ドクターX -外科医大門未知子-(第6シリーズ)|8話ネタバレと感想。失敗しないプリンセスの正体は?

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年12月5日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話が放送されました。

ドラまる
蛭間院長の逆襲に遭って、今度はニコラス丹下が逮捕されちゃったんだね。
ラマちゃん
蛭間院長のように舞い戻ってこれるかしら?

そして、大門には新たなライバルが?!

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話あらすじネタバレと感想

ニコラス丹下(市村正親)が逮捕された東帝医大には粛正の嵐が吹き荒れていました。

院長の力を取り戻した蛭間重勝(西田敏行)が呼び寄せたのは失敗しないプリンセスの“元ミス東帝大”の中山麻里亜(松本まりか)でした。

アメリカから戻ってきたという中山は大門未知子(米倉涼子)にも挨拶をしますが、バイトという立場を確認され不機嫌なご様子です。

中山の情報を聞きつけた一般の患者が殺到し受付はパンク状態。

そんな中、腹痛を訴え倒れた男性の手術をすることになった大門ですが、手術室に入ってきた中山に横取りされてしまいました。

途中で若手の多古幸平(戸塚純貴)に執刀させる中山は指示をする側に回ります。

これは、自分ではできないタイプの医師ですかね。

大門のオペを観察する中山は、大門がただものではないことに気が付き次のオペの助手を頼みますが、「あんたオペ下手だから。」と断られます。

そこへ東帝大学病院には“次期総理大臣候補”と言われる政界のプリンス・八村正義(竹財輝之助)が虚血性心筋症で入院することになります。

担当医は潮一摩(ユースケ・サンタマリア)になりました。

心臓を動かしたままバイパス手術を行おうとしますが、手術が難しすぎるため人工心肺を使う方がいいと異議を申し立てる大門。

しかし中山が大門の術式は時代遅れだと言い、潮の術式が採用されることになりました。

中山の言うことを聞くのは医局員だけではなく、八村もです。魔性の女ですね。

病院で病状を公表する八村。

そこで執刀医は潮ではなく中山であると発表されました。

中山の言う手術が下手でも失敗しないための「呪文」。

多古にも使った呪文ですね。

大門は八村とは別の手術の予習をしていると、「神原名医紹介所」に浜地真理(清水ミチコ)がやってきました。

丹下がいなくなり病院での立場が怪しくなった浜地は大門たちに助けを求めますが、逆に物まねをさせられてしまいます。

清水ミチコさんの本領が急に発揮でしたね。

一方、八村の手術の助手を潮に断られた中山は加地秀樹(勝村政信)に助手を依頼します。

中山「加地先生、お願いします。助けて。」

潮「ちょっと待った!助手は俺がやる。」

潮を助手にするためにわざと加地に頼んだ感じでしたね。したたかです~。

始まった八村のオペ。

呪文が気になる大門も手術を観察しにやってきました。

難しい局面になると発せられた「潮先生、お願いします。お願いします。助けて。」

呪文にかかりそうになっていた潮ですが、手術中の失敗の責任を擦り付けられそうになり中山の秘密を暴露します。

いつも難しいオペは人頼み、自分で行ったオペは簡単なものばかり。

アメリカではもう誰も彼女の助手をしてくれなくなったため日本に帰ってきたのです。

潮も村崎公彦(藤森慎吾)もアメリカで中山の餌食になっていたため手術を放棄してしまいました。

そこへ入ってきた大門は心臓を動かしながらポンプを使い手術を行いました。


礼を言う中山に「あんたそもそも医者じゃないでしょ。呪文は患者の命を人任せにする呪文でしょ。医者辞めたら?」と大門は吐き捨てます。

中山「医者辞めます。私結婚するので。」

八村との結婚を機にすっぱり医者を辞める中山。

最後の最後まで自分の道を突き進む中山にかき乱された東帝医大でした。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話ネットの反応や感想

ラマちゃん
なるほどね~。

魔法の呪文があったからなのね。

ドラまる
さすがの松本まりかさん。

嫌な感じがバシバシ伝わってきたね。

ラマちゃん
前回は城之内先生が出なかったので、今日はたくさん見れたわ。

ドラまる
今日も変わらず海老名先生はお茶目だね。

ラマちゃん
今日は清水さん本領発揮していたわ~。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第7シリーズ)』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話あらすじ

2019年12月12日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第9話のあらすじをご紹介します。

日本が誇るロックスター“勇チャン”こと、九藤勇次(宇崎竜童)が「東帝大学病院」に入院する。

九藤の大ファンである原守(鈴木浩介)は、主治医を任され有頂天に!

 同じ頃、デビュー曲の再生回数9億回を誇る若きシンガーソングライター・新津多九也(川谷絵音)も「東帝大学病院」に極秘入院。

九藤に用意されていたのは一般の病室であるにもかかわらず、VIP患者用の特別室は新津のために使われており、それをたまたま九藤が知ってしまったことで、気まずい空気が流れる。

 それならば、と派手でロックなことを好む九藤は、ひと目見て気に入った大門未知子(米倉涼子)を登壇させ記者会見を開くことを提案。

しかし会見に出るだけで手術の執刀はさせてもらえないと知った未知子は、あっさり「いたしません」と却下する。

 そんな未知子だったが、九藤が時折見せる“ある症状”が気になっていた。

「すぐ検査しよう。急がないと手遅れになる」と説得を試みる未知子の言葉にも、まったく耳を貸さない九藤。

案の定、会見中に昏倒し、検査の結果、後腹膜肉腫ステージⅢが判明する!

 会見の場で「年末までに全快させます」と宣言してしまった手前、なんとか手術できないのかと、原や未知子に詰め寄る蛭間重勝病院長(西田敏行)。

だが過去に同じ病に侵された未知子は、その手術のリスクを誰よりも理解した上で、「自分のときよりも腫瘍が大きく、厳しいオペになる…」と逡巡する。

その矢先、九藤が病室から姿を消してしまう!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

なかなかの女医でしたね、中山麻里亜。

潮や村崎もアメリカですでに毒牙にかかっていたのも驚きでした。

最後に八村との結婚まで決めていた中山の生きる力もすごいと思いました。

切開しただけで中山のオペスキルを見抜いた大門。さすがの一言です。

そして、前回逮捕された丹下はもう帰ってこないのでしょうか?気になります。

ドラまる
松本まりかさん、実力なしの外科医だったんだね。

ちょっとがっかりしちゃったなぁ。

ラマちゃん
次週は宇崎竜童さんと川谷絵音さんがゲストよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA