時効警察はじめました|3話ネタバレと感想。婚活の女神(中山美穂)の恋が生んだ殺人!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年10月25日(金)「時効警察はじめました」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
婚活の女神が唯一失敗したのが、依頼人が亡くなったという話。

霧山は、どう迫って行くのかな。

ラマちゃん
霧山を好きな三日月も、霧山と婚活説明会に出るようです。

三日月がどんな反応を見せるか楽しみですね。

婚活の女神が、唯一結婚させられなかったのが、25年前に事件で亡くなった女性。今は、その相手の男性と婚活女神が結婚していた。被害者のダイイングメッセージに、不審な点を見つけ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』3話あらすじネタバレと感想

三日月は、結婚の話をすると、熊本課長は、婚活の女神と言われる手にかかったら結婚しなかったカップルはいないという琴吹町子の婚活説明会を紹介する。

町子は、たった1度だけ結婚させることができなかったカップルがいて、それは、殺された事件だった。それも、25年前で時効になっており、霧山に捜査を進める。

町子の婚活で結婚間近の3組のカップルを呼び、バーベキューで祝っていた。その一人の紗良が殺され、発見者もその内のカップルの女性だった。

凶器は、彩良の婚約者の城崎が持参したハサミとナイフで、背中からと脇腹を刺され死亡していた。傍らに、ダイイングメッセージにMISTAKEの文字が残されていた。

彩雲はSの文字が大きいことに気づき、小型のハサミとナイフが使われたということは、他の包丁とかを大事にしたかった城崎が犯人ではと推察する。

霧山は、当時、城崎と彩良が喧嘩していることが見られており、城崎が疑われたが、犯行時刻、城崎と話をしていたと町子が証言し、疑いは晴れ、事件はそのまま迷宮入りしたのであった。

三日月は、霧山の分も町子の婚活説明会に申込み嬉しそうだった。刑事の十文字も昔、町子に教わったとテレビをつけると、町子と被疑者であった城崎が結婚していたことが分かる。

町子の婚活説明会で、吊り橋理論と5秒間見つめる理論を学び、町子の控室を訪問する。町子は、家族旅行に行こうと北海道と沖縄を悩んでいた。

霧山は、時効になった事件を趣味で調べていると言い、当時、城崎と何を話していたと聞く、町子は、婚約者と喧嘩したことを相談を受けていたと。城崎とは初対面だったと答える。

霧山は、去る時に、町子が、北海道のパンフレットを手にしており、人間は嘘をいうと体温があがるから、北海道に行きたいということは嘘をついていると三日月にいう。

霧山は、三日月に、町子を探るため、プレミアム会員になって欲しいと頼む。三日月は、説明会に行くと、彩雲も会員になって聞いていた。

プレミアム会員選抜試験があり、彩雲は合格したが、マナーがまったくない三日月は不合格で、町子に質問ができず、霧山への思いを見透かされ、婚活本をもらう。

三日月は、吊り橋理論を実践するため、霧山をアスレチックに誘い告白しようとするが、勢い余って、霧山は落ちそうになる。そこに、町子から食事のお誘いの電話が霧山に入る。

町子は、おしゃれなレストランで、夫の城崎を疑っているかと聞く、その時誕生日おめでとうと店員がシャンパンを持ってくる。

町子は、霧山の手をとり、時効を調べる趣味をやめ別の趣味を見つけないかと、恋人を見るような目で見つめる。

翌日、霧山は、昼休み、テニスのさわやかな格好をして、女子警官をつれて、時効管理課に入ってくる。霧山は、時効事件調査を趣味にするのはやめたと言い出す。

熊本課長は、霧山はどうしたんだと三日月に聞く。三日月は心配する。

霧山は、テニス姿で、鑑識課の諸沢に呼ばれ、康和は、凶器には指紋が拭き取られていたこと。

諸沢は、真ん中なら殺傷能力が高いのに、なぜ外側から使ったのかと言うと。霧山は、外側からと何か気づいたようであった。

霧山は、町子とテニスをして、休憩中に、町子に、なぜ犯人は外側から凶器を使ったのか。テーブルマナーで、外側から使うと教えてくれたのは、町子だと聞く。

町子が、城崎のアリバイを証言した理由は、証言することで、町子自身のアリバイを証明したのではと予想する。町子は、私が、彩良を殺したというのかと言う。

三日月は、町子からもらった恋愛攻略本を見ながら、ウ段の言葉を使うと、キスを求める顔になると書かれており、霧山に、羊羹やテニス本を渡してアピールする。

霧山は、テニス本を見ながら、町子のテニスウエアに、東風大学と書かれていたのに気づく。夫の城崎も同じ大学出身だったことを思い出す。

霧山と三日月は、城崎の自宅を尋ねる。学校から帰ってきた息子が家に入れてくれた。息子は、弁当箱を持って言っており、母・町子は、いつも弁当を作ってくれると言う。

城崎に、大学時代に、町子と知り合いではなかったと言われる。

二人が親密になったのは、彩良が亡くなり落ち込んでいた城崎を慰めてくれていて、吊り橋に誘われ、手を握られ、5秒くらい見つめられ恋に落ちたと言う。

町子がやっている婚活講座通りのことを、城崎に実践したことが分かり、霧山と三日月は、町子が先に城崎を好きになったのだと推測する。

城崎の大学のゼミに行き、町子の講座の写真を見せると、教授は、自分が好きで来ていたと言い張るが、城崎をじっと町子は卒業するまで見つめていたことが分かる。

時効管理課では、町子が、結婚間近の城崎を奪いとるため、彩良を殺したのではと推察する。

彩良の残したMISTAKEのダイイングメッセージが分からない。Sが大きいのは、Sが2つ書いてあり、その間を埋めたのだが。彩雲は、町子の旧姓は、竹田町子だというと、霧山はひらめく。

お手柄だった彩雲も、犯人との対峙にいっしょに行けることになるが途中ではぐれる。探す三日月。霧山は、町子と橋の上で1人で対峙する。

霧山は、大学時代から好きだった城崎が自分の会員になって驚いたが、彩良と仲良くならと身を引いた。彩良が、城崎が無職になったと怒るのを聞き、愛していないのかと腹が立った。

彩良と町子は口論になり、城崎が侮辱されただけでなく、未婚の町子が婚活をやっていることも暴露すると言われてしまった。

いつもの習性から、外側にあるハサミとナイフをとり、町子は、彩良を刺したのであった。彩良はすぐ死なず、ケチャップでMISS TAKEDAと書こうとしMISSTAKEで亡くなった。

それを見つけた町子は、自分の旧姓だと気づき、MISSのSSの部分を塗りつぶし、MISTAKEと見えるようにした。アリバイのなかった城崎を救うふりをして自分のアリバイを作った。

三日月は、吊り橋の上で対峙する霧島に、吊り橋の上だから騙されてはだめだと駆けつける。吊り橋が揺れて、霧島は、片手一本で吊り橋に摑まる。あとは犯人のあなたにご厚意にと。

町子は、一目ぼれだった。高嶺の花と思い諦め、恋愛を学び、それで婚活に活かした。彩良がつれてきたのが城崎で、城崎を愛してない彩良に腹が立ったと語る。

霧山は、耐え切れず、吊り橋から川に転落するが無事だった。霧山は、水没することを予想し完全防水加工のだれにも言いませんよダイバーカードを作ってあると言い、印を押し、町子に渡す。

時効管理課では、彩雲が、もう少しで、時効犯人を捕まえる現場に立ち会えたのにと悔しがる。プレミア会員だから良いのでは言われるが、彩雲は仕事に打ち込むと辞めたと去って行く。

十文字がバラの花を持ち彩雲を探す。十文字は、プレミア会員の彩雲の恋の罠にかかっていたのであった。何を思ったか、十文字は、霧山にバラを渡し、恋する顔で見て去って行く。

ここまでがネタバレですが、第3話は、婚活会員が殺された。霧山は、後に、その女性の相手と結婚した婚活の女神が、殺害したと考え捜査を進め.....。

霧山が、婚活の女神が嘘をつき体温が上がったか知るのに、今回は、旅行先を北海道の涼しい場所を選んだと語る強引さが面白かったです。

婚活の女神の証言で、亡くなった女性会員の相手の男性のアリバイが証明されるのですが、霧山は、婚活の女神が犯人で、そのアリバイ工作のため男性が使われたと気づく逆の発想が良かった。

ドラまる
捜査よりも自分の婚活をとり、婚活の女神に負けてしまう三日月が可愛かった。

そして、さっそく霧山に実践するところも。

ラマちゃん
婚活の女神の誘惑に負けて、霧山も、いきなりさわやかなテニスボーイになってしまうというくだりも、シュールでしたね。

凶器が外側からとられていたことに気づくのも、何気ない会話からでしたね。それと、婚活の女神が言っていたテーブルマナーを重ねあわせるとは。

三日月からもらったテニスの本から、婚活の女神が来ていたウエアに入っていた大学名に気づき、夫とは同じ大学で接点があったと見つける流れもコミカルで良かった。

ドラまる
婚活の女神の夫が、どうやって好きになったのかと聞き、吊り橋に行ったりでした。

その手段は、婚活の女神の教科書通りのやり方で、婚活の女神の方が、以前から好きだったと確信します。

ラマちゃん
MISTAKEのダイイングメッセージの意味合いが最後まで謎でした。

これは、婚活の女神の旧姓が竹田と言った彩雲のお手柄でしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』3話ネット上の反応

ドラまる
中山美穂さんの可愛い格好に、時効警察やるねとの反響が出てますよ。

ラマちゃん
新キャラ・彩雲に、いろいろなコメントが寄せられてます。面白くしてくれるといいですね。

スポンサーリンク

ドラマ『時効警察はじめました』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『時効警察はじめました』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『時効警察はじめました』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『時効警察はじめました』4話のあらすじ

2019年11月8日(金)放送のドラマ『時効警察はじめました』第4話のあらすじをご紹介します。

長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることに!

この話題に刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は異様に興奮。

一方、先輩刑事・十文字疾風(豊原功補)は渋い顔をする。

というのも元祖『ロマ止め』は、撮影中に監督・唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が発生。

十文字らの捜査もむなしく、時効を迎えたのだ。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)は助手の三日月しずか(麻生久美子)と共に、まずは映画のマスターテープを鑑賞。

映画は棺を開けた主演女優・折原千香子(中島美嘉)の驚愕の表情で終了するのだが、なんとマスターテープにはその直後…棺の中から唐沢の刺殺体を発見し、混乱する現場の様子も記録されていたのだ!

当時、現場には唐沢の筆跡で「俺は自殺する」と書かれた台本もあったが、警察は傷の痕などから他殺と断定。

前夜には千香子が唐沢に向かって「殺してやる!」と叫ぶ姿も目撃されていたため、疑惑の目は千香子に向けられた。

だが、ここで捜査に大きな壁が立ちはだかる。

実は、唐沢は映画の冒頭に出演。

つまり、殺されたのはカメラが回り続けていた70分の間ということになる。

しかし、千香子が映画のフレームから消えたのは3分間のみ…。

この“空白の3分間”に犯行を完遂するのは不可能と言っても過言ではなかった。

霧山はさらなる捜査のため、ゾンビエキストラのオーディションを経て、オリジナル版とまったく同じ場所で行われるリメイク版の撮影に参加。

やはり千香子が一番怪しいと考え、検証を試みる霧山だが、やがて出演者の一人が大真面目な顔で「犯人は幽霊です」と言い出して…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『時効警察はじめました』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

婚活の女神が失敗したのが、殺害された今の夫の婚約者。霧山は、女神を調べ、大学時代に好きになり、その婚約者が彼を愛してないと分かり殺害。ダイイングメッセージの謎を解き特定。

ドラまる
今度は映画の撮影中に殺された監督の死の謎に挑む。容疑者の女優が、3分間の空白で殺害できたのか。

また面白そうですね。

ラマちゃん
捜査のため、霧山と三日月は、ゾンビエキストラになるようです。

どんなゾンビに変身するか楽しみです。

今回も、彩雲大活躍でした。ダイイングメッセージの不自然な点に最初から気づいてましたしね。残念ながら、時効容疑者の逮捕の瞬間は見れてません。いつかは見ることができるのか。

霧山を好きな三日月も、彩雲の登場で、内心ヒヤヒヤですね。ライバル心を燃やしてますね。二人の展開も期待できそうです。

次話は、どんな時効が待っているか、楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA