グランメゾン東京|3話ネタバレと感想。コンテストには負けたが、相沢がチームの一員に!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年11月3日(日)「グランメゾン東京」が始まりました。3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
鹿肉料理のコンクールに出ることになるが、ライバルのgakuが出るとなるとがぜん張り切る尾花。

どういう展開が待ってるのかな。

ラマちゃん
gakuが上質の鹿肉を買い占めピンチに。

尾花たちはどう切り抜けて行くのでしょうか。

メイン肉料理に悩む尾花。世界的人気雑誌のコラボ企画の鹿肉料理コンクールに参加することになる。gakuが上質な鹿肉を買い占めてしまい危機に。伝説の猟師から入手を試みるが.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』3話あらすじネタバレと感想

尾花と倫子は、メイン料理の開発に悩んでいた。京野が、フードライター・栞奈をつれて、鹿肉を使ったジビエ料理はどうかと提案してくる。

農林水産省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画で、優勝すれば、店の宣伝になった。栞奈は、パリの編集長リンダも勧めていると。尾花は浮かない顔をする。

栞奈は、gakuの丹後と江藤にも声を掛ける。江藤は、グランメゾン東京の名前を聞くと、二つ星が争う店ではないと否定するが、丹後は、乗る気になり受ける。

リンダは、栞奈から、尾花と丹後が乗ってきたと連絡を受け、東京で二人の勝負が見れると喜ぶ。

尾花たちは、生鹿肉を調達に行くが、gakuの江藤が買占め入手できない。冷凍でまかなうが、素材の差は歴然だった。京野は、500円でも二つ星ができると言う相沢に協力を得ればと提案。

京野は、開店前の料理を考える間だけ、手伝って欲しいと相沢にお願いする。倫子は、相沢が、アメリーを迎えに行けるように定時には帰らせる。尾花のかってにはさせないと約束する。

定時に帰るシェフがいるかと生意気をいう尾花に、京野は、相沢のヒントが欲しいはずだと制する。相沢は、熱意に押され2か月だけ手伝うことにする。尾花は、内心喜ぶ。

相沢は、ジビエで勝つなら、生肉は絶対必要といい、伝説のジビエ猟師・峰岸を紹介する。尾花と倫子は、峰岸の鹿肉料理を食べ、その肉に惚れ込み頭を下げる。

倫子がどうやって臭みのないジビエができるのかと問うと、峰岸は、罠で鹿をとり、生きたまま血抜きをするからで、生きた鹿に感謝して食べさせてもらっているとこだわりを言う。

峰岸よりも美味しいジビエを絶対作るからと、尾花にしては珍しく必死に頭を下げる。峰岸は、怒り出し、尾花たちを締め出す。

そのころ、平古は、尾花に指摘されたキッシュの素地を香ばしく改良していた。デザート担当の萌絵から、相沢がしばらくレシピサイトを中止すると知る。

平古は、気になって、レストランの場所を尋ねる。手伝いの芹田に見つかり捕まえられる。京野は、尾花が料理長でないこと、相沢が定時で帰っていて、尾花も変わったと伝える。

京野は、平古に、ジビエ料理をしようとするが、新鮮な生肉を抑えられ苦心していると洩らす。

相沢の保育園の迎えに、倫子が行き土産を渡し、峰岸を尾花が怒らせてしまったと愚痴る。尾花は、アメリーが保育園で1人遊んでいるのが気になり、相沢の母親に何時に起きていると聞く。

京野が、鹿肉のモモだが生肉が入手できたと持ってくる。倫子は、名前を出しただけで断られたのにと不思議がる。

尾花は、モモでも良い部分があると切り出して、相沢と倫子とともにあらゆる料理法を試す。低温調理法を試した食べた時、尾花が天を見る。倫子も、ロースより美味しいかもと言う。

相沢は、肉はこれでいいねと言い、あとはソースと付け合せだと言うと。尾花は、残りの筋肉を使ってコンソメをつくりたいと言い出す。芹田はコンソメ地獄だと言う。

相沢は、アメリーを寝かしつけたあと、コンソメ作りに取り組む、京野は、疲れてソファに寝る倫子に毛布を掛ける。

相沢は、アメリーを寝かしつけたあと、料理作りにくるようになっていた。尾花は、アメリーの保育園での様子はどうだと聞く、相沢は、そういえば明るくなったと。

コンソメ作りは、あまりうまく行っていなかった。倫子は、相沢に、アメリーの面倒をみながらできるように約束したのにと落ち込む。

倫子は、京野に、料理の才能がないから、星が取れなかったと思っていたが、尾花や相沢を見て努力が足りないのだと認識した。今は、がんばろうと思っていると話す。

倫子は、相沢への約束が守れていないと言うと、京野は、突き離すことを言うが、今、オーナーシェフの倫子に求められているのは、部下の家庭の心配ではなく、料理を完成させることだと。

京野は、今、彼らが待っているのはシェフの的確な指示だと。できるかなと言う倫子に、京野は、「さー。ただ、自分に自信のないシェフには星がとれない」と。倫子の目つきが変わる。

京野に鼓舞された倫子は、ブタの血のボアグランドソースはとうかと提案する。相沢はそれは自宅で試したと言うが、尾花は、「コンソメと血、俺と、シェフのアイディアを合わせよう」と。

尾花と倫子は、峰岸に鹿の血を分けて欲しいと頭を下げに行く。新鮮な血を分けてもらい料理に使うと皆美味しいとジビエ料理が決まる。

相沢は、問題は、肉の絶妙な焼き加減だと言い、倫子はがんばると、尾花と練習を繰り返す。

ジビエコンクール当日。京野は、尾花に連絡をとるが会場に現れない。倫子は、自分で焼くことを決意する。

そのころ、尾花は、峰岸を訪ねていた。峰岸が、コンクールは大丈夫かというと。尾花は、「あっちは、うちのシェフがやるから大丈夫。審査して欲しいうちのメインディッシュを」と答える。

京野が、審査委員会が始まった。うちはあと30分と倫子に伝える。倫子は焼き加減を見ながら調整する。

栞奈は、審査店舗は5軒、10点満点で審査して下さいと審査員に伝える。1店目のジビエ料理が運ばれる。

京野があと5分と伝える。倫子は、相沢に声をかけ、相沢は合わせると答える。同時刻、尾花も、峰岸のために、倫子の成功を信じ料理をする。

そして、目黒にオープンする「グランメゾン東京」ですと紹介され、倫子が自信を持って、「本州鹿の内モモのロティとコンソメです」と言う。

審査員たちは、珍しい組み合わせとか、こんな色のコンソメをみたことがないとざわめきだす。審査員たちは、一口食べて全員美味しいと言う。

峰岸は、モモかと言い、筋肉を使ったコンソメと血を使った料理だと聞き、なぜこんなに面倒なことをしたと尋ねる。尾花は、峰岸の生き物を大切に食べるという考えに共感したと答える。

峰岸は、「これは、ばか美味い。」と頬張る。尾花は、喜ぶ。

審査が終わった倫子は、やることはやったと言い。京野も、焼き加減はお出しできる一品だったと褒める。

そのころ、gakuも、料理を出す番に差し掛かった。鹿のロースを使い、生のセップ茸にヘーゼルナッツだった。審査員たちも斬新だと驚く。

審査結果が発表される。gakuが優勝だった。栞奈は、丹後に雑誌に掲載されることを伝え、生肉の流通量が減った中で、さすがと褒める。

丹後が、江藤に事情を聞きに行くと、審査院長が出てきたとこだった。

江藤は、3つ星は、シェフにつくのではない店につく、そのためなら、生肉の買い占めも、ロビー活動も何でもすると言う。丹後は、江藤のやり方に納得がいかなかった。

京野は、平古に、モモ肉を仕入れに名前を貸してくれたことを感謝する。尾花たちが作った料理を渡し、「お前なら、この味が分かるはずだ」と。

平古は、料理を前に食べようとしていると、萌絵が厨房に入ってきた。平古は食べるなり、感動して涙を流す。萌絵もいっしょに食べているところを、平古の恋人・美優が見つめる。

倫子たちは、負けて悔しくてワインを飲んでいると、尾花が帰ってくる。倫子はどこへ行っていたと怒る。

峰岸が入ってきて、これから、ジビエ肉や山で採れた最高のものを卸すと約束し、尾花と握手する。倫子たち全員喜ぶ。

ベースとなる料理が完成する。あとは、その時のアレンジで考えて行くと。相沢は、料理が完成するまでの約束だったと去ろうとする。

倫子が、行ってしまうのと聞き、京野は尾花にそれで良いのかと言う。尾花はせいせいすると。相沢は、レストランのビルを見上げ、寂しそうな顔をする。

相沢が、アメリーを保育園に迎えに行き、店を辞めてきたというと、アメリーは、尾花の弁当が食べられないのかと残念がる。アメリーのお弁当がキャラ弁で大人気だったと保育士さんが言う。

買い出しから尾花たちが帰ってくると、相沢が、キャラ弁の作り方を教えてもらいにきたと言う。

倫子は、相沢は、このレストランに必要な人だと、正式に向かい入れることを提案する。

但し、アメリーの迎え入って欲しいと言い、文句を言い出しそうな尾花に、「一人では自信がないんだ」と、尾花が、峰岸を焚き付けた言葉をかける。尾花は、渋々認める。

倫子は、相沢に、いっしょにやって欲しいと言い、相沢も了解する。京野は、最高のチームになるかもしれないと言う。

萌絵が着替えをしようとして、ロッカーを開けると、指を怪我をする。取っ手の部分に画鋲が仕込んであった。

オープンに近づき、栞奈は、リンダをつれてやってくる。倫子は、リンダが「マリ・クレール ダイニング」の編集長で、尾花の元恋人と聞き驚く。

ここまでがネタバレですが、第3話は、鹿肉料理コンテストに向け、生肉が買占められるが、尾花と倫子アイディアで料理を完成。会場には尾花が現れず.....。

尾花のアイディアのコンソメが行き詰まり、倫子が、京野に悩みをこぼす。京野が、倫子に、皆がシェフの言葉を待っていると励ますシーンがとても素敵でした。

倫子のアイディアで、尾花が覚醒し、料理が完成する。尾花は、倫子を信じたのでしょう。コンテストは倫子に任せ、倫子も期待に応えたのです。かっこよすぎです。

ドラまる
平古が、前話でも、資金調達を助け、鹿肉の入手に手を貸しましたね。

尾花たちの料理を食べて感動で泣く場面も、本物を追求する料理人の凄さを見た気がしました。

ラマちゃん
尾花は、保育園で元気のない相沢の娘のために、キャラ弁を作っていたとは。相沢も心が動きましたね。

倫子の元、最高のメンバーが揃いました。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』3話ネット上の反応

ドラまる
尾花の料理人としての姿勢。相沢も入って最高のチームだとのコメントが上がってますよ。

ラマちゃん
平古の尾花の鹿料理を食べた時の涙がネットで話題になってます。

スポンサーリンク

ドラマ『グラメゾン東京』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グラメゾン東京』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

グラメゾン東京|3話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『グランメゾン東京』4話のあらすじ

2019年11月10日(日)放送のドラマ『グランメゾン東京 』第4話のあらすじをご紹介します。

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。

だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。

彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。

やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。

そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。

コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。

さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。

そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。

萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。

萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。

その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。

刻々と近づくプレオープン。

尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか?

そしてグランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グランメゾン東京』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

鹿料理のコンテストで、上質の肉の買い占めにあうが、尾花と倫子のアイディアが融合し完成。会場に尾花は現れず倫子がやりきる。負けたが、最高の鹿肉の卸を勝ち取り、相沢も仲間になる。

ドラまる
オープン前、著名な雑誌の編象長で影響力の強いリンダへ料理を提供することになる。

倫子は緊張するようですが、どうなるのかな。

ラマちゃん
尾花がデザートを変えると言い出し、スカウトしてきたのが平古のホテルの萌絵。萌絵は認められるのでしょうか。

平古の恋人・美優の嫉妬の影響も気になりますね。

相沢も仲間になりました。平古も、尾花の料理を食べて泣いてたから、仲間に入って、さらに最強のチームができるのか。萌絵もついて行くのか楽しみですね。

江藤も勝つためには、何でも仕掛けてきそうですね。丹後は、料理人として勝負したいと思っている。グランメゾン東京にどう影響するのでしょうか。

尾花の恋人がリンダとは。次話はリンダとの勝負のようです。展開を見守りましょう。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA