ドクターX(第6シリーズ)|9話見逃し動画無料視聴はこちら【12/12配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話(2019年12月12日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年12月12日(木)放送終了後〜2019年12月19日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『ドクターX(第6シリーズ)』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』の配信は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX(第6シリーズ)』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税別)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、550円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも550円相当のビデオコインをもらえます。

『ドクターX(第6シリーズ)』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじ

2019年12月12日(木)放送のドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじを紹介します。

日本が誇るロックスター“勇チャン”こと、九藤勇次(宇崎竜童)が「東帝大学病院」に入院する。

九藤の大ファンである原守(鈴木浩介)は、主治医を任され有頂天に!

同じ頃、デビュー曲の再生回数9億回を誇る若きシンガーソングライター・新津多九也(川谷絵音)も「東帝大学病院」に極秘入院。

九藤に用意されていたのは一般の病室であるにもかかわらず、VIP患者用の特別室は新津のために使われており、それをたまたま九藤が知ってしまったことで、気まずい空気が流れる。

それならば、と派手でロックなことを好む九藤は、ひと目見て気に入った大門未知子(米倉涼子)を登壇させ記者会見を開くことを提案。

しかし会見に出るだけで手術の執刀はさせてもらえないと知った未知子は、あっさり「いたしません」と却下する。

そんな未知子だったが、九藤が時折見せる“ある症状”が気になっていた。

「すぐ検査しよう。急がないと手遅れになる」と説得を試みる未知子の言葉にも、まったく耳を貸さない九藤。

案の定、会見中に昏倒し、検査の結果、後腹膜肉腫ステージⅢが判明する!

会見の場で「年末までに全快させます」と宣言してしまった手前、なんとか手術できないのかと、原や未知子に詰め寄る蛭間重勝病院長(西田敏行)。

だが過去に同じ病に侵された未知子は、その手術のリスクを誰よりも理解した上で、「自分のときよりも腫瘍が大きく、厳しいオペになる…」と逡巡する。

その矢先、九藤が病室から姿を消してしまう!

番組公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぱるる
次回は日本が誇るロックスターが病院にやってくるようですが、主治医を原守にしたいと指名してくるようでなんだか不安です。

というかこのドラマで大門以外の医師たちはどうも信用ならないというか、それが深刻な病気ならなおさら任せられないと思ってしまいます。

これまで原守はそんなにスポットライトを浴びるキャラクターではなかったように思うので、今回主治医に指名されて嬉しいのは分かりますがその気持ちが空回りしてまずい方向にいくんじゃないかと思っています。

そして結局最後は大門が執刀して手術を成功させて終わりそうな気がします。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

YK
大門が次はどのような手術を執刀するのかが見どころです。9話の患者はロックスターで、キャラクターがとても濃いようなので大門とどのように絡んでいくのかが楽しみです。病院から失踪してしまうようなので、無事に探し出して手術を成功させてくれることを期待しています。以前に大門が患っていた病気と同じようなので、大門自身も少し特別な気持ちで患者と接してくれそうだと予想しています。また、逮捕されてしまった丹下のその後が気になります。丹下は逮捕される前に病気を患っていたように感じたので、体調が心配です。9話で丹下についても、何か情報が分かればと期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

kei
何と言っても、過去に自分が患った、後腹膜肉腫ステージⅢの手術にどのように挑むのか楽しみです。

前回、大門未知子自身が患った時も奇跡の手術だった腫瘍がさらに大きくなっています。

普通の医者なら絶対無理なところを失敗しないといって挑む大門する二の足を踏むレベルをどうやって手術するのか楽しみです。

進化した大門未知子の腕に期待したいと思います。

そして何より、九藤勇次の大ファンの原戦線が必至になって協力するとおもうので、原先生の頑張りにも期待したいと思います。

ニコラス丹下がいなくなった束の間の幸せを蛭間は楽しんでいますが、ニコラス丹下が復活して驚くシーンをみてみたいので、ニコラス丹下の復活にも期待したいです。

ペンネーム:kei(30代・男性)

yajirushi
今回の冒頭に「九藤勇次」なるロック歌手のタオルが登場して原守がライブへ行ったことが語られていたが、次回はその九藤が患者となる。

名前に数字が入っているのでドクターXファンは名前を見ただけで「お、次回の患者か」と察しただろう。

公式サイトによると、九藤の大ファンである原守が主治医を担当する模様。

原守が張りきって空回りしたり未知子に振り回され直立が今から楽しみだ。

九藤は後腹膜肉腫ステージⅢであるらしいが、前シリーズで同じ病に冒され「患者」の経験を持った未知子が次回どういう対応を行うのかも今までに無いパターンだけに、見所になりそうだと期待が膨らむ。

ペンネーム:yajirushi(30代・男性)

さか
あるロックスターが病院にやってくる。

検査の結果後腹膜血腫だということがわかりそのロックスターは死ぬのかと動揺してしまい病院を抜け出して行方不明になってしまう。

そのロックスターは全く病気の兆候が無かったことを話していてステージ3まで進行していた。

早くにオペをしなくてはもう助からない。

大門はそのロックスターを早く見つけるように頼んで病院でオペの準備をして待ち構えている。

患者が見つかりすぐさまオペを始めるとガンがかなり進行しているのがわかり大門は動揺してしまう。

しかし、なんとか腫瘍を取り除き一命は取り留めることに成功する。

ペンネーム:さか(30代・男性)

Siba01masa
いったい、いつになったら鮫島有(武田真治)と村崎公彦(藤森慎吾)の場面が多い回が訪れるのでしょうか…。

ひそかに期待しているのは私だけでしょうか。

神原 晶(岸部 一徳)の軽やかなスキップはみていて、こちらもウキウキ、ルンルンな気持ちにさせてくれて心地よいです。

定番なくだりですけど、毎回楽しみにしています。

毎回思うのですが、大門未知子(米倉涼子)や城之内 博美(内田 有紀)が稼いだお金はどこに流れているのでしょうか。

この件に触れたら、このドラマの面白みはなくなってしまうのでしょうが、かなり気になるところです。

ペンネーム:Siba01masa(50代・男性)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぱるる

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレ

東帝大病院にロックシンガーとして有名な勇次が入院のためやってきます。

勇次は極秘入院ということでしたが、病院に着くなり勇次は多くのファンに囲まれてしまっていました。

そして勇次のファンの中には医師の原などの姿もありました。

大門は病院内で勇次とすれ違いますが、勇次のことは知らない様子の大門。

しかし「私速くて上手いので」と自分の手術の腕をアピールして去っていくのでした。そして大門は去り際に勇次の後姿を見て彼が痔らしいということに気づきます。

しかし勇次は痔の他にかなり重いがんも患っていたのです。

そしてそれは大門も経験したもので、大門の時よりも深刻な状態で我先にと自分が手術するという大門も言い出せないでいました。

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の感想

いつも自信満々に「私失敗しないので!」と言ってオペに挑む大門が今回怯んだ感じになってしまっていて珍しい回だったんじゃないかと思います。

しかし勇次のがんが大門も経験した病気で、大門の時よりも深刻な状態だったからという話を聞いていたら納得できました。

今は元気にバリバリ働いていて好き勝手している大門ですがこんな過去があったんだなと思うと大門を見る目が変わってきそうです。

勇次のオペはどうなるんだろうと思っていましたが、大門の時手術したことをお手本にしたり大門が「絶対助けてみせる」と意気込みを見せたりして助けてくれてさすが大門だと拍手を送りたくなりました。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

でぶっち

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレ

ネットで大ブレーク中のシンガーソングライター、新津多九也(川谷絵音)が、東帝大学病院に入院することになった。

時を同じくして、大物ロックスター九藤勇治(宇崎竜童)が入院する。

九藤は最初は軽度の症状だと思われたが、その様子に違和感を感じた大門美知子(米倉涼子)は、疑惑を抱く。

大門の不安は的中し、検査の結果、九藤は後腹膜肉腫ステージ3と診断された。

奇しくもそれは、かつての大門と同じ病名だった。

その時の苦しみがよみがえり動揺した大門だったが、諦めず九藤と正面から向き合う。

何としてでも九藤を助けたい大門は、ついに難手術を成功させる。

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の感想

かつての自分と同じ病気の患者と向き合う大門美知子。

さすがに平常心ではいられなかったですね。

患者としてその苦しみがわかると、さすがのブレない女も、機械的に「はい切りますよ」とはいかなかったようだ。

個人的には、若きアーティスト役の川谷が、その後何も絡んで来なかったのが、もの足りなかった。

川谷ファンは、ドラマ出演を楽しみにしていた人も多いはずなので、がっかりだったかもしれない。

結局いつものように難手術は成功を収めたが、そこはやはり、「失敗しない女」。

次回には、やはりニコラス丹下が登場するようで、予測通りだった。

ペンネーム:でぶっち(50代・女性)

カス

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレ

病院に九藤勇次がやってくる。その九藤はロックスターでとても人気がある。

大門は九藤が痔の手術できたんだと思い込む。

その後、九藤が会見を開くと話し大門に会見で病名を偽って発表してくれと頼む。

大門は九藤のビデオを見て大病かもしれないと疑念を抱く。

しかし、九藤は会見に出てしまいその途中で倒れてしまう。

検査の結果、後腹膜肉腫であることがわかった。

その事を知った九藤はいなくなってしまう。屋台で九藤を見つけて大門が説得する。

そしてオペ本番、大門と加地と原でなんとか九藤を救うことに成功する。

その後、大門は丹下のもとを訪れてあなたのオペをしたいと話すのだった。

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の感想

九藤はロックスターなのでかっこ悪いところは見せたくないという主義はとてもかっこいいと思いましたが自分が大病だとわかった途端に病院から逃げてしまったのは少し残念でした。

大門と同じ病気だったので二人はこんなにも信頼しあえてオペにまでこぎつける事ができたと思いました。

大門はオペの最中に予期せぬことが起きても瞬時に別の方法を提示した感じはとてもかっこよかったです。

こんなにできる医者が本当にいて欲しいとこの場面を見て思いました。

結局、大門は九藤のことを救ってしまうんですから大したものです。

あとは丹下の病気を治して完結でしょうね。

ペンネーム:カス(30代・男性)

ふじお

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレ

人気ロッカー九藤勇次が東帝病院にやってきました。

痔の手術をするためですが、内緒でことを進めようとします。

自分でグレートと言い張る勇次は、病室が空いていないために安い病室に案内されてしまいます。

VIP室は、後輩の新津多九也が入院していました。

納得のできない勇次ですが、妻の話だとお金を掛け過ぎてあまり残っていないようです。

痔の手術だけだと思われたのですが、大門未知子は変な動きに疑いを持ちます。

ギリギリで生きてきた勇次にとって腫瘍は、死にたくない気持ちでいっぱいになりました。

大門未知子は、勇次の困難なオペを引き受けます。

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の感想

助かる見込み50%、死ぬ確率50%と言われてしまい、ショックを隠し切れない様子でした。

いくら強がっていても、死ぬのは怖い、怖いから強がっているようにも見えます。

放っておけば100%の死は免れません。

最高の技術を持つ大門未知子は、この状況で無謀な挑戦をしましたが見事に成功させます。

わたし、失敗しないのでと声に出して言うのは、失敗できない状況だからです。

失敗が許されない職業なので、自分にプレッシャーを掛けていたと思われます。

死ぬのは怖い、失敗するのも怖い、二人は似てる部分があり意気投合したと思います。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

Jiisan

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレ

ロックスターである”勇ちゃん”こと九藤勇次が東帝大学病院に極秘入院してきた。

初期診断は単なる痔。

記者会見をするため、かっこいい病名を考えてもらうことを大門未知子に依頼する。

当然、「いたしません」と断る。

しかし、ためをつくるような動作をする際に背中の痛みがある症状を示した。

記者会見の日、自覚症状(腹痛や吐き気など)の有無を問うとそれはないという、検査をしようというが患者は聞かない。

記者会見をおこなうが途中で意識を失ってしまう。

検査の結果、後腹膜肉腫ステージⅢ(リンパ節への転移もある段階)、大門未知子も同じ病気にかかり、同じ大学病院の医師たちの執刀で助かっている。

カンファレンスでは、自分よりも大きな腫瘍だったため、いつものセリフを云わない。

カンファレンスの途中で、患者は病院から抜け出してしまう。

医師や看護師たちが探しまくって、屋台でいるところを大門未知子が見つける。

患者は、五分五分かそれ以下の難しい手術であることを云われるが、任せてもらえることになった。

手術で開腹してみると大動脈まで浸潤しており、人工血管に転換してもむずかしいことが判明したが、用意しておいたハイブリッド人工血管を使用することにより、手術を成功させる。

心臓病のためすぐにでも手術が必要であるため、大門は、ニコラス丹下に獄中で面会するが断われてしまう。

その後、ニコラス丹下は、廊下で意識を失い、倒れてしまいます。

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の感想

毎回、難しいオペとなる。

どれだけあるのかはわからないが、このドラマに出てくる病名や術式などをキーワードにして検索するとがんセンターや大学病院などのサイトがヒットしてくるので、どういうものかを知ることができる。

自覚症状のない病気を取り上げている。

それをうまくドラマに仕立てているのは感心します。

毎回、手術完了時に患者の肩に手を当ててから、手術室を出ていくシーンがあるが、どういうルーティーンなんだろうか。

無言の”お大事に!”と云う意味なんだろうか。

最期に銭湯でのシーンもいつも通りのルーティーンとなっている。

中年太りでお腹が大きくなったんだと思い込みは禁物だと自覚させるような回だった。

ペンネーム:Jiisan(50代・男性)

ぱんち

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじネタバレ

ロックスターの九藤が来院し原が主治医になるが一般病室に入る。

一方、シンガーソングラーターの新津も入院するがVIPルームだと知り気まずくなる。

九藤の御機嫌取りで大門が来るが大門はオペを任されず会見に出ろと九藤に言われるが大門は断る。

しかし大門はギターを弾く九藤のビデオと病室での様子の違いに気が付いた。

大門は演奏中に腹痛や吐き気、背中に痛みがないかと問う。

九藤は否定するが大門は手遅れになると言うが、九藤は会見に向かう。

しかし会見場で蛭間が加地、原と会見し年内復帰だと言うが九藤が倒れる。

検査で腹膜肉腫が見つかり原が告知する。

腹部大動脈が腫瘍に囲まれていた。

浜地は黙っている大門に話を向けると自分も同じ疾患だったと大門が言う。

加地がオペをした。

大門は自分より厳しいオペだと言う。

浜地は見殺しにしたら日本中のファンが許さないと言う。

すると九藤がいなくなる。

大門は屋台で九藤を見つけると九藤は友がいないと言う。

死にたくない、怖いと言う。

助かる見込みは五分五分以下でオペしないと3ケ月以内に死ぬと大門が言う。

九藤は怒って大門に酒を投げかけ帰れと言うが、苦悩しながらも大門は助けたいと言う。

それで、大門に九藤は宜しく頼むと言い、大門は失敗しないと言う。

加地と原も大門のオペに加わる。

潮は失敗しても一切、責任を負わないと言う。

大動脈に浸潤性癒着があった。

大門は術式変更し加地は無茶だと言うが大門はハイブリッド人工血管で置換すると言い、オペが成功する。

蛭間が大福を欲しがると晶がメロンと3千万の請求書を持って来た。

大門にサンパウロから書類が届き拘置所に丹下に会いに行き、大門は丹下の心臓のオペをしたいと言う。

丹下は死んでもいい、この国は巨大なブラックバスに飲み込まれるというと、胸を抑えて倒れた。

九藤は知り合いの少年が重病で、大門に少年の命を託すと会見で言った。

鮫島は検察と司法取引し丹下に罪をかぶせようとする。

『ドクターX(第6シリーズ)』第9話の感想

原も加地も九藤の腫瘍を見逃したのに、大門が九藤がギターを演奏する時の異変に気が付いたのは流石でした。

格好ばかり気にする九藤が腫瘍だと言われ、表面上は体裁を繕っていたのが、病室からいなくなって、どこに行ったのかと思ったら、屋台で一人寂しくしていたのには笑えました。

大門が慰めに行くと、九藤は自分には友達がいないと言い、一匹オオカミだったとは意外で、大門に死にたくないとすがる姿には驚きました。

しかし腹膜腫瘍を見つけた大門が、カンファで自分にオペをやらせて欲しいと言わなかったので、相当に不安なのが表情からも見てとれましたが、九藤に助けたいと言い、ためらいながらも失敗しないと言い切った場面は、見応えがありました。

しかも大動脈に腫瘍が浸潤していてオペを諦めかけたのが人工血管置換術で乗り切ったのは流石でした。

そして九藤が記者会見で少年ピアニストのオペも大門に頼みたいと言ったのは痛快でした。

ペンネーム:ぱんち(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA