ドクターX -外科医大門未知子-(第6シリーズ)|7話ネタバレと感想。患者セブンのアレルギーはあったのか?

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年11月28日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話が放送されました。

ドラまる
大門さんにできないオペはない!

けど、今回は植毛の依頼が入るんだ。

ラマちゃん
今回は、いつもの原先生と加地先生も問題を起こしちゃうみたい。

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話あらすじネタバレと感想


晶(岸部一徳)さんと一緒に浅草を散策する大門未知子(米倉涼子)。

東帝大学病院では蛭間重勝(西田敏行)院長による院長回診が復活していました。

蛭間のことを退けたいニコラス丹下(市村正親)は、大門に病院再建の協力を頼みますが「致しません」と断られます。

しかし、丹下はこれで引き下がらず一人の患者の手術を依頼しました。

世界的銀行家のセブン・ゴールドバーグ(アラン・ロワ)の『毛包移植』いわゆる植毛の手術です。

患者のセブンを前にした大門は、いつもの失礼な物言いを発揮しセブンを怒らせてしまいます。

大門の手術は受けないと激昂したセブンは、その場で腹部の痛みを訴えて倒れてしまいました。

セブンは胃がんを患っていました。

3週間後に帰国したいというセブンの術前カンファレンスは紛糾します。

丹下は腹腔鏡手術を加地秀樹(勝村政信)に任せることにしました。

病室では、食べることが趣味のセブンが胃の全摘は御免だ!と声を荒げます。

加地は第一助手に選んだ原守(鈴木浩介)と恐々と問診を始めますが、加地の「アレルギーはありませんよね」という英語の問いにセブンは「イエス」と答えました。

英語は読めるがヒアリングはさっぱりな加地はアレルギーなしにチェックを入れてしまいます。

胃は全摘したくないと言っていたのに、加地は全摘で進めることにしました。

一方、ひょんなことから大門はセブンの妻・ナタリー(アナンダ)を浅草に案内することになります。

お目当ての歌舞伎ボーイはまさかの海老名敬(遠藤憲一)です。

一緒にお好み焼きを食べるナタリーから、セブンの父は盲腸の手術を受けたあと、高熱を出して亡くなったこともあり、彼は手術を極端に怖がっていることを聞きます。

大門「(セブンの父親も)私だったら絶対死なせない。」

絶対的に頼れる言葉ですね。

帰国して手術するというセブン、しかしナタリーは大門に手術をしてほしいと考えていました。

その頃、蛭間はセブンを助けたことで利益を得る丹下の魂胆を見抜いていました。

海老名のいた病院をメディカルリゾートエリアにしようとしています。

蛭間「刺される前に刺す。」海老名「やらせていただきます。」漂うアウトレイジ感(笑)。

丹下は怪しいオークションにも手を出していることが判明します。

大門はセブン本人に父親の亡くなったときの様子を聞きに行きますが、再び激昂したセブンは大門の前で吐血します。

緊急オペを行うことになり、加地が執刀しますが急激に容体の変化を遂げるセブンの体。

血圧の低下も起こしアナフィラキシーショックの疑いが浮上します。

しかし手術室に入ってきた大門はアレルギーではなく遺伝も考えられる悪性高熱症と判断し治療を行いました。

開腹で胃を残しながらのがんの手術も行うことに。

手術を終えた大門に謝罪する加地と原に、大門は「プライド?そんなゴミみたいなもんのために患者死なせるとこだったんだよ。」と声を荒げました。

セブンからの多額の融資を得ることに成功した丹下はご満悦ですが、海老名は丹下が行った株のインサイダー取引の証拠をつかんでいました。

そして、特捜部の捜査が入り丹下は逮捕されていきました。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話ネットの反応や感想

ラマちゃん
ちゃんと謝った加地先生と原先生に、愛あるむちを帰したのね。

ドラまる
加地先生~!ごまかしちゃダメな質問ばかりだよぉ。

英語も完璧な大門、かっこいいね。

ラマちゃん
最後の英会話教室、加地先生可愛かったわ。

ドラまる
バイト先は外資系の医局って言ってたのに。

ラマちゃん
悪性高熱症って遺伝する病気なんだね。

初めて聞いたよ。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第7シリーズ)』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話あらすじ

2019年12月5日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第8話のあらすじをご紹介します。

蛭間重勝病院長(西田敏行)の策略により、副院長のニコラス丹下(市村正親)が東京地検特捜部に逮捕される。

 『「東帝大学病院」には粛清の嵐が吹き荒れる』という噂に、丹下派だった潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と浜地真理(清水ミチコ)は戦々恐々…。

そんな中、「東帝大学病院」の外科医局に中山麻里亜(松本まりか)という女性の医師が現れる。

 ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医である上に、“元ミス東帝大”という肩書きまで持つ麻里亜に、男性医師たちはすっかり骨抜き状態。

大門未知子(米倉涼子)は、執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ憤慨するが、その一方で、華麗な経歴を持つはずの麻里亜の手術の腕に早くも疑問を抱いていた。

 時を同じくして、「東帝大学病院」に“次期総理大臣候補”と言われる政界のプリンス・八村正義(竹財輝之助)が入院してくる。

虚血性心筋症を患う八村に対する治療方針は、心拍動下冠動脈バイパス術。

AIも、心臓が動いた状態で血管のバイパスを繋ぐ術式を提示するが、未知子は「そんな難しい術式はあんたたちには無理!」と異議を唱える。

人工心肺を使った術式を提案する未知子に、麻里亜は「令和の時代に大門先生の術式は古すぎる」とまさかの反対意見を…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

中学英語で私自身も理解するのに時間がかかった疑問形。

イエスだけど和訳は「はい」じゃないというのが、話を難しくしちゃうんですよね。

ヒアリングが苦手な日本人の皆さん、頷かれたんじゃないでしょうか。

そして大門はセブンの植毛の手術もちゃんとしてあげてたんですね。

機嫌のよくなったセブンからのプライベートジェットの誘いも断るほどオペしたい患者とは誰でしょうか。

今回の冒頭に丹下が胸を押さえるシーンがあったのは、まさか。

こちらも気になりますね。

ドラまる
今日は城之内博美(内田有紀)も潮一摩(ユースケ・サンタマリア)も登場しなかったから、少し寂しかったけど、とにかく今日も大門がかっこよかったね。
ラマちゃん
次週は、演技派の松本まりかさんがゲスト出演。

期待できるわ~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA