グランメゾン東京|1話ネタバレと感想。さすが、キムタク。フレンチシェフ姿が見事!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年10月20日(日)「グランメゾン東京」が始まりました。1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
今まで様々な役柄を演じヒットを飛ばしてきた木村拓哉さんが、挫折して再起するフランス料理シェフを演じます。

どんなドラマが待っているのでしょうワクワクしますね。

ラマちゃん
木村拓哉さんとタッグを組むのは、ドラマ「華麗なる一族」以来の鈴木京香さん、楽しみです。

周りの俳優陣も実力派ぞろいで、熱い物語が期待できます。

パリの三つ星レストランの面接を受けていた倫子。その前に現れた男がメニューを作ろうとする。男は、借金取りに追われ去って行く。彼こそが、かって三つ星に最も近い料理人・尾花だった.....。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』1話あらすじネタバレと感想

2015年パリ、二つ星レストラン「エスコフィエ」では、日仏首脳会談昼食会の準備に追われる。フランス外務大臣はナッツのアレルギーがあると厨房では、ナッツをしまう。

ウニの調理をやり直せという料理長がいた。時間がないという全員をよそに、その男は、自分でやると、ウニ料理のアレンジを作り上げる。ウニ料理を食べた大臣が倒れてしまう。

3年後、三つ星レストラン「ランブロワジー」の面接を受ける倫子。50才にもなるのになぜミシュランの星にこだわると問われ、客観的で著名な評価はミシュランしかないと訴える。

その真剣な態度に、料理長は、腕を見せてくれと許可する。突然、男が入ってきて、料理を作らせてくれと頼むが、料理長は、お前の居場所はないと店を追い出す。

料理長は、倫子にテストで前菜を作るようにと宿題をだす。緊張する倫子に、さっきの男が声をかけ、この店で働いていたらから好みが分かると言い、メニューを決めオイルを作ってしまう。

倫子は、その男の手際の良さに驚き、その男は、必ず言った通り作れば、採用されると言い、借金取りに追われ出て行く。

その男は、「エスコフィエ」で事件を起こした尾花で、それ以来、金と女で乱れ、今は、雇う店は、パリにはなかった。

倫子は、食事する尾花を見つけ、倫子の得意料理フォアグラのポワレを作ったら落ちたと言い、ただ、尾花が作ったオイルは褒めてくれたと。

倫子は、自分の30年かけて作った得意料理よりも、尾花が30秒で作ったオイルが褒められ、悔しさを尾花にぶつけにきたのであった。

倫子は、三つ星レストランを認めさせてくれた腕を見せてくれと、手長海老のエチュベを作ってくれと頼む。

尾花は、厨房を借りて作る。鍋に海老を入れ、目をつぶり、絶妙なタイミングで海老を出す尾花。その姿に倫子は、自分では及ばないと感じていた。

倫子は尾花が作った手長海老のエチュベの香りを嗅ぎ、一口食べ、美味しいと、そして、なんで自分には出来ないだろうと涙を流す。

倫子は、尾花とパリの街を歩きながら、三つ星シェフに最も近いと言われどういう気分だったと大声できく、3年前、アレルギーで会談を台無しにした尾花シェフと日本でも報じられたと。

倫子は、尾花のファンだったと言い、料理を食べていないやつが何を言うと思っていたと。昔、「エスコフィエ」で食べたメイン料理は格別だったと。

その詳細のレシピを語る倫子に驚く尾花。倫子は、舌だけはよく、一度食べた料理のレシピはすぐに分かると言う。

倫子は、日本で、星を目指したが、30年やって一つもつかなかった。母親な亡くなり店をたたんだが、諦められずパリにきたが、手長海老のエチュベを食べて腕がないことを思い知ったと。

倫子は、どんなに頑張っても届かない夢があることが分かった。気づかせてくれてありがとうと去って行く。

尾花は、「あんたが店を開いて、いっしょにグランメゾンをやらないか。おれが必ず星をとらせてやる。」と大声で叫ぶ。

日本についた尾花は、さっそく、東京で一番のフレンチレストラン「gaku」に倫子と行く。

「gaku」は、一つ星をとり、今年は二つ星と噂されるレストランで、尾花とパリでいっしょに修行した丹後が料理長であった。

尾花はその店で、かって、「エスコフィエ」の同僚だった京野に会い驚く。丁度その時、ミシュランの調査員が入ってきた。

尾花は、その行動パターンから、調査員と気づき、倫子に伝え、同じメニューを頼む。「gaku」では、素材を生かした素晴らしい料理が次々と出され、倫子は驚く。

調査員が帰り、尾花は、京野に、平等に出すのがポリシーでなかったのかと、盛り付けが悪いのがきたといちゃもんをつける。

倫子と店を出すから、いっしょにやらないかと京野を誘う。京野は、あのあと店がどうなったか知っているかと尾花の胸ぐらを掴む。倫子に、いっしょにやらない方がいいと助言する。

尾花はお金がないから泊まるところがないと、倫子の家に転がり込むのであった。

京野は、オーナーの江藤から、ミシュランの調査も終わったし、ワインの質を落として利益をあげてくれと言われる。京野は、そのやり方に納得がいかなかったが、従うしかなかった。

翌朝、尾花は、倫子をつれ、昔の仲間の相沢に会う。相沢はレシピ動画で有名になっており、尾花は、パリでそれを知っていたのであった。

相沢は、尾花の誘いを断り、倫子に、お金と女にだらしないから騙されてはだめだと助言する。

京野は、「エスコフィエ」で働いていた平古に会いに行く。平古は、一流ホテル最年少料理長でビュッフェ部門を任されていた。尾花が店を開こうとしていると言い、絶対に近づくなと助言。

「gaku」では、ミシュランからの連絡を首を長く丹後が待っていた。京野に料理はどうかと意見を聞く。京野は、江藤オーナーの意見を聞きながらできるのが丹後の良いところだと褒める。

尾花は、京野がいれば人が集められるのに、そこに、求人サイトをみてきたというアルバイトの芹田がやってくる。倫子はまだ店がないのにと尾花を怒るが、芹田の連絡先を聞き意気投合する。

倫子は、ずっと居座るつもりか、アルバイトくらいしろと怒る。それを聞いて、尾花は、突然料理を作り出す。

「gaku」では、京野が、オーナーの江藤から、このワインリストでは原価率が悪すぎると言われ、お客様を騙すのかと反論。江藤は、経営努力だと、別のワインリストを持ってくる。

不満を持ちながら京野は、店を閉める。そこに、倫子が待っていて、尾花が居座って出て行ってくれないと相談にくる。

京野が、倫子の家について行くと、料理を作って尾花が待っていた。その料理は、パリでの修行時代に、京野が好きだったまかない飯であった。

京野は、騙したのかと言うが、尾花は違うといい、まかない飯を食べるように勧める。京野は、懐かしい味に喜ぶ。

倫子は、ゆずを入れた方が良いと言うが、尾花は論外という。京野は、こと料理に関しては、こいつは曲げないと言っても無駄だと言う。

倫子は、なぜ、料理人をやめたのかと聞く。京野は、優秀な尾花や丹後が入ってきて居場所がなくなりあきらめたと。

尾花といっしょに、「エスコフィエ」を開き、人事からワインまですべてを完璧にやってくれたと尾花は京野を褒める。

尾花は、「エスコフィエ」が潰れ借金を負ったから丹後のところに行ったのだろうとお金を渡す。京野は、「こんな額では足りるわけないだろう」と怒りだす。

京野は、料理長にはすべての皿に責任がある。アレルギー物質が混入したのはお前の責任だと。そのあと、官僚を殴らなければ、単なる混入事故で店は守られたはずだと怒る。

どうせ、自分のプライドを傷つけられ、殴ったのだろう。そんなやつに、もう一度人生を預けろというのかと。丹後の紹介で、江藤オーナーに救ってもらった恩義があると、部屋を出て行く。

倫子は、もう止めようという。尾花は、始まったばかりだと諦めない。

翌日、京野は店に行くと、江藤に声を掛けられ、倫子から誘いを受けているのではと。京野は、尾花が店を開くと言っているが、だれもついて行かないと。丹後は、尾花の存在に驚く。

倫子に、丹後から連絡が入り、女性らしい料理が気に入ったといっしょに働きたいという。江藤も、尾花のことを気にする必要はない、飲食業界では引き抜きは当たり前だと。

倫子は、少し考えさせて欲しいと言い帰る。

倫子が帰った後、江藤は、そこまでする必要はあるのかと。尾花は、同じ店で修業したシェフが日本にいるのはまずい。倫子が使えないなら切ってくれて良いと。

倫子が、家に帰ると、尾花が勝手に入って料理を作っていた。倫子は、勝手に入らないで欲しい。都合の良い金ずるとしか思ってないのではと怒る。

尾花は、いっしょに、グランメゾンを作るパートナーだと。倫子は、だれも尾花についてくる人はいない。丹後から、料理人として誘われていて、それを受けることにした。出て行ってと。

尾花は、パリで、倫子に、手長海老のエチュベを食べてもらった時の顔を見て、料理人になったころのことを思い出したと。

おいしいと言ってくれたことと、レシピを見抜く力、それが、倫子をパートナーとして選んだ理由だ。倫子には、才能がある。丹後の店で困ったら、京野に相談すれば良いと部屋を出て行く。

倫子は、尾花が作った料理が鍋にあることを気付き、その傍には、昨晩、倫子がアドバイスしたゆずがあった。それを食べながら、倫子は、「素直じゃないな」と言う。

「gaku」に、ミシュランから電話が入り、二つ星だと告げられる。江藤も丹後は喜ぶ。

その時、倫子が入ってきて、丹後は決心したのですねといい、仲間に入ってくれると皆に紹介する。倫子は、「1000万で京野の借金を返済して、京野を引き抜きにきた」と叫ぶ。

江藤は、お金だけでは京野は引き抜けないと言う。

倫子は、料理人を諦めた京野の気持ちが分かる。星にこだわってきたが、尾花の料理を食べて、料理人を諦めかけた時に、いっしょに、世界一のグランメゾンをやらないかと誘われたと。

倫子は、京野なら、尾花の料理には、人を引き付ける力があることが分かるでしょうと。倫子は、京野の納得しない料理は作らないという言葉に、京野の心は揺れる。

丹後は、尾花がどういう人間か分かるでしょうと反論するが。

その頃、尾花は、一人、「エスコフィエ」の時の仲間の写真を見つめていた。官僚を殴ったのは、仲間に移民がいて、わざと混入させたテロの疑いがあると言われたからであった。

ビルに店の物件を見に行く、尾花。

倫子が、物件の地図を片手に入ってくる。あんな料理を置いて行くなんてなんて人たらしなんだと。丹後の誘いは断った。もう一人つれてきたと言う。

姿を現したのは京野だった。京野は、尾花のためじゃない、借金を肩代わりしてくれた倫子のために働くという。京野は、駅から遠いが、なかなか良い物件だと言い、店の名前をどうしようと。

倫子は、「グランメゾン東京。世界最高のグランメゾンを東京に作る。以上」と宣言する。

倫子は、本当に星取ってくれるのと尾花に聞く。尾花は、「星を取るのはあなただ。グランメゾン東京の料理長は、早見倫子だ。自分の名前は前に出せない。狙うんだったら三つ星だ」と。

倫子は、ありえないというが、尾花は、それを否定し、新しい三つ星のフレンチになると力強く言う。

尾花は、アルバイトの芹田をつれて、市場に行き、食材を買い付けに来た丹後と会う。丹後は、東京という星がとりにくいところで、二つ星をとったぞと挑戦的であった。

そのころ、倫子の家には、フードライターの久住が、来年オープンの店の特集を企画していると尋ねてきていた。

久住は、フランスの新聞社に勤めるリンダに電話をかけ、ナッツ混入事件を起こした尾花が、やはり店を東京で出すようだと報告する。

リンダは、「ナッツ混入事件ではなく、殺人未遂事件だと。また、尾花を潰すため、何かが起こる」と不吉な予想する。

ここまでがネタバレですが、第1話は、有名シェフ尾花、事件で店が潰れる。星を取るのを夢見た倫子は、尾花の料理を食べ挫折。二人は、店を持つことに.....。

パリの美しい風景と、木村拓哉さん演じる尾花のかっこいいシェフの手さばきから始まるドラマは圧巻でしたね。外務大臣に作った料理でアレルギーを起こす衝撃的な幕開けでした。

逃亡者のように汚れ逃げ惑う尾花と、もう一度ミシュランの星を目指して熟年の女シェフ・倫子が出会う。倫子が、尾花の料理を一口食べ、自分の実力を知り涙を流すシーンが感動でした。

ドラまる
尾花は、倫子が自分の料理のレシピを当てる舌を持っていることと、なにより、料理への情熱が気に入ったのでしょう。

いっしょにグランメゾンを開こうと言ったのですね。

ラマちゃん
尾花は、昔の仲間の京野や相沢を尋ねるが、パリの店で尾花がしたことが許せず。

簡単には仲間に入ってくれませんでしたね。

尾花は、修行時代に京野が好きだったまかない飯を作り京野を誘う。尾花が官僚を殴ってしまい自分のことしか考えない尾花が許せなかったのですね。京野の怒りも分かりました。

京野も、今の店のオーナーに救ってもらった恩義を感じながら、お客様を大事にしないやり方に不満を抱いていた様子がとても良く伝わってきました。

ドラまる
丹後の誘いを受けた倫子は、尾花の料理を食べ決意したのですね。逆に、京野を引き抜きにきたと堂々と渡り合いました。

カッコ良かった。

ラマちゃん
独り物件を見る尾花。そこに、倫子が、人たらしとして入ってくる。京野が現れた瞬間の、尾花の嬉しそうな顔。

ここで自分たちの店を作るんだと宣言する三人が素敵でした。

スポンサーリンク

ドラマ『グランメゾン東京』1話ネット上の反応

ドラまる
木村拓哉さんの最高と、ドラマも面白いと評判ですよ。

ラマちゃん
木村拓哉さんだけじゃない、鈴木京香さん、沢村一樹さん ベテラン3ショット最高との声が上がってきてますよ

スポンサーリンク

ドラマ『グラメゾン東京』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『グラメゾン東京』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

グラメゾン東京|1話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『グランメゾン東京』2話のあらすじ

2019年10月27日(日)放送のドラマ『グランメゾン東京 』第2話のあらすじをご紹介します。

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。

だが早速大きな壁にぶちあたっていた。

開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。

倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。

そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。

尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。

窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。

そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。

それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。

はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『グランメゾン東京』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

事件で店を潰した二つ星シェフ尾花と星を夢見た熟年女料理人・倫子が出会う。二人は、店を出すことに。尾花は、昔の仲間に断られるが、倫子が引き抜く。グランメゾン東京開店に向け始動。

ドラまる
店を出すための5000万円ものお金の調達という壁にぶつかるようですね。

倫子や京野の奮闘ぶりが楽しみですね。

ラマちゃん
尾花は、メニュー開発に没頭するようです。お金を借りるため信金の融資担当に、料理で口説き落とそうとする。

成功するのでしょうか。

挫折したシェフを木村拓哉さん、夢を諦めずにいた女料理人に鈴木京香さん、尾花に痛い目をあった京野に沢村一樹さんと贅沢すぎます。

敵対するシェフ・丹後に尾上菊之助さん、オーナー江藤に手塚とおるさんと、役者ぞろいです。「gaku」と「グランメゾン東京」の対決も期待できますね。

単に、一度は挫折した中年たちが、世界最高のレストラン・グランメゾン東京を目指して夢を追うだけと思ったのですが、3年前の事故には、裏がありそうな雰囲気面白そうです。

高級レストランの厨房の様子や、パリのロケも楽しみです。

伏線や、それぞれの人生や人間模様が絡み合って、どんな展開を見せるのか。一週間が待ち遠しいドラマが始まりました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA