グランメゾン東京|8話ネタバレと感想。尾花の師匠登場、熱い子弟関係がカッコいい!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年12月8日(日)「グランメゾン東京」の8話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
尾花が音信不通になるようです。倫子に告白した京野に遠慮して、出て行ったのかな。

どうしたのかな。

ラマちゃん
尾花の師匠が登場。グランメゾン東京の料理をほとんど食べずに出て行く。

理由は、京野にあるようです。なぜでしょうか。

京野が倫子に告白した翌日、尾花はいなくなる。師匠の退院の迎えにいったのだった。グランメゾン東京の料理を師匠は、食べず怒り、京野が原因と言い帰る。尾花たちは原因を探るため.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』8話あらすじネタバレと感想

京野が倫子に告白し、尾花は、いっしょに仕事しているのに、考えて欲しいと言い、ガレージに帰る。京野も気まずくなり帰って行く。尾花に、なっちゃんと久しげに言う女性から電話がくる。

翌日、倫子が、朝食を用意して、尾花を呼びに行くが、ガレージにはいなかった。店は、尾花がいなくなったと大騒ぎ。芹田が、平古に聞くが、消息は分からなかった。

リンダが現れ、トップ10受賞の取材が入る。倫子は、急に有名になった。リンダは、東京のフレンチで、女性シェフが星をとった店はないと、来週、戦略を取材にくると。

尾花から、大事な人をつれて行くから、席を空けておいて欲しいと連絡が入る。なつちゃんと呼ぶ女性の声が漏れてきて、尾花に、女性がいるのかと、店の中は話題で持ちきりになる。

相沢は、京野を外に連れ出し、倫子に告白したことを聞きだす。倫子を、京野と尾花が支えることで回っていたのにと。京野は、尾花の方が、音信不通になり、かってだと言う。

尾花が帰ってくる。京野は怒って迎えるが、日本の時の料理の師匠・潮卓をつれてくる。潮卓の娘に頼まれ、心筋梗塞で倒れた潮卓に治療を受けさせる説得を尾花はしていたのであった。

電話から漏れていた声は、娘・凪子で、料理を修行していたころ、住み込みで働いていたから妹のようなものだと。潮卓の家に泊まることになったから、安心するようにと京野に言う。

潮卓は、星を目指す前に、俺を納得させろと。

潮卓は、料理を一口食べると、途中でやめてしまう。いたらない点があるのかと聞くと、全てだと言い、中でも京野が一番悪いと。星なんか狙おうとするから、大事なものを忘れるんだと怒る。

倫子は、トップ10入りした店なのにと怒り、明日店が休みだから、潮卓の店に行くと言い出す。

翌日、尾花に、倫子と京野で、潮卓の店がある浅草に着く。尾花は、京野に、それほど、倫子と二人っきりにさせたくないのかと嫌味を言う。

京野は、おまえこそ、かってに、フランスの時店から逃げ出したと怒り、来週取材がある3つ星への戦略を考えると帰って行く。

倫子は、尾花について行き、下町のレストランと言えそうな、潮卓の店に行く。尾花は、ここでは皆ビーフシチューを頼むと言い、頼む。

倫子は、下町の洋食店のビーフシチューと言えば、味が分かると言う。潮卓は、鍋の音を聞き絶妙なタイミングで火をとめ、ソースをからめる。

倫子は一口食べて感動する。そこいらのフレンチより美味しいと。昔、店に来る人を考えて食事を出していたことを思い出し楽しかったと。尾花は、それでは星はとれなかったと。

常連客がやってくる。潮卓は、微妙に、ソースを変えて出していた。それを見つめる尾花。

gakuに、リンダの取材が入る。アジアでトップとは、誇らしいと江藤が言い、丹後が取材を受ける。

集合写真の真ん中で、江藤がトロフィーを持ち満面の笑みを浮かべる。丹後は、平古の活躍があったからと写真に入れという。江藤は、丹後の平古の可愛がりが気にくわなった。

リンダは、エスコフィエにいた平古が、なぜグランメゾン東京に入らなかったのかと聞く。平古は戸惑うが、丹後が、今自分の力を発揮できる店を選んだだけだとフォローする。

京野に、倫子は、潮卓の料理はすごかったと言い、なぜ、そんな人が、料理がまずいと言ったのか分からないと言う。京野は、まずは、リンダの取材にどう答えるかだと。

潮卓は、なぜ星にこだわると。より新しい料理を示すのは星だと言われたある方に答えるためだと尾花。潮卓が胸を抑え倒れ、尾花は救急車を呼ぶ。

病院に担ぎ込まれ、軽い心筋梗塞でしばらく入院することに。常連客もいるから、尾花に店を頼みたいと言うが、尾花は、自分も店があると断る。

着替えを、凪子と家に取りに行く。凪子は、尾花に店をついでもらいたいみたいだと。フランスで星をとった時は喜んでいた。3年前の事故の時は、へまをしたなと心配していたと。

尾花は、潮卓の冷蔵庫を開け、味噌汁を取り出す。

翌日、尾花に頼まれ、相沢が芹田と市場に買い出しにくる。平古が何があったと聞く。相沢は、尾花が逃げ出し、京野が借金を抱えたこともあり、尾花が勝手なことをするとギクシャクすると。

京野は、尾花が買い出しに来なかったと怒る。相沢は、でも、仕込みは、夜きて迷惑をかけないようになっているようだと。

京野に、尾花から電話が入る。尾花は、潮卓が不在の中、昼間手伝いをしていた。京野は、尾花に言われるまま、常連客に、ビーフシチューを出すと、いつもと違うと苦情がくる。

常連客から、潮卓は、ニンジンをなくすなど客に合せて作ってくれると。京野は、潮卓に言われたことを気付き、常連客の注文を細かく聞き、対応する。

平古は自分のナッツ混入事件のせいで尾花と京野がギクシャクしていると悩む。グランメゾン東京に行き、京野に、事件のあと尾花が消えたのは、皆を思ってだと。

すべてを悟った京野は、平古を抱きかかえ、それ以上言うなと。階段裏で、二人の話を、栞奈が聞いて、ナッツ事件の犯人は、平古であることと悟る。

京野は、尾花に、なぜ、潮卓がダメだしをしたのか分かったと言い、もう一度、潮卓に食べてもらいたいと。尾花は、明日、退院するから、1席空けて欲しいと。料理はおれが作ると。

尾花は、生ハムと大根を取り出し仕込みをする。潮卓の大事にしていたバイクを修理する。

退院した潮卓が、グランメゾン東京にくる。倫子が何を作るのと慌てる中、尾花はいつもの料理を作ると言い、京野も、今日はしっかり接客すると。

京野は、潮卓に、お好みを聞かせて欲しいと言い、退院したばかりで体調はどうかと聞く。潮卓は、尾花を見て、ようやく分かったなという顔をする。

京野は、尾花にやはりそうだったと伝える。大根で挟んだ生ハムを取り出し、倫子に食べさせる。倫子は、そういうことだったのかバカだったと。潮卓にはこのくらいが丁度良いと。

ジロール茸の紐唐辛子のサブレですといつものメニューを出す京野。一口、潮卓が食べると、顔が緩む。

山羊のミルクを使ったババロワを京野は出し、お好みで塩を使って欲しいと別に出す。潮卓は、この料理も満足そうに食べる。

次々と出された料理を満足して食べる潮卓。芹田と萌絵は何が変わったのかと驚く。京野は、次の牛の胃袋のグリエは、柑橘系の香りを引き出した方が良いと尾花にアドバイス。

香りがきつすぎではないかと倫子は言うが、尾花は、ホールの声は神の声だと、信じようと言い料理を出す。

潮卓は、香りを嗅いで満足し、一口食べて、尾花に美味しいという顔をする。尾花は、京野と目配せし合図。料理が終わり、倫子が、潮卓に意見を聞くと、美味しかった。そういうことだと。

潮卓の店で、いつから分かったと聞かれる尾花。この前、ビーフシチューを作ってくれた時、味覚障害に気がついたと。冷蔵庫に残った味噌汁が味が薄かったからだと。

京野は、皆に、潮卓は、味覚障害だったと言う。お客様の声を聞くべきだと、トップレストランになっていい気になっていた俺を、尾花は、潮卓の店に誘い気づかせたと。

舌もバカになり、尾花に、お客様を見ろと最後の説教をしたのかと、昔買ってもらった、5mm角に切るペティナイフを大事に持っていると尾花は言う。

潮卓に、直したバイクを見せ、まだ、老いぼれる場合ではないと、新しい料理を作りたかったら舌になってやると生意気を言う。

潮卓は、バイクを尾花にやると言う。尾花は、料理を辞めるなと言い去って行く。その後ろ姿に、潮卓は、「3つ星とれよと叫ぶ」。尾花は、指を3つ立てて答える。

尾花は、京野の家に上がり込んでいた。京野は、3年前に逃げたと言い怒ってすまないと謝る。平古がきて、だれかをかばっていると言ったと。

尾花は、自分も逃げていた、2つ星ばかりで、何を作っても面白くなかったと涙を浮かべる。京野は、そんな思いを倫子にはさせたくないと、二人で支えることを誓う。

翌日、リンダの取材がくる。京野と尾花に背中を押され、倫子は、お客様のために美味しい料理とサービスを提供して星を目指すと語る。

リンダは、世界上のシェフがしのぎを削る世界で、そんな甘いことを言っていては、1つ星はとれないと言う。倫子は、お客様と真摯に向き合い3つ星を目指すと宣言する。

店をでたリンダは、栞奈から、ナッツ事件の犯人は、古平で、尾花はそれをかばったと。

リンダは、そんな二つの店をトップ10に選んだのかと怒り、グランメゾン東京と平古を潰すと、倫子の3つ星を取ると宣言する取材レコーダーをヒールで潰す。

ここまでがネタバレですが、第8話は、尾花の師匠が料理を食べ、怒る。尾花は、お客に合せて作る師匠をみて、忘れていたものを思い出す。京野を呼び.....。

尾花の師匠が現れました。最後の教えをしようと思い、お客様のために出すことを忘れるなということを伝えたかったのですね。

京野も、尾花によって、それを思い出しました。師匠の料理の好みを聞き、食べている様子を観察することで、何を求めているのかを常に考え行動することで、師匠を満足させました。

ドラまる
京野の家に、尾花が転がり込みました。

お互いに、倫子を支えて行こうと、友情を確かめ合うシーンが素敵でした。

ラマちゃん
リンダが、ナッツ事件の犯人を知ってしまいました。

平古とそれをかばった尾花のグランメゾン東京を潰すと、ヒールで取材レコーダーを潰すのが恐ろしかった。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』8話ネット上の反応

ドラまる
熱い師弟関係が良かった。尾花もいっしょのこと芹田にやってると注目ですね。

ラマちゃん
尾花と京野の仲良し、平古を包む京野もよかったとネットで上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『グラメゾン東京』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グラメゾン東京』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

グラメゾン東京|8話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『グランメゾン東京』9話のあらすじ

2019年12月15日(日)放送のドラマ『グランメゾン東京 』第9話のあらすじをご紹介します。

栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。

そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。

一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。

倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。

同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。

その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。

3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。

そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グランメゾン東京』8話のあらすじネタバレ、感想、9話のあらすじを紹介しました。

尾花の師匠が、料理を食べ京野を怒る。尾花は、師匠が、お客に合った料理を出すのを、京野が経験し気づく。倫子は、リンダの取材に、お客様を大切にして3つ星を目指すと答える。

ドラまる
栞奈が店をやめ、フードライターに戻ると。尾花は、栞奈の履歴書から、何かに気づくようです。

栞奈とナッツ事件の関係は何なのでしょうか。

ラマちゃん
平古の元に、フランス大使館員が、ナッツ事件の犯人を見つけたときたり、萌絵が、ワイン試食会で体調を崩し倒れたりと。

不安な動きが出てくるようです。どんな展開が待っているのでしょうか。

リンダが、平古とグランメゾン東京を潰すと宣言しました。ナッツ事件の結末はどうなってしまうのでしょうか。

尾花と京野は、倫子を支えることを誓い、倫子は、3つ星をとると宣言。本当に、3つ星は取れるのかな。

栞奈がおかしいと尾花が気づく、それでも、ワインの選定を任せたということは、尾花の何か考えがあるのでしょう。栞奈の抱えるものを尾花がどう解決して行くのかも楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA