グランメゾン東京|5話見逃し動画無料視聴はこちら【11/17配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『グランメゾン東京』第5話(2019年11月17日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『グランメゾン東京』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『グランメゾン東京』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『グランメゾン東京』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『グランメゾン東京』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『グランメゾン東京』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『グランメゾン東京』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月17日(日)放送終了後〜2019年11月24日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『グランメゾン東京』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グランメゾン東京』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『グランメゾン東京』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グランメゾン東京』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第5話のあらすじは?

2019年11月17日(日)放送のドラマ『グランメゾン東京』第5話のあらすじを紹介します。

3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。

記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。

そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。

しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。

オープンして、すぐに閉店の危機。

そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。

店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。

そして、そこに強力な助っ人が加わった。祥平(玉森裕太)だ。

祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。

全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。

はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか…?!

公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

あいか
グランメゾン東京のシェフに、日仏首脳会談のときのアレルギー物質混入事件の尾花夏樹がいることがわかってしまったことで、次回予告ではグランメゾン東京はお客さんがこないと言うストーリーが展開しそうでした。

お客さんがこないなら、こっちから出向こう!とお祭りみたいな場所でカレーを提供してる感じがあったので、それがどんな形で成功するのか楽しみです。

きっと、SNSとかで話題になっていくのでは?と思います。

でも、アレルギー物質混入事件のレッテルはそう簡単にはがれるものではないし、大きな何かがないと、なかなか客足は増えていかないだろうなと思うので、そこからの巻き返しが楽しみです。

ペンネーム:あいか(30代・女性)

堕天使キラ
思ったとおり、尾花の配慮の無い「言葉」が原因で、江藤と柿谷の魔の手に芹田が乗ってしまいそうです。

お金を受け取ってしまったので、グランメゾン東京のレシピなどの情報を漏洩するのか心配です。

また、リンダが掲載した記事のせいで、記者たちが尾花の周りをうろつくようになるみたいです。

尾花の過去の記事が大々的に報じられ、迎えたグランメゾン東京オープン初日の予約もキャンセルが相次ぎ、最悪の初日を迎えることになりそうです。

グランメゾン東京のスタッフがみんな外で料理をしていた予告をみる限り、店で営業がやれなくなり、屋外でやるフードフェスか何かに出場するみたいですが、そこで倫子が倒れてしまいます。

失った信用を取り戻すことに奮闘する内容になりそうです。

ペンネーム:堕天使キラ(30代・女性)

essence1
パリのナッツ混入事件の事を記事に書かれて炎上したお店は、一気に悪いうわさが流れるのでお客様は来ないと思います。

お客様が来ないならシェフが出向くと言っていたので店外で叩売りのごとく、一口食べてもらって味で勝負するんだと思いますが、相当大変かと。

いつも困難を切り抜けてチャンスが生まれているので、次回こそ平古シェフが参入して欲しいと願うばかりです。

また、ナッツ混入事件の新犯人が誰なのか真相が見えてきそうな次回はとても楽しみです。

裏切られる時は大体が、一番近くにいる信頼していた人だったりするので、京野さんが怪しいですが予想を覆して欲しいので次回に期待です!

ペンネーム:essence1(30代・女性)

すわり
リンダの影響は大きいようで、開店当日にもお客様が全く来ないという展開。

来ないならばこちらから行けばいいと言わんばかりに、グルメフェスへの出店を決行する尾花たち。

しかし高級フレンチがB級グルメに参戦?

一体どんなメニューでフレンチさをアピールして来店にまで繋がるのだろうかとても楽しみです。

きっとまたメニューの試行錯誤でいろんな組み合わせを試すところまで、見てみたいです。

また、祥平はずっとグランメゾン東京への参加を拒否してきたものの、次週は一緒に働いてるもよう。

祥平の彼女は、新たに松井と一緒に働く祥平の姿を知って、いつか一悶着があるのではないかとも期待しています。

ペンネーム:すわり(30代・女性)

沙羅
店にアレルギー食材混入事件を起こした尾花が関わっていることが知られ、開店休業状態に陥った尾花たち。

客が来ないなら自分たちから行こうとフードフェスでカレーを売ることにする。

予想としては、またしても祥平の手を借りて窮地を凌いだ尾花たちがついに祥平を迎え入れる。

カレーの評判は良く、少しずつではあるが客が入るようになっていく。

また、一度は江藤からお金を受け取った芹田も少しずつ認められていくことで気を取り直し、その手を引くことにする。

祥平の婚約者は苦い思いで萌絵のことを見ていたがついに直接対決。

萌絵が祥平に恋愛感情は持っていないとわかり拍子抜けする。

ペンネーム:沙羅(30代・女性)

ななこ
リンダをプレオ-プンで食事して、尾花らの料理がとても美味しくても、3年前のナッツ事件はまだ記憶に新しいこともあり、尾花の名前も書かれたことで、グランメゾン東京のオープン日は閑古鳥となってしまい、閉店の危機となってしまいそう。

尾花らはお店に客が来ないなら、出向いて料理を食べて貰おうと外に繰り出すだろう。

尾花の周りには敵が多く、倫子がオーナ-のお店でも尾花を潰そうと思っている人物が多くいるようだ。

特にgakuのオ-ナ-は、悪どいやり方ばかり使ってグランメゾン東京の邪魔をしているので、再び危機となりそうだ。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ゆずき

『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレ

リンダが書いた記事が元で、尾花の過去が世間にバレて、炎上してしまうところから第5話は始まります。

グランメゾン東京オープン当日は、予約が全てキャンセルとされます。

その状況に尾花は、店に客が来ないなら自ら売り出しにいくしかないと提案します。

その提案から、余った食材を使い、「スリースターズ」という名で、カレーを作ってフェスで売り込みを始めます。

その手伝いとして、平古祥平が加わります。

SNSの宣伝効果もあってお店は大繁盛します。

その頃、gakuで食事をした祥平に丹後が、「ナッツ混入事件の犯人はお前なのか?」と問いかけます。

ここでナッツ混入事件の犯人が祥平だということが分かります。

祥平は時期をみて自分がやったことを公表し、グランメゾン東京を救うためフレンチを辞めると言います。

様々なフェスで売り出していきますが、gakuの経営者である江藤の手によって、フェスは中止となってしまいました。

尾花の過去が邪魔をして何もできない中、尾花はまかないと作ると言い出します。

祥平が作っていたまかないを尾花が作り、尾花は祥平に「フレンチを辞めんじゃねえぞ。」と言います。

そして、炎上していたグランメゾン東京でしたが、トップレストラン50に選ばれることで、お客が来るようになりました。

そんな中、仕入れ先でgakuの連中とし、遭遇した中にはなんと祥平の姿がありました。

『グランメゾン東京』第5話の感想

第5話で一番印象的なシーンは、最後の平古祥平がgakuに入り、尾花夏樹と真剣勝負をしていく展開に進んでいったことです。

なぜなら、この第5話ではもう一つの印象的なシーンとして、3年前のナッツ混入事件の犯人が平古祥平であるということが分かり、尾花が祥平に「フレンチ辞めんじゃねえぞ」と言ったシーンがありました。

そのセリフのとおり、祥平はフレンチを辞めませんでしたが、ライバル店であるgakuに入る展開になるとは考えてもいなかったからです。

初めは、尾花に誰よりも憧れていた祥平が、なぜgakuへ行くのか?恩を仇で返しているのではないか?と感じました。

しかし、祥平はグランメゾン東京を守りたいと言っていました。

もし3年前の真犯人の事実が世間でばれてしまった場合、祥平はフレンチの世界で生きていけなくなると思いますし、尾花と共にグランメゾン東京で働いていれば、それこそ店の存続が厳しくなると思います。

祥平は、そこまで考えていたのではないかと私は考察しました。

ペンネーム:ゆずき(20代・女性)

ちーちゃん

『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレ

リンダが書いた記事が元でネットをはじめ大炎上してしまい、オープン初日の予約が全部キャンセルという最悪の滑り出しになってしまったグランメゾン東京。

危機を乗り越えてプレオープンを大成功に終わらせたにも関わらず、ナッツ混入事件がまたぶり返してしまいます。

そんな中、自分でお客様を待つことをやめてイベントやフェスに出店してグランメゾン東京の味を知ってもらおうと奮闘します。

一方でナッツ混入事件の犯人を探しだそうとするリンダとかんな。

尾花を邪魔しに来るのか、それとも後悔して真実を話すのかまだわかりませんが、グランメゾン東京が話題になることで真犯人が動くと読んでいるライター2人の動きにも注目です。

『グランメゾン東京』第5話の感想

誰が真犯人なのか、に注目していましたが、まさかの秀平のミスのせいでナッツ混入事件が起こってしまったかもしれないということにショックです。

秀平は尾花を心底尊敬していたし、憧れていたのに尾花が事件を起こしてしまったように世間は思ってしまっているという矛盾に苦しんでいるのがツラいです。

フードイベントも盛り上がり、せっかくお客様が戻ってきそうだったのに誰かが運営本部へクレームを入れたことで販売さえ出来なくなってしまうし、これから本当にグランメゾン東京は経営が続けられるのか心配になってしまいます。

倫子も激務のせいで倒れてしまうし、またもネットに尾花がいることが拡散されてしまうし、見ていて本当にツラい展開です。

ただ、倫子の美味しい料理を食べてもらいたい熱い気持ちが伝わってきてたまらないです。

ペンネーム:ちーちゃん(30代・女性)

kouasami

『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレ

3年前のナッツ混入事件についての記事が出た事で、グランメゾン東京は窮地に陥ります。

オープンの日を迎えるも、予約は全てキャンセルされてしまいました。

たくさんの食材が余ってしまったことで、尾花はフードフェスへの出店を提案します。

店は客を呼び、長蛇の列が出来るほどになりました。

gakuの江藤の姿が見られます。

またもや横槍が入ったようで、倫子たちのブースは強制的に閉店させられてしまいます。

ショックを受け、日頃の疲れも溜まった倫子は倒れてしまいます。

店に帰り、尾花がまかないを作り皆に振る舞います。

何か言い出そうとする祥平を遮る尾花は、全てを分かっているようでした。

『グランメゾン東京』第5話の感想

あまりに色々なことが急展開で巡っていき、追いつくことが大変なイメージです。

祥平の抱えている事実には驚きました。

そして、これから尾花と共に協力していくのかと思えば…まさかのgaku入りには衝撃を受けました。

とはいえ、よく考えれば祥平なりに考えてのことだと思いました。

ホテルを立ち去ったところで江藤に待ち伏せされて、何か言われたためだけではないと信じています。

ようやく客が埋まったグランメゾン東京を見て、涙を浮かべて喜びを表している倫子を見ていると、こちらもとても嬉しくなってきました。

ここまで漕ぎ着けるまでの道のりが思い出されます。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

ヤスコ

『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレ

グランメゾン東京はオープンしても、キャンセルが相次ぎ、ほとんどの食材が無駄になっていく一方でした。

そこで尾花が考えた打開策が、余った食材を使ってカレーを作り、フェスで売ろうというものでした。

ジビエカレーとしてフェスに参加していましたが、ある時、フェスの参加が出来なくなってしまいます。

江藤が尾花のことをフェスの運営の方に通報したようでした。

フェスに参加できなければ、ますます経営は立ち行かなくなってしまいます。

そんな時、倫子が過労によるめまいで倒れてしまいました。

なんとか打開策を見つけたいものですが、こんな状況でも尾花は料理を作り続けていました。

尾花が作ったまかないを食べている時、驚くべきものをネット上で発見しました。

『グランメゾン東京』第5話の感想

「捨てる神あれば拾う神あり」のような展開になったと思いました。

もともとフェス参加は収入を増やすための手段でした。

グランメゾン東京の経営が上手く行けば、フェスへの参加はしなくて済んだはずです。

ですが、思わぬ形でグランメゾン東京の星を取るチャンスが巡ってきました。

トップレストラン50にグランメゾン東京が選ばれていました。

しかし、誰がここにグランメゾン東京の名前を挙げたのかは分かりません。

SNSでの口コミなのか、もしくはリンダ関係の人の仕業なのか、その点が気になってしまいました。

いずれにしても、ようやくグランメゾン東京が世間に認められた証拠だと思いました。

ペンネーム:ヤスコ(50代・女性)

kei

『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレ

リンダの記事によって、オープンから予約のキャンセルも続き開店と共に閉店休業状態になります。

食材が余る日々が続き、尾花はフードフェスに出店する事を提案します。

平古シェフも手伝う事になり、フードフェス自体は大繁盛しますが、本業のグランメゾン東京はお客が入らない状態が続きます。

そんな中、3年前の事件の犯人がついに明かになりました、平古シェフのミスでした。

そして、フードフェスの主催者に3年前の事件がバレてしまいフードフェスにも出店できない事になりました。

しかし、グランメゾン東京はトップレストラン50のランキングに入り、予約殺到する人気店になりました。

危機を乗り切り仕入れの市場でgakuのメンツと顔を合わせます、そこには平古シェフがいるところで話が終わりました。

『グランメゾン東京』第5話の感想

3年前の事件の犯人が平古シェフだった事が驚きました。

だからこそ、罪滅ぼしで裏で協力していたのかと思うと納得してしまいました。

しかし、群集心理とはお揃いいと思いました、散々批判していたのにトップ50のランキングに入るとすぐに予約殺到のお店に変わるとは怖いと思いました。

しかし、おいしい料理を作っているとお客様はついてくれる言う事も証明できたと思います。

最後に、平古シェフがgakuに入ったのが驚きました。

尾花と相沢と京野という昔の手の届かなかった先輩達と戦う為にgakuを選んだのかもしれませんが強力なライバルが出てきたと思いました。

ペンネーム:kei(30代・男性)

アリナミン

『グランメゾン東京』第5話のあらすじネタバレ

グランメゾン東京に尾花夏樹がいると雑誌に書かれたことでお客さんが来ない状況になり困り果てる中で尾花夏樹がフードフェスに出店することを決める。

材料が余ることから苦肉の策としてカレーを出品するがこれが大盛況になる。

しかしこれも江藤の嫌がらせで中止にさせられてしまうことになる。

ナッツ混入が祥平のミスだったのに京野が自分のせいにして辞めようとするのを尾花が止めたり、祥平が真実を語ろうとするのを尾花が話すことを許さなかった。

そうこうしているうちにトップレストランに載ったことから予約が埋まり出しなんとか窮地を免れたグランメゾン東京だった。

『グランメゾン東京』第5話の感想

京野がグランメゾン東京を救うために全責任を自分のせいにして辞めようとした場面は格好よかったです。

それを必死で止める尾花の迫力も凄かったです。

京野が尾花がグランメゾン東京にいないと成り立たない事を理解して自分が罪をかぶって復活させようとする男気が感動する場面でした。

祥平が本当は自分のミスで混入させたことを語ろうとするのを決して許さなかった尾花も渋すぎました。

何も語らさずフレンチを辞めるなよという言葉は素晴らしいシーンだったなと感じました。

個人的に好きなシーンは松井萌絵が尾花に毒を吐きまくるところがお気に入りです。

ペンネーム:アリナミン(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA