グランメゾン東京|9話見逃し動画無料視聴はこちら【12/15配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『グランメゾン東京』第9話(2019年12月15日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グランメゾン東京』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グランメゾン東京』第9話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グランメゾン東京』第9話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グランメゾン東京』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グランメゾン東京』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グランメゾン東京』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年12月15日(日)放送終了後〜2019年12月22日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『グランメゾン東京』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グランメゾン東京』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グランメゾン東京』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グランメゾン東京』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第9話のあらすじは?

2019年12月15日(日)放送のドラマ『グランメゾン東京』第9話のあらすじを紹介します。

栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。

そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。

一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。

倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。

同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。

その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。

3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。

そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。

公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

sss
過去の事件を起こした祥平とグランメゾンを潰すと言ったリンダは何のために店を潰したいのか気になります。

事件を起こしたことと、何が関係するのだろうかと思いました。

そして祥平が犯人だと知ったカンナは、グランメゾンで働きながら何か事件を起こすように予告されていましたが、仲間としてやっていく気がしました。

グランメゾンにいると全員が夏樹に吸い込まれいつの間にか家族のようなテンポのよいメンバーになっているので、彼女も引き込まれるのではないかと思いました。

そして祥平がクビになってしまい、ようやくグランメゾンで仕事を始め、どんなに責められても夏樹が救っていくことを期待しています。

ペンネーム:sss(20代・女性)

めぐ
第9話で私が見どころだと感じるポイントは、第8話のラストのシーンからリンダが、グランメゾン東京と平古祥平をつぶすと言っていたため、リンダがどんな手段を使ってくるのかというところです。

そして、現在グランメゾン東京で働いている久住がどういう手段を使うのかというところも見どころになってくると思います。

なぜなら、久住はリンダよりも3年前のナッツ混入事件に関して恨みがあるということを示唆するシーンが今までにありました。

次回予告からも尾花が久住の履歴書に違和感を抱くとあるため、久住がなぜナッツ混入事件に関して、恨みがあるのかということも第9話で知ることができるのではないかと私は予想しております。

ペンネーム:めぐ(20代・女性)

kouasami
栞奈の動きがますます怪しくなってきました。

今度こそ何かをやらかしてくれそうで心配です。

グランメゾン東京で働くことを辞めて、フードライターに戻るという栞奈ですが、最後の仕事としてワインの試飲会を任されるようです。

その試飲会で、萌絵が体調を崩してしまうようなのです。

ここで、いよいよ栞奈に疑惑の目が向けられることになるのではないかと予想しています。

尾花が栞奈の履歴書を見て、何かに気づくようなのです。

栞奈と尾花の接点がどこにあるのかに注目したいと思います。

そして、なぜ尾花に対して根強く怨みを持つことになったのかを、早く知りたいと思います。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

ナギサ
フランス大使館の人が祥平のところにやってきて、3年前の真犯人が分かったと言っているようです。

それはすなわち祥平のことを言っているのかもしれません。

その情報はおそらくリンダから聞いたことのように思います。

彼女はグランメゾン東京と祥平を潰しにかかってきているので、そのくらいやってもおかしくはないと思いました。

しかし、尾花はそんなことには屈しないと思います。

むしろ、尾花は祥平をグランメゾン東京に呼び寄せ、一緒にリンd菜と戦おうとしているように思いました。

それか祥平を守るために、尾花はグランメゾン東京に呼びそうな気もしました。

ペンネーム:ナギサ(50代・女性)

ペットボトル
遂にリンダにバレてしまったナッツ混入事件の真相! 

元同僚や視聴者は祥平の事件後の頑張りや反省を見ているので同情的になってしまいますが、リンダの立場からするとやっぱり許せないのでしょうね。

それはそれで当然の反応だと思いますので彼女を責める気にはなれません。

が、リンダの権力行使を許してしまうとグランメゾン東京もgakuもまとめて業界から追い出されそうな感じになってしまいました。

これは両店が協力体制をとってリンダに抵抗、もしくは説得する形になるのか、それとも祥平ひとりを辞めさせて許してもらう形になるのか? 

江藤などは祥平を辞めさせる方向で動くでしょうね。

それぞれがどんな対応を見せるのか楽しみです。

ペンネーム:ペットボトル(30代・男性)

イカロス
祥平が3年前の事件の犯人だと、リンダなどにバレてしまったので、まずはそこが心配です。

リンダはグランメゾン東京と祥平の両方を許せないと言っていたので、何をしでかすかがわからないので、本当に恐ろしいと思います。

以前も事件を蒸し返して、尾花を追い詰めて、グランメゾン東京をもピンチに追いやっていたので本当に心配です。

グランメゾンのメンバーは、両方を守ろうと戦うと思いますが、不安がたくさんあります。

また、クライマックスに近づいてきたので、グランメゾンとガクの戦いも気になります。

こちらも熾烈を極める感じになると思います。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

のむまま

『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレ

グランメゾン東京のみんなは3つ星をとるべく日々頑張っているところですが、かんなさんがソムリエを辞めるという話になり、またミシュランの審査に向けて、お客様の美味しいを求めてメニューのリニューアルをしていくと決めて一ヶ月の猶予を設けて頑張ろうと決めました。

ワインも料理に合わせるのではなく、ワインに料理を合わせようと逆の発想からやってみようとするシェフたち。

ソムリエであるかんなさんが辞めてしまう前に良いワインを選んで見てと尾花はかんなさんに頼みます。

しかし、実はかんなさんのお父さんの復讐から裏切ろうと心揺れています。

いっぽう、平子シェフも過去の事件の犯人だと真実が暴かれてしまいそうになり窮地にたたされています。

とてもハラハラしました。

『グランメゾン東京』第9話の感想

かんなさんの復讐が結構されてしまったのかパティシエがノロで倒れてしまいます。

周りもかんなさんの仕業というのが疑い始めています。

しかし、グランメゾン東京が営業停止になってしまいそうになる中で、みんなは何が原因で発生は何処からなのか必死で探します。

またかんなさんが何か仕出かしてしまわないかとてもドキドキし、また本当には料理やワインも好きなのは間違い無さそうだし仕事ができる性格も良さそうな人なのにとても複雑な気持ちになりました。

ノロがお客様に移ってしまっていたらいけないと、店も徹底的に保健所に調べてもらい、お客様にも一人一人連絡して確認して回る姿勢を見せてとても素敵なお店だなと思いました。

結果、かんなさんは犯人ではなく、薬の小瓶は持っていて仕出かそうとしていたけど全くの無実であったというところでとても安心しました。

お店を辞めるというのも無しとなりしっかり話し合った上で正式なソムリエとして働いてもらうのが見ていて爽快でした。

素敵なドラマです。

ペンネーム:のむまま(30代・女性)

サチコ

『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレ

リンダは3年前の事件の犯人が祥平だと知り、彼とグランメゾンを潰しにかかってきました。

その情報をリンダに流したのは栞奈で、彼女は最初からそれが目的で、グランメゾン東京で働いていました。

そんな事情を知らない他のスタッフたちですが、栞奈の様子がおかしいことに相沢は気付いていました。

そんな時、ワインの試飲会で萌絵が倒れてしまいました。

彼女はノロウィルスに感染していることが分かり、店はしばらく休業になりました。

感染源が栞奈ではないかという疑いが持ち上がりました。

保健所の検査結果で、栞奈はやっていないことが判明しました。

尾花と倫子は栞奈のワインのセンスを認め、彼女をソムリエとして改めて迎え入れることにしました。

『グランメゾン東京』第9話の感想

栞奈のお父さんがまさか3年前の事件の被害者だとは思いませんでした。

彼女はこの3年間、家族とともに辛い思いをしてきたのだと思いました。

彼女が父親に店を紹介しなければ、事件に遭わなかったかもしれません。

たらればになってしまいますが、ほんとうに残念な事件でした。

祥平が真犯人だということがまだ信じられません。

他にそう仕向けた人が居るような気がしてなりません。

全ての真相は最終回までには解明すると思うので、その時まで待ちたいと思います。

事情はなんであれ、祥平もようやくグランメゾン東京に来ることが出来て良かったです。

ペンネーム:サチコ(50代・女性)

柴ぴー

『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレ

栞奈がグランメゾン東京をやめることになった。

一方、倫子はコース料理をリニューアルすることを決める。

尾花はワインも日本産のワインを取り入れることを提案して栞奈に最後の仕事としてワイン選びを任せる。

ワインの試飲会当日、萌絵が体調を崩して倒れる。

萌絵はノロウィルスに感染していた。

栞奈が落とした鞄から怪しい小瓶が転がり出るのを見つけた相沢。

栞奈が疑われる中、グランメゾン東京は店を閉店して本格的に原因の究明と対処をする。

ワインに合う前菜を試作する尾花。

そんな中、栞奈の父が3年前のアレルギー物質混入事件で失脚した人物だということが判明した。

その後、保健所の検査結果が出て、どこからも菌は発見されなかった。

料理を愛する栞奈は菌を混入することなどできなかったのだ。

グランメゾン東京はあらためて栞奈をスタッフに迎え入れる。

一方でリンダは祥平からアレルギー物質混入事件の自白を得ていた。

gakuで働けなくなった祥平に尾花は「グランメゾンに来い。」と言うのだった。

『グランメゾン東京』第9話の感想

栞奈がなぜエスコフュールに恨みを持っていたのか明らかになりました。

栞奈自身もエスコフュールを父親に推しちゃったから罪悪感から余計に恨むしかなかったのでしょうね。

それでも汚い手を使って復讐するような人じゃなくて良かったです。

それを命じたリンダは本当に最低の女だと思います。

自分のメンツが何よりも大事なら自分のすることにもプライドを持って欲しいです。

汚い事をする自分に対して疑問を抱かないのかしら。

なんで尾花さんがこんな女と付き合っていたのかわかりません。

若気の至りというものでしょうか。

祥平はまんまとリンダの罠にハマって自白しちゃいましたが、おかげでgakuにはいられなくなったのでグランメゾン東京に来てくれそうな予感がします。

祥平、辛いだろうけど頑張って!

ペンネーム:柴ぴー(50代・女性)

あっきー

『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレ

トップレストラン50の結果発表が終わり尾花と倫子はメニューの一新を決めます。

新メニューのコンセプトはワインに合った料理にすること。

そしてワインは普段使っている国産の食材に合わせるために国産ワインを選択します。

しかし、京野は国産ワインには疎く、ソムリエの資格を持っている久住にワイン選びを任せることになりました。

後日久住が選んだワインの試飲会を行いますが、パティシエの松井が急に倒れてしまいます。

そしてその時に久住が怪しい動きをしているのを見た相沢は何かあるのでは疑い始めます。

その後、病院に搬送された松井は検査の結果ノロウイルスに感染していることが発覚、安全が確認できるまでグランメゾン東京は臨時休業し、感染の可能性があるお客さんの元まで出向きノロウイルスに感染している人がいないか確認して回ります。

それと同時刻、3年前のアレルギー物質の混入事故の犯人が平古祥平であることを知ったリンダは祥平を呼び出し、事故の真相を聞き出して祥平が二度と料理の世界に戻ってこれないように動き出します。

保健所の検査の結果営業再開に問題ないと分かったグランメゾン東京は営業財界に向けて動き出しますが、久住がわざと食品にノロウイルスを仕込んだのではないかと問題になります。

問い詰められた久住はこれまでのことを話し、お店を出ていこうとしますが、尾花が止めて新メニューを食べさせました。

尾花は久住栞奈がなぜグランメゾン東京に来たのかなど見当がついており、そして久住の能力を認めていてお店に残るようにわざと久住にワインなどの選定を刺せていたのでした。

そして、尾花はリンダによって行き場をなくした祥平に対してグランメゾンに来いと言って祥平を誘いました。

『グランメゾン東京』第9話の感想

第9話を見て思ったのはやはり尾花夏樹という人物は不器用ながらも人一倍一緒に働く人のことを見て大切にする人なんだなと思いました。

久住栞奈は3年前の事件のせいで父親が体調を崩しエスコフィユを父親に紹介をしたのは自分という負い目などからエスコフィユのメンバーに対して復習するためにグランメゾン東京に入ったのにも関わらず、尾花は共に働いてきた期間のことを踏まえてグランメゾン東京にとって必要な人材だと判断して不器用ながらもうまく店に残れるように動いていたのを見ると尾花は心の奥底では仲間のことをすごく思ってるんじゃないかなと思いました。

そして、最後の祥平に対してグランメゾンに来いといったシーンはすごくかっこいいなと思いました。

ペンネーム:あっきー(20代・男性)

じゅん

『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレ

栞奈からリンダに3年前のエスコフィユアレルギー食物混入事件の犯人が平古祥平であることが伝えられる。

休日に新しいワインの試飲をしていたところ、萌絵が倒れ、病院で診察を受けてノロウィルスにかかっているとことが判明する。

客への感染に怯える中グランメゾン東京が出した対応は店のものは保健所にノロウィルスに感染していないか調査してもらい、京野は感染の疑いのある客すべてに状況を説明して感染していないかを調べるというものだった。

一連のノロウィルス騒動は栞奈が仕組んだものだということになり栞奈は責められるが、実際には栞奈は仕組んでおらず萌絵が単に生活の中で感染しただけだった。

そんな中祥平はリンダに三年前の事件は自分のミスで起きたことを告白し、gakuから出ていくこととなる。

引っ越しをするところに尾花が現れ、とうとう祥平をグランメゾン東京に来るよう誘う、というストーリーです。

『グランメゾン東京』第9話の感想

一言で表すと、焦らされました。

てっきり今回で祥平がグランメゾン東京に合流すると思ったいたので、その辺りの経緯は来週の楽しみに持ち越しとなりました。

ノロウィルス感染騒動でリンダから貶めるよう指示を受けていた栞奈が、指示どおりに動かず正式にグランメゾン東京に合流する話は、あそこまで露骨に犯人ぽくした挙げ句に実はなにもしていない流れは肩透かし感がありますが、祥平が今回で合流すると思わせて来週に持ち越す流れの布石と考えるとギリギリセーフです。

会社だと完全パワハラのリンダが最終的にどう嫌な感じに落ち着くのか気になりますが、今はいい感じに冨永愛が嫌になっています。

ペンネーム:じゅん(30代・男性)

カナダ

『グランメゾン東京』第9話のあらすじネタバレ

数日後に栞奈が辞めたいと話していることを倫子は尾花たちに報告する。

グランメゾン東京では後日、ミシュランの調査が入ることをみんなに話しシェフたちは躍起になる。

一方レストラン学ではフランス大使館がやってきて祥平がナッツ混入事件の犯人なんじゃと疑われるが丹後が追い返す。

グランメゾン東京ではワイン試飲会をしてワインに合う料理を考えているとパティシエの萌絵が倒れてしまう。

病院で検査するとノロウイルスであることがわかり栞奈が疑われる。

早速、保健所の人に来てもらい調べてもらう。

その頃、リンダは祥平に会いに行きナッツ混入事件の犯人なのかと話して祥平が認めると、その音声を録音してフランス大使館に渡す。

そして、グランメゾン東京で栞奈が店を潰そうとしていたことがバレてしまうが結局料理が素晴らしくて薬を入れることができなかったと語る。

倫子は三つ星を取るためには栞奈が必要だと思い正式にソムリエとして栞奈をグランメゾン東京で雇うことにする。

その後、レストラン学にまたフランス大使館がやってきて祥平をナッツ混入事件の犯人として連れていくのだった。

『グランメゾン東京』第9話の感想

祥平がこの先、ナッツ混入事件の犯人として公になってしまったらもうフレンチの料理人として働けなくなってしまうことがとても残念です。

でも絶対に尾花は祥平のことを見捨てないと思いますからグランメゾン東京で雇ってあげてほしいです。

しかし、そうすると今度はグランメゾン東京が三つ星を取れなくなってしまうのでとても難しいです。

何か打開策がないか考えているんですが全く思いつきません。

三つ星を諦めるのであれば祥平を雇ってグランメゾン東京である程度は働けると思いますが、それでも祥平からしたら居心地は悪いでしょうね。

ペンネーム:カナダ(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA