた。小劇場で力を蓄えるのが先で、やがてブームがくると、テレビに出たがる栗原と衝突していた。

栗原が、あれだけ人気が出るとは思わなかった。敏腕の社長・安田がいるからかもしれない。当時、安田は大学生で、マリリンの番組の構成作家見習いだったと。

霧山と三日月は、安田に会いに行く、村瀬のネタ帳が見つかっていないというと明らかに動揺していた。

安田は当時、テーブルに水を二つ用意した。その水を、栗原が、虫が入っていたと捨てるのを目撃する。本番に集中したいからと、入ってくるなと。栗原が妙なダンスをしているのを見る。

霧山は、バスでの帰り道、現場の写真にゴム手袋があるのを見つける。スタッフが言っていた床にこぼれた水もなかった。

霧山は喉が渇いたと、バスを降りる。三日月は炭酸飲料を自販機でふりながら買ってくる。炭酸が吹き出し、びしょ濡れになり、ゲップが二人ともでる。霧山はこれだと気づく。

鑑識の康知に、写真に写ったものが何かを特定してもらう。鑑識課の前では、彩雲が待っていた。彩雲は、誰にも言わないカードを渡す瞬間が見られると喜ぶ。

彩雲は、自分の担当の事件だから、時効犯人に会いにいっしょに行ってもいいですよねと聞く。霧山はもちろんという。

霧山と三日月は、彩雲と夏歩をつれて、栗原の楽屋を尋ねる。霧山は、自分が書いたネタを村瀬に否定され殺害しようと思い、どうせなら話題作りのため生放送で殺そうと思ったと語る。

村瀬の本番前のルーティーンを知り尽くし、そば粉をラムネの粉でコーティングしたものを作り、村瀬のズボンのポケットに入れたと。

三日月が、お互いに接触が無かったのになぜズボンに入れることができたのかと疑問を投げる。霧山は、衣装担当だった栗原が、事前に衣装のズボンに入れ渡したと。

村瀬は、本番前に、ポケットにあったラムネを食べた。三日月は、それなら、かじってすぐに反応があったはずと疑問を投げる。

霧山は、逆だと言い、夏歩にも遺伝した、村瀬の丸飲みするくせを知っていたから、ラムネを溶かす必要があったと語る。

そのためにと炭酸飲料を取り出し、ラムネを一粒いれると、一気に溶け出す。この反応が、村瀬の腹の中で起こっていたと語る。

本番中に、そば粉が溶け出し、アナフィラキシーショックを引き起こし、炭酸のゲップの音がゲッツと聞こえたのであった。

栗原は証拠はあるのかと怒る。霧山は、証拠はないから、犯人である栗原に頼るしかないと答える。

栗原は何も語らなかった。安田が、あの時、コップに虫なんか入ってなかった。何かをフルような動きも、どうせ、炭酸を沢山だそうとしたからだ、それで床が濡れたのではと。

霧山は念を入れるため、指紋が残らないように使ったゴム手袋を、ゴムアレルギーでもある村瀬が触れるようにして、キノコもヘッドホンにつけてあった。

夏歩は、自分もゴムアレルギーだと言い、三日月は、スタジオの通路でキノコご飯を食べていたキノコ頭のADと夏歩が接触した時に反応したのを思い出す。

霧山は、あらゆるアレルギー物質を用意して、念には念をいれた。

安田は、村瀬が亡くなり、栗原について行こうと決めた。村瀬のネタ帳を出して、これが無かったらここまでこれなかったと。霧山は、ネタ帳を夏歩に返し、夏歩は大事そうに抱える。

栗原は断念して、ソバ、キノコ、ゴムと全部用意し、村瀬が倒れたあとネタ帳を盗み、安田にいっしょに天下をとろうと誘ったと。安田は、夏歩に土下座して謝る。

霧山は、事件は時効だと言い、犯人を不安にさせないために誰にも言わないよカードをと取り出そうとする。その時、タモリさんがくるよと聞こえ、彩雲は、行ってしまった。

誰にも言いませんよハイブリットで、ラジオが聞けるようにして、ハガキのデザインにしたと言う。夏歩は、それを奪い、世間にこのことを公表すると言い出す。

栗原はつぐないのためお金を送ったと言うが、夏歩は、そのお金は、子供たちに笑いを届けるチャリティーに使ったからもうないと言う。

安田も、もうブレーンはできないと言い、ファンは減って行き、芸人として消えるだろうと言う。

その時、夏歩の目に、父・村瀬が写る。村瀬は、指でVの形をさせて、口角をあげて笑うように示す。夏歩は、納得して、霧山に誰にも言いませんよカードを返す。

カードを受け取った栗原はしんみになる。

彩雲が、タモリが見れなかったと帰ってくる。結局、彩雲は、カードを渡す場面を見ることができなかった。

栗原は、人気が落ちず、相変わらず、テレビに出ていた。

ここまでがネタバレですが、第5話は、ラジオの生放送中に、芸人が亡くなる。霧山は、芸人が、ラムネを丸飲みするのをつかみ、炭酸で溶かしたと推定し.....。

霧山は、密室でアナフィラキシーショックが起こったとすると、いつも食べていたものだと、早くに、ラムネと水を疑いましたね。

ラムネを短時間で溶かす方法として、三日月が、炭酸飲料を振って噴き出したのを見て、ぴんときましたね。

ドラまる
どうやって、そば粉入りのラムネを食べさせたのか謎でした。

栗原が衣裳担当だったことを聞き、衣装にに入れたのではと行きつきました。

ラマちゃん
現場の写真のゴム手袋、ヘッドホンのキノコと、アレルギー物質がいっぱいだったことからもでしたね。

しかし、キノコのヘッドホンは、当時の警察も気づいたはず。シュールで笑えました。

彩雲と初めてあって、夏歩が、ガムを丸飲みしたり、ゴムでカイカイなったりと、コミカルなシーンが面白かった。それが、最後に、オチになるという流れも良かったです。

彩雲も今回は、十文字にジャマされることなく、時効犯人に対峙できましたね。霧山たちと向かう彩雲が嬉しそうでした。

ドラまる
霧山が、犯人を問い詰める。

いつもは、聞いてるだけの三日月が疑問を投げかけるというキャッチボールがあって、新鮮でしたね。

ラマちゃん
今度こそ、彩雲は、時効犯人に、カードを渡すシーンを見ることができると思いましたね。

でもタモリがいる知ると、行ってしまうという絶妙な展開でした。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』4話ネット上の反応

ドラまる
今話のゲスト趣里さんが良かったと声が上がってますよ。

ラマちゃん
タモさんでたー。彩雲が今回も、誰にも言いませんよカードを見れなかったと声が上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』第4話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『時効警察はじめました』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『時効警察はじめました』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『時効警察はじめました』6話のあらすじ

2019年11月22日(金)放送のドラマ『時効警察はじめました』第6話のあらすじをご紹介します。

エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。

実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。

それは25年前――看板選手の丸山真剣(佐々木大輔)がチャンピオン・土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功した「気合プロレス」タイトルマッチでの出来事。

会場が沸きに沸く中、葵がトロフィーを渡そうとすると、丸山が立ったまま息絶えていることが判明したのだ!

死因は頭部強打による脳内出血。

遺体の頭部を調べたところ、試合前に負ったと思われる「3」の形に似た奇妙な傷跡があったため、本件は殺人事件として捜査されることに…。

土倉、葵、現在はシューレス猿又(柳葉敏郎)と名乗っているレフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気(HARASHIMA)ら所属レスラーが疑われたが、真相は解明されず、時効を迎えてしまっていた。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)と助手の三日月しずか(麻生久美子)は、最近プロレスにハマッている新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)に案内され「気合プロレス」を訪問。

葵と事件について話した霧山は、丸山のことを話すときに出る“ある口癖”が引っかかり…。

その矢先、今では「気合プロレス」のエースである高原が丸山の弟子だったこと、さらに丸山が高原以外のレスラーを一方的に敵視していたという内部情報が浮上。

霧山と三日月も彩雲に続いて「気合プロレス」の一般練習生となり、外からはなかなか見えない人間関係を探り始める。

すると、丸山が葵ともたびたび衝突していたことが判明。

だが、葵はその件についてはだんまりを決め込むばかりで…!?

そんな中、新たな疑惑を招くような言葉が、高原から飛び出す――。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『時効警察はじめました』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

ラジオ生放送中の密室でアレルギーで芸人が亡くなる。その娘が彩雲に捜査を依頼。霧山は、芸人のラムネと水を飲む癖から、相方がそれを操作したと結論。娘は、父の意志に気づき許す。

ドラまる
プロレスで、タイトルマッチに勝ったレスラーが亡くなった事件を追うようです。

どんな展開が待っているのかな。

ラマちゃん
彩雲の趣味のプロレスを起点に、霧山も三日月も、プロレスの一般練習生になるようです。

どんなリング姿になるのかな。

今話は、若手の人気女優の趣里さんに、ガムを丸飲みさせて口をあんぐりさせたりいろいろやらせましたね。ダンディ板野さんのゲッツの由来話も本当のようで面白かったです。

彩雲が、寸でのところで、カードを見ることができませんでした。この寸止め感も時効警察ならではでした。次回以降に、楽しみをとっておくということでしょうか。

次話、どんな時効が待っているか、楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA