グランメゾン東京|11話(最終話)ネタバレと感想。三つ星に輝く!尾花を越えたシェフ倫子!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年12月29日(日)「グランメゾン東京」の11話(最終話)ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
丹後が去ったgakuは、新シェフ・結月によりボロボロになる。

何か事件が起こるようです。どうなってしまうのかgaku。

ラマちゃん
尾花は、新メニューに、禁断のマグロを使おうとして、倫子と口論になり、スーシェフを辞めると。

尾花がスーシェフを辞めたグランメゾン東京は、三つ星がとれるのでしょうか。

ミシュラン審査が近づき、尾花は、新メニューに、禁断のマグロを試す。倫子と口論した尾花はスーシェフを辞める。丹後がいなくなったgakuは、ボロボロになり、ある事件を起こし.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』11話(最終話)あらすじネタバレと感想

ミシュラン審査まで2週間に迫る。尾花は、禁断のマグロを新メニューに使おうとするが、倫子は、時間がないからと乗る気ではなかった。

gakuでは、新シェフの結月のめちゃな要求で、料理人が去り、ボロボロになっていた。

尾花と倫子が新メニューを開発していた時、尾花に、フランスのランブロワジーから、東京オリンピックのタイミングで東京に出店する姉妹店のシェフをしないかとオファーが入る。

京野は、3つ星ランブロワジーのシェフか凄いと、倫子のためかと聞く。尾花は、どこにも行かないマグロ料理を作らなくてはとごまかす。京野は、3つ星取ろうなと言う。

ミシュラン審査まで10日となる。アミューズはウニのパンペルデュ、手長海老のスープを平古と相沢が完成させる。尾花も納得の料理だった。

倫子は、あとは、前菜1つと魚料理とデザートという。萌絵にデザートはどうかと聞き、もう少し考えたいと。

倫子は、尾花に、問題は、魚料理だと、マグロはうまく行ってないよねと指摘する。

尾花は、エスコフィエで3つ星が取れなかったのは、インパクトが無かったからだと、それを乗り越えるためにも、マグロを完成させなくてはと譲らない。

尾花は、シェフなんだから、心配なら、別の魚料理を自分で作ればと反論する。倫子は、自分でも作ると言い出す。

gakuでは、結月への不満が爆発しそうになる。スーシェフが武野になり、柿谷も降ろされてしまう。江藤は、柿谷をなだめる。

フランス大使館のベルナールは、リンダに、ミシュランにグランメゾン東京に審査に入らないように圧力をかけたかと問う。頷くリンダに、オーナーに逆らうことはないと安心する。

倫子は、魚料理にハタを試す。尾花は、火を入れるのに適したマグロのカマを試すが、臭みがとれないと悩む。

gakuでは、料理人がボイコットして店を出て行ってしまう。結月は、契約と違うと、店を去り、一人残された江藤は、がく然とし倒れ込む。

そこに、柿谷から連絡をもらったと丹後が現れ、フランスでどん底に落ちた時に、江藤に救われ立ち直った。今度は、自分が救う番だと。

江藤は、最後に食べた丹後の湯葉の料理は、3つ星を狙えると思ったと。江藤は、時間がないことを心配するが、丹後は、2つ星を取っているから時間の余裕があると料理開発に入る。

丹後が入り、gakuは活気を取り戻す。柿谷が開発した料理も、丹後が認めるレベルになる。江藤は、昨年3つ星をとったレストランの情報を集め、対策を練る。

尾花は、マグロを試すがなかなかうまく行かず、自分を怒る。倫子も、ハタの料理を試すがうまく行かず、自分を怒る。

二人の様子を見た、京野と相沢は、この店で一番成長したのは、倫子だと。尾花みたいに、悩みながらも、答えにたどりつくようになってきたと。

デザートに行き詰まった萌絵は、尾花に相談するが、平古が呼ばれる。萌絵は、モンブランを作った時みたいだと喜ぶ。

萌絵は、この前きた美優を追いかけてその後どうなったと聞く。付き合いを続けて欲しいという平古に、美優は、美味しいグランメゾンに入ったのだから、別れた方が良いと。

平古は、3つ星をとって、美優にもう一度交際を認めさせると張り切る。

尾花は、カマから赤身にもどり料理を作るが、焦れば焦るほど、まとまりのない料理になってしまい、同じように悩む萌絵の顔を見る。

ミシュランの審査まで4日となる。萌絵は、クレームダンジュを完成させる。皆は美味しいと言うが、尾花は、夢心地が足りないと、評価が甘くないかと、辛口の審査をしてもらおうと。

尾花は、萌絵を連れて、美優に審査をお願いする。これは、萌絵と平古が作ったデザートで、美優が美味しいと言えば、合格だと。

美優は一口食べて、萌絵の作るデザートは最高だと、平古と料理人として共感できる萌絵が羨ましく嫉妬していたと。

萌絵は、突然怒り出し、美優が支えてくれれば、もっと、平古は成長するはずだと。尾花に、怒ることを想定してここに連れてきただろうと。

尾花は、料理は、素材と料理人の腕で決まるが、料理人の気持ちも大事だと、もっと優しい気持ちで作れば、優しい甘さになると。ささくれ立った奴が作ると、落ち着かない味になる。

美優が、平古の背中を押してくれれば、料理がうまくなるかもしれないし、それが、デザートを優しい味に変えると。グランメゾン東京が3つ星を取るために、美優の力を貸して欲しいと。

美優は、以前に、萌絵のロッカーに画鋲をつけたことを謝る。萌絵は、こんど、美味しいスイーツを奢ってよと、料理人は料理で返すのだろ尾花と呼び捨てにし。尾花から小突かれる。

美優は、古平に電話をかけ笑う。

平古と相沢は、峰岸に、前菜のタルトブーダンを試食してもらう。峰岸は、ばかうまいなと。

倫子はデザートもといい、萌絵が作ったクレームダンジュを出す。峰岸は一口食べて、食べるだけでにやけてしまうと言う。尾花も食べて、美味しいサインの上を向く。

峰岸が、外に出ると、江藤が、伝説のジビエハンター峰岸に、和セリをシェフが欲しいと言っていると頭を下げる。峰岸は、しつこいなと言って振り切る。

ミシュラン審査まで3日になる。尾花は、マグロと格闘していた。倫子は、ハタの魚料理ができたと叫び、皆に、ハタのロティノワゼットアンショアと言い提供する。

一口たべて、皆が黙る。平古は、ハタの甘味と合わさって、全部が力強いと絶賛する。相沢は、意識を吹っ飛ばされる迫力がある。京野も、すごい料理人だと。

全員が、尾花を見つめる。尾花は目を潤ませながら、マグロをやると言い出す。平古は、これで3つ星とれると言うが、尾花は、シェフと話しているんだと怒る。

倫子は、3つ星とれるか分からないと言う。尾花は、はっきり言ってあげる、ハタでは3つ星は取れない。2つ星までは行くだろうが、3つ星のためには、マグロ料理が必要だと。

相沢が、全ての料理ができたから、お客様に出そうと、早めに、ミシュランの審査員がくるかもしれないと。京野は、審査員は1名だが、それらしき名前がないと。妨害されているかもと。

ミュシュラン審査まで2日になる。尾花は、リンダをホテルロビーで待ち伏せ、店に、審査員が来ないと。リンダは、平古がいる限り、星を取らせないといったはずと。

リンダは、フランスで伯爵の称号を持つオーナーが怒っている。尾花は、そんな権力に負けるとは、美食のリンダらしくないと。

尾花は、自分の価値観を越えられず怖いのだろう、グランメゾン東京の料理を食べにくれば、それを越えて、感動することができると誘う。リンダは、拒否する。

リンダは、グランメゾン東京にやってくる。尾花は、ニヤリと笑う。京野は、リンダが、ご機嫌が良くないと伝えてくる。

尾花は、優しい味を出そうと言い、倫子に、今までやってきたことを全て出すんだと鼓舞する。

栞奈が、リンダにワインを出す。ウニのパンペルデュですと京野がアミューズを出す。リンダは香りを嗅ぎ、一口で食べリンダの顔が動く。

栞奈が、ブリーズのワインを出し、京野が出したババロワと合わせると、リンダはため息をつく。

前菜の白子のポッシェ ショーフロワを出す。尾花が、冷たいワインとのマリアージュを楽しみ下さいと言う。食べて飲んだリンダは、再びため息をつく。

温かい手長海老のスープを倫子が出す。倫子は、フランスで、尾花と出会った時に食べた手長海老を思い出す。リンダは食べて、ため息をつき、目を閉じる。

京野は、リ・ド・ヴォーを入れたクスクスのサラダを出す。京野は、尾花がまかないで作り、自分を引き入れてくれたクスクスの料理を思い出す。

リンダは美しいと一言言い、食べると、倒れそうになる。その姿を見た尾花は思わずガッツポーズをする。

相沢は、今までいっしょに作ってきたレバー料理を思い出しながら、タルトブータンを出す。リンダは、食べると、またもや満足そうなため息をつく。

京野が、倫子が作ったハタのロティを出す。リンダは、1口食べ、どんどん美味しそうに食べて行く。その姿を見た倫子は安心し、萌絵にも笑顔が満ち溢れる。

平古も、今までの苦労を思い出しながら、ギジバトのドゥミ・アンクルートを出す。リンダは満足そうに、何度も頷きながら食べる。

芹田は、下積みの時を思い出しながら、当店の定番メニューだとメレンゲのアイスをだす。リンダは美味しそうに食べる。

萌絵は、モンブランで苦労し、この店で働きたいとお願いした時を思い出しながらデザートを作る。クレームダンジュと言い、ほんのりとした甘味のリコッタチーズで作ったと伝える。

栞奈は、尾花に、あんたみたいなソムリエが欲しいと言われたことを思い出し、尾花は、京野に最高のチームができたなと言われたことを思い出す。

リンダは、一口食べ満足げな顔をし、目から一筋の涙を流す。

倫子は、リンダに、グランメゾン東京のフルコースは、旅をしてでも、食べる価値がありますかと聞く。リンダは、「食べる価値がある」と。

「これだからやめられないと」言うリンダに、微笑を返す尾花。

翌日、ミシュランの審査員と思える1人の新規客から予約が入る。京野は、ミシュランの審査が始まったぞと、皆を鼓舞する。

フランス大使館のベルナールは裏切るとは、二度と這い上がれないと。リンダは、自分の舌に嘘をつくことはできない。この舌に嘘がないことを、グランメゾン東京が証明してくれると。

審査員1名がやってきて、1つ星が認められれば、2つ星の審査員がやってくる。2つ星は、一人は外国人で、お決まりの、クロスを落とし店の対応を見る審査がある。

2つ星の審査員が認めれば、2つ星になり、そのレポートがまとめられ、最終的に、どの星になるのかの審査が行われる。その中には、gakuとグランメゾン東京があった。

江藤は、峰岸のところに、和セリを欲しいと何度も足を運んでいた。ようやく峰岸は許可し、和セリは、丹後のもとに届けられた。

最後に、3つ星の審査員が店にやってくる。gakuでは、丹後が、柿谷とスタッフに、最高のものを出すぞと鼓舞する。

ミシュランの審査員は、最高だと言い店を出て行く。丹後は、江藤に和セリを手に入れてくれたおかげと感謝する。江藤は、実はと言いだす。

尾花は、マグロの脳天を使い、包丁を揚げながら料理を作る。揚げたチュロスの上にマグロを乗せて完成させる。

京野は、3つ星のフランス人の審査員らしき予約が明日入ったと。尾花は、マグロ料理のマグロの瞬間焼きが完成したと、ハタの料理と食べ比べだと。

尾花が作ったマグロ料理をみんなが試食し、相沢は、くらみそうになり、すごいのを作ったと。京野は、新しいフレンチの誕生だと。

尾花は、これで、明日のミシュランの審査は行こうと言う。倫子は、頷くが、ハタの料理と悩んでいる様子だった。

3つ星審査当日。倫子のガレージで、顔を洗う尾花は、寒すぎると。倫子は早く出て行くようにと。尾花は、言われなくても出て行くと。

峰岸から、渋滞で、和セリを届けることができないと連絡が入る。芹田を買いに行かせるが、新鮮なセリは無かった。

丹後が、和セリを、gakuと取引するように働きかけてくれたのは、尾花だと聞いたと。貸し借りを無しにしたいと、和セリを持ってくる。

尾花は、これで、3つ星をとったらどうすると。丹後は、取れる物ならとってみろと。

ミシュランの審査員らしき2名がやってくる。

芹田は、和セリの処理をやらせて欲しいと言い、平古はまかせることに。リ・ド・ヴォーを入れたクスクスのサラダに間に合い、芹田は思わずガッツポーズをする。

倫子は、魚料理をどうするか迷っていたが、マグロの準備をしろという尾花に、ハタで行くと宣言する。

尾花は、フランス時に、手長海老で作っておけば良かったのに、自分の料理のフォワグラの料理で失敗したのにと。3つ星がとれなくても責任がとれないと。

おれの料理を越えるということかと言い、尾花は、エプロンをとり、外に出て行く。倫子は、動揺する皆に、指示し、ハタの料理を作り始める。

翌朝、ガレージで、他の店に行くと書かれたお金を入れた封筒を尾花が置いて出ていたのを倫子は見つける。

尾花は、平古を、グランメゾン東京に呼び出して、何かを伝えていた。

ミシュランの星の発表セレモニー当日、gakuも入ってきて、グランメゾン東京も入ってくる。1つ星の発表が行われ、167軒で、新しく掲載されたのは19軒。どちらも、名前がなかった。

2つ星は、48軒掲載され、新しく掲載されたのは、3軒あると発表される。どちらも、名前が無かった。

倫子は、尾花のマグロ料理を出した方が良かったかと弱音をはく、相沢は、ハタ料理も負けてなかったと。

京野は、倫子のハタ料理を食べて、尾花は、自分の想像以上のものだったので、涙を流していたと。

平古は、尾花に呼び出され、フランスの時に尾花が星のプレッシャーを感じたように、そのうちに、倫子も感じ押しつぶされる。

その時に、必要なのは、自分の料理で星をとったという自信だと。平古は、だから、マグロ料理ばっかり作っていたのかと。尾花は、マグロを作りたかっただけと言い訳する。

尾花は、店は、京野がいればいいが、厨房は、料理を考える相棒がいる。それを、平古がするようにと頼む。すべて倫子シェフのためだったのかと平古は言う。

尾花は、遅れてセレモニー会場に向かう。3つ星は、12軒で、1軒が新しいお店だと。3つ星のシェフと店名をインターナショナルディレクター アーベレ・モンタンから発表すると宣言。

尾花は、会場の外で聞いていた。フランスから、エリーゼとアメリーが発表を願っていた。尾花の師匠の潮卓と凪子は浅草から、峰岸夫妻も、美優も一人願っていた。

日本料理の3つ星店が発表され、フランス料理が続く。

最後に、新しく3つ星になったのは、「グランメゾン東京・早見倫子様」と発表される。芹田や萌絵は悲鳴をあげ、相沢は、平古といっしょに叫ぶ、京野は、倫子に拍手し送りだす。

尾花は、会場の外で座り込み、両目から涙が溢れてきて喜びを味わう。尾花は、「届いた」と言葉を発し、喜びをかみしめる。

倫子は、拍手の鳴り止まないなか、登壇上に歩いて行く。アーベレ・モンタンから、3つ星の盾を受け取り握手する。尾花はその姿を見つめる。

丹後は、江藤に、握手を求め感謝を表す。江藤も、感謝する。

倫子は、受賞の言葉を述べ、飲食業界に関わる人への感謝を言い、「星を目指したがだめだった。理由は、努力が足りなかったからだと。それに気づかせてもらったのは店の仲間だった」と。

「情熱を持って向き合うこと、最後まで逃げないこと、お客様を一番に考えること、そして、自分を信じること。仲間が、私をこの場所に運んでくれました。みんなありがとう」

京野の目にも涙が、相沢や平古の目にも、萌絵や芹田の目、栞奈の目にも涙があふれる。尾花も、倫子の言葉に、目に涙があふれる。

料理を運びお客様に喜んでもらうことだけど、政治家のように世の中を変える。芸術家のように感動を生み出す。医者や弁護士のように、人を救うことができる素晴らしい仕事だと。

1つの料理を世界に発信つづけると言い、「料理には人を動かす力がある。それを教えてくれたのは、尊敬する一人の料理人です。」

「彼がいなければ、何も生まれてなかった。3つ星の名に恥じないように、正しく料理に向き合って行く。私の尊敬する料理人・尾花夏樹に負けないように努力する。」と宣言する。

その言葉を聞いた尾花は、何をいうかという顔をしながらも、喜んでいた。尾花は、大きな拍手をする。

倫子は、尾花を見つけると、尾花は、倫子に向かって指で3つ星を見せ、よくやったと伝える。倫子は、尾花を追いかけ、フランスで尾花に、星をとらせてやると言われたことを思い出す。

尾花に、3つ星の盾を見せる。本当に取るんじゃないよと言う尾花は、手をあげハイタッチをしようとするが、倫子は尾花に抱きつき歓びを爆発させる。

尾花は、「ハタのロティ。あれ死ぬほどうまかった」とひねり出すようにいう。ミシュランのシェフ服を着た倫子の背中を押して、何度も頷きながら去って行く。

相沢は、フランスに帰り、エリーゼとアメリーに元に着く。gakuでは、丹後が江藤と3つ星を狙い再出発を誓う。

グランメゾン東京では、芹田が大きい顔をし始め、美優は父親と、平古の料理を食べにくる。栞奈は、京野に、倫子が、ランブロワジーの姉妹店に行くと、おめかしして出かけて行ったと。

倫子は、探すが尾花がいない。師匠の浪漫亭に尾花はいた。尾花は、ここだと料理の研究ができると。

尾花は、世界の食材は無限にある、世界の星をとりに行かないかと。倫子は、「グランメゾン東京の姉妹店を海外にだすのか」と乗る気になる。

尾花は「お金持ってる」と聞き、倫子は、「貸さないよ」と小気味よく言う。

ここまでがネタバレですが、第11話(最終話)は、ミシュランの審査が近づく中、尾花は、マグロの料理に挑戦する。不安になった倫子は別の魚で進め.....。

尾花は、マグロに専念したいと、平古にスーシェフを任せると言ったり、不安視する倫子に、別の魚で料理を作れと言ったり、あとから思うと、すべて、自身を持たせる尾花の戦略でしたね。

平古と美優の関係を吹っ切れない萌絵を様子を感じ取った尾花は、萌絵のデザートを美優に審査してもらうことで、萌絵も自信がつき、美優も平古への思いをすっきりさせましたね。

ドラまる
倫子が、タラの料理を完成させ、尾花が食べた時に目に涙を浮かべました。

尾花は、口には出さなかったのですが、倫子の力を認めた瞬間でした。

ラマちゃん
3つ星の発表で、グランメゾン東京の名前が呼ばれる。

尾花のなんとも言えない喜ぶ様子が、すごく良かったです。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』11話(最終話)ネット上の反応

ドラまる
三ツ星とれて最高のラストだったとネットで声が上がってます。

ラマちゃん
とても熱いドラマだったと高評価の声が高まってますよ。

ドラまる
キムタク最高、良かったと絶賛する声が多く上がってます。

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『グランメゾン東京』11話(最終話)のあらすじネタバレを紹介しました。

審査に向かい新メニューを仲間に任せ、尾花はマグロにこだわる。倫子は、別の魚料理を作り、尾花のマグロ料理を使わないと判断。グランメゾン東京は3つ星をとる。倫子を称える尾花。

ドラまる
3つ星とったセレモニーで、倫子が、尾花を自分を導いてくれた尊敬する料理人だと言い、尾花に負けないようにしたいという言葉に、

倫子の思いが詰まってましたね。

ラマちゃん
尾花に、3つ星の盾を見せた時の倫子の自信のある表情。ハイタッチしようとする尾花に、倫子が嬉しくて抱きつくシーン。

共に戦ってきた尾花に対する感謝が溢れてましたね。

自分の料理人としての実力を知り打ちひしがれた倫子が、最後は、尾花のマグロ料理を採用しないという決断をするまで成長する姿が良かった。

最初は芹田、京野、相沢、萌絵、栞奈、最後に、平古と、一人づつメンバーが加わり、1つの強いチームになる展開がとても清々しかった。そこには、尾花の熱意があったね。

尾花を演じたキムタク最高にカッコよかった。ものがたりの重要な局面で見せる表情、動きが決まり過ぎで、間違いなしの演技でした。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA