ドクターX(第6シリーズ)|5話見逃し動画無料視聴はこちら【11/14配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話(2019年11月14日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月14日(木)放送終了後〜2019年11月21日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『ドクターX(第6シリーズ)』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』の配信は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX(第6シリーズ)』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税別)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、550円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも550円相当のビデオコインをもらえます。

『ドクターX(第6シリーズ)』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじ

2019年11月14日(木)放送のドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじを紹介します。

ニコラス丹下(市村正親)が学会でフランス・パリに出張中、「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)は日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵(岩下志麻)を招き、看護師たちの意識向上のための講演会を開催する。

しかし「何が働き方改革だ」「看護師たるもの患者様のために死ぬ気で働け」と時代錯誤な発言を繰り返す雅恵に、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)らは「こんな講演が労働基準監督署に知れたらオオゴト!」と大慌て。

強引に講演会を終わらせてしまう!

怒り心頭で帰ろうとしていた雅恵は、病院ロビーで大門未知子(米倉涼子)と再会。

以前に未知子が手術をした孫は元気にしていること、無事ひ孫も生まれたことを報告する。

相変わらずのカタブツぶりで露出多めな未知子の服装を指摘してくるが、その際、雅恵は左手で胸の横を摩る様子を見せ、未知子はその仕草に疑問を抱く。

その矢先、自宅で倒れた雅恵が「東帝大学病院」に救急搬送されてくる! 

なんとしてでも雅恵を根治させろと命じる蛭間だったが、なぜか雅恵は検査も治療も拒否。

困り果てた看護師長の白洲民枝(山下容莉枝)は「孫のことで恩がある大門先生の言うことなら聞くのではないか」と考え、未知子に説得を依頼する。

結局、「血液検査だけなら…」と渋々了承した雅恵。

海老名敬(遠藤憲一)が他病院から入手してきた半年前のCT画像により、ついにダンベル型神経鞘腫だと判明するが、雅恵は頑なに手術を拒否し続ける! 

ここまで固い意志を見せるのには、ある衝撃的な理由があり…!?

番組公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぽるぽる
次回は日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵役として岩下志麻さんが出演されるのがとても楽しみです。

過去に孫の病気をを大門未知子に直してもらっている設定。

しかも三原雅恵も何かしら患っているみたいなのに検査を断固拒否するなんてどんな事情があるんだろうと色々考えてしまいます。

大門未知子と看護師連合名誉会長だなんて絶対合わなそうなのに未知子の話なら聞くのかな。

ワクワクします。

またずっと平行線のままの蛭間病院長とニコラス丹下副委員長の関係はどうなるんだろうと気になります。

今のところニコタンの一人勝ちだけど蛭間病院長の底力はこんなものじゃないと思います!!

ペンネーム:ぽるぽる(30代・女性)

堕天使キラ
三原雅恵(岩下志麻)が「看護師界のドン」として東帝大病院にやってくる。

病院長の蛭間が看護師たちの意識向上のための講演会の講師として読んだのだ。

「看護師たるもの患者のために死ぬ気で働け」といった講演をする雅恵の講演は途中で打ち切られてしまう。

雅恵と大門未知子は病院の廊下で再開し、以前大門が手術した孫は元気にしているという話になるが、雅恵が胸の横を摩るしぐさが気になった大門。

その後、海老名が入手したCT画像から雅恵がダンベル型神経鞘腫であることが判明する。

また、看護師の大間正子は、看護師長から注意されるほど残業と夜勤で働きづめだが、青森の実家へ仕送りするために他の病院でも夜勤をしていたことがバレてしまう。

久々の大御所岩下志麻の登場と米倉涼子の演技対決が楽しみである。

ペンネーム:堕天使キラ(30代・女性)

ののこ
看護師界のドンとして入院してくるのが、岩下志麻さんですね!

しかも某ドラマを思い出す様な振る舞いと身なりの様で・・コラボかと一瞬勘違いしてしまいました。(笑)

公言はしてないけど、ご想像にお任せします的なこういうの、好きです!

大門と看護師界のドン。

ともに自立心旺盛な女性同士の好き勝手な言い合いがありそうで楽しみです。

そして予告にちらっとでてきましたが、村崎が・・チャラ男そのままのテイストで映っていました。

あれ?演技?それとも本物として出演??と気になってしまいました(笑)

いつもシリアスの中にも笑いがふんだんに織り込まれているドクターX。

来週も存分に笑わせて頂きたいです!(笑)

ペンネーム:ののこ(40代・女性)

フード
看護師界のドンが入院しにやってくるらしいです。

絶対にそのドンと大門は治療方針などで口論になりそうです。

ですが大門の説得で手術が決まり無事、助かると思います。

そしてナースが闇営業をしたことが発覚してしまうらしいです。

病院ではこのことを受けてどう処分するか話し合うと思います。

そして、結局そのナースは数日間の謹慎処分ということでなんとか問題は収まると思います。

大門と看護師界のドンがどのような絡みをするのかとても楽しみです。

ドンと言うからには、かなりの看護師の取り巻きがいそうです。

その取り巻きに大門はドンのことを絶対に救ってくださいと頼まれると思います。

ペンネーム:フード(30代・男性)

ふじお
看護師のドンが現れて、ひと波乱が巻き起こりそうです。

現役ではないものの、その風格は一目置かれる立場に見えます。

自分のスタイルを変える気はない大門未知子は、どう対処するのか?楽しみです。

新人ナースの闇営業も発覚して、プロ意識がないことを痛感します。

看護師が、副業することは能力が下がってしまい禁止だと思います。

看護師界のドンと、新人ナースとのバトルもありそうなので喝を入れられる気がします。

ナースがいても肝心なのは医師なので大門未知子は、強気で出ると思います。

女同士のバトルは、激しいものになりそうです。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

サリュー
丹下が海外出張中に蛭間が看護師を集めて講演を行い、働き方改革を批判し看護師は患者の為に死ぬ気で働けと言い、看護師らの反発を受けるようです。

東帝大では新人看護師の闇バイトも蛭間が問題にしクビにしろと騒ぐようです。

しかし看護師連合会名誉会長の三原は蛭間の態度に怒り、帰り際に大門に会うようです。

そして三原は自宅で倒れ病院に搬送されますが治療を拒否するので、看護師長が三原の孫を助けた大門に相談するようです。

三原は蛭間はじめ男性医師に不信感を持っているようです。

しかも三原の疾患がダンベル型神経鞘腫と判明するようですが、頑なに三原がオペを拒否するようです。

それは大門と女の約束をしていたようです。

神経鞘腫は脊髄の腫瘍でオペがうまく行かないと運動障害などの後遺症や再発のリスクがあり、三原は大門しか信用しないのでしょう。

それでも浜地が化学療法だとか潮がオペをするとか干渉してくるのを大門が強行オペをして2人の鼻を明かすのだと痛快な結末を予想します。

ペンネーム:サリュー(60代・男性)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぱるる

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレ

ニコラスが海外出張となり、しばらく病院を空けることになります。

いつものように手術をこなしていた大門でしたが、ニコラスに「自分がいない間好きなだけオペして構わない」とメッセージをもらい、大喜び。

そんなある日のこと、病院に日本看護士連合会名誉会長の三原が訪ねてきます。

蛭間に会うなりタメ口で話す三原はただ者ではない様子で、蛭間が恐れる人物の1人のようでした。

三原は偶然にも大門と接点がありました。

三原の孫を大門が過去に手術して今は元気に暮らしていることを感謝していたのです。

しかし露出の多い大門の服装を見て、三原は叱責するのでした。

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の感想

初回から大門の側にいてなんだかんだ言いながらも大門の言うことを聞いてきたニコラスがいなかったのがなんだか違和感がありました。

きっと次回はまた登場シーンがあるのだと思いますが、物語の中でスパイス的存在でいい味を出していたのがニコラスだったので、彼がいないだけでこれだけ違うのかと思ってしまいました。

今回大門と三原の中に女だからこそできる秘密の契約というか絆のようなものが生まれていて、それはきっと他の男性医師に話したところで分かってもらえなかっただろうと思います。

ちゃんと彼女の命を救い、彼女の背中の入れ墨を傷つけることなく手術を成功させた大門はやっぱりすごいなと思いました。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

トントン

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレ

大門みちこと昔から知り合いであるかすがのつぼねさんと、病院で再開することになる。

大門みちこは又、すぐにかすがのつぼねさんの病気に気づき検査を進めるがそれを拒む。

それでもかすがのつぼねさんは、痛みが悪化して病院に運ばれてくることになるそれでも元看護師として患者になった立場でもお医者様にお尻を手術中でも向けることができないと手術を拒む。

そんなかすがのつぼねさんに、大門みちこは、患者の家族のことも考えるべきだと問いかける。

痛みは激しくなるばかりのかすがのつぼねさんは、背中の入れ墨を隠したかっただけでした。

看護師のリーダー三原会長を守ろうとする看護師はたくましいです。

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の感想

今回もさすが大門みちこです。

レントゲンをみなくても、患者の病気に感づくなんて。

かすがのつぼねさんは看護師として患者の立場でも手術で医師にお尻をむけれないと、手術を拒むなんて、人それぞれ色んな考えがあるんだなあと、改めて考えさせられました。

だが拒む理由は背中の入れ墨を家族に知られたくないからだった。

三原名誉会長は大門と女の約束、この事はだれにもばらさない約束をし手術をおこなうことになるが、看護師の尊敬する三原会長との事で看護師が結束したぬきじじいを追い出し手術をすることになったのがすごいですよね。

ペンネーム:トントン(40代・女性)

cagon

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレ

出世競争、派閥がはびこる大学病院。

そんな大学病院に一流の腕を持つフリーランスの外科医、大門未知子。

今回現れたのは働き方改革を真っ向から否定する看護師業界のお局三原が登場。実はその孫を高度な技術で救ったのは大門であった。

講演に訪れた三原は大門と再会、そこでこの三原が何か病を抱えていることを察する。

自宅で倒れた三原であったが入院するものの、検査を拒否する。

なんとか検査したものの、根治が難しい難病であり、背中からの施術が不可欠であった。

しかしながら三原は断固、背中からの施術を拒否。

その秘密は背中の刺青であり、愛する人の形見でもあった。

その秘密を守りつつ、側面アプローチで大門は極秘手術を成功させる。

大門の派遣元、名医紹介所は手術医師派遣の費用として大金を手に入れることに成功するのであった。

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の感想

今回の面白さはこの三原が抱える秘密がなんであるか、その秘密が家族にも隠すもので、見どころとなっています。

その秘密を知った大門であったが、その秘密を守るため、極秘に横からのアプローチで施術を行う。

その秘密は好きな相手が極道で背中に刺青を入れたことであった。

ドラマを通じて誰にも言えない秘密を抱える、それは人のステータスなどに関係なく、人生を通じて守り通すカッコいい生き方に感銘でした。

何よりも岩下志麻は相変わらず、厳しい女性役を演じて、やっぱり極道かというところに逆に笑ってしまいました。

こういう演出をするドクターXはやはり面白いです。

ペンネーム:cagon(40代・男性)

ふじお

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレ

看護師界のドンが現れて病院内は、そわそわし始めますが、物怖じしない大門未知子は別格でした。

どんな強敵でも立ち向かえる大門未知子は、自分のスタイルを変えようとしません。

看護師界のドンは病態が悪化しておりすぐにでもオペが必要です。

オペを拒否するのはなぜなのか?疑問に思いましたが、事情があり引き受けようとしません。

大門未知子は、勘づいている気がしましたが、内緒で極秘オペを決行してしまいます。

事情を知った蛭間医院長は止めるように指示しますが、ここで止めたら患者は死んでしまいます。

極秘オペをして理由は、大門未知子には話していたようです。

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の感想

看護師界のドンがオペを拒むのには、背中の入れ墨が原因でした。

患者を好きになってしまった時を忘れないために、覚悟を決めて入れたようです。

背中に傷を付けない為に、側部からの難しいオペを決行した大門未知子は女心が分かるようです。

女を知るのは女というように、気持ちが通じ合ったからだと思います。

見事に成功させた大門未知子は、看護師界のドンがお礼をしたいと言います。

忘れないために入れ墨として残すのは、相当な覚悟がいったと思います。

過去を忘れることで、新しい未来は見えて来ますが、それでも刻みたかったのでしょう。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

Jiisan

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレ

日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵を招き、講演をしたが・・・時代錯誤の死ぬ気で働け!というので、強制的に終了。

大門未知子とロビーで会うと元気がないのを見て、検査を受けるように勧めるが三原は断ってしまう。

その夜、海老名敬が三原の自宅へ伺い、おわびに賄賂を含めた菓子箱を渡すが、断わられる。

その時に三原が倒れ、病院へ運ばれるが検査自体を拒否。

入院したが、血液検査だけ受諾した。

カンファレンスでダンベル型神経鞘腫があり、早急にオペする必要があることが判明。

背中を切って開いてから術式を決めることが良いというが、そうこうしているうちに退院しようとするが、吐血してしまう。

その時、大門先生が背中を見たら、MRI画像はやけどの恐れがあるためやらない。

患者の秘密を守ることを確約し、手術することを了承させる。

極秘オペをすることになった。

新米の看護師と麻酔科医と3人でやることになった。

側方アプローチとなった。

院長は、奥様と結婚記念日のため、高級レストランで食事。

看護師長が、電話で院長に知らせたため、院長がうるさく手術をやめさせようとするが、側方からはむずかしい。

患者(極道)との間に子をもうけた。

背中に入れ墨を入れてしまっている。

そのため、背中からのアプローチはできない。

背中の入れ墨に1ミリも傷をつけずに手術を成功させる。

退院する前日に三原から呼ばれ、特別室で背中の入れ墨を見せてもらう。

見事な入れ墨であることに感激してしまう。

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の感想

難しいとわかっている手術となるのに側方からアプローチとわかっていても、患者との約束を守る。

なかなかできないことをやってのけてしまったのには、驚嘆する。

今までの医療ドラマだと手術の際、手元を見せないが、患部を見せているシーンもある。

たぶん、症例から見せてよいものだけを見せているのかもしれない。

医療関係者じゃないのでわからないが、新米看護師にやらせても問題ないどころか一人前としてやっていけるようになるシーンは、ドラマだからか。

現実はそうはいかないのでは?と疑問にも思える点もあったが、問題視しなくていいのでは。

ただ、いつも、”御意”という返答は、時代錯誤ではないかと思える。

ドラマであって、事実とは異なりますよと言いたげなのはいただけないと感じた。

ペンネーム:Jiisan(50代・男性)

しゃらく

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじネタバレ

丹下がいない間にオペを許可すると大門は言われた。

蛭間は日本看護師連合会名誉会長の三原を講演会に呼ぶ。

三原は何が働き方改革だ、もっと働けと言う。

看護師たるものは患者の為に1日働けと言う。

大門は三原の孫を助けた。

孫はドイツで幸せに暮らし、大門の手術の腕は大したものだと三原が言う。

ただ、ドクターらしくしろと言っても、大門は改めませんと言う。

三原は胸の痛みを持っていた。

原らは看護師パブに行くと東帝大病院のナースがいた。

海老名は三原に謝礼を渡しに行くと、菓子折りの下に現金があり、三原は怒って突き返す。

すると三原は倒れ病院に搬送されるが検査も治療も拒否する。

大門が来て検査すると言う。

三原は血液検査だけならいいと言う。

カンファで大門はダンベル型神経鞘腫が疑われると言う。

そこに海老名が他の病院から入手したCT画像からダンベル型神経鞘腫だとわかる。

すぐに手術がいると言う。

加地は胸腔鏡下でオペをすると言う。

蛭間は転院を考え三原もオペを拒否する。

医者に尻を向けられないという三原は昭和の女だと晶が言う。

三原が女は人前で肌を見せるものじゃないと言うと息子が謝る。

息子が見舞うと三原が苦しむ。

大門はCTを撮ったあと、命を懸けて守りたいものがあると三原が言うと、女の約束を守ると大門が言う。

大門は3人のスタッフだけでオペをする。

浜地がオペに気が付きオペを止めさせようとするが、ナースが阻止する。

浜地が蛭間に連絡する。

神経根が見えず城之内が背中からの切除を勧めるが大門はできないと言い、側方から腫瘍を切除する。

三原は夫が極道だったと言えなかった。

自分も入れ墨があったので、家族にも秘密にしていたとわかる。

晶が蛭間に会い、蛭間は秘密のオペだったというが、晶は医師会長選挙を応援すると言い、必勝達磨と共に2千万円の請求書を置いてくる。

三原は大門に、お礼だと言って、背中の入れ墨に傷がつかなったと礼を言った。

『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の感想

三原が女は肌を人に見せるものじゃないとか、執刀医にお尻を向けられないとか、守りたいものがあるとか、かたくなに検査もオペも拒否する態度は、晶が誉めた様に昭和の古い女の気概なのかと思いました。

大門は女と女の約束を守ると言い、何を意味するのか理解できませんでしたが、院長らがいない間を縫って秘密のオペをし、背中からの切除をしないと腫瘍が切除出来ない筈なのに、側方からの難しいオペを成功させた大門は流石です。

そして、オペが終わったあとで、三原の亡くなった夫が極道で、三原みずからも家族にも秘密にしていた背中に入れ墨が入っていたとわかり、びっくりでした。

そして、最後に三原が大門だけに服を脱ぎ入れ墨に傷をつかなかったことを感謝されたのも、驚きでした。

ペンネーム:しゃらく(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA