ドクターX -外科医大門未知子-(第6シリーズ)|5話ネタバレと感想。女と女の約束がかっこいい!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年11月14日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5話が放送されました。

ドラまる
今期もますます好調なドクターX。

今日はお久しぶりの日本看護師連合会名誉会長・三原役で岩下志麻さんが登場するよ。

ラマちゃん
以前、孫を大門に救ってもらった三原が、今度は患者になるのね。

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5話あらすじネタバレと感想

手術を行う大門未知子(米倉涼子)の様子を観察する加地秀樹(勝村政信)と潮一摩(ユースケ・サンタマリア)。

ニコラス丹下(市村正親)からの伝言で、自由にオペをすることを許され大門は一晩中オペをしようとしますが、看護師たちがこぞって大事な講演があると出て行きます。

看護師たちは日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵(岩下志麻)の行う講演会に出席していました。

丹下の留守中に三原を呼んだのは蛭間重勝(西田敏行)でした。

令和版春日局。

そう呼ばれた三原の「何が働き方改革だ」「看護師たるもの患者様のために死ぬ気で働け」時代錯誤の講演内容に、驚いたのは浜地真理(清水ミチコ)です。

浜地によって講演は中断されます。

看護師がいないため手術ができないと不機嫌な大門は、久しぶりに三原と遭遇しますが相変わらずお説教を食らってしまいました。

大門の予言通りひ孫も抱けたのですね。

しかし、三原は体調の異変を感じていました。

講演が中止になり、三原の自宅に謝罪に向かう海老名敬(遠藤憲一)。

海老名から賄賂を渡され激怒した三原は、痛みを訴えて倒れ込んでしまいます。

しかし病院に運ばれた三原は検査を拒否しました。

困り果てた看護師長の白洲民枝(山下容莉枝)は、なかなか首を縦に振らない三原の説得に大門に当たってもらおうとします。

調べられたくない隠し事がある?

大門には孫を助けてもらった恩があるため渋々、血液検査だけを受けることを承諾した三原。

血液検査だけでしたが大門の勘はダンベル型神経鞘腫と弾き出します。

海老名が極秘に入手したCT画像を確認した潮たちはやはりダンベル型神経鞘腫であると判断しました。

早急にオペの必要があり潮・加地・大門が手術に名乗りをあげますが、蛭間の元へと報告があげられます。

蛭間は転院を決定しました。

そして「絶対に背中は切りたくない。」という三原。

看護師が執刀医にお尻を向けられないという的を射ない理由でした。

家族ともお風呂に入らないなんて、本当は極妻???姐さん?!

手術を拒否し退院を希望した三原は、準備をしていた際に吐血してしまい検査をすることになりました。

三原の秘密を見てしまった大門はMRI検査だけは受けさせませんでした。

息子が生まれる前に患者と恋に落ちた三原。その相手が極道の男だったのです。

もう亡くなってしまった男性との思い出を残しておきたかったという女心。

そして、その秘密を隠したまま手術を行う約束を取り付けました。

大門は麻酔科医の城之内博美(内田有紀)と新米看護師の大間正子(今田美桜)の三人だけで極秘のオペを行うことにします。

オペに気が付いた浜地が手術室に向かいますが、看護師一同に行く手を阻まれました。

三原の希望通りに横からオペを始めますが、大門でもてこずる難手術となります。

見事に背中には1ミリも傷をつけずに春日局を助けることができました。

そして蛭間に請求書を渡すことに成功した神原晶(岸部一徳)さんなのでした。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5話ネットの反応や感想

ラマちゃん
背中を切られたくない理由が、刺青を見られたくないというだけじゃなくて五郎との思い出にも傷をつけられたくなかったんだわ。

姐さん、かっこいい。

ドラまる
若者のタトゥーを諫めてたけど、刺青に対するデメリットもわかったうえだから三原の覚悟は相当なものだったんだね。

ラマちゃん
仮面ライダージオウもクレヨンしんちゃんも登場して、カオスだったわ。

ドラまる
ヒカキンさんも登場したんだ。

見つけられたかな?

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話あらすじ

2019年11月21日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6話のあらすじをご紹介します。

キッズビジネスで大成功を収め、一千億とも言われる個人資産を保有する若き実業家の六角橋翔太(平岡祐太)が、突然神原名医紹介所を訪ねてくる。

後腹膜原発胚細胞腫瘍を患うも、他病院で手術適応に至らなかった7歳の皆月むつみ(宝辺花帆美)の手術を、大門未知子(米倉涼子)に依頼したいというのだ。

 「お金はいくらでも払う」と大々的に宣言し、みずからのSNSにその過程を細かにアップする六角橋。

好感度は上がる一方だったが、実はそれらはすべて売名のための行為で、むつみの名前すら覚えていないのが実情だった。

 数日後、未知子はむつみの手術を実施。

当初は後腹膜の腫瘍摘出と左肺下葉切除を分けて行う予定だったが、例によって未知子は術中に術式を変更し、二つの手術をいっぺんに終わらせてしまう! 

麻酔医の城之内博美(内田有紀)の対応により、大きな問題もなく手術は成功するが、博美は未知子の独断を非難。

二人の間には不穏な空気が流れる…。

 未知子とのトラブルに落ち込む博美を食事に誘う六角橋。

そこでいい雰囲気になる二人だったが、突然六角橋が腹部に痛みを訴え、倒れてしまう。

 下された診断は肝細胞がんステージⅢ。

未知子は「自分が切らないと助からない」と執刀を名乗り出るが、六角橋から麻酔医に指名された博美は、なんと海老名敬(遠藤憲一)を執刀医に選ぶ! 

カンファレンスでも異議を唱え続ける未知子に、ついに博美は「でしゃばらないで!」とまで言い放ち…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

極妻・志麻姐さんの秘密もそうですし、今日はコラボが贅沢な回でしたね。

クレヨンしんちゃんも三原のひ孫で登場したし、仮面ライダージオウからも、と思っていたらヒカキンさんも登場してたんですね。

今日は天敵の丹下が登場しなかったのでゲストが豪華だったのでしょうか。

そして、新米看護師の大間ちゃんの闇バイト先に加地さんはじめ、医局の先生方が集っていて面白かったですね。

ドラまる
岩下志麻さん相変わらずお綺麗だったね~。

白い肌に昇っていた背中の龍も印象的だったよ。

ラマちゃん
次週はバディの博美と揉めちゃうのね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA