グランメゾン東京|6話ネタバレと感想。芹田に伝わった尾花の料理人魂!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年11月24日(日)「グランメゾン東京」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
平古がgakuに入り、いよいよ、グランメゾン東京とgakuとの勝負が始まりますね。

楽しみです。

ラマちゃん
トップレストラン50の表彰式が東京で開かれる。尾花は、新しい魚料理を目指すようです。

どんな料理が完成するのでしょうか。

gakuに平古が入り、強力ライバルに尾花は楽しむ。トップレストラン50に向け、魚料理の開発を始める。丹後たちも魚料理に取り組んでいた。gakuに情報リークしていた芹田が.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』6話あらすじネタバレと感想

平古は、gakuに入った。丹後は、ナッツ混入事件が、平古のミスだと知っていると尾花に言う。平古は、事件のことを黙ったまま、グランメゾンでは働けないと言い、gakuに入った。

平古が、フレンチを辞めないことに、京野や相沢は喜ぶ。

リンダは、東京オリンピックで注目が高くなっている、トップレストラン50を東京で開くと宣言する。トップレストラン50は、三つ星の前哨戦と言われるレースであった。

gakuでは、平古が、ラムの改良をしたと丹後が紹介。昆布を巻いて工夫したラムに、江藤も満足する。丹後は、東京のレストラン初のトップ20以内を目指すと。

このレースに勝てば、グランメゾン東京は一気に人気店になると倫子は震える。倫子は、トップレストラン50を目指すと言い、尾花は、目指すのなら魚料理を変えると言い出す。

倫子は、なぜ魚料理だと、尾花は、日本の鮮魚は世界一だと言い、倫子も、日本の魚の良さを最大限生かした料理を作りたいと乗ってくる。

魚市場で、旬の鰆を購入する尾花たち。そのころ、丹後たちも、魚料理の開発を始めていた。
柿谷が作った新メニューに対して、平古の作ったものを褒める丹後。

グランメゾン東京では、トップレストラン50の候補に名前が入ってから、お客が増加していた。京野がホールスタッフの増員を求めるが、尾花は任せたというばかり。

萌絵が、デザート以外のことをやらされると不平を言い、芹田が、手伝おうとすると、尾花は、お客に出す料理に直接触るなと。芹田は、平古より切り方がうまくなったと認めるように言う。

芹田は、gakuの江藤に呼び出され、魚料理を開発しているなら、そのレシピを入手してほしいとお金を渡す。江藤は、活躍してくれればgakuで迎え入れても良いと。

翌朝、京野は、料理に詳しい栞奈をホールスタッフに迎えいれてはどうかと提案し、倫子は同意する。倫子と尾花が仲良く朝食を食べているのを見て、京野は、焼きもちをやく。

栞奈が、英語、フランス語、ソムリエの資格もあると紹介され、正式に入る。栞奈は履歴書を京野に渡し、「エスコフィエ」の料理の大ファンだったと尾花に話す。

その様子に、京野は気になり、履歴書の連絡先である父・久住荘次郎、母・久住園子という名前を思い出すが思い出せない。

まかないを作ることになり、芹田は、認めてもらうため、作りたいと自ら手をあげる。芹田は、得意の小さく切った人参を使いチャーハンを作る。

一口食べて、萌絵はまずいと言い、研いだばかりの包丁からは鉄が入ると指摘され、料理を作ってきた我々が米だけの料理を食べたいと思うかと相沢に言われる。

多量に残ったまかないをみて落ち込む芹田。京野は、その姿をみて飲みに誘う。

芹田は、料理人に向いていないのではと、何をやれば良いか分からないと。京野は、最初からできる奴はいない。尾花も倫子も言われることだけをやる料理人にはなって欲しくないと励ます。

魚市場に買い物に行った芹田は、尾花と倫子に先に帰って欲しいと言い、市場のおじさんに鰆のさばき方を覚えたいからアルバイトをさせて欲しいとお願いし許可してもらう。

尾花と倫子は、鰆の焼き具合が大事と、鰆の熱さがオーブンの時間を繰り返し試す。芹田はその様子をメモしていた。昼間は、魚市場で、手伝い、おろし方を学んでいた。

尾花と倫子は、鰆のレアが残る丁度良い焼き具合の条件を見つける。相沢は、水晶文旦を使ったソースを作り、相性が抜群であった。

尾花が、芹田に片付けておくようにいうと、芹田は一口味見をして、うまいと言い水晶文旦とメモをとる。その様子を尾花はこっそりとみていた。

魚市場のおじさんに、鰆は捨てるところがないと、芹田は、骨付きの部分を食べさせてもらい。思わずうまいという。

トップレストラン50もあと15日になった。倫子は、皆を厨房のまわりに呼び、新作の鰆のロースと水晶文旦ソースを披露する。

栞奈はローストだけど中はレアで美味しいと言い、京野もこれなら、自信をもってお客さんに出せると。

京野は、倫子と尾花にこれにあうワインを見て欲しいと1階に行く。相沢が鰆をさばいているのを見て、市場での修行の成果がでると芹田は手伝うと言い、相沢の隙を狙いさばいてしまう。

尾花は、芹田が、鰆をさばいてのを見て、どの包丁で切ったと怒りだす。この店のレベルではないと。芹田は、野菜ばっかり切らせてと、店を辞めると言い出て行く。

芹田は、江藤に、自分が勉強してきたノートに書いてある鰆のレシピを渡す。江藤の言うとおりあんな店ではなく高級店で修業が大事だと言い、これからお願いしますと。

芹田が帰ったあと、柿谷に、鰆のレシピを渡し、これと同じものを作るようにと指示する。そのころ、丹後と平古も魚料理を完成させていた。

芹田が1人コンビニの前で飲んでいると、京野が、退職金を払っていない。待ってもらうため美味しいものを食べさせてやると言う。

丹後と平古は、江藤に、新しい魚料理を出して、これは素晴らしいと言う。江藤は、柿谷にもつくらせていると、尾花たちのレシピを食べるが、単なる焼き魚で美味しくなかった。

gakuに投票権を持つリンダが現れ、丹後と江藤は挨拶に行く。丹後は、新メニューの魚料理行くぞとリンダに出す。

食事後のリンダに、丹後は平古をつれ挨拶する。平古は、昔、「エスコフィエ」で働いていたと答える。リンダは、最高の魚料理ありがとうと言い帰って行く。

芹田は、京野に誘われ、グランメゾン東京のテーブルについていた。いつもより美味しいというと、京野は、お客様に出す料理には、料理人の魂が入っていると。

芹田は、鰆の新メニューを食べ、首をかしげる。食事後お金を払うという芹田に、尾花は、お客様に出してはいけない料理を出してしまったから不要だという。

芹田は、鰆料理が、試作の時より臭みがあったからですかと答える。相沢たちはよく気づいたと。尾花は、芹田がごぼうを切った包丁で鰆をさばいたからだと。

「俺たちが目指すのは三つ星レストランだぞ、なめるな」と怒る。魚市場のおじさんにさばき方を教えてもらうのは当たり前、その上でだと。

芹田は、突然、土下座して、皆さんを裏切って、江藤にレシピを渡してしまったと頭を下げる。

尾花は、レシピが渡ったらどうなるか分かっているかと。芹田は、むこうは良い鰆を手に入れて、グランメゾン東京は負けると言う。

尾花は、少しにやりとし、倫子も相沢も萌絵も笑い出す。倫子は、鰆の状態や、温度湿度によって少しづつ料理を変えていると。レシピがあっても、真似できないレベルにあるという。

尾花は、三流になるか本物になるかどっちだと迫る。「お前は、どっちの料理人になりたいか自分で決めろと」

芹田は、もう一度まかないを作らせて欲しいと。魚市場のおじさんに教えてもらった骨付きで焼き、その周りを取り出し、チャーハンに入れる。

こんどは、美味しいと言う。倫子は、芹田が今持っている技術を使い、食べる人の事を思って作ったことは伝わったという。

尾花は、食べ終わったら、鰆の仕込みをやっておけと言う。芹田は、ここにいていいのですかと聞き。尾花は、仕込みはお前の仕事だろうと。芹田は、喜ぶ。

平古は、丹後に、この店にきて丹後の凄さが改めて分かったと。丹後は、トップレストラン50が始まり、毎日、楽しめていないと。尾花は楽しんでいたと。

本当は、尾花の下で働きたいと思っているのでは、gakuにきたことで、尾花への恩返しができると思ったのではと尋ねる。尾花には人を引き付ける魅力があると認める。

丹後は、3年間逃げ回っていたヤツに負けるわけにはいかないと。

倫子と尾花の料理のやり取りを見て、京野は、倫子のおかげで、尾花が盛り上げられていると。相沢は、もしかして今の尾花は最強かと。

トップレストラン50のショーの前に、栞奈は、リンダに、尾花や「エスコフィエ」で働いていた彼らが、グランメゾン東京で復活することは絶対にありえないという。

トップレストラン50のショーが華々しく始まる。

ここまでがネタバレですが、第6話は、トップレストラン50を目指し、魚料理を開発する。尾花に認めてもらえない芹田は、そのレシピをgakuに渡し.....。

尾花と倫子の料理の語り合いがスゴイですね。京野は倫子が好きで二人のやりとりが気になっていたと思ったのですが、倫子により尾花が最強になって行くのが嬉しかったのですね。

尾花たちは、わざと、芹田がミスしてさばいた鰆を使い料理を作り、芹田に食べさせた。芹田が、違いが分かった時に、尾花たちがオーと感心する。新米を褒める最大の賛辞でした。

ドラまる
芹田が一生懸命努力するところを、尾花は、しっかりみてましたね。

だからこそ、芹田に、三つ星を目指す料理人魂を伝えたかったのです。

ラマちゃん
栞奈が、「エスコフィエ」で働いていた尾花たちが復活することを許せないと言いますね。

何があったのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』6話ネット上の反応

ドラまる
今話もよかった。次回展開も気になるとの声が上がってますね。

ラマちゃん
萌絵と祥平がキス。え~という声が沢山です。

スポンサーリンク

ドラマ『グラメゾン東京』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グラメゾン東京』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

グラメゾン東京|6話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『グランメゾン東京』7話のあらすじ

2019年12月1日(日)放送のドラマ『グランメゾン東京 』第7話のあらすじをご紹介します。

ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。

相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。

というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。

アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。

尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。

なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。

そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。

一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた。

こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。

壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。

果たして『グランメゾン東京』の順位は?!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グランメゾン東京』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

トップレストラン50を前に、魚料理の新開発に臨む尾花。料理をさせてもらえない芹田は、gakuにレシピを渡す。尾花は、三つ星を目指す料理人の魂を教え、芹田は、その道を選択。

ドラまる
相沢の失踪していた妻が来て、娘・アメリーを連れて行くと言い出すようです。

その条件が、トップ10入りとは、さてどうなるのかな。

ラマちゃん
グランメゾン東京の尾花も、gakuの丹後もしのぎを削ったトップレストラン50レース

それぞれの順位はどうなるのでしょうか。

尾花は、若いころの平古を見るように芹田を見ていたのですね。芹田の努力を認め、料理人としての厳しさも教えたかった。尾花はすごいシェフです。

まずは、トップレストラン50の結果。gakuが10位、できたばかりのグランメゾン東京は、15位で、相沢は、アメリーと一旦別れてしまう展開。三つ星とって、家族が再会と予想です。

栞奈に、ナッツ混入事件は何らかの影響を与えたのですね。グランメゾン東京のこれからに障害にならなければ良いのですが。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA