4分間のマリーゴールド|10話(最終話)ネタバレと感想。沙羅の手紙に涙。奇跡が起こる感動の最終話!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年12月13日(金)「4分間のマリーゴールド」の10話(最終話)ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
トラック事故で、沙羅を、みことは救命措置を施すようです。

沙羅は、大丈夫かな。

ラマちゃん
沙羅は、広洋に、事故の前に何かを渡したようです。

何だったのでしょうか。沙羅の死の運命から、みことは救うことができるのでしょうか。

突然の事故で、みことの救命にもかかわらず、沙羅は意識不明に。母・理津は、悲しむが、みととたちを懸命に励ます。事故の前に、みことが、広洋に、あるものを託していたことが分かり.....。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』10話(最終話)あらすじネタバレと感想

トラックとの事故後、みことは、意識を回復する。冷静になれと言い聞かせ、沙羅の様子を見ると意識があった。ガソリンの匂いがあり、沙羅を、車外に出して寝かせる。

相手のトラックの運転手は、軽傷で、寝てしまったと謝る。みことは、すぐに、救急車を呼び、沙羅の元に行く。

沙羅は、後頭部に怪我を負っており、「みこと、大好き」と言い、意識が途絶える。みことは、懸命に、蘇生を試みる。

事故6分後、救急車が到着し、みことは、救命士だと名乗り、救急車に同乗し、沙羅といっしょに病院に搬送される。医師に、必ず助けて欲しい妻をと願う。

廉や藍もかけつけ、みことは、信号待ちしていたら、トラックが突っ込んできたことを説明する。手術が終わり、医師は、頭部硬膜外血腫で緊急手術したが、依然、予断を許さないと言う。

沙羅は、心肺機能は回復したが、意識不明が続いていた。みことは、こんな目に遭わせてと悔やむ。藍も、美術館のチケットを渡したからだと。廉は、自分を責めるな、今は信じるだけだと。

事故後、3日が経ったが、沙羅の意識は回復しなかった。みことは、沙羅の手をとり祈っていた。母・理津が帰国し、沙羅を心配しながらも、疲れた顔のみことに休むようにと。

みことは、家に帰り、沙羅の部屋の前に立っていると、広洋から、そこに沙羅はいないと言われ、落ち込み自分の部屋に行く。

廉は、仕事に出ていた。落ち込む廉を、原田は、家長として、沙羅が戻ってくるまで守らなくちゃと言い、何でも俺にできることはすると、涙を浮かべ励ます。

藍も落ち込むとぼとぼ歩いていると、琴が、元気でいた方が、沙羅が喜ぶよと、声をかける。

藍は、元気のないみことを買い出しに連れ出し、沙羅だったら大福を買うなとか、作り置きは沙羅の好きなものを作ろうと励ます。

母・理津は、海外で撮影した写真を、意識不明の沙羅に説明をし、回復するのを願う。広洋が見舞いにきて、事故の前日、理津の写真を見たいと沙羅が言っていたと。目を覚ませと言う。

廉は、みことをバイクに誘い、海岸沿いを走り、神社で、沙羅の回復を願う。廉は、事故をしてバイクを沙羅に止められていたと言い、怒りたかったら起きろと沙羅に言う。

理津も家に帰ってきて、全員で藍の夕食を食べる。みことは、みんなに勇気づけられ、元気を取り戻し、夕食がうまいと言う。理津は、あとは、沙羅が目を覚ますのを待つだけだと。

8月に入り、事故から1か月が経つが、沙羅の意識は戻ってなかった。みことは、明日から仕事に復帰すると沙羅に報告する。

消防局に出勤すると、志乃が声をかけてきて、沙羅を心配する。江上は、焦らなくても良いと。みことは、緊張するかと思ったが、初日から、救命士として動けたと、廉と藍に報告する。

病院に行き、沙羅の爪を切る理津が、「まさか、また、沙羅の爪を切ることになるとは、海外に行き描きたい絵があるだろうに。代わってやりたい」と泣きながら言う。そっと、理津を励ます。

付き添いを交代したみことに、医師が、皆さんに愛されていると言うと。みことは、嫌う人はいない、頑固なまでに自分を曲げないから、起きないのかなと。医師は、心配されてますよと。

みことは、江上たちと、母親から息子・林田に連絡がとれないという案件に向かう。管理人にドアを開けてもらうと、林田は、睡眠薬を飲んで寝ていた。

林田は、眠れずに、睡眠薬を少し飲んだ大丈夫だと言う。江上は、体調が悪ければ病院に行くように言い、みことたちと、アパートを出る。

みことは、屋上をふらふら歩く林田を見つけ、屋上に上がる。林田は、仕事に疲れたと言い、飛び下りようとする。

江上は、警察がくるまで待てと言うが、みことは、死なないで欲しいと語る。一瞬、林田がひるんだ隙に、林田を捕まえ、生きたい人もいるんだ、命を自ら落とさないで欲しいと願う。

消防局に帰り、江上は、あれは、救命の仕事ではない、私情を挟むようなら、救命を休めと命令する。みことは、茫然とする。

廉は、沙羅が自分の誕生日に花マルをつけたカレンダーを見ながら、あと、一ヶ月半だと言う。

みことが予定より帰ってきて、驚くみんな。みことは、自殺しようとした人に、沙羅の顔がよぎって、生きたい人もいるから死なないでと止めて、救命は務まらないと返されたと説明する。

沙羅は、まだ死んでいないだろうと言われるが、みことは、考えてしまうと。事故の時、そばにいたのになぜ助けられなかったと自分をずっと責めていると告白する。

「好きな人も救えないのに、救命なんかやる資格がない。俺が沙羅にしてきたことは全部無駄だった」とカレンダーを破り自暴自棄になる。理津は、しっかりしなさいと叩く。

翌日、みことは、灯台にきていた。広洋は、「本当はまだ渡してはいけないんだが」と言いながら、みことあての沙羅の書いた手紙を渡す。

事故の前日、沙羅は、広洋に、何かあったら、みことに、渡して欲しいと手紙を託す。

沙羅は、みんなと話して、例え、みことが見た死の運命になっても受け入れる覚悟はできたと。そうなった後に、みことに、自分の気持ちを伝えたいと手紙を渡して欲しいと頼んだのであった。

広洋は、沙羅は生きているから、今渡したくはなかったが、今のみことを救えるのは、沙羅しかいないと思ったから、手紙を渡すと言い、その場から去る。

みことは、沙羅からの手紙を開く。みことへの感謝の気持ちと、もし、沙羅を救えなかったと悩んでいるなら、その代わりに、沢山の人を助けて欲しいと。

そのために、マリーゴールドの絵を描いたと。花言葉は、「生きる」だと。みことは、沙羅が、内緒で書いていた絵が、マリーゴールドだと分かり、家に走って帰る。

沙羅の部屋に入り、キャンパスにかけられた布をとると、そこには、マリーゴールドの花を持った救命士姿のみことが描かれていた。

みことの脳裏に、幼い頃、父が亡くなった時に、沙羅に慰められたことや、沙羅が、人を救って欲しいと語ったことが蘇る。みことは、涙を流し、「ありがとう、沙羅」と。

みことは、消防局に行き、江上に頭を下げ、救命の仕事に復帰した。沙羅に語りかけるように、救命で、人の死と向き合う覚悟を決めたと言う。

みことは、破り捨てた沙羅の書いたカレンダーを、また壁に張り、一日づつ消していった。助けた命も助けられなかった命も、皆だれかに宿るのではと思いを込めて消す。

沙羅と生きた1秒1秒が、今の救命士としてのみことを作ったと思う。

ついに、沙羅の誕生日の前日を迎える。廉と藍は、こんな日くらい消防局を休めないのかと言うが、みことは、沙羅との約束を守り、消防局に行き、明日、沙羅の病院についでに行くと。

理津は、「分かった、私たちは、明日、病院で待っているから」と。

みことは、消防局で、時計を見ながら、0時を迎えた。花巻家では、藍が作ったおにぎりを、廉と広洋が食べる。廉は、「ついにこの日がきてしまった。」と。

翌朝、みことは、消防局を出て、マリーゴールドの花束を花屋で買い、病院に向かう。廉、藍、広洋に、沙羅と毎年もらえるマリーゴールドの花束が欲しいと言われ、約束だからと。

廉は、「お前は、全力で沙羅のそばにいてやった。あいつは幸せだ」と。

理津が、沙羅の病室から出てきて、「みこと、沙羅が」と。病室に入るみこと、看護師達が送った誕生日ケーキがあり、先生が沙羅を見ている。それは、みととが見た運命の日だった。

先生は、「生きる確率は、いかに、事故後、処置を早くするかだ。彼女は、あなたがそばにいて幸運だった」と語る。

みことが、沙羅の傍によると、目を覚ます。みことが持つマリーゴールドの花束を見た沙羅は微笑む。

1年後、みことと沙羅は結婚式を迎える。みことの特殊能力はあれ以来無くなっていた。

沙羅を救うために能力はあったのかと思うみこと。あの能力があったからこそ、沙羅を愛した時、好きだと言った時、結婚を申し込んだ時を大切にできたと思い返す。

沙羅の腕を、廉が泣きながら持ち、バージンロードを歩き、みことに沙羅を渡す。

涙を流す廉に、にこやかにハンカチを渡す千冬。理津も涙を浮かべ、藍も喜ぶ。広洋、琴、静香、消防局の仲間も祝福する。

牧師の誓いの言葉に、みことも、沙羅も返事をし、指輪の交換をし、キスし微笑む。

教会の前で、皆のフラワーカーテンで祝福される二人。沙羅の手には、マリーゴールドのブーケがあった。

5年後、花巻家、廉と藍が花火をする。縁側に座るみことと沙羅の横には、娘・圭が座っていた。廉と藍が呼び、圭も花火に加わり、花巻家は、笑いが絶えなかった。

ここまでがネタバレですが、第10話(最終話)は、みことの救命にも関わらず沙羅は意識不明に。仕事に復帰したが、自殺をする人に、私情を挟んだことで.....。

みことは、トラック事故で、冷静に救命士として、対応したのに、沙羅は、意識不明になってしまいました。最後の沙羅の言葉の「みこと、大好きだよ」が悲しかった。

廉が幼い頃のようにバイクに乗せたり、藍が、買い物に連れ出したりして、みことは元気を取り戻し、職場に復帰できて良かった。

ドラまる
みことは、自殺しようとする人と対峙し、沙羅の顔が浮かんでしまったのですね。

止めに入って、江上から、私情を挟むなら、救命士として失格だと言われてしまいましたね。

ラマちゃん
みことは、元気そうに見えて、沙羅を救えなかったことをずっと悔やんでいたのですね。

自暴自棄になり、理津に叩かれてしまいました。沙羅への思いが伝わってきました。

広洋に沙羅が託したのは、みことへ手紙でした。広洋は、自暴自棄になったみことを救えるのは、沙羅しかいないと考えたことが、好転したキッカケになりました。広洋大したものです。

手紙には、沙羅のみことへの感謝や、沙羅を救えなかったと悩むみことを予想して、その分、救命士としてがんばって欲しいと思いが詰まっていて涙でした。

ドラまる
さらに、沙羅の最後に描いた絵をみことが開けると。

そこには、マリーゴールドを持った救命士姿の優しく微笑むみこととは。また涙でした。

ラマちゃん
沙羅の手紙と絵で救われたみことは、沙羅の願いを胸に、救命を続けました。

その願いが奇跡を呼びましたね。沙羅が目を覚ましました。もう感動でした。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

4分間のマリーゴールド|見逃し動画無料視聴はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』10話(最終話)ネット上の反応

ドラまる
最高のハッピーエンド、感動をありがとうの声ですね。

ラマちゃん
タイトルの4分間の意味が分かった、号泣したとのネットで評価されてます。

ドラまる
藍くんロス、廉兄が良かったと声があがってます。

まとめ

ドラマ『4分間のマリーゴールド』10話(最終話)のあらすじネタバレ、感想を紹介しました。

みことが救命しても、沙羅は意識不明に。救えなかったことで、自暴自棄に。沙羅が残した手紙を読み、思いに気づいたみことは、救命を励む。奇跡が起き、沙羅は目を覚ます。二人は結婚。

ドラまる
みことが、沙羅を救えなかったことに悩んだ時には、どうなるのだろうと心配しました。

でも、沙羅が目を覚まして本当に良かったね。

ラマちゃん
沙羅とみことの結婚式、そして、二人には、可愛い愛娘ができて、それを、藍と廉が見守る。

最高のハッピーエンドでした。廉と千冬はどうなったのかが気になったね。

手を合わせると、その人の死の運命が見える特殊能力があるみこと。必死で、運命を変えようとする姿に心を打たれました。

それは、幼い頃会った時に知った愛する義姉・沙羅の死の運命から救おうとする一心でした。片思いでなく、沙羅と両想い、沙羅の雨の中の突然の告白に驚きました。

みことと沙羅の関係を知り、兄・廉が怒り、弟・藍は知らされずいじけてしまうかわいらしさ。

ついに、みことの特殊能力を知り、沙羅に死の運命が近づいてくることを廉が知り号泣し、廉は打ちひしがれる。

最大に泣けたシーンは、廉と藍と、みことが沙羅の運命を語るシーン。その部屋の押し入れに沙羅がいて、すべてを聞き茫然とする。驚きと号泣が混じってしまいました。

みことは、沙羅に自然体でプロポーズ、廉も昔の恋人に思いを告げる。藍も自分の希望の料理の道を進み、琴に反転壁ドンで告白する場面は盛り上がりました。皆が幸せになる。

しかし、沙羅の運命の死は、刻々と近づき、母・理津の沙羅に代わって死んであげたいという母の子を思う心に涙でした。

沙羅の死の運命は、突然、トラック事故でやってくる。必死の救命をするみことだが、意識不明になってしまう。でも、その4分間の救命が、沙羅を救うという素晴らしい展開でした。

沙羅役の菜々緒さんの自然体の演技がとても良かった。みこと役の福士蒼汰さんの沙羅を思う気持ちがこもった演技に感動しました。

兄・廉役の桐谷健太さんの家族を支える心の演技、弟・藍の横浜流星さんの家族を明るくする料理の演技と最高の兄弟でした。

とても、家族愛に溢れ、毎回、驚きや、感動そして涙を誘うドラマでした。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA