ドクターX(第6シリーズ)|4話見逃し動画無料視聴はこちら【11/7配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話(2019年11月7日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年11月7日(木)放送終了後〜2019年11月14日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『ドクターX(第6シリーズ)』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』の配信は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ドクターX(第6シリーズ)』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税別)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、550円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも550円相当のビデオコインをもらえます。

『ドクターX(第6シリーズ)』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. auビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2019年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじ

2019年11月7日(木)放送のドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじを紹介します。

世界記録を叩き出した日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が右足の痛みを訴え、強化合宿先から緊急帰国。

「東帝大学病院」に極秘入院する。

さっそく、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)は大門未知子(米倉涼子)や海老名敬(遠藤憲一)を除いた少人数だけでカンファレンスを実施。

AIの診断のもと、四日市は膝の滑膜肉腫ステージⅢだと判明する。

潮らが提案したのは「腫瘍を広範囲で切除したのち、人工関節に置換する」という術式。

しかしその方法では、日常生活に支障はなくとも、陸上競技に復帰することは困難なため、四日市はその術式を拒否!

「半年で走れるようにならないのなら退院する」と言い放つ! 

その様子を見ていた未知子は、潮にある進言を…。

そんな中、「東帝大学病院」に潮の母・四糸乃(倍賞美津子)がやってくる。

たまたまロビーで四糸乃と出会った未知子は、彼女から潮の母親だと名乗られるが、その後医局で会った四糸乃から初対面のような対応をされ、困惑する。

検査の結果、AIがはじき出した診断は「アルツハイマー型認知症」。

潮はその事実を四糸乃に告げるが、未知子はそのAI診断にも疑問を抱き…?

番組公式サイトより引用)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぱるる
次回は日本陸上のエースが病院にやってくるということですが、今シーズンになってからそういう有名人が病院にやってくることはなかったように思います。

大門はエースの選手だからって特別扱いするタイプではないと思いますが、果たしてどういう対応をするのか気になります。

そしてそもそも彼のことを大門は知っているのかということも気になるポイントです。

今回の手術ではまたAIが使われるようですが、これまでAIが使われて良い結果になったことは一度もありません。

それでもニコラスはAIを手術の際導入させていますが、今回もなんらかのトラブルが起こるんじゃないかと思っています。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

ののこ
第4話も気持ち良く??

はじきだされそうな大門ですね。笑 

それはいつもの事だとして、どの様に患者さんに接して大好きな手術まで持ち込んでいくのかが楽しみです!

そして毎回気になるのは、潮や浜地の丹下派の医師たちは明らかに大門を敵視していますが、丹下はそこまで大門を排除しようとはしていない点です。

確かに経営の利益の事を考えないで自由に動く大門に良く思ってない時はあるようですが、第3話でも浜地に「余計なことを」と、たしなめている様なシーンもあるんですよね。

また次話で丹下が大門とどう関係していくのかも行く末が気になるところです。

どちらにしても、「私、失敗しないので」と、華麗に手術をして患者さんを救い、晶さんが請求額をゲットしてスキップ踏んでいるお決まりのラストを期待しようと思います!笑

ペンネーム:ののこ(40代・女性)

nonayan
次回は、潮先生のの母さんが病院に訪れ倒れてしまうようです。

お母さん役が倍賞美津子さんっていうのがうれしい!です。

とても演技が上手なので楽しみです。潮

先生のお母さんの病気を見つけて手術する流れかなと思いますが、蛭間院長や海老名先生、加地先生、原先生の絡みが楽しみです。

晶さんの猫ももっと出演させてほしいと思ってます。

いつも不思議なのですが、晶さんは毎回1千万円以上の請求著を持って行くんですが、そのお金の利用方法が気になってます。

やはり未知子の為に病院を作ろうとしているのか、国内か国外かわかりませんが、未知子は日本向きではない感じなので外国がいいかもと思います。

ペンネーム:nonayan(50代・女性)

kei
縦横無尽にやりたい放題の大門未知子に期待したいと思いますが、蛭間院長が復活したので、蛭間院長のアドリブとも思えるコミカルな演技に期待したいと思います。

昌さんと蛭間院長のやり取りが復活しないか楽しみです。

そして、潮部長の母親を助ける為に、大門未知子は大胆な方法に出ると思います。

大門未知子に異議を唱え続けている潮部長が母親の為に、大門未知子に頭を下げる展開になることを期待したいです。

最後は難病を私失敗しないのでというセリフともに解決してくれるところが楽しみだと思います。

丹下の次なる狙いはなんなのかその点も注目したいと思います。

ペンネーム:kei(30代・男性)

飛べないアヒル
今回の第6シリーズで外科部長として登場しているユースケサンタマリアさん演じる潮が、世界記録を出した陸上選手の腫瘍の治療にあたるようで、AIによる診断で手術のやり方を提案し、大門未知子と対立することが予想されます。

また、潮の母親が病院を訪れるようで、予告編では、ロビーであったはずの潮の母親が、医局にやってきた時にはロビーでの出来事を忘れて初対面のような対応をし、アルツハイマーが疑われるようです。

ここでもAI診断と患者をみる大門との診断に違いが生じるのではないかと思われます。

今回のシリーズの肝になっているAI診断と大門の診断と手技の対立が、ふたりの患者を通して見られそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

サスケ
陸上界のエースの四日市が足の痛みで東帝大に来ます。

診断の結果、腫瘍が見つかり潮らは広範囲切除して人工関節置換を勧めますが、四日市は半年で競技に復帰出来ないなら、オペを拒否すると言うようです。

大門はオペしないと死ぬよと四日市に言います。

しかし大門は人工関節にしなくても治療ができると言い、自分の組織を部分移植させる画期的な方法で四日市を納得させ、半年で競技に復帰させるのではないでしょうか?。

次に潮の母が病院に来るようで大門に最初会いますが、次に医局で会うと大門に初めて会ったような態度でした。

AIの診断ではアルツハイマー型認知症とされますが、大門はAIの診断を疑うようです。

潮は自分の母親が認知症だと決めつけ、施設に隔離しようとするのでしょうが、大門が精密検査をすると、おそらく脊髄液漏出による神経障害のせいで、記憶力に問題を起こしたと解明し、大門のオペで潮の母親は治癒するのではないかと期待します。

これで、大門は潮に大きな貸しを作るのでしょう。

ペンネーム:サスケ(60代・男性)

2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ぽるぽる

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレ

日本の陸上界のホープ四日市清昭が東帝大学病院に入院してくる。

AIの診断は滑膜肉腫ステージⅢ。

大門未知子の診断もまたそうだった。

本人は半年先のロンドン大会に間に合うようにしたいという。

また潮一摩の母四糸乃が訪ねてくる。

AIの診断では彼女はアルツハイマー認知症と診断された。

四日市清昭乃の手術が始まる。

潮一真が執刀するが失敗。

動揺した潮は判断が出来なくなる。

そこへ大門未知子が現れ手際よく手術を行う。

四日市の手術は無事成功した。

リハビリをすればアスリートとしても元に戻れるという。

潮は世界初のAIによる症例として論文を書き病院とともに雑誌に取り上げられた。 

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の感想

今回はいつになくあっさり終わったなというのが率直な感想でした。

一流アスリートが重い病気を患い入院してくる話は今まで何度もらありました。

しかし今回ほどクローズアップされない事はなかったのではないかなと思います。

だいたい何かしらメンタルもやられていて未知子と話すことで解決するとかそういう事があったような気がします。

でも今回は接触もほとんどなかったし、あれ?もう終わった?という感じでした。

潮先生のお母さんも倍賞美津子さんを起用している割にはなんだかあっさりしていて物足りなかったです。

今後の布石なのかなということに期待しています。 

ペンネーム:ぽるぽる(30代・女性)

堕天使キラ

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレ

100m9秒台も夢ではない陸上選手の四日市清昭が、滑膜肉腫ステージⅢの状態で東帝大病院に入院。

外科部長の潮は、人工関節に置換する手術を提案するが、四日市選手は「自分に死ねということか」と詰め寄り、4週間後の大会に出場できるようにしてほしいと言う。

時を同じくして、潮外科部長の母親・四糸乃が東帝大病院にやってくる。

潮は母親はアルツハイマー型認知症だと思っていたが、大門未知子はAIがはじき出した3%の「その他」に特発性正常圧水頭症が隠れていたことを突きとめ、急遽手術を行う。

大門から「AIに頼ってないで、自分の頭で考えろ」と言われる潮外科部長。

四日市選手の術式について、自家培養軟骨移植を思い付き大門に提案するが、「問題がもうひとつある」と言われる。

四日市選手の手術を行うが、やはりトラブルを起こしてしまう潮。

そこへ、大門未知子が現れ、難しいオペを成功させる。

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の感想

四日市選手から強く要望されて、潮外科部長がAIとは違う術式を考え始めたところに、潮外科部長が間もなくAIから離れていくのではないかという気がしました。

手術後に大門未知子が四日市選手に対し、1年間のリハビリが必要と言ったので、四日市選手は4週間後の大会は諦めてのんびり治していく気持ちに変わったのが意外でした。

晶さんが、ネコの餌を2回やったり、請求額の桁を間違えたりアルツハイマー型認知症のような症状をみせていたのが心配です。

ニコラス丹下がAIに拘っていたのは、自分が出資している開発会社の製品を使っているからだとわかり、あそこまでAIに執着していた理由が腑に落ちました。

ペンネーム:堕天使キラ(30代・女性)

ののこ

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレ

陸上界のエースである四日市が右足に痛みを覚え、東帝大学病院へ入院してきます。

珍しくAIと診断が合う大門。

しかし本人も拒否する手術方法ゆえにそこからは頓挫してしまいます。

一方、病院にやってきた一人の高齢の女性がいました。

その人は潮の母である四糸乃でした。

息子を訪ねてきたのです。

通りすがりの大門に声をかけ、挨拶がてら自家製のねぎを手渡していました。

ですが、再度大門と出会った時にはその事実を忘れていた四糸乃に不安を感じ、潮は診察室に連れていきます。

AIの診断は85%の確率でアルツハイマー型認知症だとの事でした。

その事実を伝えられ落ち込む四糸乃でしたが、ゆっくり進む病気だからと慰められます。

しかし、次の日。またもや病院に息子を訪ねていた四糸乃は、息子の顔を忘れていました。

あまりにも早すぎる進行具合に疑問をもった大門は、四糸乃に道順を教え教授室へ行く様に伝えます。

きちんとたどり着けたのですが、歩行障害や尿失禁などの症状が出てしまいます。

これらのことから別の病気だと判断した大門は潮に黙って手術に踏み切ります。

それを怒った潮でしたが、母親の病気はアルツハイマーではなくAIが診断したわずか3%のその他の中に入っていた水頭症だったと知ります。

大門に「あんたがちゃんと患者を診てないのが悪い。

AIばっかり見てるから治せるものも治せない。

もっと自分の頭で考えたら」と言われ言葉が出ない潮だったのでした。

しかし大門に言われたことで一念発起し、四日市の手術方法を自ら模索していきます。

たどり着いた答えは四日市も納得いく方法でとうとう手術となったのでした。

しかし、思ったより状況が悪く躊躇する潮。

そこに四糸乃が喝を飛ばしに来ますが、血管を傷つけるミスをしてしまう潮。

大門が駆けつけ無事に手術は成功したのでした。

これは丹下と潮の手柄となり、晶はいつも通り高額を手にすることに成功するのでした。

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の感想

潮が医師として何が大切なのかを大門の言葉で思い出した様に見えたお話でした。

AIを駆使し、丹下の元、無駄なく利益を追うための医療をしてきている潮ですが、医師らしい一面を見せてくれました。

これで大門と少しは歩み寄る関係になるのかと思いきや、「貸しを作ったと思うな。」と言い捨てていきました。

やはり人間はそんな簡単に変わらないんですかね・・?

そして毎回、高額請求に成功し、スキップで病院を後にする晶さんが大好きなのですが、今回も安定のスキップが見ることができて良かったです!(笑)

それにしても、蛭間病院長と蛯名が回を追うことにコント?の息があってきてますよね!

次回でも楽しみしてます。(笑)

ペンネーム:ののこ(40代・女性)

フード

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレ

ある日、病院に潮の母親がやってくる。

大門とばったり会いネギを贈る。

そして、AIの診断で陸上界のスーパースター四日市選手が膝の滑膜肉腫であることがわかった。

大門はそのオペを買って出る。

そこへ潮の母親がやってきて医師たちにネギを配る。

さっき会った大門のことはすっかり忘れてしまっていた。

AIの診断の結果、潮の母親はアルツハイマー病であることがわかる。

しかし大門が実験を行った結果、特発性正常発水頭症であることがわかり大門がオペをして無事、助ける。

そして、四日市選手のオペは自家培養軟骨移植併用と右膝関節滑膜肉腫切除の治療方法で手術を潮が行うことになった。

潮はまた手術をミスってしまい血管を傷つけてテンパっていると大門が入ってきて執刀医を交代してくれる。

その後、無事手術を成功させて去っていく。

後日、四日市選手の病室でまた走れますかと医師たちに聞いてくる。

大門は一年間リハビリすれば走れるようになると話すのだった。

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の感想

潮の母親は自分も最初アルツハイマーの病気なんだと思っていたら大門の実験で教授室にちゃんと行けていましたから嘘をついていたんだと思ったら違う病気でビックリしました。

とても長い病名で覚えるのに苦労しそうな名前ですね。

でも大門が無事救ってくれて安心しました。

きっと潮はいつも大門にと喧嘩しているから素直に礼は言えないと思いますが心の中でとても感謝していると感じました。

そして、四日市選手のオペを潮がやることになったんですが、なんだか頼りなかったです。

案の定途中で失敗して血管を傷つけていましたから大門が来てくれなかったら患者は死んでいたかもしれないと思うと、とても恐ろしくなりました。

ペンネーム:フード(30代・男性)

ふじお

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレ

陸上選手のエースが入院して来ました。

四日市は右足に痛みを抱えて極秘入院ですが、膝に癌が見つかり選手生命を絶たれると言われてしまいます。

手術すれば治るのですが、半年で走れるようにしてくれとわがままを言い出します。

一方では、潮先生の母親が現れて、アルツハイマー型認知症と判断されます。

AIの判断なので正確と思われましたが、大門未知子は見逃していませんでした。

その他のところで病気を発見して見事に成功させます。

四日市は手術を受けることになり、潮先が担当しますが、腕はあまり良くなく大門未知子に交代します。

無事に成功させた大門未知子は、神の領域に達しています。

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の感想

潮先生の母親は、息子がオペが下手だと知っていました。

いつもここ一番で弱くて失敗してしまうことを知っています。

自分なりに四日市選手のオペの仕方を考えましたが、大門未知子に何かが足りないと言われています。

オペ方法は良かったのですが、潮先生の技術が足りないことでした。

結局のところ、大門未知子に交代されてしまいましたが、潮先生は借りを作ってしまった気持ちです。

母親も助けてもらい、四日市選手の復活も成功させています。

AIでは見つけられないものは、自分の頭で考えるしかないことを改めて知りました。

機械は正確ですが、それを上回る大門未知子は切り札です。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

サリュー

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじネタバレ

東帝大学に潮の母親が来る。

大門はロビーで会い、ネギを貰う。

一方、特別カンファレンスで四日市という金メダル候補の陸上の選手が足の痛みで受診し下半身に滑膜肉腫が見つかる。

大門はカンファレンスから外され遅れて参加する。

AIが人工関節置換術を提案する。潮は自分が担当すると言う。

そこに潮の母が来て、大門に挨拶すると自分があげたネギをおいしそうだと言う。

潮は母の診察をするとAIはアルツハイマー型認知症85%と診断する。

蛭間は四日市が入院したことも知らされなかった。

四日市は人工関節置換術だと潮に言われ選手生命に影響あると言われると四日市は半年で競技に復帰したいと言う。

そこに大門が来てAIが間違っているかも知れないが、オペしないと死ぬと四日市に言う。

潮の母は息子にどちら様でしょうかと言う。

すると、マスコミが四日市の入院を知り押しかけてくる。

蛭間は記者会見を開くと言うと丹下は潮に四日市に早くオペを承諾させろと命令する。

蛭間に海老名は四日市を完治させればよい、大門がいると思いつく。

すると大門は潮のオペを始めた。

加地は歩行障害、尿失禁などの症状から特発性正常圧水頭症だと大門が見抜いたという。

AIが確立3%と予想した疾患だった。

大門はカテーテルオペを成功させ大門はAIばかり見ていないで自分の頭で考えろと潮に言った。

潮は大門に方法があると言い、軟骨移植をして膝軟骨を修復すると走れるようになると潮が四日市に言うと、四日市は納得した。

潮がオペを始めると潮の母は子供時代から肝腎なところで怖気着くと言う。

すると潮は失敗して出血量が増えてしまう。

大門は潮の腕に問題があると言い、オペに参加する。

広範囲に腫瘍があるので潮は難しいと言うが大門は成功させる。

丹下は潮に世界初症例の発表をしろと言う。

4週間後に移植手術をしてリハビリすれば走れると言う。

晶は週刊誌に丹下と四日市の記事が載っていると言い、請求書を渡す。

『ドクターX(第6シリーズ)』第4話の感想

潮が自分の母親を診察して、AIが95%の確率でアルツハイマー型認知症だと言ったのを信用して判断したのに対して、大門は潮の母に指示を出して動向を見守って特発性正常圧水頭症だと見抜いて直したのは凄かったです。

そして潮にAIばかり見ていないで、自分の頭で考えろと言ったのは胸がスカッとしました。

さらに、潮が四日市のオペをすると失敗し、出血量が増えると大門が助っ人に来て、潮に腕が悪いと言ってオペを成功させたのは更に痛快でした。

それでも潮は大門に下は上の為にある、それが組織だというと、馬鹿にしたように大門が笑い、私、いたしません、バイトですからと言って立ち去るのも、痛快でした。

潮以上に救いようのない丹下が潮に世界初の症例発表をしろと手柄を横取りさせたのには笑えました。

相変わらず自分の名誉しか考えない丹下には呆れます。

ペンネーム:サリュー(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

『ドクターX(第6シリーズ)』見逃し動画をお得に見る方法3

  1. ビデオパスの30日間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA