ドクターX(第6シリーズ)|最終回(10話)見逃し動画無料視聴はこちら【12/19配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話 2019年12月19日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年12月19日(木)放送終了後〜2019年12月26日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『ドクターX(第6シリーズ)』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』の配信は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX(第6シリーズ)』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税別)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、550円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも550円相当のビデオコインをもらえます。

『ドクターX(第6シリーズ)』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじ

2019年12月19日(木)放送のドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじを紹介します。

「東帝大学病院」に幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏)が入院。ニコラス丹下(市村正親)の支援を受けジュリアード音楽院に進んだ和十は、現在重病に侵されており、ピアノが弾けなくなるかもしれない危機に瀕していた。

手術を拒む和十は、大門未知子(米倉涼子)の「必ずまたピアノが弾けるようにする。私、失敗しないので」という言葉を信じ、手術を承諾。

そうして臨んだ手術だったが、未知子はその最中に突然術式変更をする! 

未知子の勝手な判断にぶ然とする原守(鈴木浩介)。

さらに和十の術後の経過も芳しくないのを見た原は、「手術は失敗だった」と未知子を責め立て…?

一方、修正大血管転位症、という先天性の心疾患があることが判明した丹下は手術を拒否し、「心臓に爆弾を抱えるあなたを放っておくわけにはいかない」と手術を勧める未知子の言葉にも耳を貸さずにいた。

以前に未知子に命を救われた岩田一子(松坂慶子)は、丹下を説得するため拘置所を訪問。

するとその目の前で、丹下は意識を失い倒れてしまう!

「東帝大学病院」に緊急搬送された丹下を、決死の処置で蘇生させた未知子。

目を覚ました丹下は、昔、未知子に会ったことがあると未知子に語り始める。

蛭間重勝病院長(西田敏行)をはじめとした上層部は「手術は不可能」と判断し、未知子の動きを阻止しようと…?

もし、蛭間院長と検察の許可を得ずにオペをすれば、ドクター生命を絶たれ、犯罪者になってしまうかもしれないという禁断のオペを未知子は敢行することができるのだろうか!?

番組公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぱるる
次回最終回ということですが、まだ捕まった状態にいる二コタンが重い病気を抱えていてついに倒れてしまいました。

大門は「早く本当のことを言って出てきてくれないとオペできないから」といつもの調子でぶっきらぼうに言っていましたが、大門自身二コタンに死んでほしくないという思いもあるんじゃないかと思います。

そして二コタンはどこか憎めないキャラクターで完全なる悪役ではないように思います。

今回のオペはいままで以上に大変なものになるのかもしれませんが、大門には二コタンのことをどうか助けてほしいと思っています。

次回どういう真実が明らかにされるのかも楽しみです。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

でぶっち
9話のラストを見ると、ニコラス丹下の病状は明らかに深刻そうだ。

何せ大門美位子が自分から留置場へ出向いて行ったのだから。

加えて、過去の話で、ニコラス丹下の部屋に少年の写真が飾られていたことから、10話では、天才ピアニストの少年と、ニコラス丹下の関係が明らかになり、この二人が同時に難手術となるのでは?と予測される。

いずれにしても、東帝大学病院でも、難手術を成功させられるのは大門だけなので、例え一人でも二人でも、大門が執刀して助けるという結果になるだろう。

ラストに、ニコラス丹下と米倉涼子の和解があるのかも、見どころであるが、10話だけでは完結しない、複雑な流れになるのは必須。

ペンネーム:でぶっち(50代・女性)

カス
大門は丹下の病気を治そうと早く釈放させようと色々行動に移しますがなかやか釈放されません。

そこで大門は早く自分の罪を認めて仮釈放だけでもさせてもらおうと丹下を説得します。

いつ死のうが構わないという丹下に大門は命の大切さを話してようやく説得に成功します。

後日、病院に帰ってきた丹下を検査してカンファレンスを行う。

そのオペを誰がやるのか決めるときに大門が挙手してオペの執刀医に決まる。

いよいよオペの日がきた。

大門は今回のオペに自信がないのか失敗しないのでというワードをなかなか言わない。

そして、そのオペの最中に予期せぬことが起こりオペは難航すると思います。

ペンネーム:カス(30代・男性)

ふじお
最終回になりますが、波乱な結末になりそうです。

拘留中のニコラスが病に侵されていることを知り大門未知子は、オペをしたがっていますがどうなるのか?楽しみです。

ニコラスは倒れてしまいオペをすると思いますが大門未知子は、成功させるでしょうか?

並行して、海老名部長も癌に侵されていることが判明しました。

病気になる人が多い気がしますが、大門未知子の身体は一つしかないので、あちらこちらと診る訳にも行きません。

オペをする順番は、どうやって決めるのかは医師の判断によるものです。

病気になると生きる気力が薄れてしまうので、大門未知子が神様に見えて来ます。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

Jiisan
次回は最終回。ニコラス丹下の心臓病の手術ができるのではないかと期待しています。

全身麻酔を実施し、人工心肺につなげてからの手術となる見込みだ。

今回の国際郵便でのカルテから左右の心室が逆転していることがわかっているため、難しいことになるはずだ。

AIにもどうなのかを尋ねるとすぐにでも手術が必要との回答が今回の最後のシーンにある。

東京地検の取り調べもあるが、ニコラス丹下が直にこの国がブラックバスに飲み込まれるという。

早く逃げなさいという意味がわかるのかどうかも最終回ならば、わかるのかもしれない。

次回はわからなったことが残らず?わかるようになるかもしれない。

そこが楽しみポイントです。

ペンネーム:Jiisan(50代・男性)

ぱんち
吉行という少年ピアニストはオペを拒否するが大門は助けると言います。

ところがオペ中に大門が突然、術式を変更し原が怒ると、術後の経過もよくなく原は大門のせいだと言うようです。

しかし少年には先天性の疾患があり、そもそもオペでは完治しないと大門は弁解するのでしょう。

一方、心臓に疾患を抱える丹下も大門のオペを拒否していますが、岩田が丹下を説得に拘置所に行くと丹下が心臓発作で倒れるようです。

そして東帝大病院に搬送され大門が蘇生させますが、修正大血管転位症は蛭間も検察もオペのリスクがあると言って丹下のオペに反対するようです。

しかも大門は失敗すればクビになるくらいでは済まないと驚かされ悩むのでしょうが、クビ覚悟で丹下のオペに挑み見事成功すると期待します。

ペンネーム:ぱんち(60代・男性)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ドクターXファン主婦

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

丹下が支援していたピアニストの少年を手術することになる大門。

ピアノが引ける手術をすると約束するも、腫瘍が思ったより大きく全部摘出する為に術式を変えることに。

それにより、彼の指は動かなくなってしまう。

そんなときに丹下は病魔に虫歯ばれ、拘置所で倒れてしまう。

大門の元に運び込まれたのを目撃した少年は、恩がある丹下を助けてほしいと訴え見守る。

大門は諦めずに蘇生を続けて「諦めるな、ニコタン!」と叫ぶ。その献身的な行為により彼は一命を取り止める。

目覚めた丹下はブラジルで人を助けようと率先して働く大門を見ていたことを告白し、そして、貧しい子供達にチャンスを与えたいと告げる。

それをみた大門は、同じを病を持つ子供達の為に手術をすることを進める。

そのころ少年は、ピアノと向き合い始める。

大門は丹下の術式を模索するも周囲に丹下の手術を阻止されら。

そんなときに少年はチャリティーコンサートに出て、動かない筈の手を駆使して見事な演奏をしてみせる。

丹下の協力のもと緊急手術に持ちこみ、大門は手術を一人おこなう。

最初は協力を悩んでいた医師たちは大門の熱意に突き動かされ丹下の手術に参加していく。

患者をけして見捨てない、その気持ちが1つになり「患者の命」に再び未来を与える。

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の感想

丹下さんの思わぬ1面が知れてドキドキしてしまいました。

大門さんが救うためにオペをしようとするも、周囲の医者たちは術式がないと諦めるも大門は諦めない姿が最高にカッコいい内容でした。

他の医者がどんどん諦める中でも必死にもがく姿は、患者が求める理想的な医師そのものな感じがしました。

特に素敵なのは「未来?あんたは今しか見てないじゃん」と患者の未来を繋ぐことに情熱を傾ける姿でしょうか。

最後なんて言わずに続編を続けてほしいスカッとする内容でした。

あと、秘書の子がだんだんと周囲の人と距離を取ろうとしてる?みたいな雰囲気が面白かったです。

ペンネーム:ドクターXファン主婦(30代・女性)

ぱるる

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

二コタンは手術しなければ危険な状態なのにかたくなに手術することを拒んでいました。

しかし拘置所で倒れてしまい二コタンは手術しなければならない状態になってしまいます。

一方で蛭間は鮫島と手を組んでなにかしようとたくらんでいました。

また海老名はなぜか病院の屋上にいて自殺しようとしていました。

その理由は娘が医学部を目指しているからお金がかかるというのが1つ。

もう一つは自分は癌だからというのがありました。

大門は二コタンの他にピアノの才能がある和十の手術を行うことになりますが、手の病気を抱えていた和十は手術後、ものが持てないような状態になってしまいます。

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の感想

二コタンの手術は大門に絶対させてはいけないというふうな話になっていたのでこれはどういう結末になるんだろうと最後までハラハラさせられました。

そしてまだ小学生くらいの和十の将来の希望を奪ったのだと大門が最初責められていましたが、ただ腫瘍があるからというだけで手が動かなくなるような手術はしないだろうと思っていました。

そしたら和十はその後リハビリをかなり頑張ってしたようで、チャリティーコンサートで両手でピアノが弾けるようになっていて驚きました。

大門の手術は分かりにくいけれど優しさが常にあるんだなと思わされた最終回でした。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

chibi

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

ニコラス丹下(市村正親)は、心臓の病におかされていた。

ただ、手術は、拒否していたのだった。

一方、天才ピアニスト吉行和十(城桧吏)は、ピアノが弾けなくなることを、心配していた。

和十は、ピアノ以外苦手だが、ニコラスに応援してもらったので、ピアノでは、誰にも負けないそうだ。

ニコラスは、和十の他、たくさんの子供を援助していた。

術後、和十の右手は、うまく動かせなった。

原守(鈴木浩介)は、術式を変えた、未知子を責めていた。

食堂のおばちゃん岩田一子(松阪慶子)が、神原名医紹介所にやってきた。

ニコラス丹下に、手術をうけるように、拘置所へ説得に向かった。

「わたしは、あなたに生きてほしいの。それが理由ではだめですか」一子が、仕切りに手を添え、ニコラスも、手を添えようとした時、胸をおさえて、その場に倒れこんだ。

東帝大学病院に運ばれたニコラス。

心停止から、時間がたっていくが、未知子の処置により、一命をとりとめた。

ニコラスは、ブラジルで、助からないような子供から真っ先に、処置し、助ける未知子に出会っていたことを、思い出したという。

子供たちのために、手術を受けてほしいという未知子であった。

難しい術式のため、蛭間院長(西田敏行)は、難色を示していた。

今まで、誰も成功したことのない術式だった。

蛭間達は、東帝大学病院に出資してもらうため、和十に、チャリティーコンサートをさせる。

ピアノに向かう和十の右手が、スムーズに動き出した。

原守は、大門先生は、失敗していなかったと、思いなおすのであった。

病院では、ニコラスの手術を、未知子が始めていた。

仲間の医師達も駆け付けた。

潮(ユースケサンタマリア)のAIの助けもあり、手術は、無事成功した。

蛭間は、無許可でおこなった手術のため、未知子達を、病院から解雇するのであった。

蛭間自身も、鮫島(武田真治)により、院長の座を追われるのだった。

未知子は、新たな道を歩き始めていた。

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の感想

ニコラス丹下が、子供たちを助ける、いい人だったことに、なるほどと思ってしまいました。

最後、食堂のおばちゃんと、うまくおさまるのが、ほっこりしました。

どんなに、厳しいオペでも、決して、患者をみすてないことという、未知子の言葉に感動しました。

どうしても、お医者様の世界は、蛭間病院長のような人を、想像してしまうのですが、未知子のような、お医者様もいてくれると、助かる命が、増えるのになと思わずにはいられません。

途中、はさまれていた、海老名(遠藤憲一)が、ガンかもしれないという話。

良性で、よかったのですが、加地(勝村正信)に、「加地くん痛みが出てきたんだけど」と言ったのが、おちゃめに感じてしまいました。

大門未知子が、少年の手術を失敗したかもしれないというのが、ありましたが、原守に、「あんた今しか考えてないじゃん」と、言った言葉の意味もわかりました。

常に、患者様のことを考えて、手術している、未知子は、すごい人だなと感心させられます。

ただ、普段の未知子から、想像できないのが、また、いいところです。

大手術の後に、東帝大学病院のメンバーは、解散しますが、また、新しい病院で、次回作が、見られることを期待しています。

ペンネーム:chibi(40代・女性)

kei

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

ニコラス丹下が倒れて、緊急入院する所から話は始まります。

難病の為、流石の大門未知子でも術式が思いつかない状況でした。

そんな中、天才ピアニストの手術を大門未知子は実施しますが、すぐに指が動かず失敗したと思われていました。

そしてニコラス丹下の腹心の部下が裏切り蛭間と手を組む事になります。

蛭間ファンド設立の為に、天才ピアニストにチャリティーコンサートをしてもらうと、指が動き完全復活していました。

それを見た、加地や原は大門が失敗していなかったことに気づきます。

そして医者で有ることを思い出し、加地や原に蛯名そして潮までもが手術に参加してニコラス丹下を助ける事に成功します。

最後は全員、東帝大学を去る事になりますが、大門は離島のおばちゃんを助けて大金を貰う所で話は終わりました。

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の感想

まさに最後の手術はオールスターでした。

ニコラス丹下を助ける為に、全員が強力して助けたのは感動しました。

潮部長が道の術式をAIと共に調べていたのは医者として立派だったと思いました。

そして、昌さんがばっちり大金を請求するのも流石だと思いました。

全員首覚悟で助けたのは立派でしたが、最終的に蛭間が首になるという事態に外来種の海外の医者は怖いと思いました。

しかし医者である以上は腕があればどこでもやっていける、最後は大門未知子は離島の患者を救っていたのが、大門はどこまで医者だと思いました。

海老名や潮や加地もどこかで医者として活躍してくれる事に期待したいと思いました。

ペンネーム:kei(30代・男性)

たなたな

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

丹下が手術を拒んでいるので岩田が丹下を説得することになる。

拘置所で丹下は胸を押さえて倒れてしまう。

すぐに病院に運ばれて大門が応対する。

心臓が止まっているので心臓マッサージを行う。

なんとか心拍再開して丹下は一命を取り留める。

だが先天性心疾患なので手術をやろうにも術式がないので他の医師たちは匙を投げてしまっていた。

しかし、大門は強引に丹下の手術を行う。

一人でやっている大門のために加地や原たちが大門のサポートに向かう。

オペ室に到着した加地たちは大門を手伝う。

その後、大門は手術に行き詰まり止まってしまうがそこに潮が来て新たな術式の解決策を知らせる。

大門のギアが上がり丹下を助けることに成功するのだった。

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の感想

大門がまだ成功したことのない手術に挑む感じがとてもワクワクしました。

丹下を助けるために医師たちが蛭間を裏切って大門に力を貸そうと集結するときはとても興奮しました。

まさかの潮までもが大門に加勢するとは思いませんでした。

そして、大門が手術に行き詰まったときに潮が助ける展開もとても良かったです。

その後、手術に成功してみんなで東帝病院の校歌をみんなで歌いながらオペ室から帰ってきたときには、とても爆笑しました。

大門は丹下のために全力でオペしている感じが伝わりとても面白かったです。

やはりドクターXの展開はいつも面白いと再確認しました。

ペンネーム:たなたな(30代・男性)

ふじお

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

ピアニスト吉行君の夢をあきらめるか?命の選択をするかで大門未知子は、命の選択をしました。

ピアニストの夢は絶たれてしまったかのように思われましたが、大門未知子は吉行君のリハビリに期待していました。

失敗したかと思われましたが、全然失敗ではありませんでした。

そんな時、ニコラス丹下の先天性の心疾患は悪化して、大門未知子はオペしたがっていますが、みんなで阻止しようとしています。

強行してオペをする大門未知子は、誰の言う事も聞かずに暴走します。

しかしながら、チームが一丸となりオペ室は大門未知子に期待を寄せます。

大門未知子しかできない難しいオペに感動します。

『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)の感想

前代未聞のオペに挑む、大門未知子は医師のプライドだけでしてしまうのか?疑問でした。

可能性が0%とAIは、答えを導き出したので勝算がありませんでした。

それでもオペしたい大門未知子は、あと一歩何かが足りないことを知っていました。

放っておいてもニコラス丹下の命は短いので、やらないよりもやることを選択しました。

潮先生がヒントをくれたので大門未知子は、ついに本領発揮してオペを成功させます。

失敗しない女は更に進化して、神の領域に達しています。

オペ以外のことはできないという大門未知子は、まさにスペシャリストです。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終回(第10話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2020年1月から同枠でドラマ『ケイジとケンジ』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA