ドクターX -外科医大門未知子-(第6シリーズ)最終回ネタバレと感想。最高のオールスターオペ。続編に期待!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年12月19日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話が放送されました。

ドラまる
留置所に入っているニコラス丹下の疾患に気が付いた大門はオペを進めるんだよね。
ラマちゃん
とにかく外に出てきてもらわないと手術できないのよ。

最終回にふさわしく今回も大胆な行動に出るみたいだわ。

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話あらすじネタバレと感想

修正大血管転位症という先天性の疾患を抱えていたニコラス丹下(市村正親)。

留置所で倒れてしまったニコラスは手術を望まず、自身の最期を受け入れていました。

司法取引に応じ釈放された事務長の鮫島有(武田真治)は手のひらを返し蛭間重勝(西田敏行)に蛭間ファンドを立ち上げるべく声をかけています。

病院では大門未知子(米倉涼子)は九藤勇次(宇崎竜童)から頼まれた幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏)の診察を行っています。

丹下の支援のおかげでジュリアード音楽院に通っていた吉行は重病を患っていました。

吉行は手術を拒否していましたが、大門の「必ずまたピアノが弾けるようにする。私、失敗しないので」という言葉を受け手術を受けることになりました。

思った以上に腫瘍が大きかったため、大門は途中で術式を変更し腫瘍をすべて取り除くことにします。

しかし、腫瘍をすべて取り除いたことにより右の指の動きが制限されてしまいました。

まさかの失敗?

未来を見据えている大門と今を見ている原守(鈴木浩介)との衝突が起こります。

そして、もう一つ衝撃の告白が。

海老名敬(遠藤憲一)「娘が医学部に進学したい。しかし、今はヒラ。時間がない。俺、ガンなんだ。」

加地秀樹(勝村政信)「嘘でしょーーーー!」

まだ検査の結果待ちだという海老名。間違いだといいですね。

蛭間は潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と海老名のどちらかに副院長の座を考えていました。

大門が「神原名医紹介所」に帰ると、食堂に勤めていた岩田一子(松坂慶子)が訪れていました。

丹下のことを案じ面会に向かった岩田の前で倒れてしまう丹下。

東帝医大に緊急搬送された丹下に大門は必死の蘇生術を施しますが、状態は予断を許しません。

その様子を原と共に見守る吉行。どこから入ったのでしょうか?

大門のおかげで助かった丹下は、「貧しくても人は死ぬ。君を一度見たことがある。ブラジルで…。」と語り始めました。

必死に子供を助けていた大門のように、自分のやり方で子供たちを救おうとしていた丹下。

大門「まだ間に合う。子供たちにチャンスを与えられるよ。死ぬ覚悟があるなら、命投げ出してよ。子供たちのために。」

しかし、丹下の失脚を狙う蛭間はこの機会を逃すまいと丹下の手術を認めません。

院長からの圧力や確実な術式がないことで、加地をはじめみな手をこまねいてしまいます。

術式がないことを神原晶(岸部一徳)さんにも責められ、アメリカ行きを打診されますが大門も城之内博美(内田有紀)も断りました。

その頃、AIに丹下の術式を確認する潮一摩(ユースケ・サンタマリア)ですが、どの術式も丹下を救うことができないという結果が出るばかりです。

「大門でも無理だよ。」この言葉、何気に大きな意味を発していますね。

蛭間ファンドのために開かれたチャリティコンサート。

吉行がピアノを演奏しますが、やはり大門の手術は失敗していませんでした!

リハビリを懸命に行った吉行は両手での演奏をはじめ大門と丹下に謝意を表しました。

その頃、大門から送られた合図通りにモニターをすべて外した丹下は、オペ室に運ばれていきました。

オペを阻止するために見張っていた海老名は自身の検査結果に気を取られ、搬送を許してしまいますが良性でよかったです!

大門が手術を始めたという知らせを受けた加地。

潮「検察の許可のないオペに参加したら医者として終わりだ。」

加地「目の前に救えるかもしれない命があるのに。」

原「救わないというのは。」

村崎公彦(藤森慎吾)「寝覚めが悪いかもしれませんね。」

「行きますか。」

手術室には迷った挙句、医者として患者を診捨てられなかった海老名と多古幸平(戸塚純貴)が手伝いに入りますが、手が足りていませんでした。

そこへ原・加地・村崎が到着しました。

術中、難局に手が止まる大門に救いの手を差し伸べたのはAIと潮でした。

大門「私、絶対失敗しないので。」

その言葉と共に理想の手術を行う大門。

手術は流れるように行われ無事に終了しました。

大門「みんな、ありがとう。」

手術室を出ると蛭間が待ち構えていました。

大門を筆頭に反乱分子をみなクビにした蛭間の前に現れた晶さん。

うまいこと吉行と丹下の二人分の請求をしましたね。

そこへ鮫島が招き入れた新しい医局員によって蛭間は院長を解雇されたのでした。

蛭間に解雇された医局の面々は神原名医紹介所に所属しようとしますが、さすがに難しいようですね(笑)

そして、当の大門は離島でも人々を救っていました。

「私、失敗しないので。」

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話ネットの反応や感想

ラマちゃん
最高のメンバーで、最高のオペが行われたわ。

みんな解雇されちゃったけど、今後どうなるのかしら?

ドラまる
ニコラスは諦めかけていた命を、大門の言葉でつなぎとめたね。

ラマちゃん
潮先生、オペは下手だけど患者を救いたいのは大門と一緒よ。

ドラまる
ほんと、医局のイメージはこっちだね(笑)

多古先生、今日はいっぱい活躍したね。

ラマちゃん
ひろみちこが見れなくなるなんて。

二人とも可愛いしカッコいいし。

ドラまる
第一話とそろえてくるあたりが憎いねぇ。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』最終話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第7シリーズ)』第10話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第10話のネタバレ感想をご紹介いたしました。

今シーズンも、高視聴率が示すとおり楽しませていただきました。

大門が晶さんの教えを伝えながら行うオペは、ゆっくりと着実だけれど流れるように行われていることがビンビン伝わって、一緒にオペ室に入っているような感覚になりました。

そして、蛭間の手によって解雇されてしまった加地先生たち。

来シーズンまで待てないので、スピンオフで特別編作っていただきたいですね。

ドラまる
今回もずーっと大門はかっこよかったね。
ラマちゃん
最初は反発していた潮や医者はやめてしまったけれど浜地(清水ミチコ)も最終的に大門一派に仲間入りしたわ。

今から続編を期待しちゃう終わり方だったわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA