ドクターX -外科医大門未知子-(第6シリーズ)|6話ネタバレと感想。大門&城之内の「致しません」炸裂!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年11月21日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話が放送されました。

ドラまる
最強ダッグ、外科医・大門と麻酔医・城之内。

今日はこの二人に亀裂が入るよ。

ラマちゃん
いつも安心して手術を任せられる二人なのに。

どうなっちゃうのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話あらすじネタバレと感想

神原名医紹介所に飛び込んできた親子。

キッズビジネスで巨万の富を得ている若き実業家の六角橋翔太(平岡祐太)がともにやってきました。

他の病院で手術することができなかった7歳の少女・皆月むつみ(宝辺花帆美)の手術を行ってほしいというのです。

むつみは後腹膜原発胚細胞腫瘍を患っていました。

むつみの支援をしている六角橋は、SNSでその様子をアップし好感度を上げていきます。

売名目的の支援を行う六角橋は、むつみの名前も覚えていないような状態でした。

手術を行う大門未知子(米倉涼子)は、二回に分けて行うはずの後腹膜の腫瘍摘出と左肺下葉切除を急きょ同時に行うことにします。

小さな患者の体力のことを案じる麻酔医・城之内博美(内田有紀)ですが、大門は聞く耳を持ちません。

手術は成功しましたが、城之内は納得できず二人は険悪な雰囲気に。

術後、六角橋に声をかけられた城之内は食事に誘われます。

夢を語る二人は、いい雰囲気ですが突然六角橋が痛みを訴えて倒れてしまいました。

検査の結果、六角橋は肝細胞がんステージⅢでした。

六角橋に頼まれ、城之内は手術の執刀医に海老名敬(遠藤憲一)を指名します。

しかし六角橋は特殊な血液のため、自己採血によって手術を行うことになります。

お金を貯めることを知らない男が、自分のために血液を貯めなくてはなりません。

大門は、海老名の腕では手術の際にさらに血液が必要になると危惧しますが、城之内は受け入れませんでした。

そんなとき、六角橋の病状が外部に漏れていることがわかりました。

ニコラス丹下(市村正親)の差し金のようですね。

蛭間は海老名に大門に影武者を頼むように言いますが、城之内と喧嘩をしている大門のことを思い出し海老名は困ってしまいます。

医師紹介所に戻ってきた城之内は神原晶(岸部一徳)に「(大門に)言い過ぎたかなぁ」とこぼします。

晶さん「無茶は信頼している相手にしか言わないものよ。」

その言葉で城之内の心が少し溶けたのが感じられましたね。

むつみの術後の検査を行う大門は、六角橋の元にむつみを連れていきます。

六角橋の病状を知った世間は誹謗の嵐。

それを心配したむつみ。

今の六角橋の夢は「生きること」。

売名のために病気の子供たちを救ってきた六角橋は、お金で買えないものがあるのだと感じていました。

そんな中、手術の準備が整っていない状態の六角橋の腫瘍が破裂した恐れがあり、緊急手術が行われることになります。

貯血がまだ足りていない状態での手術。

しかも大門は晶さんと卓球をしていてスタンバっていません。

案の定、予定外の出血をしてしまう海老名。

丹下からインオペを命じられますが、城之内は執刀医のチェンジを宣言します。

オペ室に入ってきたのは、大門です。

出血点を見つけ出すために瀉血を決断した大門をアシストする城之内。

今抜いた血液を薄めて輸血に使う方法で手術は続行されます。

手術後目を覚ました六角橋の恋は、城之内の前に破れてしまいました。

そして、この手術で貯めることの大切さに目覚めた六角橋がいたのでした。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話ネットの反応や感想

ドラまる
情報の取り扱いには注意だね。

100万のお肉の恨みは根深かったね。

ラマちゃん
今日は城之内回。

本当に内田有紀さん、きれいだわ。

ドラまる
ヒラになった海老名先生、生活キツキツなんだ。

頑張れ!

ラマちゃん
仲直りできてよかった。

息ピッタリの「致しません」が炸裂したわ。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第6話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話あらすじ

2019年11月28日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第7話のあらすじをご紹介します。

世界的銀行家のセブン・ゴールドバーグ(アラン・ロワ)とその妻・ナタリー(アナンダ)が「東帝大学病院」にやってくる。

“ゴッドハンド”の大門未知子(米倉涼子)を頼り、なんと『毛包移植』、つまり最先端の『植毛』を依頼しに来たのだ。

 しかし対面した未知子から「たかが植毛。サクっと片付けて、フサフサにして退院させれば文句ないでしょ」と失礼な言葉を浴びせられ、セブンは激怒!

「彼女とは信頼関係を結べない」と帰ろうとしたそのとき、みぞおちを押さえて倒れ込んでしまう! 

診断の結果は胃がんのステージIB。

さっそく執刀を名乗り出る未知子だったが、先の失礼な発言で怒り心頭に発していたセブンは「大門未知子の顔など見たくもない」と拒絶し、加地秀樹(勝村政信)による腹腔鏡下手術が決定する。
 
 手術のチャンスを逃し悔しがる未知子を尻目にセブンの問診に向かった加地と原守(鈴木浩介)たち。

英語力には問題ないと思われていた二人だったが、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いで重大なヒアリングミスをしてしまう…!

 そんな中、ナタリーが未知子を訪ねて神原名医紹介所にやってくる。

「生きるか死ぬかの患者は絶対に救う」と言った未知子を信じ、セブンの手術をしてほしい、と頼むナタリー。

だが、当のセブンは未知子の手術だけは絶対に受けたくないの一点張りだった。

 直接説得しようと病室を訪ねる未知子だったが、その目の前で、セブンが吐血して昏倒する! 

問診での行き違いを解消できないまま、加地と原による手術が始まるが…?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。

城之内とのいさかいは何回かありましたが、今回はひときわ激しかったように感じました。100万円のお肉の威力でしょうか(笑)

しかし、最後には唯一無二の存在だとお互いに思い合えたようで一安心です。

卓球姿が楽しそうでしたね。

今シーズン、ヒラに降格になった海老名に大チャンスが訪れますが、海老名の悲しい私生活をのぞき見してしまったようで少し悲しくなりました。

今回の手術の手柄は海老名に渡ったようなので、こちらもめでたしめでたしと思っておきましょう。

ドラまる
城之内が名医紹介所に残ってくれてよかったね。
ラマちゃん
次週は加地先生と原先生がオペをするのね。

重大なヒアリングミスって?!気になるわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA