4分間のマリーゴールド|9話ネタバレと感想。ひたむきに信じると決めた二人。襲い掛かるラスト!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年12月6日(金)「4分間のマリーゴールド」の9話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
藍は琴に告白、廉も千冬に会いに行く。

花巻家が幸せの方向に向かって行くのかな。

ラマちゃん
みことの能力が消えてしまう。

沙羅の運命の日との関係は、展開を見守りましょう。

沙羅の同級生の滝沢先生から頼まれ、小学校で救命救急の講師をするみこと。孤立する直哉が気になる。直哉を助けようと滝沢が意識不明になる。心配する直哉に、みことが、滝沢の手に.....。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』9話あらすじネタバレと感想

みことたちは、小学校で、救命救急の講師をする。みことは、4分で50%の死亡確率になると、4分を意識していると、沙羅に話す。

同級生である先生の滝沢から、沙羅が頼まれ、講師を引き受けることになった。講師中に、あまり乗る気でない生徒・直哉が気になる沙羅とみこと。

滝沢から、講師の礼を言われ、沙羅も消防局から帰って行く、志乃は、沙羅のウエディングドレス姿が楽しみだとみことに話す。

藍は、料理学校の面接を受ける。その夜、廉は、特上寿司を頼み、面接祝いだと言う。沙羅は、藍に卒業したら、琴をどうすると言い、気持ちを伝えた方が良いと助言する。

廉は、結婚式の招待状を千冬に届けに、金沢まで行くと冗談を言うと、沙羅は、千冬のことどうするのと聞いてくる。廉は焦りながら、男としてけじめをつけると。

翌日、灯台で、みことは、沙羅に、家の中が良い方向に向かっていると言い、これも、沙羅のことがあって、皆が真剣に人生を考え始めたおかげだと言う。

沙羅が、みことはどう感じている聞くと。母の影響もあり、死の運命がすべてではないと思えるようになり、傷病者の運命を見ていないと。もっと大事なことがあるのではと思っていると。

藍は、琴に、今までありがとうと言う。琴は、他にはあるのではと迫る。藍は、大学入学おめでとう、もうすぐ会えないと寂しいと。琴は、せがむように、後ずさりする藍を壁に追い詰める。

藍は、急に反転し、琴を壁に押し付け、二人の顔が急接近する。藍は、「俺は、琴のことが好き、付き合って下さい」と言うと、琴は、大好きと藍に抱きつき喜ぶ。

金沢に、結婚式の招待状を持ってきたと千冬に会う廉。千冬はそのためだけにわざわざきたのと聞く。廉は、緊張しながら、いっしょになって欲しい。そのうちに金沢にくると。喜ぶ千冬。

灯台で話す、みことと沙羅。みことは、婚約指輪を出す。いらないと言ったのにと沙羅が言うと、投げる真似をする。驚く沙羅の指に、指輪をはめる。沙羅は喜び、お互いにキスをする。

志乃は、指輪を渡したというみことに、沙羅が泣いていたかと問い、だめだしをする。結婚式では泣かせようと張り切る。沙羅の指輪に気づく静香。いいねというと、沙羅も嬉しそうだった。

2019年6月、救命救急の講師を行った小学校から要請が入る。直哉が、階段から落ちそうになり、滝沢先生もいっしょに落ちたのだった。直哉が腕の骨折を手当てしていると。

滝沢先生が、急に頭をかかえ倒れ込む。いっしょに、救急車に乗った直哉は自分のせいだと思う。滝沢は、急性硬膜外血腫で、意識不明の重体になった。

滝沢を見舞った帰り道、沙羅は、滝沢の運命を見ていないのだよねと確認する。みことは、見てないと答え、生きてくれることを信じようと言う。

江上は、救命救急の冊子を作ったが、滝沢先生が回復していないのでは、学校に持って行けないと。みことは、学校に持って行くことを引き受ける。

学校に行くと、元気のない直哉を校庭で見つける。直哉は、自分が、先生の言うことを守らなかったから、先生があんな風になってしまったと悩む。

滝沢先生が大切に育てていた花壇が荒れてきたと嘆く直哉。みことは、いっしょに、手入れをしようと誘う。直哉は黙々と花壇に手を入れる。

みことから、その話を聞いた沙羅は、小学生では、滝沢を怪我をさせてしまったことへの後悔を支えきれないと。

直哉が、花壇の手入れをしていると。沙羅が滝沢先生の友達だと声をかける。いっしょに、花壇の手入れをする。

沙羅は、中学の時から、滝沢は花壇の手入れをしていた。諦めないで花がさくまでやっていたと語る。直哉も諦めずにがんばろうと励ます。

みことは、意識不明が続く滝沢の病室を訪ねていた。みことは、滝沢と手を合わせるが、運命が見えなくなっていた。驚くみこと。

家に帰ったみことは、沙羅に、滝沢の運命が見えなかったと伝える。沙羅は、手をあげて、何か分かるかもしれないと。手を合わせるが、何も見えなかった。

その夜、廉と藍にも伝える。廉は、何を頼りにすればいいんだと。藍は、見えなくなったということは、助かる運命に変わったのかもしれないと。

その夜、みことは、一人、見えなくなった現実と向き合っていた。

翌日、みことと沙羅は、直哉の花壇の世話を手伝っていた。少し花が大きくなったと喜ぶ直哉に、諦めずやって行くのが良いと答える。沙羅は、いっしょに、先生を見舞いに行こうと誘う。

沙羅は、直哉といっしょに来たよと滝沢に声をかける。直哉に声をかけてと促す。直哉は、言うことを聞かなくてごめんと言い、泣きながら、目を覚ましてと言う。

滝沢の指が少し動き、目を少しあけて、直哉を見る。花壇では一輪の青い花が咲いていた。

その夜、沙羅は、滝沢が良くなって良かったとみことに言う。みことは、運命が見えなくなって不安だったけど、母のように覚悟があったり、滝沢のように、気持ちがあれば救われると。

運命が見えなくなって分かった大事なことは、ただ、前を向いてひた向きに信じることだと。沙羅のことも、そう思って生きて行くというと。沙羅は、それなら安心だと。

みことは、それから運命に捕らわれるのはやめた。目の前の命を一生懸命救うことだけを考え、ひたすら救命を続けると。

救える命もあれば、救えない命もある、それでも信じて救命士としてひた向きに信じると決意する。

家に帰ると広洋が海外から戻ってきた。向こうで、母・理津に会って、沙羅のことを聞いた、大変だっただろうと。みことは、もう、大丈夫みんな落ち着いたと。

沙羅は、新作の絵を描き上げる最中だった。みことにも見せずに、完成してからと言う。

広洋は、みことに、前は、雰囲気がなんとなくおかしかったと言い、沙羅の運命のことを聞いて納得したと。今は、奇跡を信じているのだろうと、そういう人間は強いと。

その夜、明日は、ウエディングドレスの試着だと楽しいと沙羅が言う。藍と琴が映画を観てきたと帰ってきて、絵画展のチケットが余ったと。沙羅は、明日、試着の前に行こうとみことに言う。

広洋の部屋に行く沙羅。母がいい写真を撮っていたと聞くと早く見ないなと。広洋にお願いがあると何かお願いをする。

翌日、沙羅とみことは、みことの運転で、絵画展に向かう。信号待ちで停車し、さらは、若い子の絵を見るのが好きと。作品も仕上がったから帰ったら見て欲しいと言う。

結婚式をあげたら、二人で、どこかに行きたいと言う。みことも賛成する。沙羅は、今は前向きになっている。今できることをしたいと、そう思えるようになったのはみことのおかげと。

みことと出会っていっしょに過ごした時間のすべてが今につながっているんだなと。「私、今すごく幸せ。」と沙羅。みことも、「俺もだよ」と返し向き合う二人。

みことが前を向いた時、大型トラックが、停止していたみとこたちの車に突っ込んでくる。沙羅は、頭から血を流し、意識を失う。

ここまでがネタバレですが、第9話は、沙羅の同級生の先生が生徒を助け意識不明に。悩む生徒を、諦めなければとみことと沙羅。奇跡的に先生の意識が戻り.....。

藍が琴に告白するシーンで、はっきり言わない藍に、琴が迫り、藍が後ずさりし壁にぶちあたる。反転して壁ドンで、琴に告白という流れがとても素敵だった。

廉も、わざわざ、みとこ達の結婚式の招待状を持って金沢へ千冬に会いに行く。驚く千冬に、照れながら、廉も結婚を申し込むのが良かった。

ドラまる
みことは、沙羅に婚約指輪を渡したね。

志乃が泣かせることができなかったみことに、ダメだしするシーンが面白かった。

ラマちゃん
自分のせいで、怪我をし意識不明になった先生に、後悔する少年。

みことや沙羅が、前向きにやればと、いっしょに花壇を手入れする姿が、温かった。

少年の涙を流しながらの呼びかけが、奇跡を呼びました。先生の意識が少し戻りましたね。これで、みことも沙羅も、奇跡を信じる思いが大事だと分かりましたね。

みことは、手をあわせて運命をみることはできなくなったけど、前を向いて、沙羅に奇跡が起こると信じることが大事だと分かりましたね。

ドラまる
沙羅は、広洋に何を頼んだのかな。沙羅が書いた絵を預けたのかな。

絵には、きっと、みことが書いてあるのかな。

ラマちゃん
沙羅とみことは、信号待ちで停車した車の中で、お互いに、今本当に幸せだと確め会いましたね。

しかし、その直後に、トラックがぶつかってくるとは、ひどすぎます。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』9話ネット上の反応

ドラまる
横浜流星の告白の壁ドンシーンが今話良かったとのネットで上がってますね。

ラマちゃん
最後のラスト、トラックがつこんでくるシーンに皆さん衝撃を受け、沙羅を心配する声が多くあがってます。

スポンサーリンク

ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

4分間のマリーゴールド|見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『4分間のマリーゴールド』10話(最終話)のあらすじ

2019年12月13日(金)放送のドラマ『4分間のマリーゴールド』第10話(最終話)のあらすじをご紹介します。

突然の事故に遭い、みこと(福士蒼汰)の必死の救命措置にも関わらず昏睡状態に陥った沙羅(菜々緒)。

みこと、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)は、ただひたすら沙羅が目を覚ますことを願うが、運命の日は刻々と近づいていく。

帰国した母・理津(麻生祐未)は、沙羅の状態を知り悲しみに暮れるが、その悲しみを見せず、みことら兄弟たちを懸命に励ます。

そんな中、みことは沙羅が事故に遭う前に広洋(佐藤隆太)にあるものを託していたことを知り…。

「生」と「死」に立ち向かい続けてきたみことは、奇跡を起こすことができるのか!?

沙羅の命はどうなるのか?

ついに沙羅の運命の日が訪れる…!!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『4分間のマリーゴールド』9話のあらすじネタバレ、感想、10話(最終話)のあらすじを紹介しました。

沙羅の同級生が、生徒を助けるため意識不明に。生徒のひたむきさが奇跡を起こす。沙羅とみことは、死の運命を忘れひたむきに信じる道を選ぶ。その時、トラック事故で、沙羅は意識不明に。

ドラまる
トラック事故で、みことの懸命の救命にも関わらず、沙羅はこん睡状態に。

お母さんも帰ってきて、皆で、沙羅の回復を願うようです。また、涙かな。

ラマちゃん
沙羅が、事故に遭う前に、広洋に託したものとは。

運命を握るかぎなのか。展開が楽しみですね。

今話、みことと沙羅が、運命に左右されるのではなく、二人で信じる道を決意しました。その直後に事故とは、運命とは悲しいですね。

沙羅がこん睡状態に、花巻家の皆の願いが叶うと良いのですが。広洋も含め、全員で、沙羅の回復へ願いが届くといいですね。

次話、ついに最終話。沙羅の死の運命をみことは変えることができるのでしょうか。涙なくしては見れない最終話、待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA