ハル~総合商社のオンナ~|4話見逃し動画無料視聴はこちら【11/11配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話(2019年11月11日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ハル~総合商社のオンナ~』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月11日(月)放送終了〜2019年11月18日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ハル~総合商社のオンナ~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハル~総合商社のオンナ~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハル~総合商社のオンナ~』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ハル~総合商社のオンナ~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年秋ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじは?

2019年11月11日(月)22時00分より放送のドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじをご紹介します。

海原晴(中谷美紀)は部長の和田寿史(藤木直人)から五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」の話を聞く。

ここ数年、赤字経営が続き、今は五木商事の飯島利彦(宮川一朗太)が社長に就任。

しかし、飯島が就任して以来、制作会社気質から儲け第一の商社気質になり、ヒットの裏付けデータがないと企画が何も通らなくなったという。

和田は大学の後輩でスターバレーの社員プロデューサー・若林隼人(満島真之介)から相談を受け、「映画作りはデータではなく、感性が必要だ」と怒りを露わにする。

晴は和田の熱意に押され、経営方針を確認するため、青柳悠馬(白洲迅)と共にスターバレーで飯島と面会することに。

飯島は「いい映画とはビジネスとして成功した映画だ」と豪語する。

一方、若林は、温めてきたオリジナル作品の企画を飯島から時間も費用もかかりすぎるとあっさり却下され、仕事を辞めようか悩んでいたが、晴のある言葉に刺激を受け、数日後、とある企画書を持って、五木商事へやってくる。

しかし、若林が持ってきた企画の最大のネックは製作費だった。

大規模な撮影のため、20億円はかかる見込みで、案の定、飯島の答えは“却下”――。

「製作費が用意できれば勝ち取れる」と考えた晴と和田は、今話題の青年実業家・金子陽介(淵上泰史)に力を借りるべく接触を試みる。

公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

kouasami
涼と和田の父子の繋がりが、今後も見られることに期待したいです。

さらに、和田と晴のプライベート面での交流がいつ始まるのかと楽しみにしています。

涼も、日常は寂しい思いをしていると思うので、親子3人で会う機会が出てくることを心待ちにしています。

経営企画部内での人間関係が、晴にとって良好なものになってきたので、会社内の様子をみることも楽しみになってきました。

一人で非協力的であった御曹司、コネ入社の男も、リニアモーターカーの消しゴムを見てニヤリと笑っていたことに、今後の可能性を感じました。

彼が晴に協力する日を楽しみにしたいです。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

ななこ
五木商事で働くことになった晴は、次から次へと仕事を成功させている。

副社長が晴のことをどう思っているのか気ががりでもある。

映画会社の仕事となり、映画関係者の若手プロデューサーの人物と和田との関係の過去に、何か思い入れがあると感じる。

仕事が上手く行かない若手プロデューサーは田舎に帰ると考えてるようだ。

いい映画を作るために和田と晴は手助けをして、映画会社の立て直しを計画するだろう。

ビジネスと成功させるのか、いい映画とは、興味が持てる内容となることを期待する。

本物のほうがかっこいいと言った涼、再び親子の対面が楽しみ。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

丘里リル
五木商事の子会社のスターバレーの社長の飯島利彦はもうけ主義でデータに基づいていないと企画を通さなくて、和田はそこを問題視していました。

晴は飯島に話を聞きに行き、飯島にやり方を変えるように言うが、飯島は聞きませんでした。

そこで晴はスターバレーで映画の企画をしたいと申し出ました。

晴は外国にいた経験を生かして、CGを使った映画を作りたいと企画書を飯島に提出しました。

今回はスターバレー社員にドラマの「いだてん」に出ていた満島真之介さんと「警視庁ゼロ係~生活安全課何でも相談室~」に出ていた宮川一朗太さんが出るので楽しみです。

ペンネーム:丘里リル(50代・女性)

タカ
映画会社を建て直す話みたいなので映画の興行成績が悪くて潰れそうになっているのでしょう。

そこで五木商事に話が舞い込んできてハルが建て直しに奮闘すると思います。

その映画会社の若手プロデューサーと話をして映画の制作のことで助言すると思います。

映画をヒットさせるためにホラー映画をハルが進めると思います。

一番ヒットしやすそうなのがホラーですからその方向で映画を作り公開します。

すると口コミで評価が上がりヒットして映画会社は潰れずに済むといった感じでしょうか。

ですがハルは途中何か失敗してピンチになってしまうような気がします。

ペンネーム:タカ(30代・男性)

よんよん
第4話は映画会社の立て直し。

どんな映画を作っていくのか、第3話もブリヂストンを模したような展開だったので実話をもとに考えられているかも。

低予算での映画、カメラを止めるなのような提案で公開からじわじわ増えての大ヒットな展開も面白そうです。

そして部長と映画監督の過去から部長のストーリーや人柄が見えてきそう。

ハルと部長との過去になにがあったのか、辛い味付けなどのつまらない理由だと嬉しい。

次回は部長と息子との面会があるので息子のリョウ君が部長とハルを引き寄せてくれると嬉しい。

公私ともにハッピーエンドで終わってほしい。

ペンネーム:よんよん(30代・男性)

飛べないアヒルい
次回は、映画会社の「スターバレー」と五木商事が舞台となるようで、五木商事から社長に就任した飯島と、映画制作の現場で仕事をするプロデューサー若林の立場や考え方の違いによる対立が想像されます。

一方で、和田と若林が、大学の先輩後輩の関係にあることから、ビジネスでの関係性を和田が、いかにバランスさせるかも面白そうです。

しかも、五木商事とスターバレーに加え、青年実業家の金子に資金提供を求める試みが、飯島の感情や判断にどう影響するかも面白そうです。

これまでのラーメンや特殊タイヤといった商品とは違う映画という数字の根拠を示しにくいビジネスを、晴が周囲をいかに納得させるかが楽しみです。

ペンネーム:飛べないアヒルい(50代・男性)

2019年秋ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ななこ

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレ

五木商事の子会社映画会社のスタ-バレ-に五木商事の飯島が社長、映画会社には和田の後輩若林がプロデューサーをしていたが、双方の方針の違いがあり和田が相談を受けていた。

晴は若林からオリジナル企画を持っていたが、莫大な製作費となるため飯島から却下受けていた。仕事を辞めると言った若林を、晴はやる気が出せるようにけしかける。

若林は人気漫画の時代劇の原作で、製作費は20億円となり晴に相談する。

飯島から却下され、和田が青年実業家金子と接触して映画製作の出資をお願いする。 

しかし、五木商事は他会社に映画製作となり若林の映画の夢が潰れかかっていたが・・・・

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の感想

和田が映画研究会に入っていて、映画に対する思いは間違いなく私情が挟まっていたと感じた。

映画好きでなければわからない映画のフレ-ズが、支えとなりいつまでも忘れなく人生を歩んだ思いがあるようだ。

諦めきれない和田が、アプを取らないで会うことになり青年実業家金子と接触して出資を試みるが、やはりみんな同じ意見で残念だった。

映画を成功させるためには、夢も大事だが興業収入大事だと思う。

いい映画であればどんな映画でも客は入り、制作者は成功するのを信じているはず、和田の熱い思いが飯島に伝わり彼の本音が聞けたシ-ンが凄く良かった。 

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

toko3

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレ

五木商事の子会社であるスターバレーの飯島社長がいつも若林のオリジナル企画を却下することに若林はガッカリしていた。

晴と青柳は若林に会うことになった。

晴の言葉に若林は考え方を変え、飯島社長が望む企画書を晴に見てもらうために再度会った。

今度は大人気漫画が原作だったが、制作費が20億円と高額だった。

晴と若林は金子に会ったが、金子はこの企画書には出資できないと断ってきた。

だが、和田が金子に若林の企画書を再度見てくれるように頼んだ。

金子は承諾したが、スターバレーが制作から撤退するという事態になった。

そこで、和田が飯島社長に若林のオリジナル企画を実現してくれるように頼みこんだ。

飯島社長は承諾して、若林はオリジナル企画の「熱帯の桜」を進めることが出来た。

だが、晴と涼が和田と食事している場面を経営企画部の社員に見られるというハプニングが起きてしまった。

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の感想

若林が映画のオリジナル企画をいつも却下されることは無念だと思っていると感じた。

仕事で自分の好きなように仕事をすることは難しいが、晴と和田が金子や飯島社長に会って、若林の願いを叶えてあげようとする姿に感動した。

飯島社長がなかなか手ごわい相手だったが、和田が「夢のあるビジネス」という言葉を言ってから考えを変えてくれたので本当に良かったと思った。

和田の映画が大好きな思いがすごく伝わってきて、晴もそのことをよく知っている感じがとてもいい雰囲気で見ていて温かい気持ちになった。

また、晴と涼が和田と会っているところを経営企画部の社員に見られた時は少しドキドキしてしまった。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

パンダムくん

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレ

五木商事の子会社である映画会社「スターバレー」では新社長である飯島がデータ重視のビジネスを行っていました。

このことを晴は部長の和田から聞きます。

スターバレーのプロデューサー社員である若林は映画はデータではなく感性だと主張しました。

このときの若林は大変憤りを感じているようでした。

そこで、長年温めてきた若林の企画あっさりとデータ重視の飯島に却下されてしまいました。

若林の案は何せ制作費が莫大だったのです。

徹底したビジネス主義の飯島と顧客が見たいものを作りたい若林の思想は対立しております。

制作費さえ手に入れられればと和田と晴は青年実業家にお話をしに行きました。

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の感想

ドラマですと、やはり飯島さんがちょっと悪者に見えますが、ビジネスの世界ではどちらの思想も仕方ないものだなぁと思います。

近年はこのようなデータ重視なビジネスモデルがさらに大きくなってくるんじゃないかなぁと言うふうに思っています。

しかしこの世の中で、自分の感性や感覚を頼りにして、新しいものを何か生み出そうとするような思想は極めて重要なものだと思います。

まさに、人間にしかできない事は何かと考えさせられるようなお話でした。

これから製作費20億円と言う莫大な費用をどうやって部長の和田と晴が掴みとるのか、それともやはり不可能なのか楽しみにしております。

ペンネーム:パンダムくん(20代・男性)

kei

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレ

和田部長の学生時代の後輩の若林が映画会社の社員であるが、仕事が上手くいかないと相談される所から話が始まります。

スターバレーという会社は、五木商事の子会社でしたが、社長の宮川は数字重視で利益が出ないものは全て却下するスタンスを取っていました。

和田は海原晴に何とかするように指示をしますが、どうも映画になると周りが見えなくなる和田部長に困惑している様子でした。

実際、宮川の言っている事は間違えていない部分もあるという事で、若林自ら新しいスポンサーを見つける事を提案する。

そこで、映画好きの社長金子を見つけてアタックするが上手くいかなかった、そこで和田部長自ら金子にアタックする事で、金子が出資してくれる事になった。

しかし宮川は許可しなかった、和田が宮川の説得を試みた、宮川は今は耐えていつか自由に映画を作らせてあげたいと実は社員の事を考えている社長でした。

和田の気持ち組み無事に若林の映画が放映される事になりました。

最後は海原涼と和田部長と3人で食事をするシーンと共に話は終わりました。

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の感想

映画ビジネスは非常に難しいものだと思いました。

個人の主観が左右する中で、確実に利益をあげるものを選ぶ宮川のやり方は決して間違えていないと思いました。

しかしそれだと、大ヒット作品は生まれないと思います、冒険する本当にいい作品を作るという気持ちは重要だと思いました。

和田部長が周りが見えないぐらい全力でぶつかるあの熱量が良い映画を作るのかもしれないと思いました。

そして宮川がひどい社長と思っていましたが、すごいいい社長だったのが意外でした。

きっとスターバレーは素晴らしい業績をあげて復活すると思いました。

最後に海原晴と和田部長はお似合いのカップルに見えます、何故別れたのか気になりました。

ペンネーム:kei(30代・男性)

有田

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレ

五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」が儲け至上主義になりすぎていて映画化の企画が通らなくなっている。

和田の後輩若林から相談を受けて映画作りはデータではなく感性が必要だと熱く語る和田に公私混同じゃないのかと問いただす晴。

和田は映画が大好きで情熱を注いでいた事を知った晴ならではの指摘だったようで元夫婦らしい会話だったなと感じました。

部下が上司になかなか言える言葉じゃないなと感じました。

こういった会話があるのもこの2人ならではの会話で面白かったです。

晴が映画会社の飯島社長、青年実業家金子などへ話をしに行きます。

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の感想

和田が映画好きということだったんですが、息子の涼も映画について熱く語っている場面は面白かったです。

涼が映画の大事な場面を全て語ってるように見えたのが見ていて笑えました。

ついつい見ていて全部言ってなかったかとツッコミ入れたくなりました。

晴がDNAかなと微笑んでる顔は良かったです。

親子3人での食事会で涼がやたら緊張してるのも印象的でした。

ただわからなかったのが終始無言だった涼が突然2人の離婚した理由はこれが理由ですねみたいな感じのこと言いだしたのは驚きました。

普通に笑いながらの食事に何があったのかわからなかったです。

気になる終わり方でした。

ペンネーム:有田(40代・男性)

フルムーン

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじネタバレ

和田が映画会社スターバレーを案件に上げる。

社長の飯島が派遣されていて、和田の大学の映画研究会の後輩の若林がいた。

若林は飯島が内容が良くても儲からなければ評価しない、数字の裏付けデータがないと企画が通らないと言う。

飯島が事業縮小とリストラも考えているようだ。

そこで海原が派遣される。

飯島はオリジナル作は許可しない、メジャーなエンターテイメント作品でなければ儲からないと言う。

海原と青柳が若林に会う。

若林は「熱帯の桜」という作品を飯島から却下されたと言う。

若林は故郷に帰ると言う。

ヒット作を出して価値を認めて貰ったらどうかと海原が言う。

数日後、若林が海原を訪ね、サムライヤンキーというヒットマンガの映像化を提案すると言う。

飯島は制作費がかかり過ぎで却下だと言う。

海原に和田は20憶円集めて来いと言う。

和田は金子というベンチャー起業家に坂井社長のつてで海原と若林が金子に会い、若林の企画を見て貰うが断られる。

若林は自分以外のプロデューサーに力を貸してやって欲しいと言う。

和田は「夢に命を吹き込め」という若林の映画の題名を示し映画から逃げるなと言う。

金子の行きつけの店で和田がちいさい願いという金子が学生時代に撮った映画の話題で懐かしい話をした。

和田は本当に好きな映画に出資しているか、和田はもう一度、若林の映画に出資して欲しいと言う。

「熱帯の桜」の企画書を見せ、「ちいさい願い」のコンセプトに似ていると言う。

金子の世界観に会うと和田も言う。

金子は、たまには好きな映画を作ってみたい。

10億の出資は無理だと言う。

しかし制作は他社に任せると飯島が言う。

和田は飯島に、熱帯の桜には若林と金子の想いがこもっている。

作り手の感性を大事してはどうかという。

かつて飯島も上層部に反対して感性で事業を成功させたと言う。

飯島は若林に好きにやらせてみるかと言う。

海原は息子と和田とレストランで会った。

その場面を川上が見ていた。

『ハル~総合商社のオンナ~』第4話の感想

若林がサムライヤンキーという人気マンガの映像化を企画しても飯島に却下され、故郷に帰ると失望し、もう駄目かと思いました。

しかし会社が付き合いのある坂井社長のコネでベンチャー起業家の金子に会い、若林の企画を見て貰い、これなら成功かと思っても、断わられた時は、いよいよダメかと思いました。

それでも和田が金子の行きつけの店で金子が学生時代に作った映画の話で関心をひきつけ、若林の企画書を渡して漸く、金子に、たまには好きな映画に出資したいと思わせる気にさせて成功かと思いました。

ところが、飯島が制作は自社ではしないと言い出し、怒った若林の姿に、若林の夢が消えたかと思いました。

それでも和田が飯島が昔、上層部の反対を押し切って感性を信じて事業を成功させた例を引き出して、映画製作にかける若林と金子の感性にかけて欲しいと、飯島をその気にさせたのは、見事な演出でした。

誰しも、自分の成功体験を誉められれば悪い気がしません。

そこを上手く、ついたのは和田の巧みな人心掌握術でした。

ペンネーム:フルムーン(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ハル~総合商社のオンナ~』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA